にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年11月21日

Ubuntu改造日記 PCSX2 1.5.0-0 チューニングと最新版インストール その83

PCSX2.jpg

今回は久し振りにPCSX2を遊びます。
数年前と異なりPCのスペックが高くなっているので
フルパワーであればそれなりに遊べます。
ゲームDVDもBraseoを使えばISOに変換できます。
BIOSは質問にお答えしませんので各自の自己責任で。

●PCSX2
ご存知PS2エミュレータ。
昔は重いで有名でしたが、PCが進化して性能UPしたため
最近のPCなら問題なく遊べる様になりました。
是非遊んでみましょう。

・Minimum (most games will be unplayable slow)
Windows/Linux OS
CPU: Any that supports SSE2 (Pentium 4 and up, Athlon64 and up)
GPU: Any that supports Pixel Shader model 2.0, except Nvidia FX series
 (broken SM2.0, too slow anyway)
512MB RAM (note Vista needs at least 2GB to run reliably)

・Recommended
Windows Vista / Windows 7 (32bit or 64bit) with the latest DirectX
CPU: Intel Core 2 Duo @ 3.2 GHz or better OR i3/i5/i7 @ 2,8 GHz or better
 OR AMD Phenom II @ 3,2 GHz or better
GPU: 8800gt or better (for Direct3D10 support)
RAM: 1GB on Linux/Windows XP, 2GB or more on Vista / Windows 7

仕様で32bitバイナリしかありませんので、
マルチライブラリ対応Linuxが必要です。
あとCPUスペックを削り込んでも2.2GHz以上は推奨。
つまりAtom以外のCoreシリーズで、フルパワー推奨。
CPUクロック数がほぼ全てを占めます。
モバイル時にはクロックダウンすると処理落ちします。ご注意。
最低2コアで3コア対応のはずですが不明。
Videoはそこまで重視されません。
Windows版とLinux版はほぼ同等。
2D動作時は軽いですが、動画再生時と3D時には極端に負荷が上がります。
出来るだけ動画はパスしても良いのかも。

初期設定ではある程度重めの設定がしてありますので、
重い環境の場合は機能を抑えて設定変更が必要です。
チューニング方法も解説します。
ISO作成方法はゲームディスクからBraseroでISOを作成します。

●PCSX2インストール
Ubuntuの場合は公式パッケージとPPAがあるので簡単です。
最新版のPPAの方が良いかもしれません。

sudo dpkg --add-architecture i386
sudo add-apt-repository ppa:pcsx2-team/pcsx2-daily
sudo apt-get update
sudo apt-get install pcsx2-unstable

起動はランチャーからか、

PCSX2

大文字注意。
インストールしたら言語設定で「Japanese」、
プラグインはひとまずそのまま。
BIOS選択画面が出るのでファイルを指定します。
基本設定は/home/(ユーザー名)/.config/PCSX2/bios
そうするとPCSX2の画面が起動するので、
基本はBIOSとISOファイルを読み込むとPS2が起動します。

●BraseroでISOイメージ作成
ゲームディスクとDVDドライブを用意します。

sudo apt install brasero

でゲームディスクをDVDドライブに入れてbraseroを起動。
起動したら
「ディスクのコピー」⇒書き込み先ディスクの選択「イメージファイル」
 ⇒「イメージの作成」ファイル名を指定して保存。ISOファイルにする

でISOファイルを作成出来ます。
ディスクイメージとして色々なフォーマットに対応していますが、
とりあえずISOにしておきましょう。


●PCSX2のチューニング
とりあえず、PCSX2が起動しましたでしょうか。
チューニングしますが、基本的に10%程しか軽くなりません。
チューニング方法はここのサイトを参考にします。

低スペックでもPCSX2が豪快に動く設定

まず方法論として、

・画面改造度を適当なサイズに小さくする
・マルチスレッド設定
・適当にフレームスキップ
・スピードハックでEEサイクルレートを-2、
 EE Cycle Skippingを0
 その他ハックをON、microVUハックをON
・プラグイン設定でビデオ
 RendererをOpenGL、IntelacingをNONE、Texture FilteringをNearest
・プラグイン設定でオーディオ
 Interpolationを0-Nearest
 Disable Effects ProcessingをO
・プラグイン設定でコントローラー:自由に設定
・プラグイン設定でGSを
 GSdx(GCC 8.2.0 SSE4.1/AVX)1.1.0[libGSdx-SSE4]
・各種logをOFF
・各種DebugをOFF

沢山設定してもCPU負荷率は殆ど変わりません。
他のWM設定も変えてみましょう。

・WMを軽量版へ変更。LXQtとか
・ブラウザなど他のアプリを落とす
・CPU設定をPerformanceへ最適クロック数へ変更
・Pulseaudioを軽量化設定

sudo gedit /etc/pulse/daemon.conf

下記を追加して保存

resample-method = trivial
high-priority = no
nice-level = -20
realtime-scheduling = no
default-sample-channels = 2

で再起動

pulseaudio --kill
pulseaudio --start


●まとめ
PCSX2のインストールからチューニングまで。
BIOSやISOの事は答えませんので聞かないで下さい。
WIN版とLinux版はほぼ同等です。
CF-NX2でCPU負荷率64%前後です。
まずまず遊べます。CPUクロック周波数が落ちないよう注意。
低クロックのAtomは厳しいかも。
コントローラーとセットで遊んでみましょう。
posted by kapper at 23:50 | Comment(0) | Ubuntu

2018年11月18日

#kof2018 関西オープンフォーラム2018 出展者側の感想と反省

KOF20181.jpg

今年もKOF2018に参加しました。ブログに残します。
いつも通りでしたが、大盛況でした。
今回は遅刻はしませんでしたけど、色々と手間がかかり大変でした。
新幹線が紅葉の季節で大混雑していたので事前準備がちょっと甘かったですw
大変だったけど、楽しかったです。

KOF20184.jpg

●KOF2018全体像
今回のKOF2018は大阪港ATCで多数のコミュニティが参加しています。
末代勢も沢山参加されて東海道らぐブースも活況でした。
誠にありがとうございます。
来年は2019年11月8日、9日開催予定です。

関西オープンフォーラム2018

沢山の方が来訪されておりまして、大盛況です。
特に恒例になりつつあるロボット大会が人気です。
今回は警察の方々もブースを出していて、
非常に真面目な顔をした大阪県警の方々が展示されていました。
凄いですね、KOFは。
次は大学関係と高専関係、市役所関係をよろしくお願い致しますw
うん、静岡県がそんな感じで羨ましいですけど・・・


・ロボット大会
・45分セミナー
・ブース
・ジュンク堂による推薦図書の物販
・15分セミナー
・じゃんけん大会
・招待講演

こんな感じでしょうか?
まだ他にもあったかも。

いつもどおり東海道らぐやNetBSDユーザーグループさん、
関西BSDユーザーグループさん他、などなど多数。

KOF20188.jpg

KOF20186.jpg

KFお20187.jpg

●良い所、悪い所

1.様々なブース、セミナー、ワークショップ多数


2.アクセス良好、ショッピングモールなので便利
 

3.色々なコラボが多い。


4.特設ステージをライブ配信
 11/9分
 https://freshlive.tv/tgu-ch/247965
 11/10分
 https://freshlive.tv/tgu-ch/248190

5.梅田、なんば、日本橋のアクセス良好


6、飛び入り参加枠がほぼない。


●個人的なトピックス
しまださんがClover-trailでLinuxのブートに成功しました。
詳細は東海道らぐセッション内で発表がありましたが、
SoC関係の仕様らしくて、Kernelビルドする際にMIDのオプションをONに
してビルドすると起動するらしいです。
そのままでは起動しない。
コレ凄い。




●Kapperの展示、セミナー内容と配布資料の見直し
今回も机1個でタブレットを全面に置きました。
場所があるのは本当にありがたいです。

KOF20183.jpg

今回は前から調べていたジャンクEasyCapを使って
格安Winタブでファミコン互換機をつないで格安モニタにしましたw
勿論ソフトはたけしの挑戦状w
これ展示用ではお気に入り。
ただし、遊んでくれたのが鹿さんと小学生のみ。
小学生にたけしの挑戦状は辛かったな・・・スマンw
鹿さんに「それは反則」って言われたw
まあジャンクハードでもLinuxで対応しているのは面白くて、
格安+格安で遊んでこそ差別化出来るんじゃないかと。
PC関係の周辺機種はAndroidだと無理だもんな。
周辺機種ハックは現在進行中なので次は別のアイテムも考えます。

KOF20182.jpg

GPD-Pcoket2が入荷したので早速Wubi for Ubuntu18.10を入れて展示しました。
結構興味を持ってくれた方が多かったです。
こっちは直前準備に相当辛かったですけどw
GPD-Pocket、GPD-Win共に後継機が出て更に価格が下がりそうです。
どうですか? Linuxや*BSDに一台(ぉぃ

WindowsタブレットやCF-U1でNetBSD8.0を展示。
最新ガジェットでもブート出来る様になったのでガンガン展示していきます。
勿論、FreeBSDや他のOSも旬のタイミングで入れていこうかと。
GentooやArchもやらないと駄目ですね(面倒くさがり

あとは7inch Windowsタブレット。小さいです。
スペック上ではアレですけど実際使ってみると
その小ささが素晴らしいw
中華は駄目ですけどw
今はファブレットがあるので大きさはスマホよりそう変わりません。
軽くて持ち運びにも便利です。
残念ながらメモリが少ないのでSwap必須で、Android-x86が厳しいのが課題。
LXQtくらいじゃないと無理。


プレゼン資料は50枚刷って机の上に置いたのは完売しましたが、
ホッチキス止め忘れたのが数部程度あって残ってしまいました。
まあ次に使いますかも。
大垣MINI MakerFaireとかで。
SlideshareやPDFでも配布していますのでどうぞ。



セミナーは面白い、って言ってくれた人が何人かいて
ありがたいお言葉感謝です。
参加者は40〜50人くらいですかね。
OSC東京とネタが被っているので東海道らぐ勢はいなかったり
とか仕方がないですが、次もがんばります。



●Netwalker実験所の改名?
そろそろ実情と合わなくなってきたので改名しようかと。
断腸の思いはありますが・・・

・ガジェットハッキングユーザーグループ(仮)

ガジェットの定義は電化製品全てが対象w
ソフトウェア、AI/IoT、ハードウェアなど改造出来るものであれば。
LinuxやUNIXであれば特に幸いですけど。
英語読みにすると海外の発表でも分かりやすいだろうと、
海外や若い子にはNetwalkerの単語は通用しないので・・・
電子工作系の人たちにも分かりやすいイメージを持ってもらえたらな、と。


●皆様のご意見と要望
後で思い出しながら追加します・・・






●KOFを盛り上げるにあたって
OSCでも言っていますが、OSS情報系のメンバーを口コミで集めるには限界があります。
ある意味飽和状態にあります。
これ以上参加者は増えません。変えないと変わらない。
つまり、

@違う分野の人材を呼び込む
A違う職種、学科、高専、先生の人材を呼び込む
B違うエリアからの浸透率を調査して呼び込みをする。
C職業系のお仕事テーマを増やす、募集する
D過去に一度でも参加した人にしつこくアプローチして認知させる
ESNSで拡散を徹底してもらう、協力してもらう
Fコミケなど他のイベントに参加して宣伝、アピールする
GFacebookやtwitter、Mastodon、インスタなど可能な限り広く発信する。
 年齢層によって使うツールが大きく異なる
HSlideshareやPDF、動画、配布シールやマンガ、同人誌など広範囲に宣伝ツールを作る。
 ビラだけでは弱い。
I初心者用のセッションを色々入れる
 人が集まるのは初心者、仕事、マニア向けのどれかです。中途半端は弱いです。
Jベンチャーセッションも入れてみる。
 技術力のある方、商売しませんか?みたいな。
K飛び入り参加枠を設けて、既存のコミュニティ以外のメンバーも参加してもらう



KOF自体のイベントの話ではありませんが、
今回は大阪の他のイベントの告知多かったですよね。
でも、ビラを配って「こんなイベントあるから来て下さい」では弱すぎます。
目的、目標、アウトプットを自分、相手、第3者の目線に分解して
それぞれ解析して下さい。
基本はSwot分析すると良いです。
ニーズとシーズが重なって、はじめて参加というトリガーが出るのかも。
ユーザーへの嬉しさ、が一番重要。
マーケティングの教本を読んでみると良いです。
エンジニアはマーケティングを勉強しないので、技術論に拘泥するなと。
専門分野から離れてみませんか。

2018年11月03日

最近の事 2018年11月 次のガジェットを考える


こんちは。
今日もブログで今月の愚痴を書きます。
最近どうも計画性が無くって結構いきあたりばったりですが、
そこらへんを棚卸しして考え方を整理しようかな、と。


●GPD-Pocket2
やっと届きました。
結構完成つつあるデバイスですが、
HDMI端子が無かったり傷付きやすそうだったり
ケースを買わないと。
Linuxの対応状況はまずまず良好でFreeBSDも動きます。
Wubi for Ubuntuでも問題なし。
NetBSDは、どうかな?
ゲームマシンとしてWindowsを削除したくないので、
当面はテストしないので、ておくれLiveイメージに期待w
UEFI対応まだかな。調査中ですけど。
だって、僕ん家の最高スペックですもんw


●初代GPD-WIN、GPD-PocketのLinux
9月あたりでopenSUSE Tumbleweedでちゃんと動いて、
つづいて今回のUbuntuとFedoraリリースで
Blackscreenのバグが解消して動いています。
長年かかりましたがこれでやっとディストリにパッチが落ちたようです。
・・・GPD-Pocket2いらんやんw
初代でも十分Linuxが動くようになりますと、
安くなってきたらゲットもあり。
USBブートでもなんでも良いよ。
常用出来るUSBライブLinuxが欲しいな。
そういうジャンルは開拓しないと駄目ですね。

ただ*BSDはまだ鬼門です。主にドライバが。
*BSDのx86ガジェッターは少ないんかなぁ。
長い苦しい戦いになるんかも。
そりゃドライバが多いLinux使うわな・・・どうすんの?


●Android-x86関係
Kernelは4.18で良くなったけど、インストーラーが相変わらず。
これ本当に使わせる気があるんだろうか・・・
FAT32に入れてみたけど不安定すぎてつかえない。
EXT4じゃないと駄目っぽい。
ならパーティションを切ってFAT32とEXT4同時に入れて、
Grub2を書き直して選択しますかw
やだなー。
インストーラーぽん、はまだ無理。

まあRPMファイルからインストールすると簡単ですけど。
まずLinux入れてからデュアルブート。
WubiみたいにWindowsから入れれる互換OSもあるけど、
何故か自分でやるとうまく行かない。不思議。
中華OSクオリティーなのかなぁ。

●7インチWindowsタブレット
色々ありますけど、低スペックが苦しいですね。
ミニマムサイズは最近お気に入りです。
片手でラクラク持てます。
もうちょっとこの魅力が分かると楽しいね。
Linux使おうか。
HP Stream7がお勧め。

●液晶タブレットをWinタブで自作
Wacomのペンタブ搭載したWinタブをジャンクで改造。
安いっすね。
勿論、入手出来ればWindowsで使っても良いです。
なんというか、そういうムーブメントを作りたい。
中高校生にどうかな?
マンガ需要を発掘するとか。

●代替えモニタ用Windowsタブレットとか
ビデオキャプチャを使ってモニタ代わり
WindowsならHDMIキャプチャが使えるけど。
Linuxならちょっとまだ高価かな。
中華キャプチャを評価してハード屋に売り込もうw


●他のATOMは?
色々試したいですが、挙動が予想できますw
Portabookはまだ駄目ですけど・・・くっそー


●FreeBSD x86-64
インストール方法を勉強して展開しないと。
結構高性能なのでタッチスクリーンとWifiを諦めればw
*BSD関係では頭抜けていますよね。


●ARMタブレットは?
調査中です。
日本語でまとまったドキュメントがないので誰か書きませんか?
特にNexus7、9以降で。
その、Kernelが古いんで難しいんですよ。
CentOSみたいのが無いと駄目なんかな?
古いKernelで新しいパッケージを使う的な。
タブレット向けじゃないだけど・・・

●カスタムROMは?
Androidスマホ勢がやっていますね。
新しいスマホを調査するのは良いけど、
Androidの上にAndroidが精一杯。
それはありだけど。
今後どうするのか・・・?
いつまでも同じベクトルなら規制強化でアウトだよね。
予想できる未来。
将来性を見て、こうしたいという人がいない。
いずれ消滅する文化なら、それに屈するのも文化。

●2018年のNetwalker
NetBSDを入れるかDebian Wheezyをchrootするか。
Kernelが古すぎてLinuxは限界かも。
NetBSDもありかなぁ。
インストール方法が手間なので、楽にしたいなぁ。


●RaspberryPiとかシングルボードコンピューター
アレコレやりたいんですけど、
Windowsタブレット方がスペックかなり上なんで便利w
RaspberryPi沢山もっているけど使っていない。
遅いもん。
どうしようね。
U-Bootをハックしたい。

●OpenWRT
面白そうなんだけど、RaspberryPiと同じ理由で興味がわかない。
デスクトップ派だからね・・・
無音Linuxとして。


●Gemini-Lakeはいつやるの?
まだ買ってません。
そもそも買っても使わないという理由が・・・w
ほしいんですけど、日常に使わないと正直もったいない。
CoreMがあるんで・・・。

●ArchとGentooどうするよ?
いやWindowsタブレットで動くの間違いないんですけど、
インストール作業が面倒なんであまり動かしていません。
Archはともかく、Gentooユーザーどうなのよ?って聞いてみたいくらい。
ガジェッターどれだけいるの?
アンケートを取りたいが知り合いがそもそもいない。


●ガジェッターの棚卸し
ガジェッターにも色々なジャンルがありまして、
それぞれに嗜好が違って、興味を湧くベクトルも違います。
Linuxガジェヲタは飽和傾向なので
違うベクトルを追求しないと駄目な段階です。

・スマホガジェヲタ
・タブレットガジェヲタ
・Linux、*BSDガジェヲタ
・シングルボードガジェヲタ
・ハードウェアガジェヲタ
・Officeガジェヲタ
・インフラ系ガジェヲタ
・レトロPC系ガジェヲタ
・ゲームマニア系ガジェヲタ
・デザイナー系ガジェヲタ
・ノートPC系キーボードガジェヲタ
・AMD系ガジェヲタ
・ARM、MIPS系ガジェヲタ
・お絵描き系ガジェヲタ

Windowsタブレット方面にアピールしようにももう飽和状態で、
違うジャンルを開拓しないと発展は望めない状態かも。
それぞれにアピール出来る戦略案が必要です。
いや国外もありますけど・・・


●初心者向けセッション
結構挫折していますけどまだ諦めていません。
Slideshareを見ても
マニアックか初心者向けのコンテンツが生き残っています。
ランキング上位を見ると。
そんな記事を書きたいんですw
ネタ選定段階で既に決まってしまいますが・・・


●SailfishOS x86?
色々と事例は見かけるけど、インストールレシピがどうも分からない。
フリックさんのブログはチェックしているけど、
結局良く分からない。
僕の勉強不足が理由なんですが。
JollaもNexusしか興味ないんかな。
誰か噛み砕いて説明しないと、日本では誰も使わないな。

●KOF2018は?
展示物と資料を修正中。
OSC東京と似たような内容で違う形にしたい。
ちょっと内容をマニアックに振ってみるw


●失敗した事例
沢山ありますけど、ブログでは呟いていません。
まあ多すぎて・・・


●VPS契約しようかな・・・
まだVPS使っていません。
実験はサブマシンで、サーバは別運用で。
いや遊びたいんですけど沼に落ちるw
契約をクリックするだけ・・・ぉぃ

●機械学習は?
scikit-learnやってTensorflowやって
次は強化学習かな。
音声認識とか。ロボットとか。
ニコニコ技術部でやっている人いないよね。不思議。

posted by kapper at 18:19 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ