にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年06月30日

名機VAIO TYPE P RaspberryPi Desktop インストール その2

VaioTypeP.jpg

Vaio Type-PにRaspberryPi Desktopをインストールしてみました。
RaspberryPi Desktopは初代やZeroでも動く様に
軽快にまとまったデスクトップ環境が魅力です。
またRaspberryPiの勉強にも古いPCをリサイクル出来ます。
今回はVaio Type-Pに入れてみました。

●RaspberryPi Desktop
今回、2019年4月にリリースしたStretch版を入れてみました。
ダウンロードは結構大変なのでTorrentを使いましょう。
サーバ版は重いです。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-desktop/

中身は普通にdebianです。
UIとアプリがそのままRaspberryPiです。

Debian Stretch with Raspberry Pi Desktop
The Raspberry Pi Desktop OS for PC and Mac - based on Debian Stretch
Version: April 2019
Release date: 2019-04-11
Kernel version: 4.9

UEFI32bit、64bitにも対応しているので
Windowsタブレットでも起動できますが、
Kernelが古いのでドライバが足りていないです。
ご注意を。

●どの程度のスペック?
Vaio Type-Pのスペックは初代RaspberryPiに近く
RaspberryPi2には劣るレベルです。
1コア+Hyper-threadingなので2コアありません。
ただしi386ベースなので色々と遊べます。

・ZSNESはギリギリOK
・PCSXRは重いが何とか遊べる。軽量化すると快適
・ブラウザは重い。標準Chromiumはカクカク
・Wine32bitでWindowsアプリやゲームも遊べる
・その他の標準ツールは大体使えるはず。

メインメモリは2GB、HDDは60GB以上あるのでそこそこ。


●インストール
ISOファイルをダウンロードしたら普通に
ddコマンドかRufusでUSBメモリに焼いて起動。
ブートローダーが立ち上がってきたら
何でも良いですがGraphical Installを選択。
そのまま後は色々と設定が出てきますが、
基本エンターでOK。
HDDの中身が消えますのでご注意を。
パーティションは自分で設定しても良いです。
でブートローダーにGrub2を入れます。
旧式PCの場合、HDDのMBRに上書きされます。

で起動したらそのままRaspberryPi。
結構サクサクで使えます。

●まとめ
インストールは難しくないです。
何故か使っている人が少ないですが、
軽量Linuxとしても便利で良いかも。
i386に公式サポートしたディストリは少なくなってきましたので
是非使ってみましょう。
最近のアプリも使えますがメモリに注意。
結構遊べます。
posted by kapper at 09:17 | Comment(0) | VAIO Type P

名機クラムシェル型タブレット ASUS TransBook T90 Chi Ubuntu19.04 インストール その3

T90CHI.jpg

久しぶりにT90CHIにUbuntu19.04を入れ直してみました。
とりあえずバグはまだ残っていますが、
修正すれば使えるので問題ないです。
修正するのは簡単です。
是非Linuxを使ってみましょう。



●T90CHIとLinux
昔からテストしていますが、問題児で苦労していました。
沢山の皆様の情報とパッチのおかげでUbuntu19.04では
何とか普通に使える様になりました。
大変感謝です。
じゃんぱら他でも大変安くなってきました。
是非使ってみませんか?
参考サイトはこちらです。

http://www.drvlabo.jp/wp/archives/1749

バグFIXを確認した点として

・Wifi:繋がる様になった
・Bluetooth:繋がる様になったはず(未テスト)
・キーボードドッグ:繋がる様になったはず(未テスト)
・画面回転、タッチスクリーン:修正必要
・音声:再生可能

とまずまず。
キーボードドッグもパッチが2019年2月にkernelに投げられて
それ以降のKernelなら使えるはずです。
Ubuntuの場合、オートスリープなどのバグは出ていません。

●Ubuntu19.04のインストール
UEFI32bit機種なのでbootia32.efiが必要です。
いつもどおりRufusでISOをUSBメモリに焼いて
ネットで拾ってきたbootia32.efiを/boot/efiフォルダにコピー。
で起動。
USBハブとマウスとキーボードも刺して
「ESC」や「F2」などを押してメニューを出してから
USBメモリを選択すれば起動出来るはず。

起動したらインストール前に必ずネットに繋ぎます。
内蔵Wifiで繋がります。
繋がないとUEFI32bitのgrub2ブートローダーがインストールされない
ので再起動してもブート出来ませんので注意。
で普通にインストールを終わったら再起動。

起動画面は横になっているので反転させます。
まず参考サイトを見ながら設定。
まず端末を起動させて

sudo nano /etc/udev/hwdb.d/61-sensor-local.hwdb

入力して保存
空白も必要なラインなので入れて下さい。

sensor:modalias:acpi:INVN650*:dmi:*svn*ASUSTeK*:*pn*T90CHI*
(スペース) ACCEL_MOUNT_MATRIX=0, -1, 0; -1, 0, 0; 0, 0, 0

で保存。
で保存して再起動すると無事画面が回転出来ます。
大変感謝です。

●まとめ
色々なバグが修正して使える様になってきました。
後は画面の回転だけですが、直せます。
是非T90CHIも使ってみませんか?
posted by kapper at 06:14 | Comment(0) | ASUS TransBook T90 Chi

2019年06月23日

6インチ安価UMPC GPD MicroPC Ubuntu19.04インストール その1

GPD-MicroPC.jpg

やっと我が家にもGPD MicroPCが届きました。
Ubuntu19.04をWubiで入れてみましたのでブログにします。
UbuntuのKernelではまだGPUが対応していなくてBlackscreenなります。
今後の課題ですかね。
MainlineKernelを入れたら無事起動しました。



●GPD MicroPC
安価版のGPDシリーズ。
拡張性は増えたが安価CPUとタッチスクリーンの無いモデル。
そこそこ使えるがCPUクロックが遅いので注意。
個人的にはタッチパッドが嫌い。
スペックは、

CPU:Celeron N4100(4コア、1.1GHz)
メモリ:4、8GB
ストレージ:128GB SSD
液晶:1,280×720ドット6型
無線LAN:IEEE 802.11ac
有線LAN:Gigabit Ethernet
Bluetooth:内蔵
RC-232C:内蔵
USB:3個
充電:Type-C
本体サイズ:153×113×23.5mm
重量 440g
UEFI64bit

あんまりぱっとはしません。
Gemini LakeのCPUの1.1GHzは失敗作だと思うんだが・・・
タッチスクリーンはついてないです。
ドライバを気にしなくてもOK。

●Ubuntu19.04 Wubiでインストール
公式からISOとWubiをダウンロードして実行するだけ。
USBメモリにISOとWubi本体を置いた状態で実行してみましょう。
SSDの容量が128GBと大きく空き容量が92GBもあるので、
Ubuntuは十分使えるでしょう。

再起動したらF7かESCでメニューを出してUbuntuを起動。
Wubiの場合、ブートメニューから選択しないとWindowsしか起動しません。
この際にIntel Graphics Modeを選択。
grub2のオプションで「i915.modeset=0」にしないと画面がBlackscreenで映りません。
仕方がありません。
今の段階ではKernelにドライバが無いのです。
でインストール完了まで設定。
他は問題が出ていません。
UEFIの設定画面でブート順位をUbuntuに変更しておくと便利かも。
起動時にF7を押せば選択できますけど。

・Wifi、bluetooth、Sound動作
・GPUは動作せずblackscreen
 画面回転は出来ない。
・KernelをMainlineに更新すればGPUと回転は機能しました。

端末から

 sudo gedit /usr/share/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf

テキストエディタは何でも良いです。
下記内容をコピペして保存します。

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "fbdev"
Option "UseFBDev" "true"
Option "Rotate" "CW"
EndSection

とすると一応横画面にはなりますが、
画面の半分が切れます。
表示出来ません。

GPD.jpg

●UKUUでKernel5.2.0RC6にアップデートしてみる
GPUのドライバが動かないんならKernelを最新版へ。
UKUUのdebファイルをここからダウンロードして入れる

https://github.com/teejee2008/ukuu/releases

起動したらオプションのリリース版以外を外すにクリックして解除。
で、開発版がリロードされるのでそれを選択してインストール。
するとKernelが新しくなるのでgrub2のオプションの「i915.modeset=0」を外して起動。
/etc/default/grubのファイルにありますのでテキストエディタで修正。
再起動したらGPUが映りました。
画面回転は端末から

xrandr -o right

で回転出来ます。
「自動起動するアプリ」を入れてアプリでコマンドを登録しておきましょう。
Ubuntuのランチャーから検索してインストールします。
5秒くらい実行を遅らせる設定にするとちょうど良いタイミングです。

GPDMicroKernel5.2.0.jpg

●まとめ
一応動作しましたがGPU問題が解決していません。
MainlineKernel5.2.0RC6を入れたら解決してしまいましたw
N4100を使っているメーカーは殆ど無いから。
どうしてGPD社は自らドツボにハマる設計が好きなんでしょうねw
分かっていてやっているのは間違いないです。
モノ好きな。
当面はLinuxでも地雷でしょうが、そのうち治るでしょう。
是非WubiでUbuntuを遊んでみましょう。
posted by kapper at 22:08 | Comment(0) | GPD MicroPC

最近の事 2019年6月 秋葉原でWindowsタブレットの中古が値下げ?

先日秋葉原に行ってきたら中古のWindowsタブレットが
値下がり傾向にあってブログにネタにします。
なかなか下がらなかった価格がようやく落ち着いてきて
ジャンクも出てくる様になったなぁと思いました。

●〜3000円ジャンクWindowsタブレット N670〜N2800
これはLegacyBIOSの旧型で大きくてデカイがちゃんとしたPC
ドライバ懸念も無い。
*BSDの人にもお勧め。
シングルコアのN670よりデュアルコア対応のN2800系列がよい。
また、Windows8.1世代のCeleronN2800のノートPCも
3〜4000円で入手可能になってきた。UEFI。
テストするには良い機種。

●Bay-Trail世代 4000〜5000円?
まだ数が少ないがこの世代も少しづつ価格低下。
Windows8.1のサポートが切れたら放出される予想で買いまくる。
OSなし、ドライバ不調、Windowsの認証NGとかは
Linuxには関係ないのでハードウェア触って確認してから
入手をお勧め。
T100TAなども安い

●Cherry-Trail 10インチ、2in1世代 6000〜7800円
なんと2in1が6000円台で変えてしまう。
UEFI64bit対応機種もこの値段まで下がった。
キーボードをつければほぼノートPC。
Linuxでも*BSDでも使いやすいのでは無いでしょうか?
OS無くてもWindows使わないので気にしない。

●Thinclinet端末Intel系 500〜1500円
IntelのAtom相当のシンクライアント端末が値下がり中。
1500円。32GBのSSDタイプでまさにWinタブ。
RasPiより安いから改造ブームには面白い。

●ジャンクGalacyスマホ 〜1980円
Galacyは結構postmarketOSに対応しているので
改造して遊ぶには最適。
しかも安い。
初期の世代など今だれも使わないであろう。


●動かない! 電源編
ジャンクで買うと充電できないパターン。
完全放電している状態。
5V2Aの電源とメーカー製ケーブルを使うと充電できる時もある。
100円均一のケーブルはNG。
ハードオフで長いUSBケーブルを買うとよい。

●動かない! 電源ボタンが入らない
過去にあった話で、何らかの衝撃で
ボタンが認識しないケース。
一度バラしてみると動くケースがあった。
分解する際に液晶を割る事もあるので自己責任で
専用の工具を必ず使うこと

●動かない! OSが入っていない
再インストールしましょう。
USBメモリからLinuxをブートして起動確認。

●動かない! PINロックが掛かっている
PINを適当に何回も入力してエラーが出ると
リセットしますか?と出てくるのでリセット。
もしくはブートローダーを立ち上げリカバリーする


ジャンクはジャンクで問題がありますが、
意外と動いてしまうものです。
液晶が割れたり、色がおかしいもの
バッテリが膨らんでいるものは止めておきましょう。
ジャンクのスマホもバラして掃除すれば意外と動きます。
ダメ元で遊んでも良いかもしれません。
最後にはLinuxをインストールしてリサイクル



posted by kapper at 08:49 | Comment(0) | 近況

2019年06月08日

最近の事 2019年6月 色々と異世界転生


今日も最近の事を愚痴ります。
まあ頑張らないと。

●異世界小説を書いてみる
最近鹿さんを参考に異世界転生小説を書いています。
製造業と産業革命をモチーフに。
Wikipediaまるコピペチートを除くと、これらのジャンルは
68万もある小説家になろうでも殆ど無くて書く人がいませんので
じゃあ、自分で書いてみようかと。
検索すればすぐにヒットします(汗
文章力がないのはスミマセンw
コメント下さい。

Wikipediaを読んでもこの中世〜近代はまともには書けないんですよ。
複雑過ぎて。
宗教や政治、経済、神学、工業化、産業革命、大航海時代や新大陸、農業、
東インド会社やアジア、絶対王政やフランス革命など大きいイベントが多すぎるんです。
専門家を除くと歴史以外の製造業はまず把握できていません。
紡績や製鉄、青銅、ガラス、農業、機械化、水車、鉄道・・・
そして専門家は製造業に全く詳しくありませんw
いないんですよ。日本にはその手の製造業の専門家がw
膨大な資料を集めて読みながら参考にしていますが、全然足りていません。
ヨーロッパ発なので日本はあまり資料がありません。
特に工業ものになると。
あかんねぇ。
読むだけで楽しいですが役には立たない知識ですけど。

https://ncode.syosetu.com/n7491fi/

●ガジェット改造
最近は中断気味ですが、
Archのpmbootstrapがバグで機能しなくて書き込みが出来ていません。
Python関係かと。
でUbuntuをセットアップ中。
ポイントリリースの良さはそういう所。
この手のリリースバグはArchの限界ですわ。
悲しい。
メンテ中

●Windowsタブレット
もはやたいていのWinタブでLinuxが動くので
大きな障害は少ないのでは?
UIとかは除くと・・・
Linuxとして使うなら10インチが使いやすいです。
持ち運ぶなら7インチか8インチですけど。
Arduino繋いだり、Pythonで遊んだりしています。
Wine入れてゲームもしたいですけど要領どうなのかなぁ。
コントローラーを繋げば勿論エロゲエミュマシン。
Officeが問題。

●Nexus5とpostmarketOS
まだバグの問題は解決していませんが、
GPUバグの問題でMainlineにパッチが投げられたので
Kernel5.2から採用されるそうな。
Mainlineを使うか従来のKernelを使うかは判断が難しいですけど。



●NT金沢、OSC名古屋
そろそろ準備しないとダメですが、
展示してほしい要望があれば随時準備します。
当日言われても無理ですからね(汗
配布資料もいりますな・・・

●COSCUP2019 OSPNセッション
当選しました。
台湾で発表します。
頑張ろう俺。

posted by kapper at 11:04 | Comment(2) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ