にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2019年01月26日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD GUIで画面解像度変更 arandr その33 #NetBSD

arandr.jpg

OSC大阪2019の関西*BSDセミナーでえびじゅんさんに
xrandrの解像度を自由にGUIで変更できる
arandrを教えて頂いたのでpkgsrcでビルドしてみました。
簡単ながら高機能で非常にありがたいです。
タブレットとかで重宝しますかも。

●arandr
xrandrのGUIツールです。
色々設定を調査しなくてもGUIで選択できるので
非常に便利です。
画面回転とかも。
Gnomeとかに内蔵されているツールよりはるかに便利です。
是非使ってみましょう。

インストールは

cd pkgsrc/x11/arandr/
make && make install

これだけです。
GUIツールだけなんでビルドも直ぐ終わります。
使い方も端末で

arandr

をコマンドで起動するだけです。
後はOutputで選択してチェックボタンで変更します。
とっても便利なんで是非使ってみましょう。

posted by kapper at 11:08 | Comment(0) | NetBSD

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD プロジェクタに映す場合 xrandrを使う その32 #NetBSD



今OSC大阪2019にいますが、関西*BSDセミナーで
えびじゅんさんにNetBSDでプロジェクタのつなぎ方を
教えていただきました。xrandrです。
忘れない様にメモしておきます。

●NetBSDでプロジェクタ
xrandrを使います。
解像度とモニタをxrandrで指定する形になります。
端末から

xrandr --auto

でとりあえずオートスキャンで画面が出ます。
実際に解像度を指定してxrandrすれば画面がちゃんと映るはずです。
簡単なんですが、ブログに残しておきます。

posted by kapper at 10:36 | Comment(0) | NetBSD
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ