にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年03月16日

最近の事 2019年3月 Ubuntu VS ArchLinux



最近の事をブログにします。
今回はUbuntu VS ArchLinuxです。
玄人と若者からArchLinuxに移行する動きが進んでいます。
いやマジです。
最初は若者の難しいLinuxを入れる優越感だろうと思ったのですが、
裏側はAURのパッケージの便利さが一因でした。
UbuntuはAURみたいな事しないので無理でしょう。
逆にopenSUSE Tumbleweedが人気がいないのも同上。

●Ubuntuの長所、短所
Ubuntuは日本では一番メジャーなディストリです。
海外では熾烈な競争があり上下しています。

・長所
日本語情報量がダントツに多い
日本語掲示板も人が多い
雑誌がフォローしている
ポイントリリースで最新版とLTSの両方をサポート
軽量ISOやGnomeISOを複数リリース
Wubi for Ubuntuでマルチブート
放置プレーにも向いていてサーバ用途にも使える
セキュリティサポートがしっかり対応

・短所
緊急度の高いセキュリティバグ以外は放置プレー
JDやMikutterなどはほぼ動かない事が多い。メンテナー放置プレイ
PPAも最近放置プレーで使いにくい。事実上死んでるアプリが多すぎ
総アプリ数が減る傾向にあり、一時期の勢いは無い。追い抜かれている。
どこか不安定という評判がどうしても無くならない宿命
コミュニティが階級社会で閉鎖的


●Arch Linuxの長所、短所

長所
・AURのパッケージ数が多い。他のディストリを圧倒。もはや追いつけない
・ローリングリリースで常に最新環境
・いつも使うデスクトップ環境なら快適。メインマシン向け
・一度デスクトップ環境を作ると後は特に困ることはない
・ArchWikiの情報量が凄い(最近日本語翻訳が遅れ)
・シンプルOSを目指していて欲しいパッケージだけ入れれる
・基本、コピペディストリ。Webブロガーも多いです。

短所
・セットアップがCUIで面倒
・インストール時にまとめてダウンロードし直すので回線を圧迫
・バグが多い。各アプリがMainlineベースなのでメンテナか作者が直すまで、
 バグが取れないケースが多い。長期間引きずる。
 クリティカルなバグにもまれに当たる。
・自分でバグ退治出来ないと何かしらの機能が停止するリスク大
・日本語入力や表示、フォントなども自前で設定。慣れ必要
・ローリングリリースなので放置プレーに向いていない。
・サブマシンには向いていない。放置するとアップデート大変。
 複数のPC管理すると非常に面倒
・掲示板は基本英語情報。バグを追いかけるのは面倒
・パッケージ管理に慣れないと何が必要なのか分からない
・長く使うとパッケージが増えてくるので太ることに変わりはない。
 アプリを増やさない限り、シンプルOSの意味は殆ど無い。


まあ一長一短です。
初心者はインストール楽なUbuntuが良いかも。Manjaroもあるし。
Linux慣れてくるとセットアップも困らないのでArchLinuxの方が
AURパッケージが多いので便利です。
割とマジで。
AURは究極的に突き詰めたPkgsrcで超越しています。
X86-64bitに特化している強みかも。
膨大な情報量をどうやって管理しているんだろうか・・・
他のディストリはそこまで対応していません。
ユーザーパッケージと比較するのは卑怯という意見もあるかもしれませんが、
凄い事にちゃんと動くんですよ。メンテも一応されている。

ブログのネタとしては実はUbuntuの方が書きやすいです。
僕はUbuntuに戻すかもしれません。戻すと思います。
Archは陳腐化が激しいしバグを追跡するのが非常に大変です。
もっと情報の見える化しないと。
沢山のPCに入れて使うにはUbuntuの方が上です。
ポイントリリースの方が管理が楽です。
基本放置プレー可能。
アプリを優先するならArch、放置のんびりするならUbuntu。
この2択。
あなたはどちらを使いますか?
勿論、DebianやopenSUSEもありますよ。
posted by kapper at 17:57 | Comment(0) | 近況

円周率を計算するプログラムをビルド

Screenshot from 2019-03-15 19-38-37.png

まあ表題の通り円周率を計算するプログラムをビルドするだけ。
円周率.JPにCプログラムのソースがあって、gccでビルドするだけ。
特筆することはありませんが、面白いなと。
円周率.JPはこちら。

http://円周率.jp/program/spigot.html

Spigotのプログラムをテキストエディタで保存して、
gccでビルド。例えば

nano ensyu.c

でコピペ保存。

gcc ensyu.c
./a.out

これだけ。makeも不要。
簡単です。
gccの勉強にも良いかも。
posted by kapper at 00:34 | Comment(0) | Linux
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ