にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2021年02月28日

1380円ジャンクガラホ SH-01J UserLAndとTermux0.72旧版 インストール その1

garaho12.jpeg

今回はジャンクガラホのSH-01JにLinuxアプリの
UserLAndとTermuxを入れてみました。
シャープのガラホの方がタッチクルーザーや日本語入力ソフトの
S-ShoinがiWnnより予測変換が強力で使いやすいですが
スリープがかかるとプログラムが全部停止してしまうので、
サーバにはちょっと工夫が必要です。

操作性に問題があり実用性はあまりありませんが、
一応ちゃんと動いたという話で。


●SH-1J
シャープ製のAndroid5.1.1のガラホです。
京セラ製と比べると人気なので価格はやや高めです。
ヤフオクで購入しました。
参考サイトは前回のブログ他

980円ジャンクガラホ KYF31 UserLAndとTermux0.72旧版 インストール その1
http://kapper1224.sblo.jp/article/188394146.html

ジャンクスマホと比べると微妙なスペックですが、
Linuxを動かしたら面白いな、と思って購入しました。
ガラホはAndroid4.4.x世代が多いですが
こちらは動かないアプリがさらに多いので注意。自己責任で。



●apkファイルのインストール
基本的には京セラと同じ考え方なのですが、
シャープ製ガラホは操作方法が違います。

まずはデベロッパーモードにします。
設定→その他→端末情報→ビルド番号をクリックし続けて
開発者モードにします。
その後、設定→セキュリティ→提供元不明のアプリ
にチェックを入れてインストール出来るようにします。
その後に別のスマホとBluetoothでペアリングします。

そして別のスマホにESエクスプローラーを入れて、
apkファイルをダウンロード。
スマホにApkExtractorを入れてapkファイル化しても良いです。
どちらでも。
でESエクスプローラーから共有→Bluetooth→SH-01J
を選択してスマホからガラホに転送する。
するとガラホで音が鳴って情報が届く

ここでガラホの上キーを何回か押して上のバーをボタンを押して開く
通知にBluetoothでダウンロードしますか?
って出てくるので承諾をする。
そうすると転送が始まるので、直ぐにもう一回上キーを押して通知の
転送中をクリックして表示する。
これは転送完了前に行う必要がある。
で転送後に実行する、って表示されるのでクリック。
そうするとインストーラーが始まる。
注意が必要なのは、ファイラーを入れる前は
ダウンロード完了したapkファイルを直接実行出来ないからだ。

ひとまずESエクスプローラーを入れた。
アプリボタンを長押しするとアプリ一覧の中に追加されている。
これも操作が難解であるが、
左上の三本線メニューを開くとapkファイルを選択出来る。



●(Alpha vnc liteと)UserLAnd、Termux0.72のインストール
しかし標準のアプリはともかく、apkで入れたアプリは
メニューバー以外の操作が全くできない。
ので通話ボタンを長押ししてタッチクルーザーをマウス代わりに使う。
これでアプリをクリック出来る。

シャープのガラホはBluetooth周辺機種が使えるらしいが、
京セラ製ガラホはダメらしい。
最後の手段でVNCサーバを入れて遠隔操作する。

で同じ様に(Alpha vnc liteと)UserLAnd、Termux0.72を
apkファイル化して入れる。
WIFIでルーターに接続出来るようにしておく。
Alpha vnc liteは無料なら10min間は使えるvncサーバである。
しかし何故かSH-01Jでは操作出来ない。もうちょっと調べてみる。

 (VNCサーバを機動する際に方向ボタンをぐるぐる回転して入力すると
 そのうち中央の「Start」ボタンが押せる様になるので実行すると
 IPアドレスとポートが表示されるので遠隔操作出きるようになる。
 その際にソフトウェアキーボードを入れるか?って出てくるが、No
 ガラホではタッチが使えないので邪魔である。)

(他のスマホかPCからVNC clientで接続するとようやくガラホで操作が出来る様になる。
タッチクルーザーとVNCを併用しよう。)

garaho11.jpeg

UserLAndを立ち上げたら、ユーザー名とパスワードを設定する。
パスワードは必ず数字だけにする。
これはガラホのキーが数字しか認識しなくなるので、
英単語記号を入れるとログイン出来なくなるためである。
で時間を待ってインストールが終わったらSSHでUserLAndが立ち上がるので
パスワードを入れてログイン。
ここで、画面下側の矢印やソフトキー部分を
タッチクルーザーで長押しして右に2回ほど連続してスライドさせると
S-Shoinの日本語入力画面が出てきて、
標準キーボードで入力出来るようになるので操作可能である。
これは予測変換機能が便利なので大変素晴らしい。
逆に上下左右が使えなくなるので、左にスライドして対応しよう。
これはTermuxでもUserLAndでも同じである。

もちろんUbuntuやDebianを使うなら外部PCからOpenSSHサーバで接続可能である。
ガラホのIPアドレスを確認したら

ssh アカウント名@(ガラホのIPアドレス) -p 2022

で普通に外部PCから接続出来る。
ポートフォワードなどは各自で設定を。

http://www.yamamo10.jp/yamamoto/comp/home_server/WEB_server3/ssh/index.php


あとは普通に遠隔操作でLinuxを使おう。
ガラホがスリープすると動作がすべて止まってしまうので再稼働させよう。
もっともLinux側でSSHサーバやTightVNCserverなどをを立てておけば
そのまま操作できるのでそちらの方が便利かもしれない。
ガラホ本体を遠隔操作するのと、UserLAndのLinuxを操作する違いはある。

Termuxのリリース版はAndroid7.0以上なのでこの機種では使えない。
旧版の7.2のapkファイルをダウンロードしてインストールした。
CUIを起動させたら、タッチクルーザーを使って
ソフトキーボード部分を表示して入力し、パッケージを入れる。
VNCサーバがなくてもなんとかなる。
頼もしい。

Garaho15.jpeg

Xserver XSDLは最新版はAndroid5〜6で使えない。
旧版の1.11を入れると起動するが操作NG。
難しい。

garaho14.jpeg

●まとめ
操作性に大きな問題ありだが、日本語入力出来るのでなんとかなる。
面倒な人はSSHで遠隔操作しよう。
VNCサーバがまだ使えていないので調査が必要だ。

不便な点がいくつかあって

・スリープモードになると停止
・VNCサーバで操作出来ない?
・XserverXSDLは操作NG
・Systemd関係は当然使用不可。デーモンの設定どうする?
 →Archlinuxだとopensshが使いない???困った。
・snapがUserLAndで使えない?どうするの?
・Ubuntuは18.04LTS
・Bluetooth HIDに対応しているのでマウスやキーボードが使える

京セラ端末より優れているのは

・タッチクルーザーがずっとONの状態で使える
 →京セラ端末は毎回ONにする必要があり面倒
・日本語入力と予測変換が非常に優れている
・電池もちが良いがスリープモードで全部停止してしまう
・VNCserverが操作できない?

などなどありまだわかっていない課題もある。
しかしCUIで使う分には便利だし、
スリープモードをOFFにすればサーバでも使えるかも?
シャープガラホの方が優れている点もある。

奥の手を使うことでなんとか普通にAndroidとして使えるガラホ。
安い機種だが、安いなりに操作性に大問題がある。
Android4.4.4以前の機種はuserLAndやTermuxが使えないので
Linux deployの旧版を使おう。

苦労した割に残念な結論であるが、
アプリを入れてLinux化する目的だけは達成した。
ジャンクスマホよりもはるかに使いにくい。
サーバとして使うしかないのかなぁ、と複雑な気分である。
もう少し工夫して遊んでみようかな?と思った。
posted by kapper at 12:33 | Comment(0) | SH-01J

Ubuntu改造日記 Zramの圧縮アルゴリズムzstd化と自作systemdデーモンで自動起動 その94



今日のブログはZramのzstd化と自作systemdデーモン。
標準設定はあまり良くないですが、
高圧縮のzstdと自動実行を入れます。
メモリ少ない機種で非常に役に立ちます。

●Zramとzstd
詳しくは以前のブログとプレゼン資料
まずはこちらをご参考に

How to enable the zRAM module for faster swapping on Linux
https://www.techrepublic.com/article/how-to-enable-the-zram-module-for-faster-swapping-on-linux/


Ubuntu改造日記 高速化&SSD延命 圧縮zRAMファイルを/tmpにマウント その90
http://kapper1224.sblo.jp/article/188315425.html




メモリの節約として圧縮RAMスワップのアルゴリズムを
zstdに変更します。


●Zramの登録
端末から同じ様にzramを登録します。

sudo apt install zram-config

で設定ファイルを編集

sudo nano /etc/modules-load.d/zram.conf

zramを追加して保存

zram

設定ファイルを作成して保存

sudo nano /etc/modprobe.d/zram.conf

コピペして保存

options zram num_devices=1

udevファイルを編集。

sudo nano /etc/udev/rules.d/99-zram.rules

512Mの部分は好きな容量を。1G〜など自由に

KERNEL=="zram0", ATTR{disksize}="512M",TAG+="systemd"

保存したら再起動して動いているのを確認。
ここまではテンプレ通り。
ここからが本番。
バッチファイルを作成します。

sudo nano /opt/zram.sh

コピペして貼り付け。
容量の部分は各自自由に計算して設定して下さい。

#!/bin/bash


swapoff /dev/zram0

chmod 777 /sys/block/zram0/reset
echo 1 > /sys/block/zram0/reset
echo zstd > /sys/block/zram0/comp_algorithm
echo 2685354560 > /sys/block/zram0/disksize

sudo mkswap /dev/zram0
sudo swapon /dev/zram0

どうやら、zstdに切り替える前に/sys/block/zram0/resetを1にする必要があります。
保存したら実行形式に変換。

sudo chmod +x /opt/zram.sh

これを起動時に実行する事でアルゴリズムを変更します。
ルート権限が必要になりますので、systemdに登録必要です。
それで自作systemdを作成します。

sudo nano /etc/systemd/system/zram.service

で下記をコピペして保存

[Unit]
Description = zram daemon

[Service]
ExecStart = /opt/zram.sh
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target

平たくいうと/opt/zram.shを実行するだけです。
でsystemdの自動実行に登録

sudo systemctl enable zram.service

シンボリックリンクを作成しましたって出たらOK
で再起動。
動いているかを端末から確認

zramctl

NAME ALGORITHM DISKSIZE DATA COMPR TOTAL STREAMS MOUNTPOINT
/dev/zram0 zstd 2.5G 528.9M 116.2M 147.8M 4 [SWAP]

こんな感じでzstdに切り替わっていたらOK


●まとめ
やってる事は、zramスワップをOFFにして再登録しているだけです。
しかし標準設定で切り替え出来ないので仕方がないです。
systemdに登録しておけば自動で実行してくれます。

メモリが少ない時は高圧縮してくれるので助かりますが、
やはり圧縮にも限界があるので日常でのメモリ節約は必要です。
必要がなければswapfileを外しておきましょう。
posted by kapper at 11:51 | Comment(2) | Ubuntu
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ