にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年04月16日

次世代OSS分散型サーバSNS Mastodon初めました

mastdon.jpg
急ですがマストドン始めました。
分散型SNSですが、友達が増えると良いですね。
是非使ってみましょう。

●Mastodonとは?
従来の企業独占のFacebookやTwitterと異なり
オープンソースの分散型SNSサーバです。
なんとDockerで使えてしまうため、Linuxがあれば
誰でもSNSサーバを建てられてしまいます。
サーバ屋泣かせだなぁ。

長所
・オープンソースであり誰でもSNSサーバを作れる
・サーバ間は連携してアクセス可能
・500文字制限が緩い
・変な広告が流れてこない
・ローカルサーバタイムライン、連合サーバタイムラインがあり読める
 フォロアー間の規制が緩い
・アカウントをいきなり規制されたり削除される可能性が低い
・電話番号とかへんな個人情報を収集しない
・API規制がない

短所
・メールアドレス、パスワード、過去ログがサーバに残るので
 セキュリティが弱い。ヤバい
・将来にわたってサーバが生き残る保証はない
・サーバが個人持ちなので非常に重い。良く落ちる
・アップグレードの際に放置されたらヤバい
 全世界同時アップグレードは不可能
 CentOSは使うなよ?放置するなよ? 

●Mastodonアカウント作成
最寄りのサーバに行ってメールアドレスとパスワードを入れるだけです。
信頼できるサーバだけにしましょう。
Kapperのアカウントは連絡ください。
一旦会社の人をシャットアウトします。
どうせすぐバレますけど。
内輪で楽しみます。

●Mastodonサーバの建て方
自分で建てる予定はないですが、

MastodonサーバーをUbuntuとLXDとDockerを使って構築する


Dockerで簡単に建てられてしまいます。

●まとめ
日本人が一気にTwitterから引っ越しを始めていますw
主に日本限定で爆発的に普及しているそうです。
既に大手では4万人近くアカウントがあります。
全体で数十万人でしょうか?まだ増えます。
ソフトウェアの完成度がまだまだらしいので
そのうち有志でTwitterを追い抜くのは確実でしょう。OSS怖い
格安VPS屋が泣くので規制がかかるかもしれません。
是非使ってみましょう。
posted by kapper at 14:00 | Comment(0) | PCその他

2017年04月15日

#伊勢IT交流会 第16回 2017年4月

伊勢でのIT交流会の16回目です。
ベテラン本職の方々、IoT関係のエンジニアの方々が多いです。
スキルものすごく高い人ばかりです。
公式HPはこちら

 伊勢IT交流会
 https://iseit.connpass.com
 https://www.facebook.com/iseitkouryuukai


●伊勢IT交流会のご紹介 森さん
概要説明

● 堀木さん
Arduinoを用いたIoT LED制御
回線ドングルを用いてインターネットにデータを上げる
回線ドングルは6000円。300円/月換金

●OSC名古屋への参加について 森さん
伊勢系コミュニティでOSC名古屋に出展
ブース出展ご参加おねがいします。

●子供の為の電子工作 Hanimomeさん
IchigoJAMベースの教材
子供向けの教材
Lチカ信号機
2進数に触れる
電子工作ブレットボード体験
ロボット工作。ラジコン

●WindowsタブレットでLinuxダイジェスト版  Kapper
OSC東京2017で発表した内容のダイジェスト版です。
一部情報をUbuntu17.04向けにアップデートしています。




●チーム伊勢のご紹介 きのしたさん
伊勢で活動している
子供向けのプログラミング、電子工作
Ichigojamやプログラムカー


●伊勢ギークフェア2017をどうするかご相談 きのしたさん
2017年のギークフェアを開催
伊勢ヤングフェスティバルと共同で伊勢市公認開催
主催者と協力者が不在なので呼びかけ中
現在は引き継ぐ人がいないので開催どうするか決まっていない。
出展者は市販品以外で何か作ったものであればOK
オリジナルなもの
販売はOK
2017年12月3日開催予定

伊勢ギークフェアは自作であれば
ソフトウェア関係、Linux、*BSD出展大歓迎
出展お願いしますとの事です
12月3日開催

●電話情報をパソコンに転送 なかにしさん
電話がかかってくるとパソコンに情報を転送するソフトを開発
データベースから顧客情報を引っ張ってくる
ドコモが使えない
VBやAccessでデータを転送出来ない?
PC-232Cを電話に繋いで拾ってきている

●伊勢市観光協会のお知らせ 森さん
花火大会のクラウドファンディング
伊勢限定ええじゃないか便
CoderDojo伊勢のご紹介
posted by kapper at 16:52 | Comment(0) | 伊勢IT交流会

2017年04月14日

最近の事 2017年4月 困った爆弾イベントフラグ発生w 

いやあ、大変な爆弾イベントが発生しました。
どうしよう。
そんなこんなを愚痴にします。

●弊社 TPM活動世界大会の発表!?
僕の知らないうちにTPM世界大会にエントリーされていて
発表内容と発表者が決められているというヲチw
これパワハラですよね・・・
急に親分に呼びつけられて、発表しろと。
で、おかしいと思って転送してもらったメールを見てみると、
どうやら3月末に既に鶴の一声で決まっていた様子。聞いていないよ!
先週はいつもの月次会議の資料作りで一杯で本当に余裕がなかった。
うぁ、完全に嵌められた。

自分の胸に手をあてて、何か悪いことをしたのか考えてみる。
頑張って成果出しましたよ!?
3月は問題多発で崩壊しましたが(ぉぃ

で、5月末までにプレゼン資料を作らないといけない。
もちろん、事前レビューが必要なので5月上旬には完成させないと・・・
ダメじゃん。GWアウトw
もちろん、仕事がなくなる訳がないです。
つまり、仕事が2倍になるヲチ。
土日ですな・・・。TPMの宿命w
プライベートがっつり浸食したらOSS活動できないじゃない。
OSC名古屋終わった・・・
去年のOSC名古屋と京都で進捗が遅かったのはそれが理由です。
実は去年も発表していますが、完全に崩壊して同僚に迷惑をかけてしまいました。
ダブルヘッダーは絶対無理。
加えて4月末も5月末も月次会議あるし・・・酷くね?
本当にスマン。

という事でOSC名古屋を楽しみにしていましたが諦めますw
土日の勉強会も。
無理無理。
しかし当日は空いているので発表と展示程度ならできないことはないけどw
その代わりOSC東京から更新なしです・・・
くそぅ

●鹿児島らぐ
最近数か月人が集まらなくて開催されていない話でしたが
やばいな、と思って急遽鹿児島まで参加しにいきました。
みなさんの元気で仲の良さそうな雰囲気で一安心しました。
中々鹿児島へは簡単に行けないですが、
Jetstarのツアーなら新幹線で東京に行くのとそれ程違いは無かったりします。

●Ubuntu17.04リリース
やっと、待望のUbuntu17.04。
実はUEFI32bitのWindowsタブレットではISOレベルで16.10が調子悪くて映りません。
Ubuntu16.04からアップデートさせる必要がありました。
T100TAなどを除くと。
これがバグが多くてとても辛くて、はやくKernelがアップデートしたISOないかな、と。
ExtixLinuxとかの独自パッチをあてたISOで動作確認してますが。
Debianとかはファームウェアが別パッケージ扱いでインストール面倒。
GNU限定だと一部パッケージが別扱いでISOに含まれません罠。
Manjaroだと4.8と4.10がポイントリリースで
4.9LTSのISOがないから一部機種で困ったりしてました。
MainLineのKernelベースだと何が問題なのか良く分かっていません。

Ubuntuを使いたい理由は「Wubi for Ubuntu」です。
WubiがなかったらUbuntuから離れています。
Ubuntu以外のディストリでも完全loopback運用できる様に勉強しないと。

●GPD-WIN
GPD-WINではUbuntu16.10が4.9LTS Kernelで動いて実用レベル。
消すのが躊躇われますが、後でUbuntu17.04に移行します。
UEFI64bitマシンではそれほど問題は出ていません。
ガンガン使えます。
ちょっと画面が小さいですが・・・

そう言えばCherry-Trailの電源センサーのINT33FEがパッチ出ました。
次のKernelには採用されそうです。
ただし4.11RC6には入っていませんでした。4.12系列かな?
Cherry-Trailもやっと実用レベル。
すごいね・・・

●T100TA
最近のお気に入りマシンです。
500GBのHDD内蔵型のを1万円で買いました。
HDDはキーボードドッグの方にありますので分離すると使えませんw
もっぱらノートPCみたいに使っています。
Surfaceもそうですが、USBで給電できるので荷物が減ります。
CPUスペックは流石に旧式ですが、この古さが良いんです。
Linux4.4LTS Kernelに対応しているので、
Ubuntu、Debian、OpenSuseやMintも動きます。
ありがたい。

●Surface3
Cherry-Trailの安価モデルですが、Ubuntu17.04世代で
やっと普通に動く様になりました。
それ以前はManjaroLinuxを使っていました。
やっぱりKernelが安定しないと辛いです。
例のごとくバッテリーセンサーが動いていませんがKernel待ち
SurfaceってMSってイメージがありますけど、
タブレットとしては最高峰のハードの出来が良くて驚きます。
そりゃ売れますわな。
Linuxが動く様になれば、もっと良いハードになります。

●Windowsタブレット全般
苦戦中です。
Kernelが安定していません。
バージョンによってドライバが動かなかったり。キツイです。
一応Kernel4.9LTS系列なら動きますが、安定しません。

●PCゲーム
Kapperは古いPCゲームが大好きでよく買います。
何故か何故かというと、
1.Windowsで普通に遊ぶ
2.WineでLinux動作確認
3.ブログに書く
4.BochsやDOSBox、Qemuでエミュってベンチマークしてみる
5.AndroidやRaspberryPiで動かしてみる

と遊びの幅が広いためです。
正直ゲームがつまらなくても楽しめます(ぉぃ
最近は忙しくてあまりやっていませんが・・・

posted by kapper at 06:26 | Comment(0) | 近況

2017年04月12日

キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook #T100TA #Mint LinuxMint18.1 動作テスト編 その6

mint.jpg
LinuxMintがWindowsタブレットT100TAで
動くかというテストです。
まあ母体がUbuntu16.04LTSそのものなんで報告あり
動くのは当たり前なんですけど・・・一応。
MintもWindowsタブレットで動かしてみましょう。

●WindowsタブレットT100TAとMint
MintもUbuntuと同じ様にUSBから直接起動します。
ただし、4.4LTS Kernelなので対応している機種と
対応していない機種があります。要注意。
例えば、LegacyBIOS世代やT100TAの様な、
Bay-Trail早期に移植された機種に限ります。
後継機種でも使いたい場合はUKUUとか使って
最新の4.9LTS Kernelを入れなおすのが良いです。

今回はUSBから動作実績のあるT100TAに直接起動。
問題なく起動しました。
流石T100TAです。
まずは動作確認を兼ねて、USBから起動してテストしましょう。

●Mintの動作テスト
まず、Mintの64bit版ISOをダウンロードしてきて
RufusでUSBメモリに焼きます。
その際に/EFI/BOOT/にUEFI32のbootia32.efiをコピーして有効化します。
ここに書いてある様に

 Mouse Computerのスティック型PC m-Stick MS-NH1にUbuntuをインストールする。

https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta/blob/master/boot/bootia32.efi
のbootia32.efiをダウンロードして、
USBメモリのMintのEFI/BOOT/にコピーして保存します。
これでUEFI32bit機でMintがブート出来る様になります。

電源ボタンをONにしたら速やかに「ESC」キーを押して
UEFI設定画面を出します。BIOSと同じですね。
機種によってボタンは変わりますのでググるしか。
実はOSがWindows10であろうと無かろうと同じだったりします。

まずセキュアブートをOFFにします。
次にUEFIの起動順番をUSB〜と書いてあるメモリを先頭にします。
で一旦Save &リセット。
これでUSBから起動出来るはずですが、
ブートの優先順位に注意。
毎回選択した方が良さそうです。

でUSBからGrubを起動。
Mintの場合はUbuntuと同じで最初からブートローダーが起動します。
そのままTry〜を選択して動作テストします。
問題なく起動しました。
流石LTS Kernel。

T100TAの場合、4.4Kernelでドライバが問題なく動くので
タッチパネル他がほぼ完動します。
良いね。
他の機種は試していないですが、
Kernelを入れ替えれば何とかなるかと。
細かい内容はKapperのブログの他のページをご参考。

●インストール他
インストールは試していませんが、Ubuntuと同じかと。
パーティションを区切って入れるだけです。
Wubiも使えるはずです。
ブートローダーもUEFI画面から選択すれば
Windowsには手を付けず起動出来るはずかと。

●まとめ
あっさり動きました。
今回はただの動作チェックです。
Mintをタブレットで動かしたいという人には
まずT100TAお勧めです。
マルチブートもUSB刺すだけですよ、楽ちん。
ドライバが4.4LTS Kernelの時点で既に移植されているからです。
他のタブレットではドライバ次第で苦しいかもしれません。
まあそこはUbuntuと同じなので、今後の調査対象かと。
posted by kapper at 23:10 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TA

2017年04月11日

鹿児島らぐ 2017年4月 色々とお話した所感

昨日再び鹿児島らぐに参加しました。
個人情報に触れない程度にブログにします。
Twitterに書いた程度の内容は大目に見て下さいw

●鹿児島らぐ
最近参加者不足で開催されていない様なので
てこ入れを目的として、
これはちょっと行かないと不味いなと思い急遽参加を決定。
旅費が流石に苦しいんですけど・・・
JetStarのホテル付きツアーで24,800円です。
これでもANAや新幹線の半額。でも午後便。
鹿児島は週末予約いっぱいなのでホテルは2週間前予約必須です。

こんどうさんのJetstar便が欠航で行けず残念。
今回は参加者5人になりました。

●PQI Air Pen hack
500円で買えるバッテリ内蔵型Linuxルーター
Kernelが古くて困るが、chrootでDebian Squeezeまで
動いたそうな。
ここからどうするかは難しい。



●鹿児島IT産業
鹿児島にはIT産業となる母体が少なく雇用が少ないそうな。
主要顧客は農家と猟師。
つまり農業IoT。
なんか野獣対策と動物管理がネタなそうな。
東京では想像できないですね。

世間ではIoTの売り所が難しいですが、
農家では確実に需要がありそうな。
農家に休日を、なんて。
そりゃ毎日農業辛いですもんね。休みほしいよね。
年配の方々が増えて楽したいです。そんな需要があります。
鹿児島がIoT最先端になる時代も近いです。

●何故か無職率の高い鹿児島らぐ
鹿児島ではIT系のエンジニアが余っています。
無職率が高いです。
家庭の都合で実家から離れられない人が、
農家のお手伝いやアルバイトしてます。
東京や大阪では深刻な人手不足なのに。
鹿児島に支店を作りませんか?優秀な人材を集めるチャンスです。

●美味い鹿児島料理
鹿児島では黒豚、海産物など豊富な材料を楽しめます。
味付けも濃いめのコクのある濃厚なおいしさがあります。
黒豚と濃厚なソースのコンビネーション。
新鮮な鶏刺など。
焼酎もおいしいですが、今日はみんなビールw
焼き鳥で家鴨焼き。

有名な豚とろラーメンも食べてみました。
トロトロに煮込んだ黒豚のクリーミーな味わいと
豚骨ラーメンが重なってめちゃ美味いです。

●鹿児島Amazon宅配状況
通常Amazonなどで買うと、大阪からの発送で3〜4日だそうです。
離島を除けば。
こちらが東京から2〜3日くらいなので+1日でしょうか。
全国までヤマトと佐川が来ているそうな。

●鹿児島らぐとしてOSC福岡に参加するか否かの話
旅費が結構高いので福岡に行くかどうか。
昨年度は行かなかった。
行くとしたら新幹線か高速バスだが、新幹線は高い
高速バスで行くとしたら宿泊費をどうするか?
4人で乗り合わせなら車の方が安いが鹿児島から参加者がいない。
どうするか、相談。


●いつものトーク
OSC東京2017Springでお話ししましたWindowsタブレットのネタを
ダイジェスト版で説明しました。
ちょうどUbuntu17.04のタイミングで結構使えるレベルになってきました。
ManjaroやGentooが先行していますが、
やっとバグが少なくてちゃんと起動できるKernelの時代になりました。
ありがたい。



posted by kapper at 07:14 | Comment(0) | 鹿児島らぐ

2017年04月04日

最近の事 2017年3月 最近の色々と

4月になってしまいましたが内容は3月末に書きましたw
今回も最近の事を愚痴ります。
なかなか疲れが溜まってブログを書く気力がでないっすね。
体を壊しちゃいました。
まあ気を持ち直してれっつごー。

●イベントラッシュ
最近多すぎますよね?
OSCとか勉強会とか。
プライベートの時間を食い尽くして、人生ちょっと辛い。
まあ楽しいんですけどつぼさんとか
他のコミュニティをいくつも掛け持ちしている人の
プライベート時間どうなのか、とふと気に悩んだりしています。
時間のバランスコントロールが完全に崩壊して来てますよね。
それって複雑。
体壊すし。
もう今が面白ければ良いという発想の年齢ではなかったり・・・
幸い仕事に響いてないのが救いです。
仕事に響いたらこの活動辞めます。マジで。
勉強会で仲間が増える事は大賛成。
特色は全然違ってたり

・東海道らぐ:1回/月
 ⇒基本Linuxだろうとなかろうとなんでもあり
  あひる主義なのであひると相性の悪い人には合わない
・姫路IT系勉強会:1回/月
 ⇒ほぼインフラのみ。
  インフラ実務経験者以外は参加するのが辛い
・伊勢IT系交流会:3ヶ月/回
 ⇒IoTや電子回路多い
・福井技術者の集い:3ヶ月/回
 ⇒学生さんの研究内容。懐かしくて斬新で面白い。
・鹿児島らぐ:1回/月
 ⇒Linux関係。遠方なので継続した参加は不可能
・OSC+KOF:大体2〜3ヶ月/回
・海外:今年は不参加

どう考えても無理だわ・・・
3ヶ月に1回位のペースでローテションがベスト。
新しいネタを作る余裕も無いし。時間を作らないと。
そもそも人の話を聞くのはテーマが違いすぎて面白くないし。
似たような事をやっている人がいないというか
Kapperがニッチ過ぎてあかん、というかw
まあそれは皆さんが勉強会で感じている事をKapperも思っている訳ですよ。
テーマの方向性の違いは致し方がない。
ネタをまとめる事が勉強会の目的と言いますか。
行くなら関西、北陸がいいなあと。

逆にイベント参加していない、
ネット仲間にはちょっと感覚的に違うかもしれませんが
同好の仲間がいるって楽しいですよ。
一緒にお酒飲みませんか?

●GPD-WIN
結構面白いおもちゃですが、大解像度的に画面が小さくて厳しいです。
ただし、WindowsとLinuxを兼用出来るので、
勉強会用マシンとしても面白い。
荷物を減らせるか・・・

実用性として何に使うか?
ゲームですかね。
通常のLinuxをモバイル出来るんで開発でも何でも。
Windows10も普通に使えますし。
Officeを使うか、と言われるとちょっと画面が狭い。
一通り遊んでみて何に使おうか、なんて。

●DELL Insprion14
DELLのローエンド14インチノートPC
Bay-Trail世代のDualCore
UEFIテストのお遊びで買ったつもりが意外と使えて作業用。
最初にUbuntu入れた時はかなりヤバかったけど
メモリ増やしたらなんとかなった罠。
メモリ消費量は最低4GB程度で、
ちょっと食い過ぎ。6GB以上はいるね。
Unityとブラウザが原因。
ブラウザの省メモリなんとかならんのかね?この時代。

●NetBSD7.1
まだPCには入れていませんが、NetBSDの最新版。
Flashplayer24に対応したとか。
Qemuに入れて遊んでいます。
ちゃんと対応していますね。

●Windowsタブレット全般
OSとKernelの検証が作業量増えて面倒になってきました。
でも、Ubuntu、Debian、Manjaro、OpenSuseと大体分かってきて
そろそろ他のディストリに手を出さないといけないですよね。
Mintっているかな?
簡単なOSからメジャーディストリを抑えて全OSに展開。
FedoraとGentooをそろそろ。
*BSD系はGhostBSDかな?母体はFreeBSDですけど。
端末もちょっとづつ増やしています(ぉぃ
でもやっぱりT100TAは検証用には便利。勿論実用もOK
Debianだけ何故かタッチパネルが使えんw
GUIはGnome Shellをテスト中。意外と不便w

●モバイル、SailfishOSとか
Nexus5を買ったは良いですが、まだ着手出来ていません。
そうね、色々と試したい事沢山あるんですがこれからこれから。

●OSC東京2017
いつもの事ですが、忙しすぎて気がついたら終わっていたという。
Debian勉強会とかNetBSDとか山下先生のセミナーとか
聞きたい内容沢山あるんですけどブースから離れられなくて時間的に難しい。
残念。


posted by kapper at 00:41 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ