にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2017年01月31日

キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook #T100TA #Debian Testing 各種ドライバ&初期設定編 その5

Debian Stretch testingの続きで
今回はドライバテスト編です。
書いてある事はDebian HP T100TAの通りで
追跡試験した内容なのでそのままです。
ただ、出展元に書いていない分かりづらい所を
テストした際に気付いた操作方法を追記します。
ダウンロードファイルは個人フォルダの「ダウンロード」に落ちてきますが、
そこの変更は説明を割愛します。

●Debian Testing on T100TA
詳しい事は前回と参考HPを参照下さい。
インストールまで大変でしたけど、分かれば修正は難しくないはずです。
USB HUB+USBメモリに焼いたISOファイルを認識できる様に
aptソースを追加するだけです。WIFIは最初からは諦めるしか。

 InstallingDebianOnAsusT100TA
 キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook #T100TA #Debian Testingインストール&初期設定編 その4
 
ただ、T100TAに限ればUSBが二つあり、キーボードとマウスがドッグにあるので
操作関係はなんとかなります。
他の純粋なタブレットでは無理でしょう。
操作できないですよね・・・
USB HUBが使えないってそんだけ致命的。

●液晶バックライトの明るさ設定
バックライトは電池の持ちに直結するので重要です。
通常はフルパワーになっていますが、xrandrで設定可能です。
端末から、0.8の数字が輝度です。

 xrandr --output DSI-1 --brightness 0.8

で設定できます。
DebianのHPにスクリプトがあるので試してみましょう。

 t100ta_touchscreen_brightness_ctl-debian-stretch.sh

端末から、

 chmod +x t100ta_touchscreen_brightness_ctl-debian-stretch.sh

と実行形式に変換して、cinnamonの自動実行に登録しておきます。
中味はこんな感じです。

#!/bin/bash
#
# t100ta_touchscreen_brightness_ctl-debian_stretch.sh
#
# This script is intended to be used with the ASUS T100TA. This script
# uses xrandr to progressively reduce the brightness of the screen each
# time it is invoked. Once a minimum value is reached the brightness is
# resetted to the original value.
#
# Copyright 2016 Francesco De Vita
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
# http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or
# implied. See the License for the specific language governing
# permissions and limitations under the License.


# Xrandr output for the screen.
# If there is no external screen attached, the following command returns
# the correct value to use:
#
# xrandr | grep -w connected | cut -d" " -f1
#
XRANDROUT=DSI-1

BRIGHTNESS=`xrandr --current --verbose | grep Bright | cut -d" " -f2`

if [ $(echo "$BRIGHTNESS<=1" | bc) == 1 ] && \
[ $(echo "$BRIGHTNESS>0.2" | bc) == 1 ]
then
BRIGHTNESS=$(echo "scale=2; $BRIGHTNESS-0.2" | bc)
xrandr --output $XRANDROUT --brightness $BRIGHTNESS
else
xrandr --output $XRANDROUT --brightness 1
fi


●画面の自動回転
タブレット内部に加速度センサーがありまして、
それが反応するとxrandrで回転するスクリプトが出ています。
まずダウンロード
 
 https://wiki.debian.org/InstallingDebianOn/Asus/T100TA?action=AttachFile&do=get&target=t100ta_touchscreen_rotation_auto-debian-stretch.sh

ダウンロードしたら実行形式に

 chmod +x t100ta_touchscreen_rotation_auto-debian-stretch.sh

後はcinnamonの自動実行に追加
shとかbashで実行させると落ちるんで注意。
中味はこんな感じ

#!/bin/bash
#
# t100ta_touchscreen_rotation_auto-debian_stretch.sh
#
# This script is intended to be used with the ASUS T100TA. This script
# checks the accelerometers every three seconds and it accordingly
# rotates the screen, adjusting the touchscreen and the touchpad inputs.
#
# Copyright 2016 Francesco De Vita
#
# Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
# you may not use this file except in compliance with the License.
# You may obtain a copy of the License at
#
# http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
# Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
# distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
# WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or
# implied. See the License for the specific language governing
# permissions and limitations under the License.


# Xrandr output for the screen.
XRANDROUT=`xrandr | grep -w connected | head -1 | cut -d" " -f1`

# IDs of the input devices that have to be rotated.
# The correct input devices are those listed by the command
# "xinput --list" under the "Virtual core pointer" section as in the
# following example:
#
# 竡。 Virtual core pointer id=2
# 竡・ 竊ウ Virtual core XTEST pointer id=4
# 竡・ 竊ウ ASUSTek COMPUTER INC. ASUS Base Station(T100) id=10
# 竡・ 竊ウ ASUSTek COMPUTER INC. ASUS Base Station(T100) id=11 <--
# 竡・ 竊ウ ATML1000:00 03EB:8C0E id=12 <--
#
# Note that the "ASUS Base Station" entry appears two times but only
# the last one is required.
INDEVS=`xinput --list | grep ATML1000 | \
sed 's/.*id=\([0-9]*\).*/\1/'; \
xinput --list | grep SIS | \
sed 's/.*id=\([0-9]*\).*/\1/'; \
xinput --list | grep "ASUS.*Base.*pointer" |
tail -1 | sed 's/.*id=\([0-9]*\).*/\1/'`


# Absolute value function.
abs(){
[ $1 -lt 0 ] && echo $((-$1)) || echo $1
}

# Check the accelerometers and adjust screen and inputs.
while true
do

CUR_ROT=`xrandr -q --verbose | grep $XRANDROUT | cut -d" " -f6`
NEW_ROT="normal"

ACC_X=$(cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_accel_x_raw)
ACC_Y=$(cat /sys/bus/iio/devices/iio\:device0/in_accel_y_raw)

if [ "$ACC_Y" -gt $(abs $ACC_X) ]
then
NEW_ROT="normal"
CTM="1 0 0 0 1 0 0 0 1"
elif [ "$ACC_X" -gt $(abs $ACC_Y) ]
then
NEW_ROT="left"
CTM="0 -1 1 1 0 0 0 0 1"
elif [ "$ACC_Y" -lt 0 ] && [ $(abs $ACC_Y) -gt "$ACC_X" ]
then
NEW_ROT="inverted"
CTM="-1 0 1 0 -1 1 0 0 1"
else
NEW_ROT="right"
CTM="0 1 0 -1 0 1 0 0 1"
fi

if [ "$NEW_ROT" != "$CUR_ROT" ]
then
xrandr --output $XRANDROUT --rotate $NEW_ROT
for input in ${INDEVS[@]}; do
xinput set-prop $input 'Coordinate Transformation Matrix' \
$CTM
done
fi

sleep 3

done

●タッチスクリーンと右クリックボタンエミュレート
タッチスクリーンは標準で対応しています。
Intelドライバは不要です。AMTL1000がドライバです。
動作しているかどうかは、xinputコマンドで確認できます。
ちなみにKernel4.8では動作していましたが、
1/28にアップデートされたKernel4.9では何故か動作しません。
そのうちFixされますかね?

で、AMTL1000がある事をxinput確認して
右クリックボタンエミュレートはWindowsボタン3の扱いです。
まず端末からインストール

 su
 apt install xbindkeys xdotool
 exit
 
まず一旦Rootから抜けて一般ユーザーに戻します。

 xbindkeys --defaults > ~/.xbindkeysrc

 gedit ~/.xbindkeysrc

下記の文章を最後に追加して保存

# emulate right mouse button with the Windows button
"xdotool click 3"
m:0x0 + c:248

●サウンド
これも同じ様に。
端末から
 
 su
 apt install firmware-intel-sound

こちらのgitからドライバをダウンロード

 https://github.com/plbossart/UCM

したら展開して

 su
 cd UCM-master
 cp -r -f bytcr-rt5640/ /usr/share/alsa/ucm/

で、設定ファイルのasound.stateを別で拾ってきます。

 https://wiki.debian.org/InstallingDebianOn/Asus/T100TA?action=AttachFile&do=get&target=kernel4.5.xand4.4.x.asound.state

でコピー

 cp kernel4.5.xand4.4.x.asound.state /var/lib/alsa/asound.state

でalsactl

 alsactl store && alsactl restore
 pulseaudio -k

でサウンドが追加されるはずです。ダメなら一回再起動。

●日本語入力
端末から

 su
 apt install ibus-anthy ibus-mozc ibus-kkc libqt5gui5
 im-config -n ibus

Cinnamonの自動起動に一個追加

 ibus-daemon -rdx

設定ファイルに追加

 su
 gedit /etc/profile

下記を最後の行に入れて保存

export GDM_LANG=ja
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus

ログインし直せば日本語入力出来るはずです。
右下のアイコンでまずひらがなを選択して、
IM切り替えキーを追加しましょう。

●Flashplayerのインストール
端末から

 su
 apt install flashplugin-nonfree
 update-flashplugin-nonfree --install
 
firefoxで艦これも遊べます。

●Kernel4.8の残った課題
後はカメラとハイバネ位ですかね?すごく驚きです。

With Linux kernel 4.8:

battery status information is available
shutdown correctly works
reboot correctly works
suspend to RAM doesn't work
hibernation doesn't work
screen power management doesn't work


●まとめ
このやや旧式のT100TAですが、
とてもLinuxの完成度が高くてお気に入りです。
2台目を買ってしまいました。じゃんぱらで11,800円です。マジ安。
たぶん3台目も買いますw
Kernel4.9だとタッチスクリーンが今の段階では動作しません。
ブート時にKernelを切り替える事は出来るのですが、4.8のパッケージが必要。
Kernel4.8は画面の回転まで出来るんですね・・・
後は電源管理とカメラだけです。
Blackscreen対策がKernel4.10に入りそうなので他のタブもいけるか?
このT100TAはブラックスクリーン問題は無いはずです。
完全移殖までもう少しです。
これなら、Linuxディストリを乗せても実用上問題ありません。
凄いですね、DebianとUbuntu。
是非一度触ってみて、Linuxの移殖完成度の高さに驚いてください。
posted by kapper at 21:06 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TA

2017年01月29日

2017年1月 関西 #Debian 勉強会 + #openSUSE Meetup + #LILO & #東海道らぐLT大会 #Kansai4cJointSession

今日は関西 Debian 勉強会 + openSUSE Meetup
+ LILO & 東海道らぐLT大会の合同勉強会です。
大勢の方のご参加誠にありがとうございました。

 関西 Debian 勉強会 + openSUSE Meetup + LILO & 東海道らぐLT大会

●自己紹介
・関西Debian勉強会
・OpenSuse Meetup
・LILO
・東海道らぐ

●OpenSuse たけやまさん
自己紹介。OpenSuseの出会い、Debian勉強会、東海道らぐLT
OpenSuseご存知ですか?
⇒東京ではモフモフ系の回答あり
インドネシアでOpenSuse
2つのOpenSuse
・Tumbleweed:常に最新
 ローリングリリース週3回リリース
・Leap:リリース
 3年に1回リリース
 エンタープライズ版に独自パッケージ
OpenSuse Leap42.2
最近のトピック
 OpenSuseLeap42.3を早めにリリース
Leap,Tumbleweedの詳細
YaST
新規Btrfsパーティションの作成
OpenSuse.Asia Summitとは
 アジアを中心としたOSSコミュニティのメンバー集まり
 アジアは近くて遠い
 ローカルとグローバルの交流の仕組み
 過去の発表テーマ
 ・OpenSuseの話題に限らない
 ・北京、台北、ジャカルタ
 動画紹介


インドネシアSummitのご紹介
OpenSuse.Asia Summit2017を日本で
 会場スタッフ募集中
 会場の確保
 共同開催イベント
 実行委員会募集中
その他
 もう少し密なコミュニティ
 ディストリ共通の国際化の問題

●OpenSuse Build Serviceへの愛を語る なかのさん
どういう経緯でディストリを使っていますか?
学生のころからUNIXを触り続けて20余年
最初のLinuxはFedora⇒次にUbuntu
OpenSuseの一部パッケージをメンテナ
OpenSuseの長所
 Default:Btrfs
 virtualboxのguestとして入れた場合Guest
 沢山のDesktop
OpenSuseの弱点
 日本ではマイナー
 パッケージ数がDebianより少ない
なぜOpenSuseか
 OpenSuse buildservice
 パッケージ支援システム
 OpenSuse以外も作れる
パッケージを作ろう
 いるもの
 ・Tar-Ball
 ・Patches
 ・RPM
ブラウザからOpenSuseビルドフォームをログイン
OSCコマンド
ユーザーとして
SPECファイル
OpenSuse Build Serviceの弱点
 Netが落ちていると使えない
 稀に良くある
OpenSuse Build Servicesが無ければOpenSuseを使わなかった

●Debian UPDATE ささきさん
LateXBeamerのテーマを更新
 テーマデザインはのがじゅんさん
 佐々木がBeamerに移植
 SVG,svgtikzを経てlikz
 Beamerのスタイルを更新しました
Debianとは?
 バックエンドがないので入れられない
 FreeBSDやGNU/Hurdのカーネルを利用したOSを提供
 Debianポリシー
 Debianの自由度
 世界規模の開発体制
 安定版 2年毎に更新
 Stretch:2017年Q2、Q3リリース予定
 Debianとは
Debian Updates
 最近の出来事
 Debian9でi386⇒i686
 Debian8:8.5、Debian7:7.11
 ZFSがcontrib
 Debconf16
 Update Debian8:8.6
 Transitions Freeze ライブラリについての自動更新
 Debian mini conf
 Debian Symbol用パッケージ新規スイート提供開始
 debhelper 10
時期リリースDebian Stretch
 2017/01/05 ソフトフリーズ 
  mips64el ppc64el
外れる powerpc
 パッケージのビルドが出来ないから落ちる
ローカル個人で対応?
 Stretch Kernel4.9 まだリリース前
日本語Debianの情報



●WindowsタブレットにDebian Testingを入れる話 Kapper



●sshでed25519鍵 にしやまさん
ssh/id_rsaとか
サーバに登録する
rsa:現在の主流
ecdsa:楕円曲線暗号
OpenSSH5.7から対応
ssh-keygen -t ed25519
比較 rsaは公開鍵が長い
感想
 ちょっと接続開始が早くなった気がする
 安全になった

●16進数が好きになりました いなばさん
ヨーロッパにあひる焼きを浸透
アジェンダ
 ・2進数
コンピュータ
 電子計算機
なぜ1バイトは8ビットか
 ON、OFFを作る事が出来る
作ったのがアメリカなので255個あれば十分
8bitを1バイトにした
00000000 11111111
日本語なら全角が必要なので16bit
16進数は2進数を表現する良い方法

●年末恒例 IM飲み会 はしもとさん
今年のラインアップ
確認事項2 MOZCはどうなるの? 厳しい
DeepLearningってどうなの?
DeepLearningで形態素解析
いろいろ本を買ってみた
OSはMacかUbuntu
TensorFlow:基本的にはDocker
Caffe:モデルがJsonぽい
C++:Tiny-dnn

●Debconf 16 Cape Town South Africa やぶきさん
自己紹介
年に1回、場所を変えて世界中を回りながら開催
Debonf
感想
ケープタウン大学
パッケージを作ったり、翻訳したり
まずは行って慣れてもらう。一緒にやるバディを作る

Debian関係のVideoが集まっている場所
http://meetings-archive.debian.net/pub/debian-meetings/

posted by kapper at 17:53 | Comment(0) | 東海道らぐ

Netwalker Labo 東海道らぐLT 大阪 1/29 講演資料 正式版 「Debian Testing on Windows Tablet T100TA」

1/29に東海道らぐ大阪で時間があれば資料を作ったので講演致します。
Debian勉強会でもあるのでDebianの内容にしました。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Debian Testing on Windows Tablet T100TA」
to January 29 in Osaka,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

東海道らぐ今回のイベントの公式HPはこちらです。

 https://opensuseja.connpass.com/event/47907/

PDF資料はこちらです。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker osc tokaidoLT201702.pdf


posted by kapper at 10:23 | Comment(0) | 東海道らぐ

2017年01月20日

キーボード付きBay-Tailタブレット ASUS Transbook #T100TA #Debian Testingインストール&初期設定編 その4

だいぶ時間が経ってしまいましたがDebian編いきます。
WindowsタブレットでDebianです。
Kernelのバージョンの関係上で開発版のStretchを入れました。
トラブルは仕方がないですが、Jessieでは無理なので。
人柱と思ってみましょう。



●Debian Testing インストール課題
開発版です。
JessieのKernelが3.16なので、Bay-Trail向けにバグがあります。
Kernel3.14〜3.19までは強制Turboモードのバグで熱暴走します。
Firmwareもディスプレイドライバも色々と問題があり起動しません。
ちょっと心苦しいですが、Multi-Archの開発版を使います。
Kernel4.8です。
細かい所はこちらを参照

 InstallingDebianOnAsusT100TA

DebianにはMulti-ArchというAmd64とi386の両対応した
インストーラーイメージがありまして、一応便利です。
デスクトップはCinnamonも使えます。
所が、これタブレットから見たら魔窟だったんですよ・・・
何がと言いますと、

・DebianはUbuntuと違ってGNUなライセンスに特化
・仕様の為、Firmware=ドライバが手動でしか入れられない
・ISOファイルでUSB≠CDROMなので完全性チェックでエラーが出る
 一部のパッケージが自動で入らない
 CDROMレポジトリが使えない。追加パッケージはdpkg -iで入れるw
・無線LANがFirmwareを入れられないので標準で認識しない。端末から入れる。
・初期にインターネットが繋がらない。aptが使えない
・USB-HUB経由でUSB有線LANを繋げるとaptラインが認識せず
 初期Debootstrapでエラーが出る
・Network-managerが手動じゃないと入れられない
・日本語化されているが日本語フォントが無いので豆腐状態。
 フォントを入れるまで全く文字が読めない
・初期設定が非常に困難

レベル高いよ・・・
ただし後で気付いたのですが、
USBの有線LANカードなら問題なかったです。古い奴で。
後はとても古いUSBLANなら認識するかもしれません。
GW-US54GSXでもファームウェアが無いって言われましたが。
2006年製の旧機種なんですがNG。
という事で、必要なものは本体とUSBメモリ以外に

・USBメモリ
・USB有線LAN(無いと危険)
・USB HUB(2個以上刺すために)
(・USB無線LANカード)

これは用意しましょう。
後でネットワーク認識してaptする際には絶対です。

●Debian Testing インストールしてみる
まずはT100TAにDebianを焼いたUSBメモリを刺します。
USB有線LANは後でつなぎます。
で電源ONにしてGrub上から2個目のInstallerを起動。
Graphicalでも良いかもしれませんがエラーが出そうなので
CUIが安牌です。

インストールを進めますとネットワーク設定でとまりますので
イーサーネットカードなしを選択します。
といいますか、何を選んでもエラーが出るはずです。
ここでHUB経由でUSB有線LANを繋いでいると、HUBの影響で
今度はUSBメモリのCDROMパッケージが認識できなくなり読めなくなりますw
インストールが止まりますw
痛たたたた。
そのおかげで直接USBメモリをタブレット本体に繋ぐしかなくなりますw
この時点でaptが全く使えないのが後で痛手にw

でもパッケージのインストール終了までたどり着きます。
ソフトウェアの選択でCinnamon入れておきましょう。
本来ならここで終わりなのですが、恐怖はこれからですw

●Debian初期設定
インストールが終わりましたら再起動。
CUIで起動するんですけど、20秒くらい経つと何故かフリーズするので
ログインしたら直ぐにXorgを起動します。

 startx

まあそのままですね。
この時点では文字が表示されませんし、ネットワークも繋がりません。
最初にやる事はgrubのコマンド追加して爆熱フリーズ対策です。
Xorg上では電源管理アプリがあるのでフリーズしないはずですが、保険を兼ねて。
cinnamonが起動します。
端末を起動したら

 su
 nano /etc/default/grub

で、テキストエディタが開いて、

 GRUB_CMDLINE_LINUX_EFAULT="intel_idle.max_cstate=1"

を追加して保存。
コマンドで

 update-grub

でgrub.confを自動設定しなおします。
これ重要。
で再起動。
同じ様にログインしてstartxするとフリーズが無くなりますw
これでやっと操作できる様になります。
まずは日本語表示から
まず他のPCからDebianのサーバにアクセスし
日本語フォントパッケージをUSBにコピーしていれます。
例えば、
 fonts-ipafont-mincho_00303-16_all.deb
 fonts-ipafont-gothic_00303-16_all.deb
をこちらからブラウザで。

 https://packages.debian.org/stretch/fonts-ipafont-mincho

 su
 cd /media/(名前?)/DEBIAN\ TESTING/
 dpkg -i fonts-ipafont*

とdpkgコマンドで日本語フォントを入れると画面が日本語化します。
分かりにくいので注意。
次はインターネットに接続する為に、Network-managerを入れます。
Network-managerをインストールするには、
USBメモリに入っているNetwork-managerの他に

 libbluetooth3_5.43-1_amd64.deb
 libndp0_1.6-1_amd64.deb
 libteamdctl0_1.26-1_amd64.deb

を再びDebianのサーバから別PCでダウンロードして入れます。

 dpkg -i lib*

でNetwork-managerをUSBメモリからインストール

 cd pool/main/n/network-manager
 dpkg -i network-manager_1.4.2-3_amd64.deb

ひとまず
エラーが出ていない事を確認します。
次に/etc/apt/sources.listのレポジトリで
CDROMメディア認識しないエラーが出るので
debianのサーバを追加します。

 su
 nano /etc/apt/sources.list

CDROMの行の先頭に♯を付けてコメントアウトし
2行を追加します。

 deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free
 deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free

保存してaptするとパッケージがネットワーク経由で入れられます。
有線LAN経由で勿論、他のPCで動作出来る事が前提ですw
DHCPで接続できる場合は設定不要ですが、
細かい設定は自分でやってください。
USBメモリを引っこ抜いて、USB有線LANを刺してランプ点灯確認。

 su
 apt update
 apt upgrade
 apt upgrade --fix-missing

apt-listchangesのドキュメントが出てきて止まるので
流してqを押して終了させます。
これでパッケージが入れられるので何とかなるはず。
このままだと面倒なのでアプレットも追加します。

 apt install network-manager-gnome

再起動するとアプレットにNetwork-managerが起動します。

●無線LANの認識
まずはFirmwareをインストールします。

 su
 apt install firmware-linux
 apt install firmware-brcm8011

これで一連の無線LANのfirmwareがインストールされます。
最初から入れておいてよ!
マジで…
まだ繋がりませんので

 cp /sys/firmware/efi/efivars/nvram-74b00bd9-805a-4d61-b51f-43268123d113 /lib/firmware/brcm/brcmfmac43241b4-sdio.txt

とやって再起動。
このエラーが起動時に出ていない事を一度確認します。
modprobeしないで再起動するのはエラー確認する為です。

 brcmfmac_sdio mmc1:0001:1: firmware: failed to load brcm/brcmfmac43340-sdio.bin (-2)

エラーが出なければ無事内蔵無線LANが認識しました。
良かった。

●まとめ
とりあえずWindowsタブレットにDebianの起動と
初期設定まで。
既に動作実績のあるT100TAは報告例が多数あるのでまだ楽な方です。
まだ音がなりません。
ある程度問題なく使える様になりました。
大変ですね・・・
Testing版に文句を言ってはいけませんが、
リリース時には直っている事を期待します黄ハート
posted by kapper at 07:16 | Comment(0) | ASUS Transbook T100TA

2017年01月14日

最近の事 2017年1月 明けましておめでとうございます、など

大雪ですw
今更ですが、再び明けましておめでとうございます。
今月の愚痴をブログにします。


●Debianと中華Windowsタブレット
ARM系ではUbuntuを超える勢いのDebianですが、
Windowsタブレットではまだちょっと苦しいかなぁと。
KernelのバージョンがJessieでも3.16なのでちょっと古い。
ドライバとCPU暴走フリーズ周りがキツイっす。
Kernel4.8のTestingをあえて使っています。
CentOSも似たようなものですが・・・
インストーラーは公式対応してますが、ちょっと気合を入れて調査が必要です。

●GPD-WINとUbuntu
大体動くようになりましたよね。
実は最近液晶が壊れて表示しなくなったので、2台目発注着待ち。
第1OSをWindowsのままにしておけば外部USBモニタを使えたんですが・・・
UEFIの画面が表示されないのは困った。
残りはキーアサインとバッテリ表示のACPIでしょうか?
難しくないはずなんですけど、触っていないです。到着待ち。

●Cherry-Trail中華タブレットとUbuntu
苦戦しています。
ドライバが、発展途上なのでわかんない所沢山あります。
新しいハードウェアは難しいですよね・・・

●OSC浜名湖と東京
出展します。と言いますか東京は申請忘れでこれから出します。
単にど忘れです。
申請書早くだせと、怒られましたごめんなさいw
実はFOSSASIAがOSC東京と同じ日でしてこれ両方は無理だな・・・と。
金かかる上に金曜日なので移動含めるとかなり無理スケジュールなので
キツイのですが諦めます。
他の海外イベント調査必要ですね。

●勉強会、イベント多すぎ
最近イベント多すぎっすよ。オラ疲れた。
実は心が折れました。
仕事が大変で参加したくないっす。
正月も実は合計10時間ほど、会社の月次報告会の資料作っていました。
休み明け1/6に会社の月次報告会議。
自分のだけじゃなくて上司の報告資料も並行してつくらきゃ。
年末?レビューと修正含めると自分の時間なぞない。無理だ。
ああ、Linuxやってませんな・・・今年は残念。
ストレス発散がストレス溜まりすぎるという罠。
みんなお金の為にやっている訳ではないのに、多すぎません?
懇親会も禁酒してからとたんにマジ苦痛になってきましたw
お酒の力って大きいなぁと。
ブログを書くのもテストするのも勉強会に参加するのも気力次第。

と言いますか、ネットと違って勉強会では
自分と同じ活動をしている人はいないので、
参考にならないんです、実は。
それはお互いにそうであって、自分に都合の良い勉強会って難しいんですよ。
皆さんが感じている事は僕らも感じていて、
せめて発表する事が目的になっています。
聞くだけの人が面白くないのは僕らも全く同じなんですよね。
じゃあカテゴライズして同士だけ集めれば?というのも難しい。
それはネット上では可能な話です。
で、結局懇親会が楽しい、お酒を飲みながらw
雑談しながらお酒が楽しいw
でも肝臓がイエローアラームw
禁酒なう。

でもね、やっぱりお金のかからない懇親会必要ですよ。
収入のない若い人たちには特に。
交通費だけでも高いですもん。
そういう若い集いを考えるべきだと思います。はい。
難しいですけど・・・

●肝臓イエローアラームと禁酒なう
肝臓が健康診断でヒットしまして、自覚症状が出ています。
これ以上はヤバイと思い禁酒と運動を1.5か月続けています。
自覚症状と効果は、

・風邪を引かなくなった
・昼間眠くなくなった
・目が痛くなくなった
・便秘が無くなった
・夜突然起きなくなった
・気分の憂鬱が減った。イライラが減った。
・肌のハレ、痒みがなくなった
・ニキビが無くなった
・走っても息切れしにくくなった
・休日に疲れにくくなった

年齢が原因ではなくて、肝臓起因の毒素の自覚症状だったんですね。
気が付きませんでした。
最近よく風邪を引くな、とかアルコール弱くなったなとか危険信号です。
急には悪くならないです。
何個かヒットした人は暴飲暴食の影響です。
注意しましょう。

 http://www.minohonosaru.com/kanzou/kannzoujikakusyoujixyou.html

●Webゲームなど
Linuxや*BSDでも同じ環境で遊べるWebゲーム好きです。
マイブームです。
ガチャ嫌いですがw
でも艦これ飽きたなぁ、と。
お金が掛かりすぎるゲームは遠慮するとして、他のゲームも遊びたい。
そーだよね、Linuxで遊べる奴を。

●PocketCHIP
既にエミュレータ専用機となりつつある・・・
エミュ遊ばないのにw
これという使い方が思い当たらずに現在に至ります。
まあ皆様の家に余っているRaspberryPiで足りてしまいますよね・・・
その、解像度さえ何とかなれば。

●Linux初心者さんに向けて
いつも書く内容ですが、Linux初心者のススメっていりますかね?
勉強会でやっても良いですが、
その人にその場で本当に必要な内容になるとは限らない罠。
誰か犠牲になってOSCで毎回やってくださいw
飽きられるまでルーチンワークでw
お前やれって?飽きるから嫌やw
メンター募集中

●LinuxってWindowsと比べて何が良いんですか?
こういう質問を頂きます。
デスクトップなら特にないですw
サーバなら圧倒的に違ってました。Bash前は。
RaspberryPiとか含めて。
じゃあ何でLinux使うのか?一つはガジェットの為ですw
重いしメモリ食うし容量足りないし高いじゃん。
OSサポート切れたら終わりだし。
Linuxなら大体改造できますw
自分のOSが動くって良いですよね?
ソフトウェア的には無料の言語かな?
覚えるの苦痛ですけど(笑
自動処理も楽ちん。
後は旧機種をリサイクルしたりとか。
XP世代もUbuntuやDebian他で現役です。
NetBSDユーザーグループのつついさんがKOFでCF-T2をメインで使っていたので
メモリさえ増やせば多分15年くらいはUNIX系で普通に使えるはずです。
アレ2003年製造でしたよね。
初代RaspberryPiとかもスペックは良くないですが使っています。
PCなんて安いから幾らでも余るじゃん、という廃人の方にはどうしましょうね?
オールドゲームやOSなどを入れ替えしてみましょ。
シンクライアントとかもあるけど、それだけじゃ個人的にはPC余っちゃうw
Android-x86とか。

で、話を戻すと用途はいくらでもあるんですが、
アプリを使いこなせるか?に落とし込まれます。覚えるのが面倒という。
でも日常用途ってそんなにゲームとかやらないし(爆


●ニコナレ
発表資料を公開したは良いですが、アクセス数殆どないですw
音声入れた方が良いですかね?
マイクがあれば大丈夫ですか?
一発勝負なので気にしています。
是非コメント下さいな。

 http://niconare.nicovideo.jp/users/59379263

●タブレットWiki
細々と更新しています。
ブログ書きながら、資料作りながらなので手間かかってます。
英語バージョンも作りたいのでそのうち纏めていきます。
更新が重要ですよね。

 https://www65.atwiki.jp/kapper1224/pages/1.html

●Linux速報あんてな
自分でも楽しく使える事を前提として
Linux最新情報をアンテナにしています。
世間ではモヒカンSlackが大人気ですが、
僕のマニアックな情報はやはり自分のアンテナが一番ですw
皆様のブログをこっそり追加していますw
いつも大変ありがとうございます。

 http://kapper1224.antenam.jp/

●FreeDOS1.2リリース
なんとFreeDOS1.2がリリースされました。
前回と違うのはGUIフルパッケージのISOが出ており
アプリたんまりですw
OPENGEMですよね。
DOSなのにw
すげーって。
アプリもっと増やして(ぉぃ
これでネットでaptが使えたら最強なんですけど・・・(DOSだぜw
386〜486環境なら最強になりつつあります。
おーぷんここんやNetBSDローエンドユーザーの大敵(いるのか?
2017年でもDOSが現役なんてすばらしい、なと
開発全くかかわっていませんが勉強会で一発ネタしたい面白いw

 http://www.freedos.org/

●NetBSD7.0.2なう
以前にCF-N8にNetBSDを入れたらSynaptic Touchpadが動かなくて嫌でしたが
CF-T7環境に古くしたら問題なく動きました。
多分旧Core2Duoまでがサポート範囲なんですね。
UEFIが移殖されたらタブレットでもテストしたいですが・・・
最近ブログのネタ考え中。
特にエミュレータ環境でNetBSDを使いたいです。
古いガジェットにも入れてみたいですが放置中。

●Chromebookなど
以前壊れて使っていないですが、
Androidのコンテナ化の影響で面白そうです。
買おうかな、と思いつつもタブレット大量にあるので遠慮していますw
タブレット買いすぎやなぁ〜
ARM Linux使いとしては恵まれたプラットフォームですが、
そもそもインテル系だったらChromebookじゃなくても、
DebianでもUbuntuでも別に問題なかったりして

●Manjaro、ArchLinux
最近Manjaroを良く使っていますが、便利です。面白いです。
とにかくアプリの更新頻度がバカみたいに早くて
最新Kernelが常に使えます。
ぶっ壊れるな・・・(笑
ドライバ検証用には楽しいですが・・・
日常用途にはそれほど違いがないです。

●Grub2について
最近よくGrubで遊んでいます。
使い方も覚えて、後はOSハック。
でも色々とまだ問題があってブートしない機種OSも多数。
Grub以外のブートローダーなら起動するんかいな?
と勝手に想像しつつ、やはりWindowsは優れているなと感心させられます。
まあ初期OSが売り物として動かなかったら商品として成立してませんがw

●英語の勉強とVoice of America MP3
下記のサイトでVoice of AmericaのラジオがMP3でダウンロードできます。
でもオバマやトランプ、ロシアハッキングの話題ばかりで
ちょっと偏りすぎw
もうロシアとシリアネタは良いですw
民主党系メディアでしょうか?
通常ラジオニュースなんでめっちゃ速いです。
リスニング困難w
聞き流すにしても苦痛ですが慣れるまで繰り返してます?

 http://gandalf.ddo.jp/

●Pebbleの終焉とスマートウォッチ文化
Pebbleが買収されて、残念極まりない状態。
電池が長持ちしてアプリが多いスマートウォッチって
Pebbleしかないので辛いです。
いやAndroid Wearはアプリが増えたんで悪くないんですけど、
まだ使いにくいです。
自分でアプリを作ろうかなあと思いつつ。

本音はスマホを充電しながらスマートウォッチは寝る時
付けっぱなしにして遠隔操作したいです。
電池そんなに持ちませんが・・・
バイブレータ―で深夜に起こすなよw
目覚まし代わりにも良いかな?
デザリングON、OFFとかも時計から制御できるので。
ただ、スマホの画面が遠隔操作の影響で反応して
付きっぱなしになるときがあるので注意。

後はバイクナビの代わりとか、
スマホ電池切れの際にゲームやったり。
Google KeepがAndroid Wearに対応してから、
テキストを好きに表示できる様になったので気に入ってます。
ビュアーとしてあるべき姿に近づいています。
メモとかスケジュールとか、画像表示とか。
電車やバスの時刻表を入れておこうかな?
万歩計以外にも使い方を増やしつつある現状。
やっぱり本命はLINEニュースだったり、RSSリーダーですよね。
時々使っています。
Slackが対応したらモヒカン出来るんですかね?

それでもスマホの電池を使わないでサブマシンとして使う意味しかないかな。
そうね、まだ使い方が狭いな。
2ch読みたい。
ADBを使わずに自由にapkをAndroidWearにアプリ入れられる様にして欲しいな、とか。
中華Androidは電池悪すぎて。

●台湾弾丸ツアーやってみたい
LCCの深夜便に乗って早朝に台湾について、
深夜便で台湾から日本に日帰りするのが弾丸ツアーです。
宿泊なしで東京や大阪に行く感覚です。
それでいて国内旅行より安いという。
メリットはチケット次第でいつでも行けるという
デメリットはもっと遊びたいというw
セントレアは11時便、関空から2時便の深夜便が出ていますし、
桃園国際空港は24時間対応なので現地側は問題ありません。
土曜日に行って日曜日は日本で休息、と。
台湾日帰りオフ会やりません?(爆

●鹿児島弾丸フェリー?
一度やってみたいのが大阪⇔鹿児島弾丸フェリーw
雑魚寝で現地0泊船中2泊の往復利用プラン1万円。
ただ地理的に大阪港まで移動が大変でバイクや車は嫌だなぁと。
関西圏ならありなんですけど。
現地鹿児島での移動が大変です。

 17:55 発 翌朝 08:55 着

鹿児島らぐの勉強会には時間的に無理すね。
うむむ
posted by kapper at 15:24 | Comment(0) | 近況

2017年01月01日

Android Wear スマートウォッチ Smartwatch3 バイブレータ強化 Wearカスタムバイブ その6

customb.jpg

お次はAndroidWearでカスタムバイブ。
実はAndroidWearのバイブレータはPebbleやAppleWatchと
違って弱いのでアラームに気づきません。
残念な仕様やなぁ。
このカスタムバイブを使うと、バイブの動作と長さを
自分でカスタマイズできます。
是非使ってみましょう。

●Wearカスタムバイブ
AndroidWear用のカスタムバイブアプリです。
色々設定できます。

・アプリによってバイブのパターンを設定
・バイブの時間設定を調整

 Wearカスタムバイブ

などが機能です。
スマホの通知機能と連動させるバイブですが、
色々と設定が可能になります。
スマホの通知って色々ありましてメールやSNS、電話など様々。
Kapperの場合は最大の3回鳴らす様に設定してあります。
気が付かない事のフォローアップの為です。

これ結構便利なんですよね、というか無くてはならないもの。
Wearの良さをさらにアップさせてくれます。
とは言いましても、
通知だらけにならない様に注意(ぉぃ
posted by kapper at 20:11 | Comment(0) | Smartwatch

Android Wear スマートウォッチ Smartwatch3 デザリングONOFFアプリ Tethering fire その5

Tethering fire.jpg
スマホからデザリングする時にON、OFFを
スマートウォッチから切り替えるアプリがTethering fireです。
電車の中でスマホを取り出さずにON、OFF出来るので便利です。
是非使ってみましょう。

●Tethering fireとは
AndroidのアプリでデザリングONOFFするアプリです。
スマートウォッチ版が出ていまして時計から切り替え出来ます。
シンプルですが発想が良くて便利です。
スマホを出さなくても良いので、充電中に使います。
タブレットやPCを使う人には役に立つかと。

 Tethering fire

●Tethering fire使い方
まずスマホ本体側でTethering fireのアプリを起動させておきます。
常駐が必要なんですかね。
で、スマートウォッチから起動させます。
勿論bluetoothのペアリングは必要です。
スマホを認識した後で、画面をタッチすると
デザリングが開始します。
便利です。

出来るのはWifiデザリングだけでBluetoothデザリングは出来ません。
まあ十分かと。
18キッパーにとって、充電しながらスマホを出さずに
使えるのは便利ですね。
タブレットが一回り便利になります。
posted by kapper at 18:34 | Comment(0) | Smartwatch

Android 困り事レビュー 「提供元不明のアプリ」のインストールが押せない問題 その1

Androidで艦これ DMMゲームストアのアプリをインストール
しようと思ったら、インストールのボタンが押せなかったので
ちょっとブログに書いてみます。分かりませんでした。
こちらのサイト様の内容そのままです。
大変感謝です。

 「提供元不明のアプリ」のインストールボタンが押せない場合の対処

●インストールを押せないトラブル
上のサイト様の情報によると、
「常時、画面に何かを表示する常駐系アプリでは
 同様の症状が出る場合があります。」
だそうです。
色変更のアプリを入れている場合は発生する様です。
気付きませんでした。

多分、ブルーライト低減アプリを入れているのが問題だろうと、
停止してみると、DMMゲームアプリをインストールする事が出来ました。
セキュリティー関係の問題だそうな。
何もエラーが画面に表示されないので分かりません。
なるほど、と思いつつも分かってよかったです。
頻繁にアップデートするアプリの場合、面倒なことになりますな。
posted by kapper at 10:42 | Comment(0) | Android

2017年 あけましておめでとうございます!

2017年になりました。
去年はOSCや東海道らぐで色々とお世話になりました。
今年も宜しくお願いいたします。

200px-Persian_Cock.jpg
posted by kapper at 00:21 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ