にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2020年07月31日

最近の事2020年7月 岐阜県 第2波 非常事態宣言 発令



我ら岐阜県がコロナ第2波の非常事態宣言を発動しました。
データを見ればわずか30人/1日。
しかも重症者や死亡者ゼロ?
岐阜県の古田知事の勇気ある決断に驚きました。
まだ岐阜県内はそんなに緊迫していませんが、
全国に先駆けて封鎖することで被害を小さく出来るかと


●ここ数日で大幅に拡大している岐阜県内コロナ感染者
この数日で岐阜県内でも各地でコロナ感染者が報告されています。
特に南側の平野部で。
飛騨高山では殆ど出ていません。
人口密度が低いなかで、南側が感染するのは
愛知県からの移動だろうと、岐阜県は予測しています。
名古屋の繁華街で感染したと岐阜県知事から報告されています。
もっとも、愛知県も東京から感染拡大したのは間違いないでしょうが・・・

感染時期から考えると2週間前くらいからでしょうが、
先週の4連休が怪しいかもしれません。
その時は俺は飛騨高山でドライブしていたな・・・
岐阜県から南には行ってはいません確かw

新聞の報道によると、

>4月に出した県独自の非常事態宣言は、国の緊急事態宣言より1週間ほど発令が早かった。
>地域に与えたインパクトも大きく、約2週間後には新規感染者がほぼ確認されなくなった。

とあるので、感染拡大する初期に往来を完全に断てば、
岐阜県内の感染は食い止められる、そういう判断かもしれません。
夏休みに閉鎖して、学生は自宅待機で感染を食い止める、
そんな考えでしょうか?


●古田知事の勇気ある決断
緊急対策は岐阜県のHPから

https://www.pref.gifu.lg.jp/kinkyu-juyo-joho/dai2hahijyouzitai.html


内容をしっかり読むと、外向けの発言と実情は少し異なり、
企業などには相当の要請が来ると想定しております。
特に、事実上「名古屋に行くな」宣言。夜遊び絶対禁止。
そして、

>県の「感染警戒QRシステム」と政府の「接触アプリ(COCOA)」の活用。
ああ、これは絶対入れろと事実上の命令ですなw
言うことを聞かない奴は処刑するぞ、は言い過ぎですが
かなり強制力のある要請が来そうです。企業内部では。

>懇親会やパーティー、カラオケを自粛。
これは店舗への閉鎖しろと要請が来ますかね?相当の強い要請が。

>感染防止対策を徹底していない店舗において、
 感染者が発生した場合には、感染症法等に基づく店名公表、立ち入り検査。

これは言う事を聞かない奴は強制的にバラすぞ、と。
社会的に抹殺宣言に等しいです。
大阪や東京では成功しませんでしたが、岐阜県下ではどうでしょうか。
4月は殆どの店舗が閉鎖に協力していたはずです。
パチンコ屋や風俗店も含めて。
これはただの脅しではない。
前回と比べ、前もって宣言する以上は当然監査するはずです。
岐阜県民から相当の恨みを買うでしょう。

今までのコロナの情報開示は柳ケ瀬の飲食店やパチンコ屋などの事例にとどまり
現在の感染者の具体的な行動経路は情報開示が少ないと思います。
しかし、これからはプライベート含め全力で開示するぞ、と宣言。
おそろしあ。

>クラスターが発生した店舗には、特措法に基づく個別の休業要請及び業界指導。

休業要請はどこにでもありますが、業界指導とな・・・
明らかに特定の業界に向けての宣言。
怖いわ・・・凄いね岐阜県・・・

>○「積極的PCR検査」
>・1日当たりのPCR検査能力を1,000件に(現在能力464件)。
>○「自宅療養者ゼロ」(十分な病床・後方施設確保)
>・県内のすべての感染者が入院又は後方施設に入所。「自宅療養」となる患者は発生させない。

ちょ、凄いわ。マジで・・・
そんなキャパあるんですか???
いったいいつの間にそんな交渉をしていたんでしょうか?
ずっとずっと前からですよね。凄いわ岐阜県。
一体貴方がたは何をしていたのですか。
遊び呆けている首都圏とは大きな違いがありますよね???


という前回を大幅に超える本格的な対応と締め付け。
いったいいつから事前準備していたのでしょうか?
今からやるから明日からなんとかしろよ?というのは無理です。
他の県から先駆けて、はじめから戦略を立てていたのは間違いありません。
本気ですね。古田知事。男前。
ということで意外と思われるかと思いますが、
岐阜県内の企業では比較的強制力のある発言へと解釈出来ます。
都会なら目が届かないから皆で無視するかもしれませんが、
ここは人口密度の極めて低い田舎。
その気になれば企業への強い監視は難しくありません。
ショッピングモールや図書館も閉鎖くるかな・・・



以下岐阜県HPの対応宣言。


(1)県民の皆様へ
○愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食の回避
(感染状況、防止対策について愛知県、名古屋市と積極的に情報共有)
○学校夏休み、お盆休み対策の徹底
・児童生徒は、健康チェックカードによる毎日の体調管理。
・保護者は、児童生徒の感染防止対策の確認。
・教員は、自らの感染防止対策の遵守と体調不良時の報告。
・大学生は、特に、締め切った場所及び多人数での懇親会やパーティー、カラオケを自粛。
・学校内の「衛生管理者」による校内コロナ衛生管理の徹底。
・県をまたぐ外出、感染拡大地域、特に愛知県との往来は慎重に。
○感染防止対策の基本の徹底
・「人との距離確保」「マスク着用」「手洗い」。
・3密の場(「密閉」「密集」「密接」)の回避。
・家族以外の集団での会食の回避。
・毎日、体調を自己チェック、体調異常の場合は、外出ストップ。
・県の「感染警戒QRシステム」と政府の「接触アプリ(COCOA)」の活用。
○行動指針、ガイドラインの遵守徹底
・感染防止対策を徹底していない店舗において、感染者が発生した場合には、感染症法等に基づく店名公表、立ち入り検査。
・クラスターが発生した店舗には、特措法に基づく個別の休業要請及び業界指導。
・「コロナ対策実行中!」ステッカーの掲示徹底と掲示店舗の利用推奨(県ホームページ、雑誌、サイトへの掲載)。
・「GoToキャンペーン」などに備え、特に観光、宿泊施設の感染防止対策を再点検。
・在宅勤務(テレワーク)、時差出勤を推進。

(2)医療福祉対策
○「積極的PCR検査」
・1日当たりのPCR検査能力を1,000件に(現在能力464件)。
・地域外来・検査センター3か所増設。
・医療施設、福祉施設、学校において発生した場合は、濃厚接触者にとどまらず、より積極的にPCR検査を実施。
○「自宅療養者ゼロ」(十分な病床・後方施設確保)
・県内のすべての感染者が入院又は後方施設に入所。「自宅療養」となる患者は発生させない。
(病床)確保病床281床を7月29日以降387床に拡充。今後、入院患者が120人を超えた時点で625床に拡大
(後方施設)全5圏域で計466室確保。7月29日から受け入れ再開。
○個人防護具等の備蓄拡大
・サージカルマスク、N95マスク、医療用ガウン、消毒液の備蓄を現在の1か月分から、3か月分に拡大。
○高齢者・障がい者入所施設の対策強化
・専門家による施設運営指導。
・施設職員に対する研修、訓練の実施。
・感染発生時における地域医療機関との連携、施設間応援体制。

posted by kapper at 21:54 | Comment(0) | 近況

2020年07月26日

$97中華電子ブックリーダー Xiaomi Mireader Android化改造と少し日本語化、各種アプリ動作確認 その1

MiReader2.jpg


MiReader7.jpg

今回はXiaomiの電子ブックリーダーをAndroidランチャーを入れて
日本語化し、各種アプリを入れて遊んでみました。
少し前にAliexpressのサマーセールで97ドルで購入しました。
今回はその記録をブログに残します。

Mireader3.jpg

●Xiaomi Mireaderとは
Xiaomiの最近のE-Bookreaderです。
仕様はAndroid8.1とデカデカと書いてありますが
中国語のみというハンディが大きくて
日本人は少数の人のみ買っている状況でしょうか。

https://ja.aliexpress.com/item/4000549826012.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.3beb4c4dIUAI6U

実はコレ、中身はAndroidそのものですがすでにRoot化してあり
adbコマンドでapkアプリを入れたり出来るので、
まさに改造したい放題のガバガバなガジェットw
Xiaomiの確信犯でしょうw
まずこちらをご一度を。

Xiaomi DuoKan E-reader ADB commands list.
https://github.com/epodegrid/epd106-ADB


スペックは

製品仕様
システム:Android 8.1、Allwinner Quad-core @ 1.8GHz
RAM:1G RAM
ROM:16GB
バッテリー容量:1800mAh
スクリーン:6インチHD Einkカルタスクリーン
ドキュメント形式:PDF、EPUB、TXT、WPS、DOC、Excel、PPT
モニターインターフェイス:Type-C
Wifi,Bluetooth対応
言語:Chinese
重量とサイズ 商品サイズ:15.92 11.60 X X 0.83センチ
製品重量:0.178キロ


E-BookReaderと見た場合、過剰なスペックで
Androidと見た場合かなりしょぼいスペックです。
言語が中国語だけ、というのが大きなデメリットです。
画面も6インチでちょっと小さいです。
そして残像が激しく、動くものを映すには壊滅的にNGです。
本来、そういう使い方をしないのですが・・・

Mireader1.jpg

●Android化
解説サイトをまず一通り目を通して頂いて設定します。
中国語なので文字は読めません。
参考サイトの写真を元に設定しますw

・母艦にGoogle USB Driverとadbコマンドインストール
 ⇒今回は割愛
・USBケーブルをPCとMiReaderと接続
・画面上をタップして下側にスライドさせると
 電池、Wifi、セッティングなどの表示が出てくるので
 車輪マーク(セッティング)をタップ
・設定画面でハートマークをタップ
・画面下の版本号(ビルドNo)を5回クリックしてデベロッパーモード
・戻って、横箱記号(没藩)をクリックして更に一番下
 (デベロッパーオプション)をクリック
・USB調式(USB Debugging)をクリック(してあるはず)

ここまで中国語の設定ですw
USBデバッギングをONにするとadbコマンドが使えるようになります。

lsusb
adb device

何か追加して表示されればOK
ちゃんとlsusbでMiReaderが先に認識している事が優先。
で母艦の端末から

adb shell am start -a android.settings.LOCALE_SETTINGS

すると言語追加画面が出てくるので
ひとまず英語を追加して上に持ってきます。
これで一部の表示が英語になって読めます。
で一旦、MiReader Launcherをダウロードしてインストール

MiReader Launcher
https://mega.nz/file/nYoHxIwT#_6hTcBtUWST0_0VNWn8XvEL1JK377aAdsB9yIUocig8

ダウンロードしたらadbコマンドでインストール

adb install MiLauncher.apk

それで端末からadb shell

adb shell
am start -W -c androidadb shell.intent.category.HOME -a android.intent.action.MAIN

これでランチャーを登録出来るので
アプリをランチャーから起動できる様になりました。
MiLauncherをAlwaysに登録しておきましょう。

所が「戻る」キーや「ホーム」キーがありません。
そうです。アプリを終了出来ないんです。
その対策として Xiaomi One Touch Button を入れます。

https://mega.nz/file/zV5liQQZ#jAYeARU4YnnQmGo6AsLmRDf9x3T4DpmOIL5vJT_1MSg

ここからXiaomiOT .apkをダウンロードしてadbコマンドで入れます。

adb install XiaomiOT.apk

これを入れて再起動させると、
画面に○のアプリが入るのでそれを実行すると
ランチャー代わりになって常駐します。
これでアプリを自由に操作出来るようになりました。
そして時間をTokyoに変更

adb shell setprop persist.sys.timezone "Asia/Tokyo"

一先ずお疲れ様でした。


●一部日本語化  MoreLocale2
まずこちらをご参考に。感謝。

Xiaomiスマホを日本語化させる最も簡単な手順を5ステップで図説
https://androidlover.net/xiaomi-japanese-language

細かい設定は抜きにしてMoreLocale2のapkをググって拾ってきて
それをadbコマンドで母艦から入れます。

adb shell
pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

仕方がないのでAPKPureからダウンロード

https://apkpure.com/jp/morelocale-2/jp.co.c_lis.ccl.morelocale

adb install MoreLocale 2_v2.3.1_apkpure.com.apk

でMoreLocale2を入れます。で起動させると、
黒い画面が出ますが、言語表示が真っ黒で見えませんw
仕方がないので上から順にクリックして日本語を探しますw

Japanese(Japan)

が順番にクリックして発見すればOK。
後はランチャーの表示が日本語になっているはずです。

●apkアプリのインストール方法
adb installコマンドでも良いのですが、エラーが出ないので転送が終了しません。
そこでadb pushを使います。

adb push (apkアプリファイル名) /sdcard/Download/

このコマンドで本体のDownloadフォルダにファイルを転送します。
で、ファイラーからダブルクリックしてインストールします。
この方法だとエラーが出るので直ぐに分かります。

●Antutuベンチマーク
トータル 39787
CPU 21983
GPU 0
MEM 11173
UX 6687

あまり早くないです。
Nexus7 2013相当でしょうか?もう少しマシかな?


Mireader4.jpg






●動いたアプリ、動かなかったアプリ

MiReader6.jpg

・動いたアプリ
 MiReaderLauncher
 UserLAnd+bVNC
Uninstaller
Amazon Kindle
Antutu
APKPure
DMM Games+艦これ
Opera
Termux
twitter
2048
楽天KOBO
XserverSDL

・動かなかったもの
 Google関係
Chrome
 Firefox
 Puffin Web Browser
 Screen Rotation
 日本語キーボード関係全般
 Debian Noroot
 
他はまだ全然試していません。


Mireader5.jpg

●まとめ
XiaomiのMiReaderでAndroidと少し日本語化出来ました。
一応、UserLAndとかでUbuntuも動きます。
OperaでブラウザもOK、SNSも動きます。

しかし日本語入力関係のアプリが全滅です。
つまり日本語入力出来ません。
日本語表示は出来ますが、入力出来ない大きな不具合があります。
日本語フォントはKindleを入れた際についでにインストールされました。

MiReader8.jpg

まとめとして、
電子ブックリーダーとしては優秀な部類に入りますしそこそこ安いです。
しかしAndroidタブレットとしてみた場合、
冷静に考えたらAmazon Fireに劣りますのでかなり低スペックです。
Allwinner 480〜1800MHzですからね。
それに日本語入力出来ないのが致命的な課題。
拡張性も殆ど無いですしMicroSDも使えません。
動きのあるアプリは残像だらけで読めません。
音声出ませんので動画は再生できますが残像で全く視認性無しです。
電池もアプリ動かすとガンガン減っていきますw

冷静に考えてみると凄く微妙な機種ですが、
電子ブックリーダーとしてKindleや楽天KOBO、DMMなど
使えますので各社の本が読めます。便利です。
Root化されていますので改造ガンガン出来ます。
多分、postmarketOSやカスタムROMも簡単に動くんじゃないですか?
大きな期待をしないで、ハックして遊ぶ楽しさを再びMiReaderでどうですか?


MiReader9.jpg
posted by kapper at 17:19 | Comment(0) | MiReader

3,500円 ジャンク iBook G3 Lubuntu Linux 16.04 ライブ起動テスト その1

G3ibook3.jpg


今更Macbookシリーズで、今回はiBook G3。 600MHz。
かなり前に買ったのですが、現在ではサポート無しジャンク扱い。
さすがに旧機種なので遅いですが、
イメージとしてNetwalkerや初代RaspberryPi相当で
常用はおすすめしないが、我慢すれば普通に動くレベルです。
Lubuntuならそんなにメモリを最初には食わないので
最後のPowerPC Linuxを堪能してみませんか。

●PowerPC G3 iBook
ハードオフとかで捨て値でジャンクで売っています。
スペック的にもMacOSXのサポート的にも完全に切れていて、
セキュリティ面でもちゃんと使える状態ではありません。
仕方がありません。
Linuxを使いましょう。
参考サイトはこちらです。感謝。


iBook G4でLubuntu 14.04をUSBメモリィから起動、インストールする
https://genjiapp.com/blog/2014/10/13/booting-and-installing-lubuntu-14.04-from-usb-flash-drive-on-ibook-g4.html

[今さら] もう 2019 年だというのに iBook G4 に Ubuntu 16.04 LTS をインストールしてみる
https://qiita.com/comeon_babuu/items/02918802a7e0e48b39a3

iBook G4 1GHz 12"に Debian GNU/Linux 3.1
https://www.netfort.gr.jp/~dancer/column/ibookg4.html.ja

Installing Linux on PowerPC Macs
https://lowendmac.com/2018/installing-linux-on-powerpc-macs/

Operating Systems for PowerPC
http://bgafc.t-hosting.hu/oses4ppc.php


・不具合
 MacOSXのHFS+のリサイズがLinux上で出来ない
 ⇒Ubuntuを入れようとすると削除してインストールしか出ない。
  MacOSXのリカバリディスクから起動しリサイズする
  Mac OS X 10.5.6のリカバリディスクがあるともっと遊べる?
 MacOSX上でのHFS+リサイズがdiskutilで端末から変更しようとすると
 HDDが消されてから分割される。
 ⇒リカバリディスクでMacOSXを入れ直さないとHDDデュアルブート出来ない
 USB-Wifiカードが使えない? 
 PowerPC 32bitのインストールISOしか使えない

など他にもありそうです。
diskutilのバージョンが古くてIntel Macbookの様にリサイズ出来ません。
ぐぬぬ。
仕方がないのでUSBメモリからLubuntuをライブ起動しています。
インストールはまた別の機会に。

●PowerPC 32bitに対応しているだろうLinuxディストリ
多分ですが、PowerPC32bitに対応しているのは

・debian 8まで
・Lubuntu16.04まで
・Gentoo
・VoidLinux
・FreeBSD
・OpenBSD
・NetBSD
・その他

とあまり多くありません。
PowerPCとG3、G4は32bitのみです。
G5だけ64bit対応なので、最近のOSを使えますが注意。

G3Mibook1.jpg

●Lubuntu Linux 16.04のブート方法
方法としては2つありますが、片方

・「Option」キーを押しながら起動してUSBメモリを選択

でまず公式HPからLubuntu16.04のISOをダウンロードしてUSBメモリに焼きます。
普通にddコマンドで。

でiBookに刺して「Option」キーを押しながら電源ボタンを押して起動します。
するとMacOSXのアイコンともう一つ出てくるので、
もう一つをクリックし⇒ボタンを押して起動します。
するとUSBからUbuntuのブートローダーが起動して来るので
Liveもしくはエンターでそのまま起動させると
Lubuntuが起動します。
GPU関係で干渉しなければそのまま映ります。
で無事起動です。

その後、USBメモリにインストールしてみましたが、
エラー多発(転送速度がおそすぎてタイムアウト?)でまだ起動出来ていません。
方策を考えないと駄目ですね。


G3ibook2.jpg


●まとめ
とりあえずG3のiBookでLinux起動まで。
USBを刺すだけで起動したので難しくはなかったです。
HDDへはMacOSXのdiskutlで分割が必要ですが、
データが消えてしまうので保留にしてあります。
もうちょっと色々と調べてから再チャレンジしたいです。

G3 BookのスペックはNetwalkerや初代RaspberryPi相当で
かなり遅いです。
常用にはかなりキツイですが、一旦LXDEが起動すれば普通に動きますかも。
今となっては商品価値は無い機種になってしまいましたが、
*BSDはまだ使えるので、是非遊んでみましょう。

posted by kapper at 15:32 | Comment(0) | Macbook

2020年07月09日

最近の事 2020年7月 色々と


最近の愚痴をブログにします。
色々とありましたが、一応元気です。
今後共よろしくお願い申し上げます。


●ガジェット改造
最近ペースが落ち気味ですが色々と改造しています。
postmarketOSとMacbookでしょうか。
面白いです。
解説サイトもあって頑張れば誰でもできるはずですが、
思ったようにはいきません。ぐぬぬ。
PinePhoneも面白いのですがあまり活用できていません。
Linuxフォンは難しい。
WMとアプリは今後共Androidが強いでしょうが、
使いみちはまず自分で考えるしかなさそうです。


●UbuntuとArchLinux
ディストリは色々と使っていますが、
やはりこの2つが多いです。
インストールが楽なUbuntuと、
デスクトップで最新環境が作れるArchLinux。
USBメモリにArchLinuxを入れてHDDレスで使っています。
いやむしろジャンク品ノートPCを買ったらHDDとOSが無かったという。
逆に消費電力的にUSBメモリの方が少ないのでバッテリ長持ち。
ディスクアクセスの多いFirefoxが敵だなぁと。
書き込みが遅いので問題です。OSが固まります。

プチフリさえなければUSBメモリでLinux運用も快適なんですけど、
改善案は調査が必要です。
タブレットやUMPCは容量が少ないですし。

●コロナの影響?
コロナの影響でOSCや勉強会のカンファレンスが
オンラインで全世界で参加出来るようになりましたが
多すぎてとても参加しきれません。
精神がだいぶ病んできています。
オンラインで出来てしまう時代が恐ろしいです。
その影響で色々な人たちと会う機会が大幅に少なくなりました。
実際ほとんど会話していませんよね。
色々と人間関係が疎遠になりつつあります。
特に勉強会関係で。仕方がありません。
やはりSNSだけでは人間関係は成立しませんね、と
痛感しておりますがこれも時代の流れ。

SNSは会話の代替えにならない事に気づきました。
一面だけをみればそうかもしれません。


●大手コミュニティさんを横目でみて
僕自身は大手Linuxディストリコミュニティに参加していませんが、
横から見て、いや大変だなぁと。

OSCとかSNSで発信される一般の人の意見を安易に受け入れる事が出来ない
と思っていて、大小の決定事項が必要な内容はたぶん
コミュニティの内部の声の大きい人の影響を受けているのでしょうか?
よく言えば全世界的な視点で、
悪く言えば小さい声を反映するのが難しい。

まあそれは別に良いんですけど
マーケティングの視点で言うと
「常連」、「ご贔屓さん」というリピーター上客を作る事が難しい
という方法論があって課題ですね、と横から見ています。
お客さんは自分の要求を満たされる事で「一見さん」から「常連」になるのですが
気に入らなかったり要望が無視されると当然逃げていきます。
お客さんは文句を言う事が目的ではないからです。
自分が使いやすいものが欲しいだけなんです。

営業って投網を投げてお客さんを掴むイメージがあるかと思いますが
現実は一つ一つのお客さんを逃さない方が重要で、
競合に対して比較する事だけが重要になってきます。
ユーザーの声を掴みきれなくなると逃げられてしまいます。
商売上の課題ですね、と。


●小説を書いてて、近況
小説は時々更新していますが、
ネタを考えるのが難しくなってきて
毎日更新はちょっと厳しくなっています。
それだけボツが増えたという事。
すみません。

あと過去に書いた小説を今読み直すとイラっとしますw
全部無しにして1から書き直したい気分です。
大変申し訳ありません。
ストーリーが破綻するので難しいですが。
読者さんも同じ様に思っていると思いますが、
今自分も同じ様に思います。
それだけ小説を書く事に慣れてきた証拠でしょうか?
そう思いたいです。
恥ずかしい。

●おっさんからのプログラム勉強
歳を取るとプログラムを学ぶのが辛くなりますが、
色々と勉強しています。
年齢を理由に諦めたら最後です。
がんばりましょう。

若い時には、やることが沢山あって
中々勉強しないかもしれませんが、
やはり語学とプログラムは若い時に積み重ねておけば良かったな
と痛感しております。
頑張れば年齢は問題ないです。
PythonとかJavaとかVBAとか勉強しながら書いています。
ネットでググれば参考文献が出てくるので良い時代になりました。


posted by kapper at 07:00 | Comment(3) | 近況

2020年07月05日

ジャンクOS無しCore i7 3520M Macbook Pro 2012 Mid Lubuntu Linux 20.04 その1

Macbookpro.jpg


秋葉原で実験用にMacbook Pro 2012 Midを
21,000円で買いました。
OS無しHDD無しジャンクです。
ちょっと想定より高かったんですがCore2Duoより新しめの
64bit関係がほしかったので妥協しました。
Linuxは問題なく動いています。

●Macbook ProとLubuntu
OS無しジャンクとはいえMacbook Proです。
当時ハイエンドな高クロックスペックに沢山のメモリ。
HDDは無くともUSB3.0対応。
Lubuntuを動かす程度には問題ないスペック。
ガンガン使いましょう。

MacbookからUSBブートするには、
Optionキーを押しながら電源をONにして
USBメモリに入れたLinux=EFIブートが表示されればOKです。
そのままUSBメモリからLinuxが起動できます。
HDDがある場合にはrEFIndを是非入れましょう。

他のLinuxや*BSDの場合、USBブートすると
Xrogの設定違いで表示エラーが出るかもしれませんが、
Ubuntuの場合、全てドライバをコミコミインストールするので
意外と機種間のエラーが出ませんw
なんでもありの、ぐちゃぐちゃ全部インストールなので、
そういうメリットもありますw
ので過去のMacbookに入れたUSBメモリのLubuntuがそのまま起動しています。

●注意点?
Archや*BSD入れますと当然Xorgの表示関係に注意。
それぞれの機種に合わせて設定が必要です。
Ubuntu関係の場合、ほとんど影響が出ませんが。
特にWifiドライバが要注意です。初期状態では入っていないので、
前回のブログをご一読願います。

●疑似解像度スクリーン
解像度が旧機種なので狭いです。
なのでソフトウェア的に広げてみましょう。
まずxrandrでドライバと解像度チェック

xrandr

LVDS-1がドライバなので、

xrandr --output LVDS-1 --scale 1.25x1.25

そうすると解像度が少し広がります。
文字がややぼやけるので要注意。フォントを調整しましょう。
表示が問題なければ.profileに追加します。
LXQt起動前に解像度が調整されますので、
これで若干解像度が広くなります。

●まとめ
LinuxはUSBメモリに入れたり、解像度を変えたり
色々なアプリや軽量WMを入れたりが長所です。
古い機種もハードもガンガンチューニングして再利用出来ます。
MacOSXもインターネットリカバリ出来ますが、USBメモリからブートできまい。
HDDは電池の消耗量がそこそこ多いので。
USB3.0にも対応したので高速です。
メモリ節約してSwap無しでもなんとかLubuntuなら。
改造すればするほど便利になっていくLinuxなのでがんばりましょう。
MacbookもHDD無くてもOS無しジャンクでも普通に遊べます。
まる。
posted by kapper at 19:12 | Comment(0) | Macbook
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ