にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年04月13日

Ubuntu改造日記 KernelやドライバがアップデートされるとGDMとGPUでエラーが出て起動できなくなるバグ対策 その70

GDM.jpg

最近Kernelを4.13.0−38にアップグレードしたら
また急にGDMから起動しなくなり困りました。
よくよくググって見てみると、他にもあるらしく
大変助かりました。
感謝致します。

●GDMのバグで起動しなくなる問題。
表記の通りKernelやドライバをアップデートすると
GDMから起動しなくなります。
困りました。
ぐぐってみると解決した方のブログが。
大変ありがとうございます。
感謝して参考させて頂きます。

Ubuntu16.04でGDMが起動途中に死んでしまうのを直した話

確かに思い当たる節があります。
エラーにもGDMなんちゃらって出てきますし。

●バグ対応
まず起動しないことにはどうしようもないので、
起動させます。

1.Kernelを元の古いバージョンで起動する
  ブート時にGrub2から選択
2.grubのブートオプションに「i915.modeset=0」を付けて 
  GPUを一旦無効にして起動する

これで多分どちらかで起動するはずです。
起動したら端末から

sudo dpkg-reconfigure gdm3

これで再起動しても起動する様になりました。
大変感謝です。

●それでも起動しない場合は
GDMのスプラッシュ・スクリーンが問題なので、OFFにします。
端末から

sudo gedit /etc/default/grub

でエディタからquiet splashを削除して保存。
また端末から

sudo update-grub

起動時のブート画面表示をコンソールに変えるだけです。


●まとめ
分かってしまえば簡単ですが、
発見するまでが遠いです。
Kernelのバージョンが変わるとまた起こりそうですよね。
覚えておきましょう。
2.
posted by kapper at 23:40 | Comment(0) | Ubuntu
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ