にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年12月29日

7000円 ドン・キホーテ 2in1 Windowsタブレット ジブン専用PC&タブレット3 RM-F106-SR Wubi for Ubuntu 19.10 インストール

EM8TZDvUYAEjqCs.jpg

次はドンキのRM-F106-SRにWubi for Ubuntu19.10を入れてみました。
定価が19800円で更に中古で格安になった本機ですが
普通にLinuxが動きます。
中華品なのでタッチスクリーンがMSSL1680なので
標準では対応しないのが残念ですが2in1なのでPCとして使えます。

●ジブン専用PC&タブレットとLinux
ドンキの中華シリーズです。
2in1の癖に非常に安価でスペックを要求しない人の
ニーズにピッタリ合いました。
強度設計を抜きにすれば結構よく出来ています。
定価が安いので中古値段もだいぶ安くなりました。

でLinuxをインストール。
普通に動きました。



●Wubi for Ubuntuインストール
普通にWubiとISOをUSBメモリにコピーしてから
Windows上でダブルクリックして
インストール、再起動するだけです。
インストールは普通に完了して再起動します。

Ubuntuのブートは何時もどおりですが、
標準のブートローダーはWindowsBootManagerが
先頭で優先順位高いのでGrubが起動しません。
BIOS画面でUbuntuに変更すると
自動的にGrubが起動します。

画面は横画面ですが、内蔵センサーで自動的に回転してくれます。
WifiもBluetoothも普通に使えるはずです。
コンパクトで非常に良いスタイルしています。


●まとめ
意外と良いです。
タッチスクリーンが使えませんが仕方はないです。
拡張性もUSB-TypeAが2スロットでUSB-TypeCが1つと高いので
SSDにインストールしなくてもUSBメモリにLinuxを入れても良いです。
傷付けないようにガッチリとハードケースに入れて運搬しましょう。

ドンキPCとはいえ拡張性も十分で軽いし便利。
必要最低限も満たしており侮れません。
定価がやすいので中古価格も安く入手が容易。
SSDの容量が32GBしかないのでUSBメモリにLinuxを入れましょう。
とっても可愛い仲間になってくれるはずです。
強度設計が無いのが残念ですが・・・
posted by kapper at 18:50 | Comment(0) | RM-F106-SR

Let's Note上のLinuxで音が出ない時の対策と簡単なスクリプト ArchLinuxと全てのOS全般 その10

Screenshot from 2019-12-28 19-39-08.png

実はLet's Note上でのLinuxで音が標準に出ません。
Mainのスピーカーが何故かHeadphone扱いになっていますw
AlsamixierでHeadphoneの音量を上げれば音がなりますが
面倒です。
CUIでコマンド1行で音声ONにしたいです。

Amixerコマンドで音量を調整出来まして、
それをスクリプトに書いてみました。
どこかに起動させるときに1行追加してみて下さい

amixer -c 0 sset Headphone 100%


Let's noteでLinuxを使っている人で音が標準で出ない人に捧げたいコマンド。
スクリプトに1行追加するだけ。
困っている人はぜひどうぞ。
posted by kapper at 18:33 | Comment(0) | Arch Linux

2019年12月28日

シンプル・ミニマムOS #archLinux Pacmanでマニュアルアップグレードが必要 2019/12/20 その9

Screenshot from 2019-12-28 19-39-08.png


という事でArchLinux使いは手動アップグレードが必要です。
エラーが出た場合は下記のコマンドを実行してみましょう。

pacman -Rdd libdmx libxxf86dga libxxf86misc && pacman -Syu

Xorg cleanup requires manual intervention
https://www.archlinux.org/news/xorg-cleanup-requires-manual-intervention/
posted by kapper at 20:28 | Comment(0) | Arch Linux

2019年12月25日

9800円 ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T2 ArchLinuxとかその他のOS全般 その8

Screenshot from 2019-12-25 18-59-44.png

9800円のヘッドマウントディスプレイ HMZ-T2を
Linuxで使ってみました。
結論から言いますと普通に使えます。
2012年発売なのでスペック的には低いです。
有機ELのHDMIモニタとしては健在です。
RaspberryPiやStickPCとかに繋いで使ってみましょう。
OSとか環境に非依存です。

●HMZ-T2とLinux
2012年製のソニーのヘッドマウントディスプレイ。
古くなってきてだいぶ価格が下がりました。
解像度がそれほど高くはありませんが、綺麗で
寝ながら映画を見たりYoutubeを見るにはまだ使えます。
PCでもゲーム機でも使えます。
スペックは、


パネル 有機ELパネル x 2
画素数(水平×垂直) 1280x720
アスペクト比 16:9
視野角 約45度
仮想画面サイズ 750インチ(仮想視聴距離 約20m)
ヘッドホン 感度 105dB/mW
再生周波数帯域 5-24000Hz インピーダンス 16Ω
最大入力 100mW
視聴調整機能 レンズ間隔調整 5段階(左右独立)
3D機能 3D対応 Yes
音質機能 バーチャルサラウンド 5.1chバーチャルサラウンド
HDMI機器制御対応 再生、一時停止、チャプター送り、チャプター戻し、早送り、巻き戻し
ビデオ映像端子 HDMI入力/出力 HDMI入力1系統 / HDMIスルー出力1系統
HMD出力 1系統出力


HDMIで解像度1280x720を50Hzでスクリーンサイズに表示出来ます。
目が疲れますけどw
音声はヘッドフォンかPCから出力。


●Linuxで使ってみよう
電源を繋いで普通にHDMIをPCと接続します。
しかし映りません。
解像度が合わないって表示されて映りませんが、
リフレッシュシートを50Hzに設定すると表示されました。
一旦表示されれば以後は普通に映ります。
プロジェクタなどのセカンドモニタと同じ扱いです。

●使ってみて
ハード的にかなり使いづらい構造ですが、
映像は綺麗で解像度もそれなりにあるので

○映画、動画、Youtube
○ゲーム(レースゲームやFPS)
○デスクトップなどサブモニタ


レースゲームはど迫力で酔うかもしれません。
もちろんフルスクリーンで。
BallisticNGが最高である。
https://store.steampowered.com/app/473770/BallisticNG/

逆に使えない機能としては

×3D動画
×VR動画(センサ含む)

VR動画自体はスマホやWinVRしか再生出来ません。
のでLinuxで表示出来ないです。
これだけで見れる動画が大きく減るのでマイナスポイントです。
あっちゃー。勿体無い。
2Dで再生しましょう。
Androidから外部出力で見れないかな?

●まとめ
Linuxでも普通に使えますが、
3DやVRが見れないだけでも大きなマイナス。
だってスマホ+ゴーグルでも見れますもん。
ケチらずに高解像度のOculus Goを買ったほうが良い。

しかしやはり本命はBallisticNG。
レースゲーム超最高。
HDMIで直接繋ぐのでゲーム機でもRaspberryPiでも多分使えます。
HDMI変換機を使えばVideoやVGAも遊べる?

この機種に興味がある人はかなりのマニアしかいないので、
安いだけで手を出すのは危険かもしれません。
サブディスプレイとしても使えますが目が非常に疲れます。重いし。
割り切って使い分ける人のみどうぞ。
posted by kapper at 20:46 | Comment(0) | Arch Linux

2019年12月22日

#技術書名古屋の陣 2019年12月22日 初参加

EMX4WI3UcAA6E_I.jpg

ちょうど名古屋に帰ってくるタイミングを会わせて
寄ってきました。
名古屋の未来を感じさせる素晴らしいイベントになりそうです。

https://connpass.com/event/154301/

●技術書名古屋の陣
東京で大人気の技術書同人誌即売会を
名古屋でもやろうと言う話です。
スタートしました。
Connpassでは20人前後の参加者ですが。

同人誌はtwitterで情報公開されていますので
そちらをご一読どうぞ。

https://twitter.com/hashtag/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%9B%B8%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E3%81%AE%E9%99%A3?src=hashtag_click

サークル参加A:3000円
サークル参加B:2500円
サークル参加(学生枠):500円
見本誌参加:無料
一般参加:無料

場所:ベースキャンプ名古屋
 名古屋駅から徒歩15分程度


●感想
まず技術書同人誌。
電子工作、IoTからプログラミングなどなど。
出展が少ないけどジャンルは豊富。
名古屋の未来を感じます。
場所は名古屋駅からそばのコワーキングスペース。
ここ高いんですよね。同人業界って凄い金持ち。
開催時間がたったの2時間と遠征勢には辛い内容。
次回はどうなるでしょうね。
名古屋勢だけでは物足りなくなるので遠征勢を呼び込むのが
今後の課題と言えるかもしれません。

しまだ先生と雑談しようと思ったのですが、
熱心に読まれているので遠慮して先に戻りました。

大阪でも「銭けっと」やられているのでぜひどうぞ。
https://zeniket.jimdofree.com/


●まとめ
色々なジャンルの人が集まる場所としては
大変よいのではないでしょうか。未来を感じます。
僕個人の主観を除けば素晴らしいイベントになりそうです。
次回を期待。

実は内容よりどういうイベント形態を目指すかの方が
興味がありました。なる程、と。
将来的には大きな場所で入場料を取る大きなイベントになるでしょう。
出展料と入場料が収入でしょうか?
名古屋発のイベントが活発になることをお祈りします。


個人的には有料になったら参加しませんw
同人誌の即売には実はそんなに興味ありません。
今日、興味が無くなりました。
何故なら僕のジャンルでやっている人がいないからです。
お金儲けが主体なのは全く良いことですが、僕は目指していません。
副業は会社をクビになるから。
全くの主観です。全く他の人の参考になりませんが。
後、ペーパーレスで電子データが良いので紙はいらない。
ネットで買えば良いかなぁなんて思ったりも。

あと同人業界は凄くバブリーだなぁと思った。
金が大きく動く業界だから、場所や広告に金にいとめを付けない。
僕らの勉強会でこんなに高い場所は借りないです。
高い参加費を取るのが申し訳ないので。
少し遠くても安い場所を探します。
羨ましい反面、目指す姿が違うので個人的興味が無くなりました。
同人業界はいわゆる同人業界に過ぎないと。理解しました。
僕から見て技術的に大差ないから。凄くない。
でもそうやね。東京みたいに活発になると良いな。
期待しています。

5980円 AC電源予備電池 Jackery Japan PowerBar 83Wh(23200mAh)

Jackery PowerBar 83Wh.jpg

今回はJackery PowerBar 83Whを5980円で購入しました。
小型でAC電源の使えるポータブル電源です。
定価は8230円らしいですが、セール期間中に購入しました。
また次のセール期間中などに。

https://www.rakuten.co.jp/jackery-japan/

●Jackery PowerBar 83Wh
AC電源付きのモバイル電池として購入しました。
しかし23200mAh。安いっすね。
本当に使えるんだろうかと心配になりつつ。
スペックは



・【23200mAh大容量のコンパクトなデザイン】
  スマホを約8回、ACからノートPC(85W以下)も1回以上の充電ができます。
・【AC出力対応】
  コンセントを差し込むだけで、
  ノートパソコンや幅広い電気機器(85W以下)へ給電できます。
  ご注意:Jackery PowerBar 83Whは85w以下のノートpcしか適用できないので、
  お手数ですが、ご購入前にノートパソコンの出力をご確認ください。
・【QC3.0急速充電】
  急速充電規格「Quick Charge 3.0」を採用し、最大18Wの出力を提供し、
  スマートフォン、タブレット、その他USB機器の充電時間を大幅に短縮できます。


というスペック。
実は85W以下という設定でしてACアダプタ100V 1.5ACのLet's Noteでは使えませんw
真剣にチェックしていませんでしたw
多分、低いInput電源のモバイルノートPC向けでしょうか。
そんなのあるかなぁ?

●使ってみた感想
まずLet's Noteで使えません。150W必要です。
コレ重要ですが痛いw
次にスマホを充電していますが電池の減りがやたら早いw
本当に23200mAhありますかね?
心配になってきました。
でも充電はちゃんとできます。
悩ましいスペック。

容量と出力の制限で、
想定した使い方は難しそうです。
もうちょっとパワーが欲しいのですが

逆にカバンに収まるコンパクトさは良いですね。
コンパクト=電池の容量が小さい、とも言えなくもないです。
ノートパソコンに使う前提でなければアリかとw

●まとめ
使いどころが難しいです。
普通のUSBポータブル電池はもっと安いですし軽いです。
85W制限では一部のノートPCしか充電できません。
買う前にACアダプタの容量をしっかりチェックしましょうw
もっともAC電源として使うと急激に電池を消耗して
直ぐなくなってしまいます。
電池としては非常に物足りません。

個人用としてはもう一ランク上を推奨します。
この手のは実際に使ってみないと分からないので判断が難しいです。
モバイルPCを使う時、例えばAC電源タイプのWindowsタブレットなど
に使おうと思います。
posted by kapper at 15:34 | Comment(0) | モバイル

2019年12月07日

6,000円 Core i3 Windowsタブレット Q702/G Wubi for Ubuntu19.10 インストール その1

Q7021.jpg


最近ジャンクショップで良く見かけるCorei3 Windowsタブレット。
第3世代なのでWindows8世代とちょっと古いが
中身は全くノートPCスペックでAtom関係のバグは無く
ドライバも殆ど問題なく動くのでLinux関係でお勧め。
特に*BSDの関係者にも使いやすいのではないでしょか?
スタイラスペンがあればお絵描きも出来ます。





●Q702/GとLinux
ほぼノートPCというスペックで発売当初は15万円という
ハイエンド向けのタブレットPC。
最近何故か非常に安くジャンクショップやネットで良く見かけます。
Linuxのレビューが少ないので買って試してみました。

売っているものは6000円でWindows10の中古品でジャンクではありません。
Atomタブなみの値段にまで落ちてきたのが買い時でしょうか?
スペックは

OS [プリインストールOS]Windows 8.1 Pro (64bit)
CPU インテルレジスタードマーク Coreトレードマーク(TM) i5-3427U(1.80GHz) モバイルインテルレジスタードマーク QM77 Express
液晶 11.6型HD(1366×768)
フラッシュメモリディスク(SSD)64GB
無線LAN
Bluetooth
USB USB3.0×1、USB2.0×1
バッテリ 約4.6時間(注2)
重量 約850g
キーボード・ドッキングステーション
N-trig製の電磁誘導方式ペン
UEFI64bit

バッテリが短いのが難点でしょうか。
電源は19V 3.16AのAC電源です。
USBで給電は出来ません。
そのまんまノートPCです。
ドライバもガンガン使えます。

●Wubi for Ubuntuインストール
何時もどおり公式HPでEXEファイルをダウンロードして
USBメモリにISOファイルとEXEファイルを同じフォルダに入れて
ダブルクリックするだけです。
後は必要項目を入力して再起動。

Ubuntuが再起動してインストールが開始。
そのまま終了します。
再び再起動する時にはBIOSのブート設定で
Windows10が最優先になっているので、
「ESC」を押してBIOS画面を起動させて
ブートの優先順位をUbuntuに切り替えましょう。
そうしないとLinuxが起動しないです。
BIOS用のソフトウェアキーボードのオプションをONにしておくと良いです。

●まとめ
ノートPCそのままなので、
Wifi、タッチスクリーン、カメラ、Bluetoothなど動きます。
カメラが使えるのは強いですね。
後はAtomに比べると速いしGPUバグもありません。
ちょっとゴツいですけどね。
バッテリは問題でしょうけど・・・
別売りのドッグキーボードを刺せばまさにノートPC。
どちらでも使えます。
ATOMでは無いので、*BSDにも最適でしょう。

スペックの割に格安、高い汎用性。
*BSDとLinuxにお勧め。




posted by kapper at 09:41 | Comment(0) | Q702
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ