にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2020年09月13日

改造リファレンス機種 Nexus5 Unofficial SailfishOS 3.0.3 インストール その9






SailfishOS1.jpeg


次は2,000円Nexus5にUnofficial SailfishOSをインストール。
もちろん英語版で日本語はコミュニティ対応のみです。
インストールは簡単です。
安くなったNexus5を改造して遊んでみましょう。

SailfishOS2.jpeg

●Nexus5とSailfishOS
Nexus5はMainlineKernelに入っているので
Linuxでは重宝される端末です。
それ故に沢山のOSから非公式サポートを受けて改造できます。
SailfishOSもUnofficialで対応していてイメージファイルが公開されています。
まあ継続サポートされている数少ない機種なので遊んでみましょう。

SailfishOS 2.0 Nexus5 based on CM13 alpha release
https://talk.maemo.org/showthread.php?t=99377

インストールは簡単で、PCにUSBケーブルで繋いだ後に
TWRPを入れる→CM13 Patchedを入れる→SailfishOSを入れる
だけです。
ROM焼きになれた人なら簡単ですが、
なれていない人は要注意。
とりえあず試してみましょう。

●インストール
まず上のサイトのさらにリンク先から、3つのファイルをダウンロード

TWRP_multirom_hammerhead_20150630.img
cm13_release.zip
sailfishos-hammerhead-release-3.0.3.9.zip

でこれを解凍せずにそのままNexus5にコピー
まず電源ON+音声下キーでブートローダーを表示させたら
USBケーブルをPCとNexus5に繋ぎ、Unlockします。

fastboot oem unlock

ここは定番なので良いでしょう。
細かい設定方法は割愛します。
カスタムリカバリのTWRPをNexus5のRecovery領域に焼きます。

fastboot flash recovery TWRP_multirom_hammerhead_20150630.img

上のリンク先に貼ってあるのは何故か古いバージョンです。
一応、機能的には十分です。
最新のTWRP3.4.0を入れた場合、何故か/dataがフォーマットされてなくて
パーティションが認識しなくなり
起動しないバグがありますので注意。
その時はfastboot boot twrp-3.4.0〜で起動させて
WIPEの所に表示される項目の/dataをFAT32か何かでフォーマットしましょう。
でブートローダーのRecoveryからTWRPを起動。

TWRPがRecoveryから起動したらInstallしますが、その前にファイルをコピーします。
PCにUSBケーブルで繋いで、

adb push cm13_release.zip /sdcard/

でNexus5にコピーを終わったら、画面をタップしInstall。
問題なければ再起動しますとCM13が普通に起動します。
動作確認が終わったらまた再起動し、RecoveryからTWRPを起動させ

adb push sailfishos-hammerhead-release-3.0.3.9.zip /sdcard/

でSailfishOSのZIPをそのままコピーして画面をタップしInstall
ファイル欠損がなければそのままインストールして
SailfishOSが起動できるはずです。


●まとめ
簡単にROM焼き出来ました。
SailfishOSの起動できますが、細かい設定があとで必要ですが割愛します。
2,000円でSailfishOSが簡単に遊べます。
木箱ジャンク恐るべし。
こんなに簡単に焼けるならもっと早く遊んでも良かったかもしれません。
どんどん改造しましょう。

posted by kapper at 18:47 | Comment(0) | Nexus5

改造リファレンス機種 Nexus5 ワールドモバイルの木箱ジャンクで2,000円 その8

JUNK2.jpeg

ついにNexus5がワールドモバイルの木箱ジャンクへと。
なんと2,000円。
これ古いけど、LinuxKernelがメインラインに入っていて
各種Linuxが動くんです。
それはUBPortsからSailfishOSまで。
それがたったの2,000円。
すごいわ。
まあ第3のOSのアプリが少ないのは認めます。
しかし改造リファレンスとして重宝しています。
是非買って遊ぼう。

JUNK1.jpeg
posted by kapper at 18:28 | Comment(0) | Nexus5

最近の事 2020年9月 何故日本人の給料が上がらないのか?



久しぶりに最近の愚痴を。
ニュースでよく言われている経済問題で、
内需が増えないのは日本人の給料が上がらないからだ、とよく言われています。
実際世界経済は徐々に伸びているのに
日本人の給料だけが下がり目傾向で
増税や社会保険料を含めると実質給料は低下しているまで
言われています。何故でしょうか?
今日はそれを考えてみましたのでネタにします。

1.右肩上がりの成長が会社として望めない

分野にもよりますが第一の理由がコレです。
右肩上がりで成長していくのであれば、生産を増やし
人員を増やし、役職やポストがそれなりに必要になります。
しかしそういう予測を立てている日本人は殆どいないでしょう。何故か?

一つは海外の会社に競争で負けているという現実。
シェアを奪われ売れなくなる。
コストで負けて海外に工場を出す。
消耗品や設備、雇用が国内に戻ってこない。
すべての分野ではありませんが、そういう傾向を感じます。
何故か?
昔は6重苦と呼ばれていました。
超円高、法人税の高さ、自由貿易協定の遅れ、電力価格、労働規制、環境規制。
今はどうでしょうか?
結構改善されてきた様子がありますが、
競争に勝ってシェアを伸ばしたイメージはありません。
それどころか研究開発費を削って技術力も負けてきました。
むむむ。
今、日本企業で頑張っているのは自動車のトヨタくらいでしょうか?
まあキーエンスとかも有名ですが。
投資のタイミングを抑えて、自動化で負けて、人件費で負けて、
スケールメリットで負けて、品質でも負けて、
という負けパターンが生まれています。
新商品が出てこなくなったのも一因です。
研究開発を絞ったからです。そして投資を抑えた反動が。
日本のマザー工場は古くてボロい設備をそのまま使っています。
経営者の判断ミスです。

2.50代が多くなりすぎて、ポスト割り当てや昇給出来なくなった。

 バブルの30年前に採用した雇用がまだ残っていて、
会社に給料の高い50代が多数、年齢分布の逆三角形という構図です。
リストラは当然出来ません。
総給料は変えられませんので、若い人を減らすか
ポストを減らし、昇給を止めるしかありません。
現行世代が非常に損する仕組みです。
もちろん企業内部で悪どい肩たたきをやってもです。
それでいて幹部クラスは優遇されています。

今の50代が引退するあと10年は変わらないと思います。
それは今の40代と30代がとても不幸になります。

3.企業が内部留保を貯め続けている

内部留保は現金ではありませんが、
土地や株式、設備などなど。自社株を買い増したり。
これは市場の成長が望めないので、
本来設備投資に回るお金が、そのまま別の資産に置き換わる行為である。

4.工場を人件費の安い外国に作った

これは文字通り。
人件費を下げるため。

5.労働組合がストライキをしないため

会社と馴れ合い労働組合がいると不幸になります。
一部の特権社員が他の社員をなだめる労働組合の会社は未来がありません。
とっとと離職しましょう。

6.離職者が業務停止にならないレベル

離職者が増えすぎて仕事が止まるとお客様に迷惑がかかります。
その時点で売上が落ちて気づくのですが
その一歩手前だと会社は無茶を押し通します。
そうして崩壊していくんですが。

7.労働監督署に訴えない、コンプライアンス違反が横行している

この手のは、小さい会社にありがちなパターンです。
で、自殺者が出て対外的に明らかになると。
コンプライアンス無視の非合法な会社はとっとと離職しましょう。

8.副業禁止している

少々のアルバイトを認めないのは企業にメリットが無いためですが、
公務員を除くと本来合法です。
合法なものを会社の規定で縛り付けなければならない
というのは、ただの権利の侵害です。
もちろん一部の例外はあると思いますが、
そもそも政府がやる気がないので駄目でしょう。
posted by kapper at 18:01 | Comment(0) | 近況

2020年09月05日

改造リファレンス機種 Nexus5 TWRPを焼いた時に/dataがありません、というエラーが出て起動しない場合の対策 その7



今回はNexus5にTWRPを焼いた際に/dataパーティションが無い
ってエラーが出て起動しなくなったのでその対策を。
結構ヤバイですが、なんとかなりました。

●Androidとパーティション問題
Androidは指定のパーティションの並び方とフォーマットでなければ
ブートローダーから先に進めない設計になります。
何らかのバグや問題があり、認識出来ないとそこから動かないです。
これは困った問題。

https://appuals.com/how-to-fix-twrp-unable-to-mount-storage-internal-storage-0mb/

でいろいろ調べた結果、TWRPを焼いた際に
/userdata=/dataパーティションを違うフォーマットになっていた
→なにか違うデータを/dataに焼いた?
のでリカバリモードからTWRPを起動し、
WIPE→Advanced WIPE→データをタップして
Repair or Change File Systemをタップ
そうするとSizeとFreeが0MBになっていたので
Change File SystemでFATをタップしてフォーマットし直しました。
すると、OSから/dataが認識して起動出来ました。

partedで調べた際には/usedataは特に問題は無かったです。
なので、フォーマットが壊れていた?と推定します。
FATでフォーマットし直したらOSから認識しました。
ホッとしました。
どこにも書いていないんだもん。
/dataがありません、ってエラーが出たら調べてみてください。
同じ様に/cacheをリサイズした時などはEXT4にフォーマットが必要です。


~ # ./parted /dev/block/mmcblk0 p
Model: MMC SEM32G (sd/mmc)
Disk /dev/block/mmcblk0: 31.3GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt

Number Start End Size File system Name Flags
1 524kB 67.6MB 67.1MB fat16 modem
2 67.6MB 68.7MB 1049kB sbl1
3 68.7MB 69.2MB 524kB rpm
4 69.2MB 69.7MB 524kB tz
5 69.7MB 70.3MB 524kB sdi
6 70.3MB 70.8MB 524kB aboot
7 70.8MB 72.9MB 2097kB pad
8 72.9MB 73.9MB 1049kB sbl1b
9 73.9MB 74.4MB 524kB tzb
10 74.4MB 75.0MB 524kB rpmb
11 75.0MB 75.5MB 524kB abootb
12 75.5MB 78.6MB 3146kB modemst1
13 78.6MB 81.8MB 3146kB modemst2
14 81.8MB 82.3MB 524kB metadata
15 82.3MB 99.1MB 16.8MB misc
16 99.1MB 116MB 16.8MB ext4 persist
17 116MB 119MB 3146kB imgdata
18 119MB 142MB 23.1MB laf
19 142MB 165MB 23.1MB boot
20 165MB 188MB 23.1MB recovery
21 188MB 191MB 3146kB fsg
22 191MB 192MB 524kB fsc
23 192MB 192MB 524kB ssd
24 192MB 193MB 524kB DDR
25 193MB 1267MB 1074MB ext4 system
26 1267MB 1298MB 31.5MB crypto
27 1298MB 2032MB 734MB ext4 cache
28 2032MB 31.3GB 29.2GB userdata
29 31.3GB 31.3GB 5632B grow
posted by kapper at 22:18 | Comment(0) | Nexus5

2020年09月03日

シンプル・ミニマムOS #archLinux 久しぶりに まうじゃん for Javaを遊ぶ その16

Screenshot at 2020-09-03 20-02-45.png


表題の通りで久しぶりにまうじゃん for Javaを遊んでみました。
特にディストリ関係ないはずです。
フリーソフトの麻雀ゲームを手軽に遊びたい人向け
本家HPからダウンロードしてZIPファイルを解凍

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/ishihata/maujong/

それからopenjdkを実行するだけ

sudo pacman -S jre-openjdk
java -jar Maujong.jar


2007年のアプリなので、今でも普通に動くJavaええな
という感想。
openjdkなのでどのディストリでも動くでしょう。多分。
posted by kapper at 20:12 | Comment(0) | Arch Linux

シンプル・ミニマムOS #archLinux AndroidとのUSB接続でブートローダーでfastbootが使えない=lsusbで違う機種が表示される場合 その15



今回は表題のAndroidとのUSB接続でブートローダーでfastbootが使えない
=「lsusbで違う機種が表示される場合」についてブログします。
通常のAndroidが起動した画面でlsusbでちゃんと正しい機種が出て
adbコマンドが使えるにも関わらず
再起動してブートローダー画面でfastbootコマンドが使えず
lsusbでも違う機種が表示される場合があります。

簡単ですが、

1.Androidをデベロッパーモード
2.USBデバッグON
3.Linux上でlsusb認識
4./etc/udev/51-android.rulesに追記
5.adb shell
6.adb reboot-bootloader
7.ブートローダー画面でlsusb
8.fastbootコマンド

王道ですが、こんな感じで認識しました。
もし駄目ならWindows環境で試してみてください。
結構悩みましたw
posted by kapper at 19:38 | Comment(0) | Arch Linux
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ