にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年04月11日

WINE動作テスト NeoGeoCDエミュレータ Raine Ubuntu17.10.1 その2

Screenshot from 2018-04-11 06-50-53.png

家に沢山あるNeoGeoCDのゲームをUbuntuで動かしてみたくて
RaineをWineで動かしてみました。
Ubuntuでソースコードからビルドしましたが、
ライブラリリンクエラーが多発して様子見です。

●WINE動作テスト記録
本家HPとKapperのHPをご参考までに。

 http//kapper1224.sakura.ne.jp/UNIX4.html
 https://appdb.winehq.org/objectManager.php?sClass=version&iId=9594
 http://qiita.com/amasaku/items/765b669fc51e6bc9ec04

まあ過去には色々やっていました。

●WINEと東方紅魔郷
今回の環境はこちら、

・Ubuntu17.10.1 amd64
・wine-2.18
・公式HP Rating:なし

公式HPには登録されていません。
問題としては、

・Raine標準のopenGL設定では画面が表示されない。
 Video設定をWindibにする
・読み込み出来るのはISOファイルかCUEファイルのみ
 イメージ化する時にサウンドファイルをISOに入れるか
 同じフォルダに置いてCUEファイルを置かないと音が出ない
・BIOSは各自入手してRaineのフォルダに置くかオプションで指定

が現時点のWINEでの問題。

インストールとしては、
公式HPからWindows版をダウンロード

 wine raine32.exe

でCDイメージファイルを指定して読み込むだけ。
Keyコンフィグは特殊なので、一度オプションから確認しましょう。
CDROMの読み込み速度はデフォルト8倍ですが好きに変更できます。
一応プレイ出来るはずです。

●まとめ
一応動作できました。
まあLinux版を動かしたいですが・・・ビルドエラーが。
CDの焼き方とかBIOSとかは質問しないで下さい。答えません。
とりあえず動いたので遊んでいますけど。
コントローラー必須かも。
またネットでブログなどを検索してみると良いかもしれません。
決して諦めないように遊んでみて下さい。
posted by kapper at 07:08 | Comment(0) | WINE
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ