にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年05月29日

オープンソースカンファレンス名古屋2016 出展者側の感想と反省 #oscnagoya

OSC名古屋2016お疲れ様でした。
今年も名古屋は盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
今回は会場も吹上ホールに替わり余裕のあるスペースで助かります。

来訪者のみなさま、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC名古屋2016に出展した感想をコメントします。
いつもの様に長く書かずコメントだけを。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。

●OSC名古屋2016全体像
OSC名古屋は吹上ホールに移り、ブース出展や飲食関係に余裕が
出てきました。以前の様な大混雑はなくなりホッとしました。
コンビニも多いですしご飯がちゃんと食べられます。

反面、何故か参加者が公式発表500人と少なくなり、
地元のコミュニティとしては色々な人に声をかけているにも関わらず残念です。
何故かという所はそれぞれご意見あるかもしれませんが、それでも
僕らの活動では知ってもらう、交流する、発表する、開発する
の所に代わりはありません。
そこは別のブログで考えますか。
皆様、一緒に岐阜名古屋三重を考えましょう。

●Kapperのセミナー内容と配布資料の見直し
ここら辺はいつも通りです。
今回はAndroidをテーマにしましたのは、1人のガジェヲタとして

・モバイルOSとLinuxはガジェヲタ勢として最重要である
・名古屋は特にモバイル勢が強い土地柄
・他のモバイル勢のコミュニティの発表が殆どない
・全世界的に見てもARMのOS乗せ換えの問い合わせが多い
・AndroidやfirefoxOS、その他独自ビルドOSを自分でビルドする人が増えてほしい

XDAをよく見て調査しますが、Android界隈でOS関係が日本は世界でとり残されています。
IoTや電子工作、ロボットなどジャンルが広がる嬉しさと共に、
Android OSやLinux Kernelの弱さは全世界から遅れており悩ましいです。
興味を持ってくれる人が一人でも増えたらな、と。
ムズカシクナイよ

で、資料を作っていたらやや高いビジネスプリンタが壊れました。
枚数が1000枚以上なのでインク代のコストかかります。
レーザプリンタを前日に購入しましたら
手差しでも両面印刷出来ないので小冊子形式は辞めました。
生産性は多いに上がりますが、閲覧性は悪くなります。
標準のトナーが途中で無くなりましたので今回は60部で停止です。
次のプリンタを買いなおすまで申し訳ありません。



●セミナー中のアンケート
今回のアンケート。名古屋勢の世論調査のご参考までに。
参加者推定80人程度。72人入りの会議室で立ち見の人が結構いました。
誠にありがとうございました。

1.Ubuntu、Debianや*BSD、Linuxを使った事がありますか?
 ⇒ほぼ全員。9割以上。やっぱりUNIX系ユーザーのみです。
  Windowsユーザーに来てもらうにはどうしたら良いかなぁ。
2.RaspberryPi、1ボードPCを使った事がありますか?
 ⇒8割くらい。やはりレベルが高いです。
3.電子工作やっていますか?興味ありますか?
 ⇒6割くらい。名古屋勢は結構強者ぞろいです。
  実はガチの人たちが集まった予感。
4.スマホ、タブレット第3のOSを使った事がありますか?
 ⇒3〜4割くらい。意外と高いという認識。
5.ウェアラブル端末に興味がありますか?
 ⇒4割くらい。まだ浸透までには時間がかかりそうですね。
6.IT関係やIoT関係の勉強会に興味がありますか?
 ⇒7割くらい。参加するには敷居があっても興味はあるとの事。
  テーマが合えば是非来て下さいな。

次にLinux初心者向け勉強方法関連。
最近の悩み事。

1.Linux雑誌、ムックを読む。
 ⇒4割くらい。王道です。
  僕もメディアへの信頼感は高いです。
  結局、本を書いて世に出たものが一番皆様の参考になるんだと。
  実感しました。
2.Web、ブログなど?
 ⇒3割強くらい。やはり第2のメディアです。
  雑誌の情報力に限界がありますのでネットですよね。
  やはりブログ最強伝説健在です。
  Googleの検索エンジンでTwitterやFacebookがヒットしにくいせいですかも
3.知人に聞く?
 ⇒3割弱くらい。Linux関係で聞ける知人がいるって羨ましい。
  僕はオフラインでは周りにはいませんな・・・
4.勉強会などに参加して聞いてみる?
 ⇒3割弱くらい。ニーズとシーズが合えば良いんですが。
  セミナーの参加者なんで当然その目的でご参加いただいております。
  僕も頑張ります
5.コミュニティ、掲示板、ML、2chなど?
 ⇒3人くらい。掲示板は全く参考になりません。驚き。
  公式フォーラムには沢山人がいそうな感じですが敬遠されている様子。
  専門家に聞くのは全然駄目なんでしょうね。
  視点とレベルが違いすぎて。
  意外すぎて言葉がありませんでした・・・
6.TwitterやFacebookなどSNS関係?
 ⇒2人。SNSは全く勉強に使えません。
  SNSは仲間内コミュニケーションだけなんでしょうね。
  皆様SNSはニュース目的だけなんでしょう。
  僕も流石にディストリビューターさんに質問を投げるのは怖くてやりません。
  驚愕。いや想定外すぎる・・・
  不特定多数へのSNSへ発信は全く意味がないという結末。
  そんなことはないはず?と心の中で思いますが

結局、紙面とブログ無双でした・・・
頑張ってブログ作成しましょう・・・
それが皆の為になると願いつつも。

●配布資料
流石に重かったです。
一つ一つに魂を込めています。
OSC浜名湖で大量に余ってしまいましたので再配布が殆ど。
帰りに鞄がすごく軽くなりスペースが空きました。
Android関係は非常に人気がありますが他の資料は程々程度。
人気のない海外OSC関係は無くなり次第配布終了にします。
ちなみにOSC京都や東京だと一日あたりの配布数が1.5〜2倍になりますな。
恐ろしあ

今回発表 60部 ⇒ 0部
海外発表資料(英語)20部⇒4部
Chromebook 20部⇒5部
DynabookAZ 18部⇒5部
前回Androidタブレット、スマートウォッチ資料 25部⇒0部
x86エミュ on ARM 20部⇒0部
Netwalker 20部⇒9部
DOSBox 10部⇒0部

香港OSC 10部⇒5部
台湾COSCUP 22部⇒19部
台湾MOPCON 18部⇒13部
シンガポールFOSSAsia 14部⇒8部


●展示の際の貴重なご意見(後で修正します)
・こういうマニアックなガジェットを見ると心が躍ります
 ⇒どれも全世界から取り寄せておりマニア心をくすぐるアイテムばかりですw
  年1回しかないイベントですし。
  店頭にも絶対無いレベルなので実機をぜひ触ってみてください。
  
・AndroidのOSの乗せ換えって何をやっているのですか?
 ROMを焼いたりBootloaderを書き換えですか?難しいですよね。
 ⇒機種次第ですが今はアプリでOS入れたり、Chroot出来る時代です。
  昔の様なハッキングはたぶん不要です。
  興味があれば是非ご参考までに。
  まずNexusシリーズでどうぞ。

・Kindle FireのOSを乗せ換えたいです。
 ⇒アプリはAPKでインストールできますし、
  OSはCyanogenMODが対応しています。
  是非トライしてみてください。
  http://www.degi.saloon.jp/archives/14100.html

・スマートウォッチのOSは乗せ換えたのですか?
 ⇒まだですね。
  やり方はWebにありますし、AsteroidOSとか
  http://asteroidos.org/
  ただ、アプリが無いんですよ・・・
  まずアプリの開発が先ですね。初期のスマホ状態。

・前回から増えた端末はどれですか?
 ⇒毎回OSCに来て頂いて誠にありがとうございます。
  違う意味でOSCのネタ的シンボルになっていますな(汗
  今回で一番ドキッとした言葉でした。
  いや、予算が・・・展示のためについ・・・
  ガジェットもういらない(ぉぃ
  もしOSCで展示しないなら多分買いません。節約の為に辞めようかな(ぉぃ
  実はNexus7 2013以降のタブレット、スマホ買っていません。
  時計やリングデバイス、スティックPCにシフトしています。
  Teamviewerのお陰で板ものや箱ものはいらなくなったり・・・

・WindowsタブレットのLinux移殖状況はどうですか?(多数の問い合わせあり)
 ⇒日本のタブレット使いはかなりWindowsにシフトしています。
  そちらの問い合わせが増えました。
  ARMメインなのでインテルに手を出すか悩ましいです。
  インテル系専門家の人、発表して下さい(チラ
  情報はネット十分にあるんですけど、OSC発表者はいないですよね。
  参考サイト
  http://www.techradar.com/how-to/computing/how-to-install-ubuntu-onto-a-windows-tablet-1319489/1

・RaspberryPiが増えましたね。PICやマイコンが少なく成りました。
 ⇒RaspberryPiでユーザーが一気に増えました。
  GPIOの存在が大きいです。
  ハードのスペックって大きいです・・・

・荷物多すぎw
 ⇒重たいですね・・・
  年々ガジェットと資料が増えて悩ましいです・・・限界
  選別しないと。

・DynabookAZが端っこに置いてある(怒
 ⇒えっと、色々とスミマセン・・・
  皆様のチェックは厳しいですね・・・
  展示の机は有限で、配布資料が多数しめてしまうので。
  レイアウトはいつも悩みの種です。

・Netwalkerみたいな機種で今のOSが欲しいです
 ⇒OpenPandoraやDragonBoxPyraがあります。
  https://pyra-handheld.com/boards/pages/pyra/
  GPD WINの例のWindowsとか。
  https://www.indiegogo.com/projects/gpd-win-intel-z8550-win-10-os-game-console
  Androidでも良ければ無敵電子辞書。
  http://www.besta.com.tw/zh-tw/Product/digital_learn/ProductContent/CD-928
  CHIPやRaspberryPiのキットとかも。
https://getchip.com/pages/pocketchip
  個人的には業務用小型PCも面白いな、と。高いけど。

・Netwalkerで大きなアプリをビルドすると落ちます。
 クロスコンパイルする方法を教えてください
 ⇒Chrootするか9.04を入れるかvirtualboxでエミュると良いです。
  まだユーザーさんがいてうれしい限りです。名古屋ならでは。

・無敵電子辞書の前のバージョンは置いてないのですか?
 ⇒ちゃんとチェックされていますね(汗
  以前のはAndroid4.0です(と出して展示しました)
  古いやつはその、Android2.3でWifiが無いので・・・
  ネットに繋がらないと(汗
  
・リングデバイスってどう使うのですか?
 ⇒ジェスチャーで入力替わりです。
  やはり普及しませんでしたね・・・

・Netwalkerって今でも使えますか?
 レポジトリ動きますかね?
 ⇒現役です。
  Ubuntuのレポジトリは移動しただけで残っています。
  無くなってはいません。
  代替えOSはNetBSDがサポートされていますよ。

・OLPCですよね。懐かしい。当時欲しかったですが入手出来ませんでした(多数)
 ⇒E-bayで$130位でたまに出ています。
  Fedoraベースです。
  このスペックでもちゃんと動くのが驚き。
  次世代機出ていまして、The XO-4 Touchが2013年。
  ARMADA PXA2128。欲しいぜ。入手困難。
  http://wiki.laptop.org/go/XO-4

・OS乗せ換えなどで商売やらないんですか?
 作業が面倒です。
 ⇒商売はサポート出来ないのでしません。
  ARMは機種毎に構造が違うので事実上無理でしょう。
  新しい機種を買い直した方が良いかと・・・
  自己責任で。
  

2016年05月26日

Netwalker Labo OSC2016名古屋 講演資料 正式版 「AndroidタブレットでLinuxを色々と遊んでみよう 続編 その2」#oscnagoya

5/28にOSC名古屋2016にARM Linux関連でAndroidのハッキング
などをモチーフとして出展、講演致します。
5/28(土)16:15〜 吹上ホール 4F 第3会議室(2)です。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Hacking with Android on Linux, secound presentations」
to May 28 in Nagoya,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

OSC名古屋2016の公式HPはこちらです。

 [名古屋] オープンソースカンファレンス名古屋2016

  Netwalker osc Nagoya201601.pdf



1、OSC名古屋2016向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  ARM AndroidでLinuxを動かす方法を纏めました。
  45分ですが、かなり詰め込みました内容です。
  発表は全部できないと思いますので、ここでは資料優先にしておきます。

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2016年05月22日

OSCに展示する際に持って行った方が良いモノ チェックリスト 書き出してみて

来週はOSCに名古屋2016です。
頭に余裕があるうちに展示物に必要なチェックリストを整理してみました。
大抵、前日には余裕が無くなり忘れるものです。
基本です。
書き出してみて実は多すぎるな・・・悩ましい

●必要なものチェックリスト

・展示するPC、ガジェット
 Chromebook
 Androidタブレット、スマホ他
 電子辞書端末
 Netwalker
 DynabookAZ
 Blackberry
 USBスティックPC
 RaspberryPi
 1ボードPC他
 スマートウォッチ各種、充電ケーブル
・配布する資料
・配布するグッズ
・電源マルチタップ
・USB電源ケーブル
・HMDIモニタ
・HDMIケーブルxN本
・HDMI切替器
・HMDI-VGA変換器
・プロジェクタ表示用の予備PC機(認識対策)
・USBマウス
・USBキーボード
・USBハブ
・Bluetoothキーボード
・Bluetoothマウス
・Bluetooth-USBキー
・USB無線LAN
・USBメモリ複数
・MicroSD複数予備
・ポータブルDVD-ROM(臨時データ焼き用)
・臨時配布用DVD-Rメディア
・Wifiルーター
・有線-Wifi変換器
・有線LANケーブル

・携帯椅子
・シール
・ハサミ
・ノート、ボールペン
・携帯ホワイトボード
・ホワイトボードマーカー(黒、赤)
・高出力レーザポインタ

・100円均一 スマホスタンド
・タブレットスタンド
・100円均一 展示物表示説明用カードフォルダ
・折りたたみ式ブックスタンド
・お土産などあったら

・Twitter画像入り名札
・名刺(個人的に作っていません)

当日、どこかのコンビニで。
・非常携帯食、朝ごはん、昼食、3時のおやつ
・飲み物沢山まとめて(売り切れ対策)
・切符回数券、1日フリー格安切符他

前日まで
・配布資料印刷
・展示物充電
・着替え
・宿予約、パスポートなど
・時刻表、ルート検索
・目覚まし時計の設定
・シェーバー
・歯磨きブラシなど

2016年05月21日

姫路IT系勉強会 2016年5月 #histudy

今日は姫路IT系勉強会2016年5月に参加させて頂きました。
今回も沢山の方に来訪頂いております。
内容は下記ブログでも公開されています。
是非関西系の方はご参加を。
今回のログはこちらです。
 
 https://docs.google.com/document/d/17GyI1_Myn4kg0YltfcVPhbe9Trh969HDv7q83K_BGYc/edit#

●子供のコーダー道場の件
・子供の参加者が増加、待ち状態
・小学校必修化のニュース
・Scratchの関係
・子供向けのプログラミングが増えている
・プログラミング教育は英語と違って多分出来無いから今後大変?
・プログラム的な考え方は向き不向きがある
・対応出来る先生が殆どいない
・プログラムを勉強する際には数学を並行した方が良い
・ゲーム用の数学(三角関数など)でやると興味を持ちやすい


●Bash on Windowsの話
・Windowsサブシステムで動作
・開発環境を作れる。環境を作るのが楽になる
・X環境はWindows用のXサーバを使う

●パソコンの上手な売り方 
・パソコンを下取りに出したい
・OS入れっぱなしで良いのか、メモリとHDDを元に戻すのか
・買い取り時にチェックするはず。OSを消すはず
・高く売る方法は友達に売る
・当時23万円、今だと旧機種。一般の人に売るのが正しい
・店に売ると買い取り価格の上限がある
・Windows10は事前にアップグレート
・ベンチマーカーを入れてパフォーマンスを強調。性能が見える様にする?
・年賀状アプリは入れておく
・問い合わせの対応が面倒
・間に一人入れて知り合いの知り合いに売る手もあり。

●Y!mobileのスマホでWebキャストしたい
・自宅や近所でスマホをキャスティングして映した
・農家の勉強会でスマホの写真を表示したい
・スマホで会場のChromeCastに繋いでみる
・アプリをスマホにインストール
・同じWifiに移すマシンを繋ぐ必要がある
 Wifiルーターが別途必要
・Chromecastアプリ用のQRコードがあると便利

●タイムラプス
・写真(静止画像)をたくさん撮ります。
・繋ぎ合せて動画にします。
・早く動くものは苦手
・形を変えないものは面白くない
・RaspberryPiで録画
・1時間で12〜3秒、2MBの動画に編集。
 一定間隔で写真をキャプチャして繋ぎ合わせる
・偶然カメラ入手。
・USBケーブルでPCに繋いでGphoto2で制御
 最近のカメラでは動作対象に入っていない
・mencoderで画像データをAVIに変換。ffmpegでMP4に変換
・動画をYoutubeに公開して欲しい

●ATOMタブレットを買いました
・GearBestで中華タブレット
・ATOMでWindowsとAndroidが入っている
・Debianを入れてみる
・BootUEFI64bitでOSが32bit。
・USB-TypeCでポートが一つ。充電しながらUSB使えるHUBが高い
・バッテリが持たない。
・インストール出来たらここで発表したい
・Debianに対応しているPurism Librem11タブレットがKikstarterに出ていた。

●Android タブレットにLinuxを入れて色々と遊んでみよう 続編その2 
Hacking of Android Tablet on Linux
・OSC名古屋2016で発表する内容の前半分です。
・Debianを使うという事が「何でも出来る」という事が伝わらないのが悩み。
・LAMPサーバやWordPressを動かしてみたりするのが良いとのご意見。




●C#を覚えたい。C#を学ぶのに良いプロジェクトありますか?
・C#系なら
・C#HeadFirstの本
・漠然と覚えたいという内容だと分かりにくい
・運用上の内容を先に整理しておく
・根本的概念だけまとめておいて、サンプルソースを見て考える。
・お題の本を読んだりする。
・言語は新しいけど、作る人次第

●C# de大体3分間クッキング、C#でTwitterを叩こう
・C#でTwitterを叩く
・TweetCoreを導入
https://docs.google.com/presentation/d/1s72qHzuljojCoBlxTURmM0p1ZLEt4vRF6kBVxioFp9g/edit#slide=id.p
posted by kapper at 17:04 | Comment(0) | 姫路IT系勉強会

2016年05月05日

最近の事 2016年5月 最近のガジェットとIoTについて

皆様GWお疲れ様です。
仕事の方もいれば一息付けている方もいるかと思います。
今回は姫路IT系勉強会、伊勢IT交流会、東海道らぐの懇親会で
話題になりました最近のガジェットとIoTについてブログにします。


●最近のガジェット関連
1.RaspberryPi3
まずはRaspberryPi3が発売されました。
CPUがアップグレードしたものの中味は同じ。
使い方も同じでどういう使い方をしたら良いか、
と途方に暮れるご意見が多いです。
旧機種が余っていますもんね。

・動画録画再生能力の向上
・Teamviewerの公式対応
・Exagear-DesktopによるWindowsアプリ動作増
・Blender使ったり3D関連
・Android関係の重いアプリが動作
・重いブラウザ、LibreOfficeがそこそこ快適
・Chromium+PepperFlashPlugin、艦これ
・GnomeやKDEなど重い統合デスクトップ環境が実用的なレベル
・PCSXやYabauseなど重量級エミュレータが速度UP
・Node.jpなどサーバ関連の処理速度UP

決定的な長所は無いものの、デスクトップユーザーとしては
少し使い勝手は良くなります。
今まで様子見していた重いアプリ側が少しづつ対応していくかと。
重たいアプリって何ですか?まずそこからです。
動画能力が上がると、レコーダー端末としては面白いです。
IoTの端末としてはコスト的に量産は別にしてテストモデルとして良いかと。


2.Windowsタブレット
インテルがATOM撤退のニュースが流れ衝撃が走りました。
今後はハイエンドのCorei系に集中する事になり、
安価グレードはARMでハイエンドはインテルと市場を明け渡すことになります。
MicroSoftがOSを無償で展開し、逆にインテルが撤退する事態です。
一番打撃を受けるのは中華メーカーとMSでしょうね。
市場の流れは一気にARM Androidへと移ります。
しかし日本国内ではWindowsタブレットがシェアを伸ばしている気がしています。

あと、Windows10が標準で個人データを収集してMSに送っている件
これはヤバイのでOFFにしましょう。重いし
あとはBash on Windows(Ubuntu)。是非使いましょ。

中華Windowsタブレットは本当に安物で、


3.スマートウォッチ市場 AppleWatch VS AndroidWear
あんまりパッとしないスマートウォッチです。
個人的に時計は嫌いだったのですが、今は毎日使っています。
市場シェアの61.3%前後をAppleWatchが占めて
その他でAndroidWearが15.2%と2強を占めます。

 Apple Watch、2015年スマートウォッチ市場の過半数を占める

安価なAndroidWearと高価なAppleWatchを市場的にどう見ますか?

・5万円前後もする高価なAppleWatchが売れたという事実。
・AppleWatchのアプリ数は15,000を超え他機種に比べ膨大な数
・AndroidWearもアプリが少ないながら売れている
・Tizen、Pebble他は伸び悩み。
・割にギーク層を除くとあまり普及していない
・時計と通知、万歩計以外の用途がまだ弱い。キラーコンテンツが少ない
 当面は新アプリ開発が目玉
・実際の市場は安価なBluetooth時計に移りつつある予感
・解像度がVGA(640×480)を超えた当たりからスマホの代替となる
 つまり現状はまだ普及前の過渡期
・電池持ちとしてスマホと連携に課題あり

スマートウォッチとしての機能に諦めが出てくると
通知だけに特化した安価なBluetooth時計が売れています。特に中国で。
Bluetooth時計もスマートウォッチのジャンルに入れる必要があると思います。
OS側が弱いのか、値段が高過ぎるのかまだ評価が確定していません。
逆に先進国側では安物の中華時計を付けたくない文化もあるかもしれません。

一方で、GPSトラッカーとしての子供向けスマートウォッチが増えると思います。
親側からみて安全とそれ以外の不要な機能はいらないので、市場がマッチしています。
子供のおもちゃ代わりとしても良いですね。

 スマートウォッチは子供から普及する? KDDIのキッズ端末『mamorino Watch』の可能性に迫る

スポーツ支援として使っている人も増えました。
GARMINのとか。
個人的にスマートウォッチは実際には人間用IoT端末として普及すると見ています。
GPSにしろ、万歩計心拍計にしろ、常に身に着けていても違和感がありません。
人間から直接データを取る端末としてこれ以上の機種はないからです。
人間から直接BIGDataへという価値はまだ実現していませんが誰もが気づくはずです。
そういうアプリが今後の見どころです。
アプリを開発して市場を独占してみませんか?
次世代のジョブスやビル・ゲイツになりたい人を期待しています。

4、Androidスマホ、タブレットのLinuxディストリ化
東海道らぐ主催者のしまださんやKapperが最近遊んでいるのが
この分野。
主にディスプレイ付きのLinux端末としての使い方ですが
まだ日本ではそれほど使われていません。
デスクトップのLinuxのシェアが低いのが理由でしょうか?
答えはLinuxとして使うのに拡張性から抵抗があると見ています。
省電力で古い機種のリサイクルに重要です。
OSC名古屋、京都2016でもセミナーやりますので是非見に来てください。
この分野のトピックスとしては

・Androidタブレットが普及期からコモディティ化が進み仕様が公開
・Linux化のアプリが増加して簡単に誰でも出来る様になった
・独自OSも多数増えて仕様がオープンに。DeviceTreeの普及のお陰
・Android機種のスペックがかなり上がり、サーバとしてもOK
 余っている端末が多く省電力でリサイクルには最適
・日本国内では自分でOSを作る人が少ない。支援しないと。
 セミナー資料でこっそりと説明に追加する予定
・FirefoxOSや第3のOSがのきなみノックアウト状態
・内蔵ストレージの容量が課題でLoopbackメモリの解説が必要
・そもそもChrootの存在を実際に使っている人が少ない

ARM使いとしてはこれ程ハイエンドな機種が使われないのは勿体無いです。
でも強要はできないのでHackingしてみますか?という感じです。
OSの解説だけじゃなくて、実際の使い方の解説をしてほしいという要望がありました。
ネタ不足なのでページをそちらに増やします(ぉぃ
個人的には第3のOSがもっと普及しないと面白くないな・・・
開発しているブロガーさんも、
開拓する市場があるうちに早い所、是非表舞台に出てきてほしいです。




PS.
ご質問ありがとうございます。
自分のブログにコメントできなくなりまして・・・

Ubuntu標準のリポジトリがJauntyのEnd-of-Lifeにより、
サーバが移転されておりまして、通常ならもう一つの
Netwalker専用リポジトリからJaunty-end-of-lifeパッケージをインストールする事で
新規サーバに自動的に切り替わるシステムとなっております。
しかし何故かUbuntu標準のリポジトリが切り替わらないケースがたまにありまして、
パッケージが使えなくなってしまうので手作業にて切り替えます。

 sudo gedit /etc/apt/sources.list

でテキストエディタが開いたら下記の文章を直します。

 deb http://ports.ubuntu.com/ jaunty main universe multiverse restricted
 deb-src http://ports.ubuntu.com/ jaunty main universe multiverse restricted
               ↓
 deb http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu jaunty main universe multiverse restricted
 deb-src http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu jaunty main universe multiverse restricted
posted by kapper at 14:44 | Comment(1) | 近況

2016年05月01日

LILO&東海道らぐオフラインミーティング 2016年5月関西 LT大会 #東海道らぐ #lilo_jp

今回のLILO & 東海道らぐ 合同LT大会 2016年5月関西です。
関西では長年やられている勉強会です。
Linux関係に関わらず是非ご参加下さいな。


●自己紹介
各自。近況など

●東海道らぐともうひとつの東海道らぐ  はしもとさん
・最近は日本語入力についてもいろいろやっています
・今年で5周年突入
・オープンソースな日本語入力変換
・インプットメソッド研究会 京都
 京都で3日間、京都大学の先生とOBと集まって開発
・名づけて「tkd53」=東海道「53」
・日本語変換とは
・tkd53の特徴とリクエストとレスポンス
・libkkc。サーバ側とクライアントでデータを持つ
・ソースコードはGithubで公開
・Genjiも継続してやります。方向性が全然違う
・本当に完成するのか、しないのか


●LILOのサーバをDebian Jessieにアップデートしてみた にしやまさん
・さくらのVPSでDebian
・リリースノートを確認
・SSHアタック対策:fail2ban に移行
・SYSTEMD
・ntp削除
・wheezyをjessieに変更しapt-get update
・rkhunter.conf
・/etc/etckeeper/etckeeper.conf
・spamassassin/local.conf
・apache.conf
・appache2のアクセス許可設定
・dokuwikiの修正
 MSIE 6,7関連の記述でエラー。修正
・ntp設定
・mailmanのエラー対応
・二要素認証導入
・/etc/pam.d/sshd
・ssh/sshd_config
・TLS導入 LetsEncryptの証明書導入
・LetsEncryptのパッケージを導入。
 DebianだとJessie-Backportsに入っている
・postfix設定
・自動更新設定



●シンガポールFossasia2016に初参加してみた Kapper
・シンガポールに発表してきたいつもの内容です。
・この前の姫路が長かったので大幅カットしました。ちょうど良い位です。
 


●自宅サーバのトラブルを楽しもう ひよわさん
・Ubuntuのサーバをアップデート
・500 Internal Server Error
・真っ白
・OwnCloudはエラー表示が親切
・PostgreSQLを9.4→9.5にあげるのはとっても大変
・SSL証明書導入
・Apacheの中間証明書がいるらしい
・LEはまた今度。LEの有効期限が短い
・Postageでハマって
・MySQLでハマって

●やりなおし方について  こんどうさん
・夏までに実現しなくてはいけないこと
 4/23の豊橋で話をだしています
 Xenを有効化したカーネルを持つOpenSuseで
 GPUパススルーしてシンクライアント
・X550ZEのブート構成をチェック
・ここで質問させて下さい
 主力マシンに元々入っていたOSは?
 BIOSですか?UEFIですか?
 Live USBを挿せばちゃんとXが起動しますか?
・いまどきの機種(Windows8以降だとUEFI)
 中古で購入する機会もあるからVistaとかもアリ
 グラフィックチップが新しすぎるとXが動かない
・ターミナル画面だけでインストールが完了する
 ディストリビューションを作って下さい
・デュアルブートが必要ですか?
 Windowsを切り捨てると一気に話が楽になる
・Windows8.1、10のアップデートの話
・Windows7以降ではLinuxと親和性高い?
 Linuxのブート情報を消す事が作業の第一歩
・まとめ
 ブート情報を編集


 
●格安モバイルノートでLinux おくのさん
・hp Stream 11-r000
 話題になったhpの2代目モバイルノート
・Windows10になったのでパーティション変更がらく
・LinuxMint 17.3Rosa
・WIFIが認識しない。Kernel4.1から対応
・Lubuntu16.04
・Kernelのバージョンも最初から4.4
・DELL New Inspiron11 3000シリーズ
 CPUの新型モデル。クーポン使用してギリギリ3万円以下。
 
 
●OpenCocon Linuxディストリビューション しまださん
・シンクライアントのLinuxディストリビューション開発
・v9系統の変更点(v9i)
・Libretto L1のCDブート対応
・OpenEmmedded バージョンサポートの為にメジャーアップデートしたい
・1年程遅延、ビルドリソースが足りていなかった
・現在までの変更点
 Linux4.4を搭載
 uClibcからmusl libcに変更
・Musl libcの特徴
 軽量、高い互換性、#ifdefをなるたけ使わず、スッキリしたヘッダファイル
 Alpine Linux:Docker上のImageとしても採用
 Gentoo、Buildroot、OpenEmbeddedなどなど
・グラフィック周り
 Sismedia(SIS670)へ新規対応
・3DFxVoodoo対応はX.org→フレームバッファへ以降
・Siliconmothion
・移植
 Cocon486(旧式)
 ac100(Dynabook AZ)
 RaspberryPi,RaspberryPi2
・Dynabook AZをOpenCoconに新規対応
・Dynabook AZをシンクライアント用途にしてはちょっと
・Allwinnerタブレットの特徴
 検査工程のお姉さん写真Inside
・Scrpit
・adbでRootが取れる
・タブレットへOpenCoconの移植の調査


●RaspberryPiを使ってタイムラプスで遊んでいる  さとうさん
・タイムラプスはちょっとづつ違っている画像を集めて動画にする
・RaspberryPiを用いて写真撮影
・Raspberrypiで撮影して画像処理して比較



●OpenSuseでBotをつくってみた ききょうさん
・TwitterでBOTを作ろう
・鹿さんBOTで焼き放題
・MicroSoft BOT Builder
・Node.JS
・C#
・BotBuilder/Connector/Directly
・作ってみた
・OSC京都までにTwitterを反映させたい

posted by kapper at 13:52 | Comment(0) | 東海道らぐ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ