にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2014年06月21日

モバイルUbuntu、NetWalker登場 X68000エミュレータ px68k コンパイル編 その230

最近pkgsrcの快適さで楽してますが、
技量がだいぶ落ちてOSCの講演で心配になってきましたので
再びセルフコンパイルをテストしようと思います。
今回はX68000エミュのpx68kをコンパイルしました。
汎用的に作られている様なので様々な環境で動作します。
NetBSDとかゲームとかにも使えそうなので
興味のある方はどうぞ。

◯px68kとは
X68000汎用エミュレータとして各種環境に移植されております。
けろぴーの後継だそうです。
移植性が高いのが優れものでかなりの環境で動作します。
勿論、Netwalkerでも動作しました。

◯px68kのコンパイル
コンパイルは素直で難しくありません。
まず必須パッケージをインストールします。

 sudo aptitude install build-essential libsdl1.2-dev libsdl-gfx1.2-dev

本家gitからソースコードをダウンロードします。

 hissorii/px68k

ZIPファイルかgitでダウンロードしましたら展開。
このままコンパイルしても-m32のエラーが出ますのでMakefileを修正します。

 cd px68k-master
 gedit Makefile

72行目の-m32を削除して保存します。
あとはmakeするだけです。

 make

コンパイルが終了しましたらpx68kのバイナリがあるはずです。
後は、BIOSとイメージファイルを指定したフォルダに置きましょう。
px68kバイナリを実行すれば無事動作します。

◯まとめ
意外にあっさり起動できました。
kapperはx68000ユーザでなかったので
あまり細かいテストは出来ませんが一応動作しました。
是非試してみて下さいな。
posted by kapper at 17:30 | Comment(0) | Netwalker
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ