にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2020年01月03日

新世代7インチUMPC Cherry-Trail #GPD-Pocket Archman GNU/Linux インストールテスト その9

Archman.jpg

今回はGPD-PocketにArchman GNU/Linuxを入れてみました。
実はUbuntuとかFedoraをテストした際に
数秒毎に強制的にAuto-Suspendして
電源が落ちる現象が出ています。危険な傾向です。
それでテストを兼ねて止むなくArchを試してみました。

●GPD-PocketとGnome関係のAuto-suspendバグ?
1年前にGnomeで十数秒間隔で勝手にsuspendが掛かって
電源が落ちるバグがありました。
現在は直っているはずですが。
所がUbuntu19.10〜Ubuntu20.04 Daily-build、
Fedora Daily-Buildを使うと再現してしまいました。
それで急遽、Archを焼いて入れてみました。

ArchmanはArch系列のGnomeベースのディストリで
レポジトリはArchのままですが、インストーラーは
Fedoraと同じのを使っていまして楽です。
トルコのディストリだそうです。
ライブイメージで起動させた際に安定していましたので
そのままインストールしたのが背景です。

●Archmanのインストール
公式HPの最新版ビルド版のISOをそのままダウンロードして
RufusかddコマンドでUSBメモリに焼くだけです。
特別な事はいらないですが、
Windowsを消さないように自己責任でご注意を。

でまずライブで起動させますと
何故かAuto-suspendが発生していませんでしたw
折角なのでメニューにあるインストールを実行すると
Fedoraと同じ様にArchLinuxがインストールされました。
ああ、これ楽ちんw
Manjaroと同じかと思いますがあちらはやや古いです。
こちらはArchそのままで新しい。


●まとめ
シンプルですがひとまず動いています。
あとはpacmanでアップグレードとアプリを入れるだけ。
何故か音が出ないのでサウンドパッチが必要だと思います。
タッチスクリーンやWifiは動作確認。

Gnome系列のAuto-Suspendバグはかなりヤバイです。
発生した場合、まずGnome以外を使いましょう。
それでも駄目なら古いディストリに戻しましょう。

ArchLinuxがライブイメージでインストール簡単って
凄い楽ですw
最新版のデモテストに良いでしょうか。
Manjaroとは違いますのでご注意を。
結構よく出来ています。
動作検証に、バグの再現試験に、そのままArchにどうぞ。
一先ず使っています。
posted by kapper at 21:58 | Comment(0) | GPD-Pocket
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ