にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年07月14日

東海道らぐ横浜 2018年7月 LT大会


今日の東海道らぐ横浜の内容です。
買い出しの為、途中までですがメモします。
是非遊びに来て下さいな。


●東海道らぐのご紹介 しまださん
ご紹介

● 8mitsuさん
自己紹介
小学校プログラミング教育のPJに参加
・出前授業とか
・情報誌配布(月1回)
・個別の相談(結構多い)
既存の教育科目にプログラミング的思考なものがある
コンピュータを触らないアンプログラミングな授業
PJで何をやっているのか
・社内広報
・社外広報
・その他雑用
・小学校に行く予定はない



●最近の事 バリッピさん
ゆるいといいつつ前回の横浜らぐは濃かった。
Alfrescoを家鯖に入れてみた。
フルインストールには2Gのメモリと3GBくらいディスクを使用する
CimsSyncでDropboxっぽく
コミュニティエディションだとサポートがない
SimsSyncを買うと高い


●Dockerでどっかんどっかん はしもと鹿さん
「これ欲しい、Dockerで」
「あー研究室にLinux使える奴を送り込んだから・・・」
Linuxサーバ⇒中継⇒Windowsアプリ⇒タブレット
全てUDPで通信
Dockerでサーバの上に置き換える。
アプリをLinuxに移植しないとだめじゃん!?
「AgentPC」なるものが届かない
Docker-compose.yml
ネットワーク管理はVersion2から・・・
Port:300000:30000/udp
とオプションを付ける
AlsaがDockerを使うとバッティングする
コンテナ3は削除・・・すると動く


●最近の事 むさしのさん(大破)
ルータ 大家族
新しい機種のサポートをいくつか追加
マージ済み
・I-Oデータ
 WN-GX300GR
 WN-AX1167GR
・ELECOM
 WRC-1167GHBJ2-S
・NEC
 WG2600HG

マージ済みの機種
WN-GX300GR:要シリアルコンソール
WN-AX1167GR:WebUIからOpenWrt
基盤は共通。
WRC01167GHBK2-S:WebUIからOpenWrt
WG2600HG:シリアルコンソール必要
詳細はブログに記載してあります。
ath79
ar71xx -> ath79進捗
BHR04GRV2
WZR-HP-G300NH(AR9132)
OpenWrt18.06
MediaTek MT7621

●最近の事とNT金沢2018に初参加 Kapper
詳しくはプレゼン資料にて



●OSC北海道にいってきた こんどうさん
OSC北海道
OSC名古屋の日程が確定。行きましょう。

・初心者向けセミナーの開催企画について
デスクトップマジ人気ない
OSC東京/空きって今回も初心者向け
アプリケーションの項目がOSC出展の項目にないので評価出来ない。
Gimpなどと共催。
初心者にクソコラを勧めるのはあかん。
Mintの壁紙を題材の候補。
超絶邪魔なショートカットあり。


●色々と小ネタ(open Sources summit Japan他) たけやまさん
・open Sources summit Japanの紹介
T-シャツの即席じゃんけん大会
・USB Type-Cドングルの相性問題
・openSUSE Asia Summit 2018 台湾
 Coscup & Gnome Asiaと共催
・コミケ 8/10 openSUSE
 Geeko Magazineご紹介


●SailfishOSとQemu フリックさん
SailfishOSの年表
車載やモバイルOSなど。
twitterアカウントに貼ってある。
Debianの中でMaemoとHirdomが復活?




WebOSの紹介
opensource Editionが出てきた
RaspberryPi版などがありビルドすれば使える。

Qemu
仮想化ソフト
Ubuntu18.04の上でAsteroidOSをビルドすると
QemuでopenGLが使えないエラーが出る。
Qemuをビルドし直すと動作する
実演。

Maemo Leste
Devusn(システムDを使っていない)
posted by kapper at 17:37 | Comment(0) | 東海道らぐ

Fronter製 2in1 Windowsタブレット FRT103 Ubuntu18.04インストール その1

FRT103.jpg

今回はFronter製の2in1Windowsタブレットの
FRT103にUbuntu18.04をインストールしてみました。
T90CHIと同様の画面が180度反転するバグがありますが
一応使えます。
たぶん、goodix HID Touchscreenの2in1のバグかも・・・



●FRT103
最近じゃんぱらなどでよく見る2in1です。
オーソドックスな中華設計ですが、軽量でバランスは良好。
goodix HID Touchscreenなので、Linuxでも使えます。
スペックは

インテルレジスタードマーク Atomトレードマーク(TM) x5-Z8350 プロセッサー
動作クロック 1.44 GHz(インテルレジスタードマーク バースト・テクノロジーに対応:最大1.92GHz)
コア数/スレッド数 4コア / 4スレッド
キャッシュメモリー 2MB(2次キャッシュ)
メモリー(標準容量 / 最大容量) DDR3L-1333 2GB / 2GB
増設メモリースロット なし
内蔵液晶ディスプレイ 10.1インチ
ディスプレイ解像度 800 x 1280
グラフィックアクセラレーター インテルレジスタードマーク HD Graphics 400 ※10
視野角上下左右 160°方式IPS バックライトLED
内蔵ストレージ 約32GB eMMC
タッチパネル 静電容量式マルチタッチ対応
Webカメラ本体前面 200万画素,本体背面 500万画素
通信機能(ワイヤレスLAN)
ワイヤレスLAN IEEE 802.11 b / g / n対応
通信機能(Bluetooth)
Bluetoothレジスタードマーク 4.0
USB
Micro USB 2.0 x 1(電源供給と排他仕様)
USB2.0端子 x2
microHDMI出力 microHDMI出力x1
カードリーダー
microSD(SDHC対応) x1(最大32GB対応)
オーディオ出力 マイクヘッドフォンコンボジャック x1
センサー 加速度センサー
外形寸法(突起部、バンプ部除く) 本体約260(W)×約160(D)×約9.8(H)mm
本体(内蔵バッテリーパック含む)約595g
バッテリー駆動時間 約4時間
バッテリー充電時間 約4.5時間
電源(専用ACアダプター)
10W ACアダプター(AC入力 100Vリチウムイオンバッテリー
キーボード 接続方式:マグネットタイプ 5ピン
キー数:78キー(日本語配列)
キータイプ:パンタグラフ
キーピッチ:約16.5mm キーストローク:約5.9mm
タッチパッド:あり タッチパッドボタン:なし
質量:約336g

10インチタブレットなので、タブレットにUSBがついています。
またキーボードがUSBタイプなのでBluetoothが不要です。
UEFI32bitなのでインストールする際には注意。

●Wubiでインストール
今回はWubiで入れました。
SSDの容量で10GBを確保してUbuntuを入れます。
Hakuna-mさんのサイトからWubi本体とUbuntuのISOを
SSDかUSBメモリの同じフォルダに置いて実行するだけです。
ごく普通です。

注意点として
・Ubuntuインストール時にネットワークを繋いで
 UEFI32bit Grubのパッケージを入れましょう。
・起動時に画面と操作向きが180度反転しているので、
 なんとかログアウトして再度ログインし直しましょう。
 画面を落とせば操作向きは元の正常な向きに戻ります。

●画面180度反転バグ?
T90CHIであったやつです。
操作が反転しています。
まず起動したら1回ログアウトします。
そうすると画面が一回落ちて180度回転戻ってきます。
それで使える様になります。
画面が長手方向に表示されるので
キーボードの方向に傾けるのは
端末から

xrandr -o right

で反転できますので自由に回転できます。
無線LANもタッチスクリーンも使えます。

●まとめ
最近入手しやすくなっている機種です。
USBタイプのキーボードなのでLinuxでも普通に使えます。
画面反転バグがあるのは残念ですがログアウトすれば、
使えないことはないです。
是非あそんでみましょう。
posted by kapper at 16:53 | Comment(0) | FRT103
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ