にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年10月16日

直系独自*BSD DragonFly BSD 5.2.2 ノートPC UEFIインストール その1

Dragonfly.jpg

お次はDragonFly BSDをUEFIのセレロンマシンに入れてみました。
セレロンでは問題なく起動します。
インストールが比較的楽なのでありがたいです。
まあまずUEFIのネタをブログに書きます。
どらごんふりゃぁー、えびふりゃー。

●DragonFly BSD on UEFI
DragonFly BSDは4.8よりUEFIに正式に対応してインストール可能です。
ちょうど2017年3月でしょうか。
最近のマシンでDragonFly BSDが使えます。
まあWindowsタブレットではまだ良くわかっていません。
UEFIの関係で読み込んでませんかも・・・
試行錯誤必要かもしれませんけど・・・
Bay-Trailマシンは問題山積みですね・・・

DragonFly BSDのインストール その1
https://tangerina.jp/blog/2012/04/051222/

インストーラーは見た所、間違えやすい所は無さそうなので大丈夫かと。
シンプルでありがたいです。
HDDを未確認で消さないようにご注意を。



●DragonFly BSDのインストール。
今回の対象となるのはCeleron以上のPC。
つまりAtom以外の普通のPCでUEFI64bit対応機種。
Atomは今後検証対象ですね。

まず公式HPからdfly-x86_64-5.2.2_REL.img.bz2をダウンロードします。
ISOじゃなくてfsファイルを使いましょう。
ダウンロードはミラーサイトから

https://www.dragonflybsd.org/mirrors/

dfly-x86_64-5.2.2_REL.img.bz2 かな?
bz2を解凍して、ddコマンドでUSBメモリに焼きます。

sudo dd if=dfly-x86_64-5.2.2_REL.img of=/dev/sdb status=progress

みたいな感じでしょうか。
焼いたらインストールするPCに刺して起動します。
USBから起動すると普通にDragonFly BSDのインストーラーが起動するはず。
後は上の解説サイトを見ながら設定します。

起動したらlogin:の画面表示が出るのでそのまま

installer

そうすると対話型インストーラーの画面が出てきますので

[Install DragonFly BSD]
[Install DragonFly BSD]

を2回選択。
システム選択では

[UEFI]

で次にインストールディスク選択でHDDを選びます。
HDDの中身消えますご注意。自己責任で。

[da0: 476940MB]

容量でUSBメモリかHDDかSSDかを判断しましょうw
多分まちがっていないっすよ(ぉぃ

[OK]

でフォーマット。消えました。
次にファイルシステムの選択。

[Use HAMMER]

をとりあえず選びます。
次はパーティションの設定。基本そのままで。

[Accept and Create]
[OK]

次はファイルのインストール。

[Begin Installing Files]

で一応インストールは終了で次は初期設定。

[Configure this System]

設定画面が出たら上から適当に設定

[Select timezone]

UTCなら[YES]で。
国は[Asia]、[Tokyo]

[Set date and time]

日付。見たまま。

[Set keyboard map]
[jp.106.kbd]

rootパスワード設定。これはPC本体に合わせて。

[Set root password]
[Addd a user]

これはそのまま見た通り。
ネットワークとフォントの設定はPC環境に合わせて。
終わったらMenuに戻って、リブート。
電源を一旦OFFにしたらUSBメモリを外して再起動。
UEFIを含め特にひっかかった所はありません。
まあWindowsタブレットではそう簡単にはいきませんが・・・
Xorgの設定やpkgsrcやDportsの設定はまだ調べていないので
別の機会にて。


How to get a desktop on DragonFly
https://www.dragonflybsd.org/docs/how_to_get_to_the_desktop/


●T100TAでは?
インストールは普通に終わるのですが、UEFI関係が認識していない?


●まとめ
Xorg環境は設定が必要ですが、ひとまずコンソールで起動したはず。
簡単でありがたいです。
まあ普通のノートPCならUEFIも普通に起動しましたので、大丈夫。
パッケージやXorgの設定は別になりますが。
先進的な*BSDのDragonFly BSDを是非使ってみませんか?
posted by kapper at 22:15 | Comment(0) | DragonFlyBSD
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ