にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年08月21日

Ubuntu改造日記 艦これ拡張ブラウザ POI HTML5対応 ver9.0.0-beta2 その77

Screenshot from 2018-08-21 20-45-02.png

艦これがHTML5に移管して画面表示などが変更されていた
艦これブラウザPOIがアップデートして
一部HTML5に対応しました。
バグフィックスです。
画面のリサイズやデータ表示、プラグインなどに対応しています。

●POI 9.0.0beta2
艦これがHTML5移管してPOIも色々と不具合が出ています。
そのFixだと思います。
艦これは中国でも人気で日本のプロクシを使って遊んでいます。
プロクシの使える独自ブラウザとして人気です。
Weiboを読むとかなり書き込みが合って、
8/19に9.0.0beta2がリリースされました。早いな。
Chomeが問題らしいです・・・

O网页链接 硬件加速问题,声音割裂,白条问题,删除
%appdata%/poi 下的 config.cson / plugins / cache
仍然崩溃的可以试试看这个版本,无论有没有修复麻烦汇报一下 ​​​​

まあPOIはビュアーであってデータの表示に主眼がおかれて
ゲーム性に介入するものではありませんかも。
怪しいプラグインを使わなければ?
是非使ってみましょう。

●POIのアップグレード
公式HPからDEBファイルをダウンロードして入れるだけです。
公式サイトはこちら


https://poi.io/#/


あとは読み込んでログインするだけ。
キャッシュに沢山データを貯めるので初回は起動が遅いです。
仕方がないかな。
ゆっくり待ちましょう。
画面表示はブラウザの倍率表示を手動で設定して変える形です。
自動では変更されないのでご注意を。
当方のブラウザはFirefoxなので今の所問題は確認されていません。
ちょっと挙動が重いです。メモリかな・・・?
Chromeだと、どうかな・・・

●まとめ
更新と対応が早いです。早すぎですw
日本だけでなく海外でも艦これ人気は健在です。
CPUパワーとメモリを結構食っている感じがありますので
低スペックのPCでPOIを使う場合はご注意を。
データの見える化とログとしても便利なので
是非使ってみましょう。
マルチOS対応です。
posted by kapper at 21:34 | Comment(0) | Ubuntu

2018年08月19日

4320円 ジャンクUMPC Loox U50X/V 「Debian with Raspberry Pi Desktop 」インストール 学習用+リサイクル その1

Raspbian-x86.jpg
今回ハードオフでジャンクのLoox U50X/Vを
4320円で購入しまして、なんとか使えないかな
と思って「Debian with Raspberry Pi Desktop 」を入れてみました。
RaspberryPiそのままのUIとアプリは
初心者の学習用に良いかもしれません。
元々RaspberryPi初代とZero用のメモリでも
動く程度に作ってあるので古いマシンにも良好です。

●Debian with Raspberry Pi Desktop (32bit LegacyBIOSのみ)とU50X/V
当時のUMPCを入手したのですが、スペックとメモリが足りません。
時代背景からみても厳しいです。
軽量Linuxを入れてみようと思って調べていたら
HDDに以前ダウンロードしたDebian with Raspberry Pi Desktop
のISOがあったのでUSBメモリに焼いて入れてみました。
RaspbianのUIとオールドPCは相性が良くいいですね。
メモリ消費量も少ないですし。
Wifi使えませんが・・・
試してみました。

Loox U50X/Vのスペックはこちら。

基本OS 画面サイズ CPU メモリ
OS:Windows Vistaレジスタードマーク Home Premium
画面サイズ:5.6型ワイド スーパーファイン液晶
CPU:インテルレジスタードマーク プロセッサー A110(800MHz)
メモリ:1GB
HDD:約40GB
テレビ:ワンセグ放送
無線LAN:IEEE802.11a/b/g準拠

ジャンクなのでWindowsVistaはありません。
まあLinux使うから良いのですw
CPUが800MHzのメモリ1GBは流石に苦しいかな。
Debian with Raspberry Pi Desktop はかなり前からあります。
今回はDebian Stretch版を入れてみました。

●Debian with Raspberry Pi Desktop のインストール
ここからISOファイルをダウンロードします。
32版(LegacyBIOS)のみ対応なので最近のPCでは使えません。ご注意。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-desktop/

ISOファイルを公式からダウンロードしてddコマンドか
RufusでUSBメモリに焼きます。
でBIOS設定でUSBブートを追加してから、
USBメモリを本体に刺して起動するとブートローダーが出てきます。
ここで、Installを選択します
Graphical Installは読み込みが長すぎるので止めましょう。
使ってみるとわかりますが、当時のPCはUSBとHDDが果てしなく遅いです。
インストールだけでもかなりの時間がかかります。
仕方がないね・・・

後は選択肢を入れていけばインストールはそのまま進みます。
USBメモリからのコピーが長いですが放置してゆっくり待ちましょう。
2時間くらいしたらインストールが終わって再起動するはずです。
詳しくはこちらをご参考に

http://my-web-site.iobb.net/~yuki/2017-10/raspberry-pi/pi-desktop-x86/


●Debian with Raspberry Pi Desktop 使ってみて
UI、設定他はRaspbianそのままです。
ただ最初の起動時に出てくる設定画面は出てこないので
自分でオプションでロケールなどを変更する必要があります。
あと、何故かWifiが動いていません。
ここはちょっとまだ分かっていませんが調査必要ですね。
他のPCはどうなんでしょう。

構成とUIがRaspbianそのままなので使いやすいはずです。
学習用に良いかもしれませんね。
リサイクル用に色々と使ってみましょう。

●まとめ
軽量Linuxとしてはまだまだ他にもありますが、
RaspberryPi代わりとして。キーボードも液晶もありますし。
HDDににインストールさえしてしまえばそれなりに動きます。
メモリ問題はどうなんでしょうね?
Chromium-browserが標準ですが苦しいかも。
残念なのが32bit専用で最近のPCでは動きません。
まあ、使い分けということで・・・
posted by kapper at 13:42 | Comment(0) | Loox U50X/V

鹿児島らぐ 2018年8月 LT大会 他

久しぶりに鹿児島らぐに参加しました。
皆様が元気で良かったです。
今回もらぐ開催です。

●DNSサーバなアドブロッカーのPi−holeを試す まとはらさん
Pi-hole
https://pi-hole.net/
DNSキャッシュサーバとして動作して広告をDNSベースでブロック
Webベースの管理画面が利用可能

対応OS
・Raspbian
・Debian 8/9
・Ubuntu 16.04/16.10
・Fedora 26
・CentOS 7

インストール
DNSの選択
ad listの選択 7種類使える
DNSを通してアドブロック
crontabに登録

メリット
・軽量で動作要件も低い
・設定が簡単
・転送量が減る
デメリット
・uBlock Originと比べると広告のブロック率が低い?
・今見えている広告をブロックしたい時にはブラウザの方が便利

listを/etc/hostsに追加
色々なリストがあってそれを入れれる


●HDDデータの消去 おだはらさん
USB接続のIDE、SATAケーブルを調達
USBブートのUbuntuから実行。
#dd if=/dev/zero of=/dev/hda
書き込み速度が遅い
bs=256Mなどを付けると速くなった。
HDDのイレース機能がある機器を購入
パスワードロックされたHDDをどうするか?消せない。

●Debconf18とWindowsタブレット他 Kapper 
Debconf18とWindowsタブレットの内容。
資料を直したらまたアップデートします。



●ddコマンドとHD まとはらさん
ddコマンドと概要についてこちらのリンク先を参照
https://matoken.org/blog/2015/12/08/raspberry-pi-for-os-writing-tips-on-linux-environment/

pv:パイプビュワー
GNU ddrescue:プログレスの表示
ionice:ddコマンドの優先度を下げる
cgroup:書き込み速度帯域制限
ブロックサイズ変更:書き込み速度調整
wipefs:パーティション情報を消す。SDカード、USBに使うと良い
posted by kapper at 13:02 | Comment(0) | 鹿児島らぐ

2018年08月15日

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS MPEG動画再生エラー対策設定 その10

Wineでゲームをやっていると、
Mpeg動画が再生されるシーンでエラーが出ます。
なかなか原因が分からなくて対策出来ていませんでしたが、
ググったら色々と出てきたので、動画再生出来たので
ブログに記録します。
まあ難しくはなかったんですけど、情報が少なくて。

●Wine上でのゲームでMpeg動作再生エラー
Wineでエロゲなど動画再生が入るシーンでエラーが出ます。
結構イライラします。
ゲームによってはプレイ不可能になりますし。
調べたらありましたので試しました。
情報源はこちらです。

RPG Maker games crash on Wine due to gstreamer

良く読むと、

1.Mpeg動画再生には純正のquartz.dllが必要
2.quartz.dllをインストールすると動画をWineGSTreamerで
  再生しようとするがエラーで固まる
3.WineGSTreamerをOFFにしてamstreamを入れる
4.Wineboot -uでアップデート

という流れです。
分かるかいこんなのw
というか公式HPに入れないと駄目でしょう。
こんなに重要なの。
やってみましょう。

●設定
まずwinecfgを起動しライブラリで
"winegstreamer"を無効にし、"quartz"をネイティブにします。
で端末からWinetricksでquartz amstreamをインストール。

winetricks quartz amstream

最後に端末から

wineboot -u

これでMpeg動画が再生できるようになるはずです。
もし再生しなければffmpegとか必要かもしれません。

●まとめ
無事動画が再生されるようになりました。
これでフリーズしたり飛ばされたりすることも無さそうです。
エラーメッセージをグーグルにコピペして一つづつ検索しました。
流石にわからないよね・・・
まあ結論OKだけどLinuxってそんなものかも・・・
posted by kapper at 22:06 | Comment(0) | WINE

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS PlayonLinux文字化け対策 その9

Screenshot from 2018-08-15 17-42-46.png

Wineで動かないWindowsアプリが動作するPlayonLinuxは
必須とも言えるアプリの一つになりつつありますが、
フォントが文字化けして中国フォント(tahoma)に
初期設定されています。
これ文字が読めなくて困り毎なので、
フォントをレジストリで変更して文字化け対策してみました。
この手のネタがネットにあまり無かったので苦労しました。
PlayonLinuxを使う人は文字化け対策してみましょう。

●PlayonLinuxと文字化け
PlayonLinuxはあまり2バイト圏で使うことを考慮していないのか
フォントの設定とエンコードの指定が設定にありませんw
文字化けした際に何を変更したら良いのか
情報が足りていません。
そこで調べた所、レジストリで変更する事が書いてありました。
やってみました。
こちらを参考です。
ありがとうございます。

Tips:Wine: PlayOnLinux上 iTunes 10 文字化け(Tahomaのいわゆる豆腐化)への対処


長文を読むのを大変なのでレジストリ変更部分を
使用します。
PlayonLinuxはWinetricksが使えないので不便ですね。


●PlayonLinuxのレジストリ変更
PlayonLinuxのフォルダ構成としてWineと異なり、

.Playonlinux/wine/linux-x86/(Wineのバージョン)/share/wine/fonts/

のフォルダにフォントが置いてあります。
Wineのバージョン毎に分かれています。
たとえば2.12-staging、3.7などに。
所がここには殆ど日本語関係はありません。
コピーかシンボリックリンクを付ける必要があります。

sudo cp /usr/share/fonts/truetype/msttcorefonts/*.ttf /home/(ユーザー名)/.PlayOnLinux/wine/linux-x86/2.12-staging/share/wine/fonts/

こんな感じでしょうか。
使うWineのバージョンとフォントをコピーかシンボリックリンクしましょう。
フォントをコピーしたらレジストリを変更。
PlayonLinuxを普通に起動して、

アプリケーションランチャーを右クリック⇒レジストリエディタ
設定⇒Wine⇒レジストリエディタ

などでレジストリエディタを起動します。


[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
;(修正前) "MS Shell Dlg"="MS UI Gothic"
"MS Shell Dlg"="TakaoExGothic"
"MS Shell Dlg 2"="TakaoExGothic"
"MS UI Gothic"="TakaoExGothic"

一例ですがTakaoExGothicに変更すると文字化けが無くなります。
TakaoExGothicフォントはあまり見やすいとは言えないので
自分で好きな設定に変更しましょう。

●まとめ
PlayonLinuxで文字化け対策しました。
フォントが無いのとレジストリの指定を変更します。
分かれば簡単なんですけど、情報ソースが少なすぎて困りました。
LinuxでWindowsゲームを遊ぶ方は
是非PlayonLinuxとフォント変更して見て下さい。
英語圏には分からない問題だろうな・・・多分。
posted by kapper at 17:45 | Comment(0) | WINE

2018年08月12日

新世代7インチUMPC Cherry-Trail #GPD-Pocket openSUSE Tumbleweed 20180807 KDE & GNOME インストールテスト その6

openSUSE.jpg

今回はGPD-PocketでopenSUSEのTumbleweedです。
Ubuntu、Fedoraでも問題があって苦戦しています。
openSUSEは一応起動しましたので記録に残しておきます。
ローリング・リリースなのでご注意を。
2018/8/7バージョンになります。


●GPD-PocketとopenSUSE Tumbleweed
GPD-Pocketには現在Blackscreenのバグがあって、
Live版はともかくインストールすると画面が映らない状態です。
Ubuntu18.04なんかは特に困りで表示が全く出来ません。
多分、Kernelの問題もあるかと思いますが、
最初の起動も出来ないので手が打てないかも。

で、他のディストリを動かしています。
今はopenSUSEです。

・Kernel4.17-13
・Gnome3.28.3
・Grub2.0.2

でしょうか。
実はKernel4.17-13とGnome3.28.3をチェックしています。
バグが減っていれば・・・
KDEは問題無さそうです。
ただ、画面を回転させるとタッチスクリーンが一緒に回転しませんが。

●openSUSE Tumbleweedインストール
公式HPから最新ISOファイルをダウンロードして
ddコマンドでUSBメモリに焼きます。
GPD-PocketはUEFI64bitなのでそのままインストール可能です。
USBを刺してUEFIから起動すればインストーラーは起動します。
注意点として、

・HDD、SSDを消去するので無ければパーティションは自分で分割
パーティションツールは使いにくいので、
前もってGpartedかWinで分けておいたほうが良いです。
・インストールするフォルダをフォーマットし/ ルートに指定。
・EFIパーティションを新規に作成して/boot/EFIに指定
「〜ブートしないかもしれません」ってエラーが出ますが無視で。
この際に既存のEFIパーティションを消したりフォーマットしないこと
他のOSが起動しなくなります。
ここ注意。


ではインストールを開始します。
内蔵Wifiは動きませんのでご注意を。
パーティションの設定が間違っていなければそのまま起動します。

●起動してみて、GnomeのWayLand⇒Xorgに切り替え
まずKDEは問題ありません。
GnomeはBlackscreenのまま起動しません。
色々原因がありますが、Waylandを止めてXorgに変えます。

まずCUIでログインします。
ブート時のgrubで「E」キーを押してquietの前に
「systemd.unit=multi-user.target」 を追加してF10で起動。
ブートしたら画面が黒くなるので、 「Ctrl+Alt+F2」でCUIモードに切り替えます。
でコマンド

$su
$nano /etc/gdm/custom.conf

「#WaylandEnable=false」を 「waylandEnable=false」
#を取り除いて保存します。
で再起動すると無事Gnomeが立ち上がるようになります。


●まとめ
Ubuntuでは不安定でしたが、openSUSEなら普通に使えます。
何が変わったんでしょうね?
個人的にはまだ分かっていませんけど・・・
問題だらけのGnomeが動いているんでありがたいです。
OSとEFIパーティションを消さないように注意です。
openSUSEのインストーラーはUbuntuに比べると危険です。
ここの変化点はWindowsタブレットでも同じなはずなので、
調査を続けたいと思います。
posted by kapper at 13:02 | Comment(0) | GPD-Pocket

2018年08月11日

#debconf18 初参加と英語発表 発表者側の感想と反省

debconf1.jpg

今年はDebconf18に初参加しました。ブログに残します。
Debianデベロッパーさん凄いですね。
スーパーギークの集まりです。レベルが違いました。
つたない英語で発表して恥ずかしかったですけど楽しかったです。
主催者様ありがとうございました。


●Debconf18とは
Debian開発者のカンファレンスで、
The Debian Developer Conferenceの略です。
年に1回世界中のどこかで開催されてます。
今回は初アジアという事で台湾で開催されました。
感想として

・場所:台湾 新竹 国立交通大学
・規模:3〜4ルームの会場でセミナーとワークショップ?
・推定参加者:推定200〜300人/日前後で9日間開催。水曜日が予備日。
・来訪者:大半がDebianデベロッパーで欧米人6割、アジア人4割前後
  現地人を除く平均年齢が高め。
・内容:Debian関係なら一応なんでもOK。

年配のデベロッパーが多いなという意見。
勿論、中国人の方々は若い方も多いです。
BoFも物凄く沢山の分野にカテゴライズされていて、
それぞれの専門家が集まるすごい場所です。
驚きました。

Fossasia2018でDebianデベロッパーの人から発表して欲しいと相談があったので、
喜んで参加させて頂きました。
そういう対話がなければ、怖くて発表するのは躊躇ったかもしれません。
ありがとうございます。


●発表まで
公式HPのCall for Proposalに記入して申請するだけです。
申請が通れば先方からメールで連絡が来ます。
フライト時間、食事や旅費の申請も出来て記入します。
動画撮影と公開、ライセンスの質問に記入します。
後日Youtubeで公開されます。
後は公式から1週間前にスケジュールの連絡が届いて変更依頼します。
日程が長いので発表枠と部屋はかなり空いていまして
お願いすればまだ確保出来るみたいなメールが来ていました。
現地の人はこれ大変だなぁと思いました。


●当日の移動
国立交通大学まではバスで移動しないと行けない場所です。
非常に分かりにくくて苦しかったですw
本来なら空港からMRTに乗って、新幹線。
新竹新幹線駅から、182系統のバスにのる形になるんですけど
桃園市のハードオフに寄ってから行けば良いやと思っていて
新竹駅経由で行ったのでバスがわからなくなって大変でしたw
異国のバスってとても恐ろしいです。
GoogleMapで検索して移動しましたw

Debconf18 Wikiに完璧に近い移動手段がかいてあるのですが、
Wikiをよほど隅から隅まで読まないと気が付きません。
真剣に読んでいませんでしたw
他の方々も移動がかなり苦しかったそうでしたw
問題なのは、会場が校舎敷地内にあったので良かったのですが
日本の〜キャンパスみたいに敷地が分かれていたらコレ迷って死ねるな、と思っていました。


●Kapperの発表と当日会場
実際の発表資料と内容はSlideshareと動画で公開されています。
英語が分かっていないので辛かったですw
本当に恥ずかしいw

・Slideshare




・youtube




実際に英語で発表していると、
スマホに作ったカンペを読んでいたら、
画面が省電源機能でOFFになって、手が震えてONに出来なかったので
カンペは諦めてカンで発表していましたw
実は発表練習を何回もしていたのですが、
45分の内容を全て暗記することは不可能なので諦めました。
長過ぎるわw
膨大な量のカンペ作成と1回分の練習だけで45分っすよ?死ねますw
発表資料を50枚にしたので、40分発表と質疑応答5分を想定していたのですが
英語が分からなくて資料をいつのまにか飛ばしていたので
30分ちょっとで終わってしまいましたw
自分では、ん?なんか終わるの速すぎるぞ?って感じです(爆

で、時間が大幅に余ってしまいましたw
ここで質疑応答。
Debianの皆様は物凄い勢いでガンガン質問してきますw
英語でw
墓穴。マジ勘弁して下さいw
何故か進行役さんがいないので、目線を降ってもアイコンタクトしてもらえませんw
マジで?
フォローなしw
英語サンドバックになりました(ぉぃ
日本語なら全然困らないんですが・・・
ちくしょー


●Debconf18の長所、短所

1.全世界からDebianデベロッパーが参加
 参加者は限られますが、みんな強者揃い。
 1人1人を侮ってはいけません。学歴エリートばかりですw
 東京大学に留学している●●です、さんとか・・・
 スゲーな、Debianデベロッパーって。
 と強く思いました。
 もちろんDebianデベロッパー以外の人も参加されています。
 Canonicalの方もいらっしゃいました。

2.場所が台湾
 日本から近いです。
 もちろん日本人デベロッパーの皆さんも沢山いました。
 直接の面識がない人ばかりですけどw
 ネットでは有名な方々ばかりです。

3.日程がなんと9日間も
 テーマと参加者が大いに分散。
 会場も部屋が空いているので好きなだけ発表可能ですw
 現地スタッフは大変でしょうね。お疲れ様でした。

4.とにかくジャンルの幅が広い!
 スケジュールを見て頂くとわかりますが、
 とにかくジャンルが広い。
 広範囲の開発者がいて、BoFも活況です。
 凄いなーと思いました。
 他のコミュニティなら間違いなくこんなに細かいテーマに
 沢山の開発者が集まって議論するなんてありえない。
 SUSEやUbuntuでも無理だろう。
 懐の大きさはLinux最強だろうと思った。
 
5.ビデオ撮影とストリーミング配信
 CfPを申請する際に動画ライセンスと配信の許可を出します。
 現地ではカメラ数台とPCからビデオ取り込み、専用マイクなど機材ギッシリ。
 凄いですね。スタッフさんお疲れ様でした。
 スケジュールを見ると大抵の人が動画公開を拒否されていますが・・・
 

6.現地移動が原則バス!
 初見殺しですw
 一応現地スタッフからほぼ完璧な説明文(英語)ありましたが、
 しっかり読んでないっす(馬鹿
 台湾は複数のバス会社が広範囲の路線があって、
 しかも表示が分かりにくいという大問題。
 基本的な道路の方角が分からないと向きが正しいのか分かりませんw
 日本のバスは目的地しか書いていないですが・・・
 台湾のバスは出発地と目的地が両方かいてあるので・・・
 油断しました・・・
 GoogleMapさまさまです。

 そして会場から帰るバスに乗る時(初見)が一番地獄という。
 そりゃホテルの方角までWikiには乗ってません(まあね
 これ乗ったらどこに向かうんや?とか。
 場所と方向と路線はあってるん?ホテルはどっちや?(ぉぃ
 そもそもホテルの位置なんて正確にはわかんないよ(爆

 台湾や海外に慣れている僕でもこんなに苦労したという事は
 初参加の皆様は相当苦労しただろうな・・・

7.質問がとにかく多い(英語)
 発表がつい早く終わってしまったので、苦労しました・・・
 発表が終わったらステージに皆集まって
 さらに囲まれて質問攻めに会いましたw


Debianのデベロッパーというと、GNUに拘る硬派なガチ勢という
世間のイメージがありますが(マテ
そんな事は無かったです。
みんな普通に良い人たちばかりで和気あいあいとやっています。
まあ、フリーライセンスへのこだわりは特に大きいので
ライセンスの話とかは振らない方が良いかもしれませんかもw



●台湾ハードオフ 行ってきました。
今年台湾にハードオフがニトリと合同でオープンしました。
正直日本と全く同じですw
ただ、立地が桃園の僻地にあって移動が辛いです。

・ニトリと合同店舗で日本の1/2以下の面積
・更にオフハウフ的な衣類や雑貨なども1/2以上の面積
・家電や電子機器は面積的に非常に小さい
・ゲーム関係は9割くらいが日本のゲーム。しかもかなり高いw
日本から持ち込んだか?
・映画のDVDやBLは中国語と英語。
・現地語のガジェットとJUNKは非常に面白い
日本と違って珍しく見ているだけで時を忘れる位楽しい。
・人の入りは日本と同等程度でそんなには多くありません。
 ただ、
・EEEPCとかありました。
メガドライブがPS2,3より高かったですw

場所はMRT桃園線の終点からバスを2回乗り継いで行くか
縦貫線の内壢駅からバス2区間分を徒歩10分弱。
空港から706系統バスで桃園駅まで行って縦貫線で移動ですかね?
新幹線の駅から行けませんので注意。
どちらにしても桃園国際空港から遠まわりなのでタクシーを使っても良いかな。

実は11:00〜22:00までで夜遅くまでやっているので
Debconfの時間が終わってから行けばよかったな・・・と。
台湾に行ったら是非寄り道してみましょう。


●台湾観光


●台湾まとめ
3年ぶりの台湾です。
久し振りですが、余り変わっていないなと。

・MRTが桃園国際空港まで直結。便利になりました。
しかし利便性と値段ではまだ高速バスも有利。
・台湾の物価が円安と物価高の影響でだいぶ高く感じました。




●来訪者さんのご意見
ここは思い出しながら別途更新します。
がっつり質問されました。

posted by kapper at 19:06 | Comment(0) | Debconf
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ