にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年02月23日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD MplayerとMPV MediaPlayerでMP3、MP4を鳴らす その35 #NetBSD


NetBSDでを音楽を鳴らす際に、
色々なプログラムはありますが、とりあえずMplayerと
MPV Media Playerwを使ってみましょう。
覚えることがたくさんあって面倒ですが、
適当でもとりあえず再生可能です。

●Mplayer
Mplayerは一番有名でオーソドックスな方法です。
NetBSDのOSSにも対応しています。
そのまま鳴ります。
インストールはpkgsecからビルド

cd /usr/pkgsrc/multimedia/mplayer
make && make install

再生する場合は

mplayer -ao oss (ファイル名).mp3
mplayer -ao oss (ファイル名).mp4

みたいな感じで簡単に再生できます。
実はossをつけなくてもそのまま再生できます。
動画は解像度も調整しましょう。

mplayer -ao oss (ファイル名).mp4 -vf dsize=640:-2

みたいに640サイズに変更できます。
オプションは多数ありますのでチェック。

キー 説明
p 一時停止/再生の切り替え。
Space 一時停止/再生の切り替え。
Backspace メニューに戻る (dvdnav を使っている場合)。
← 10秒戻す。
→ 10秒進める。
↓ 1分戻す。
↑ 1分進める。
< プレイリストを戻す。
> プレイリストを進める。
m 音声をミュートにする。
0 ボリュームを上げる。
9 ボリュームを下げる。
f フルスクリーンモードの切り替え。
o OSD を切り替え。
v 字幕の表示を切り替え。
I ファイル名を表示。
1, 2 コントラストを調整。
3, 4 明るさを調整。
j 利用可能な字幕を順に切り替える。
# 利用可能なオーディオトラックを順に切り替える。


●MPV MediaPlayer
GUIの再生ソフトです。よく使われます。
アプリをランチャーから起動して
ファイラーなどから貼り付けるだけです。
解像度は自分でも調整できます。
OSS対応しているので設定なしで動作します。


●まとめ
とりあえず再生したい場合に。
OSSはNetBSDの初期設定で鳴ります。
サウンド関係で意識しないでも使えるので
よし使おう。
そして再生しよう。
posted by kapper at 22:43 | Comment(0) | NetBSD

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD USBメモリをマウントする方法 その34 #NetBSD


今回はNetBSDでUSBメモリをマウントする方法を
ブログに残します。
簡単な内容なのですけど、直ぐ忘れます。
Linux特有のFindmntとかコマンド無いので覚えられません。
もちろんNetBSDは標準ではホットプラグ非対応です。
まあやってみましょう。

●USBメモリマウント
基本的に1個目は/dev/sd0にマウントされるはずです。
まあこちらが詳しいのでご一読を。
ありがとうございました。

https://qiita.com/furandon_pig/items/d5f918e4490c7579aafe

まずdmesgで確認します。

[ 1450.322085] sd0 at scsibus0 target 0 lun 0: disk removable
[ 1450.322085] sd0: fabricating a geometry
[ 1450.322085] sd0: 14782 MB, 14782 cyl, 64 head, 32 sec, 512 bytes/sect x 30274560 sectors
[ 1450.322085] sd0: fabricating a geometry

最後の方にちゃんとsd0にあります。
で、次はdisklabelで確認します。

bash-4.4# disklabel -i sd0
Enter '?' for help
partition>

と出てくるので P

partition>P
5 partitions:
# size offset fstype [fsize bsize cpg/sgs]
d: 30274560 0 unused 0 0 # (Cyl. 0 - 14782*)
e: 30272512 2048 MSDOS # (Cyl. 1 - 14782*)

e:がMSDOSパーティションである事が分かります。
なんとなくでOK
Qで終了して、分かったらマウントしてみます。

mount /dev/sd0e /mnt

これで/mntにUSBメモリがマウントされたはずです。
終わったらumountしておきましょう。

umount /mnt


HDDは/dev/wd0で
簡単なんですがよく忘れます。
メモしておきましょう。
posted by kapper at 21:04 | Comment(0) | NetBSD

Gadget Hacking User Group OSC東京2019 Spring 東海道らぐ講演資料「Beginner for $5 USB caputre EasyCap on Linux. はじめての500円格安USBキャプチャ「EasyCap」 #osc19tk」



2/23 OSC東京2019 Springに
初心者向け格安EasyCapをLinuxで使う方法
をモチーフとして講演致します。
2/23(土)11:00〜 明星大学です。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。


I will speak about 「Beginner for $5 USB caputre EasyCap on Linux. 」
to Feb 23 in Tokyo,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

OSC浜名湖2019の公式HPはこちらです。

https://www.ospn.jp/osc2019-spring/

PDF資料はこちらです。

http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker%20osc%20tokaidoLT2019021.pdf

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ