にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年01月31日

Netwalker Labo 東海道らぐ2016年2月名古屋 講演資料 「DOSBox for beginner はじめてのDOSBox」#東海道らぐ #DOSBOX

2/20の東海道らぐ名古屋LT大会として講演致します。
2/20(土)13:00〜 昭和生涯学習センター 2F 和室2です。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「DOSBox for beginner 」
to February 20 in Nagoya,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

東海道らぐの公式HPはこちらです。

 東海道らぐ 

  Netwalker osc tokaidoLT201602.pdf




1、東海道らぐ名古屋向けとして公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  DOSBoxを動かす方法を纏めました。
  短い時間15分なので、ざっくりな内容です。
  海外の発表資料と共有化するために一部英語で作りました。

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。
posted by kapper at 23:32 | Comment(0) | DOSBox

2016年01月24日

オープンソースカンファレンス浜名湖2016 出展者側の感想と反省 #osc16hm

IMG_20160123_102315.jpg

OSC浜名湖2016お疲れ様でした。
今年も浜松は盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
浜松は規模が小さいながらも地元コミュニティが強くて、
コアな人が多く盛り上がります。
大変嬉しいです。

来訪者のみなさま、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC浜名湖2016に出展した感想をコメントします。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。

○オープンソースカンファレンス浜名湖2016
細かい出展の準備はOSC2014浜名湖の時に書きましたので割愛します。
今回は土曜日開催で参加しました。
講演内容の資料はこちらに置いてあります。

 http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker osc hamanako201601.pdf 

15分のミニセッションの資料です。
分からんという声を頂きましたが15分ではこれが精一杯でした。




今回の参加者数は公式発表では、
1/23(土):130人 

地方都市とは言え、名古屋や東京の近郊である事を考慮すると少ないです。
ちょうどこの時期は私立大学と国立大学の定期試験と卒論、
大学受験のシーズンなので学生さんが全く動けない時期です。
そのため、大学生の参加率がかなり低いと推定しています。
もうちょっとLinuxガチ勢以外に来てもらう事が課題でしょうか?

○OSC浜名湖の出展者側から見た感想
OSC浜名湖の長所と短所を並べてみます。
浜名湖の特徴なので去年と被りますが。

・長所
 1.全てのセミナーを見られる15分構成で、
   ホールの中央にセミナー会場があるので一体感がある。
   ブース出展者もセミナーを見る事が可能な数少ないスケジュール。

 2.Ustream配信されており現地にいなくてもセミナーを見ることが出来る。
   それも全セミナー対象。
   特定のセミナーだけでなく全ジャンルで公開されている
   司会役さんとUstream撮影係さんが常駐しており、
   インタビュー含め臨場感があります。
   1日中付きっきりで大変お疲れ様でした。本当にありがとうございます。

 3.ご当地キャラ「出世大名家康くん」がご参加。
   「猫ブース鬼パーセント芋!」の声優さんがご参加頂き、
   ブース紹介とLT大会の司会進行して盛り上げて頂きました。
   東海道らぐ的にも大変美味しゅう御座いました(後述)
   いや〜、浜松の方はどんな人脈とコネを持っているのでしょうか?
   凄いですね〜。感謝の念をこめて是非下のリンク先をどうぞ。
   
   猫ブース鬼パーセント芋!


IMG_20160123_102123.jpg

 4.展示数の関係かブースに余裕があり、色々展示したり配布物を置ける。
   ゆったりとした雰囲気が独自の会場を作り出している。

 5.浜松、静岡の独自のコミュニティーが非常に強い。
   強固な地域密着型が優れています。
   浜松自作OSの会とか日本Androidの会浜松支部他多数。
   逆に地域限定の人たちが多いので、
   OSC名古屋や東京とかにも是非出展してほしいです。

 6.コアな層が結構沢山いるので細かい話も出来る。
   また後半は暇なので出展者通しでのんびり話をする余裕がある。
   技術交流にはもってこい。正直暇です。
   ブース枠の端でモニタ特設を作って、臨時特設東海道らぐLT大会やりませんか?
   僕やりたいです。立ち席で十分です。
   しかし周りの迷惑になるので実際は難しいですが・・・

・欠点
 1.土曜日開催にも関わらず参加者が非常に少ない。
   調べてみるとどうも私立大学と国立大学の定期試験と大学受験が重なって、
   先生と学生さんが殆ど参加できないスケジュール。
   OSC浜名湖プレカンファレンスの学生さんも殆どいません。
   実は1/4くらいは東海道らぐ勢ですw
   1月は別途エンタープライズか何かにして、
   3月以降にしては如何でしょうか?ちょうど3月4月OSC開いていますよね?
 
 2.日程と地域性で一般客の方々が非常に少ない。
   多分半分以上は出展者か関係者。
   殆ど内輪の集いみたいな方向に流れています。
   家族連れや学生さんが殆どいませんでした。
   ご存知でしょうか?
   KOFみたいです。
   まだアナウンスが非常に弱いかと思います。 
   またうなぎとか浜松餃子とかグルメでも有名なので他にも色々と広報してほしいです。
   広報は戦術です。弱いです。
   参加者が少ないのは戦術不足です。地域性ではありません。
   他の地方都市圏と比べると地域性に非常に恵まれているので、
   積極的にネタにしてほしいです。
   ネタは一つでも多い方が良いです。
   浜松は良い所なので地の利を活かして欲しい。

 3.関西圏の方々が非常に少ない。多分これない。
   もう少し作戦を考えた方が良い。
   また東京圏からはOSC東京Springの近くなので出展者も少ない。
   豊橋〜浜松〜静岡〜沼津とかで持ち回りでやりませんか?
   ・豊橋:関西圏の人がギリギリ圏内(近鉄〜JR)
   ・浜松:グルメが美味しい所。静岡県の都市圏
   ・静岡:県庁の大都市。長野や甲府からギリギリ行動可能圏内
   ・沼津:観光地。ほぼ関東の人たちが参加?

 4.Twitterでは寒波の影響で寒いから行かないという声多数。
   まあ1月開催なので、毎年いつかはそうなりますよね?
   対策をご検討頂けるとありがたいです・・・

 5.隣接するコンビニが潰れてしまったw
   まあこれはOSC浜名湖とは直接関係はありません(笑
   買い物が不便なだけです。

本当に自分勝手な意見で申し訳ありません。
良い所と悪い所が沢山あります。
OSC浜名湖はとても地域密着型でコミュニティが強いです。実感します。
でも今年は寒いから行かないというSNSの声多数です。大変残念です。
ご一考願います。
近年はパソコンに関心の弱い、スマホやタブレット層の時代です。
今後は初心者勉強会的なセッションが必要になるのでしょうか?多分必要です。
さすがにこちら側ではOSC表舞台本番でまとまった時間を確保するのは難しいので、
コミュニティ側の単独では苦しい所です。
OSC浜名湖の主催者側のご意見をお聞きしたいです。
いつものOSC事務局側レポートだけでなく
浜名湖コミュニティ主催者側の声って無いのでしょうか?
何を考えているか部外者の僕らには分かりません。発信してください。


◯Kapperのセミナー内容と配布資料、事前告知アナウンスの見直し
IMG_20160123_140340.jpg
まずセミナー内容の感想。
ARMデバイスでx86エミュレーションとWindows、アプリ動作の内容です。
15分という短い時間で僕の12年の情熱を少しまとめてみました
沢山の方々に来ていただき色々なご意見を頂きました。
本当にありがとうございます。

タブレット、スマホの時代になりまして、ハードやアプリが進化する一方で
旧来の環境を保持して使いたいという意見が根強くあります。
またAndroidのアフターマーケットに対する要望は依然と大きく、
眠っている機種やスマホを活用したいという要望は大きくなる一方です。
また国内のAndroid勢もOSCにはあまり出てこない現状で、
雑誌もこの手のややアンダーグラウンドなネタはまず殆どやりません。是非やって下さい。
何ででしょうか?
僕も受け皿になれたらと思います。

今回はマニアック路線なので、いつもよりネタと反応が違います。
自分のやりたい事、楽しい事と聞きたい事知りたい事が一致しない事は
珍しくなく、お客様の声はお客様の頭の中にしかないので
ご意見をお聞きしないと僕らには分かりません。空気を読めません。
そういった一言が僕らの活動を左右します。


◯セミナー状況。でのアンケート結果
今回は午後と個人的にベストに近い時間帯で、
沢山来て頂き誠にありがとうございます。
数えきれていないですがホールの広い部屋で後ろで立ち見の方を含めて
たぶん30人強まで来て頂きました。1単独時間1セミナーの良い所です。
本来あまり興味の無い方もついでに聞きに来て頂ける機会です。
大変有難うございます。

今回は残念ながら時間の都合でアンケートをやめましたが
次は時間を調整して是非アンケートをしたいです。
はしもとさんのセミナーでアンケートありまして大変勉強になりました。
  
今回、リソースの限界と海外向け資料の共有化を目的として
一部英語で資料を作成したのですが、
セミナーではあまりの反応の薄さにあい大失敗しました。
おそらく僕個人の推定ですが、スピーチする際に
情報を読み取る時間が必要になりますが、英語だと読み取るのに時間がかかります。
スピーチより文字から読み取る情報が沢山あるんです。
短時間では読み取れません。
速読性は日本語ならではです。
そのため、何を話していたのかわからないという意見を後で頂きました。
短期決戦のセミナーでは受ける側の認識をもっと深く改める必要があると実感しました。
反省します。
ごめんなさい。

◯事前資料配布とWeb調査
今回のセミナーに先立ちまして、Kapperは資料を1ヶ月前をめどに
先行公開する事にしています。勿論当時は作成途中ですが。
で宣伝広告活動を開始します。
勿論個人的な社会実験的な位置決めで全くの他意はありません。

・PDFの早期配布
・Slideshareによる早期公開
・OSC本家HPへのリンク先事前公開
・Twitterでの更新情報アナウンス
・2chやYahoo掲示板、その他による徹底的な宣伝(スパムとも言うW

今回はあまり宣伝出来ていません。
英語の悪さもありました・・・
反省です。

◯当日配布資料
今回はプリンタの調子が良かったので沢山印刷しました。
残念ながら人気がなく沢山余ってしまいました。泣きそうですが重かったです。
作戦不足です。
参加者全体が130人なので贅沢は言えません。

・ARM Linuxとx86エミュレーション 30部
 今回のメイン。
 英語で作りました。
 結構手渡しで配布しましたが評判は良くない様子。
 残念です。

・Android タブレットとスマートウォッチ 10部
 前回のメイン。
 意外とはけません。
 ブースとセッションと資料のネタを合わせると
 興味を持ってもらうことが可能なのですが、
 過去のネタは伝わりにくいです〜
 点のイベントを知ってもらうのではなく、
 過去のつながりでテーマ選定して理解して貰って欲しいですが
 作戦が足りていません・・・
 難しい。

・DynabookAZとAndroidハッキング 8部
 Androidハッキングしたい人の教科書的な
 Dynabook AZの資料。
 配布枚数が少なくコアな人向けですが
 結構沢山記述してあります。

・NetwalkerとARM Linux 5部
 もはや過去ネタのNetwalker。
 ポツポツと貰っていただけます。
 リニューアル必要ですかね・・・
 ご要望があればちょっと考えます。

・ARM Chromebook 10部
 最近人気沸騰中なChromebook。
 意外と貰ってくれます。

・香港OSC 3部
 香港はいまいちどこでも人気がありませんね〜
 地域性でしょうか?

・台湾COSCUP 5部
 台湾のメインイベント。
 台湾関連はこれでも人気ある方です。

・台湾MOPCON 5部
 モバイル関係の台湾イベント。
 交通費が4000台湾ドル支給されますので
 日本からも是非ご参加を。


○東海道らぐブースの「猫ブース鬼パーセント芋!」の声優さんインタビュー
今回は「猫ブース鬼パーセント芋!」の声優さん二人が
特定のブースをインタビューする企画があり、後日配信されるかな?
その中で我ら東海道らぐのしまだ先生が代表してインタビューがありました。
残念ながら落選した僕らは隣で生暖かい目で応援していました(ぇ

所がここで重大な事件が発生します(詳細は動画でどうぞ?)
PCの事が良く分からない声優さんは多分話のネタに苦労していたらしく
ブースにある「あひる焼きシール」と「浸透いうな」シールに
大変興味を持たれまして、内輪ネタに激しい質問が飛びました。
「あひる焼きシール」と「浸透いうな」シールの背景と理由を
しまだ先生が非常に熱心に正確に誠実にご説明されていました。
「あひる焼き」について知りたい方はTwitterで「あひる焼き」と呟いて見てくださいw
IMG_20160123_155749.jpg
・・・内輪ネタって全く他所の人に説明するの大変ですよね?
当人たちしか理解できませんもん、そういうものです。
ましてやPCや業界を全く知らない人たちに。
前日の夜に急に聞かされたしまだ先生は当然予想も出来ず困惑しながら
本当に苦しいんだと思いました。
ええ、僕らのブースはスケジュールに入っていないので対象外です。
IMG_20160123_160826.jpg
隣で聞いているその筋のブースの極悪人の方々、
大変誠実なしまだ先生の絵的に大笑いしながら、スマホを持つ手が震えながらツイートw
こいつらひどい連中ですね、え?お前も?そんなことないって?ええ・・・
いや〜、TVカメラと音声録音が回っているからフォローもヤジも出来ないと
いやぁ恐ろしいイベントです(ぉぃ
でも全くPCを知らない人のそういう意見って聞けないもので
大変勉強になるかと。
自分らの活動を全くゼロから客観的に評価する機会ってまずありません。
貴重な体験です。

○展示の際の貴重なご意見(後で修正します)
IMG_20160123_102332.jpg
今回お話した意見を整理します。
個人的には一つのご意見の裏側には統計的な位置づけで、
何万の人の意見があると思っておりまして深く感謝しております。
僕の場合、自腹無報酬なのでここでご意見を聞く為だけに出展しています。
出展者の方々のご意見も多いのですが、無記名で書いておきます。
誰のご意見か分かっても内緒でw

1.スマホやタブレットでWindowsが動いたとして最終的にはどうするのですか?
  ⇒やっと実用レベル。端末のスペックが上がれば今後は快適になるかと
   ⇒そういう事でなくて、旧式システム代替に入り込むとかビジネスの面で。

  ええと、実は商用サポートは全く考えていません。
  と言いますのもエミュレータの完成度が商用に満たなく
  お客様の環境を再現できない事も大きいです。
  OSSなのでソースを書き換えてと思うかもしれませんが、かなり無理です。
  実際動けばいいやというレベル。
  DOSBoxはゲーム用途で基本的にそれ以外は考慮されていません。
  使う方が俺の環境に合わせろみたいな、難しさ。
  Bochsは論外です。
  
  そういうサポートするビジネスプランは思いつくのですが、
  実際に動くかどうか?エラーは出ないか?機種が変わっても耐えられるか?
  そういうサポートの無理を超えられる人にしか出来ないです。
  実際OSSサポートビジネスって日本にはそんなにありません。
  それが現状限界なんです。
  だから日本ではエンジニアによる新規ビジネスが立ち上がらない原因かと。
  チャレンジ精神がないと言われるかもしれませんが、
  僕には無理だなぁと。超えられない壁です。
  是非サポートの壁を乗り越えられるスキルとマーケティングビジネスに期待
  
2.DOSBoxを勉強したいです。Ultima遊びたいです

  いいですね〜
  Ultima多分問題なく動きます〜
  「はじめてのDOSBox」やりましょう。
  次の東海道らぐLT大会のネタにします。
  プレゼン資料を是非ご一読願います〜

3.タブレットでWindows95動いていますね。どうやっているんですか?

  今回大人気のDOSBoxでWindows95。
  改造なしで大抵の端末で動く移植性の良さが長所です。
  通る人、おやっ?と何か違うオーラを感じて頂きましたw
  この強烈な違和感というかマニアックさが特徴のブースですw
  ディスクイメージを作るの大変ですが、
  お手持ちのスマホ、タブレットで是非動かしてみてください。

4.Nexus7 2013のDOSBoxでWindows95を動かすと結構重いですね

  多分AndroidのDOSBox Turboを使っていますが、
  これが非常に多機能で便利な反面、何故か結構重いです。
  Chromebookとかだとそんなこと無いのですが。
  機能を増やしすぎると負荷が増大するのかもしれません。
  個々の環境まではまだ把握出来ていません。

5.次の時代はWindows3.1だw

  熱い時代でしたね〜
  Windows3.1も大丈夫ですw
  ブラウザはNetscapeNavigatorでw

6.Nokia N900が欲しいです〜

  また濃い端末を見つけますね。
  Netwalker実験所のブースならではですw
  N900はAmazon.comで現時点売っています。
  送料別で$259ですかね?
  興味があれば是非どうぞ。
  買わないなら一週間後に俺が買う(ぇ

  Nokia N900 Unlocked Phone/Mobile Computer with
  3.5-Inch Touchscreen, QWERTY, 5 MP Camera,
  Maemo Browser, 32 GB - U.S. Version with Full Warranty
  http://www.amazon.com/Nokia-N900-Unlocked-Computer-Touchscreen/dp/B002OB49SW

7.RaspberryPiでx86エミュレーション、Windows9xはどの位の速度ですか

  RaspberryPi2の値ですが、
  おおよそQemuでPentium40MHz
  Exagear-DesktopでMMX Pentium200MHzです。
  遅いと思うか、十分と思うかは人それぞれですが、
  少なくともWindows9x初期のアプリは動作します。
  後はCPUの処理速度の関係になるかと。

2016年01月16日

LILO&東海道らぐオフラインミーティング 2016年1月関西 LT大会 #東海道らぐ #lilo_jp

今回のLILO & 東海道らぐ合同LT大会 2016年1月関西です。
関西ではLILOと東海道らぐが合同でLT大会を開催しています。
Linux関係に関わらず是非ご参加下さいな。

 東海道らぐ | Tokaido Linux User Group
 LILO ( りろ : Linux Install Learning Osaka )

●ARM Linux、Android、RaspberryPiでWindowsとアプリをX86エミュで動かそう Kapper
 OSC浜名湖で報告する内容
 ARMで色々とx86エミュレーションをしてWindowsやアプリを動かしてみる
 


●Piaceを使ってホームエレクトロニクスとホームセキュリティ やまうちさん
 IoT関連でホームセキュリティ
 Tocos無線モジュール
 センサーからのデータのやりとり
 TOCOS TWE-LiteとToCoStickで温湿度計AM2321センサーのデバッグ
 開発中Remote-Hand_Raspberry_Pi

●LibreOfficeの最近の動向とDebianでのLibreOfficeパッケージについて えのきさん
 LibreOffice Online(LOOL)の開発が本格開始
 ⇒サーバプログラムとして提供してUIがHTML5、ブラウザで出来る。
  GoogleDriveみたいなマルチユーザーエディタができたら(開発中)
  VirtualBoxイメージ配布中。誰でも使える。
 AndroidでのLibreOffice Viewerリリース
 プロジェクトの状況
 ⇒Advisory Board
  CIB、ミュンヘン市、Rusbitechがこの1年で参加。
  アクティブなコミッターは毎月100人程度。
  ヨーロッパでは行政中心に導入が進行中
 今年の日本での活動
 ⇒翻訳、品質保証
  日本コミュニティのイベント+ブース出展など46回
 9月には5周年
 DebianとLibreOffice

●OpenCocon、Allwinnerのディストリを作る しまださん
 opencocon紹介
 新しいビルドサーバを構築
 ⇒Corei7マザーボード、メモリ12GB、電源
  3TB HDD、256GB SSD、ケース
  ほたさんと共同利用
 ビルド時間が大幅に短縮6時間⇒3時間
 対応プラットフォームを増やす事が可能(3⇒10以上)
 Allwinnerのディストリを作る
 ⇒タブレットのハッキング
  Allwinnerのハッキングサイト
  http://linux.sunxi.org/
  素直にバラしてみる
  基盤にある文字:ET_Q8_V1.2
  検索するとQ8というフォームファクタのタブレット
  DeviceTree
  KernelをビルドしてU-bootを転送
  
●Shinx+VOoM 矢吹さん

●システム奮闘記進捗 すがさん
 10Mbbsの表皮効果による減衰を調査
 すっかり忘れている
 電磁気と多様体の勉強
 
●RaspberryPi 魚眼カメラモジュールとタッチパネルモニタ さとうさん
 魚眼カメラをRaspberryPiと組み合わせて広角レンジ
 
●オープンストリートマップ作成 
 進化するOSM 3Dマップのゆめタウン
 
●LibreOffice えのきさん
 ownCloud + LibreOffice Onlineのデモタイム
posted by kapper at 16:53 | Comment(0) | 東海道らぐ

ARM Tegra K-1 Chromebook13 Ubuntu Mini-vMac+Dosbox エミュレーション動作 その58 #vMAC

CY0vxSNUQAAJe8R.jpg

今回はDOSBoxを使ってDOS版のMini-vMACで
Old Machintoshをエミュレータで動作してみました。
実用性はともかく、ARM関係でもOld Machintoshが動作します。
ネタにはもってこい(ぉぃ

●Mini−vMACとDOSBox
Mini-vMACはオープンソースで作られたOld Machintoshエミュで
各種環境に移植されています。
ARM用としてはRaspberryPi用がありますが他の環境で動作しません。
ソースコードがイメージファイルで配布されていましたので
中から展開するのが面倒だったのでDOSBoxでMS-DOS版を動かしてみました。
まあ、DOSBoxで動くということはどんな環境でも動きますよね?
でもして遊んでみましょう。

●DOSBoxとMini−vMACのインストール
DOSBoxはいつもどおり

 sudo apt-get install dosbox

Mini-vMACはこちらから

 http://www.emaculation.com/forum/viewtopic.php?t=6651
 http://www.leb.net/vmac/download/DOS/vMac-0.1.9.5.DOS-Bin.zip

ディスクイメージはAppleのHPから落とすのですが、
今回は面倒なのでこちらから拝借

 Mini vMac Applications

MSDOS版のMini-vMACの使い方はこちらをご参考に。感謝です。

 Running vMac (for DOS)

BIOSファイル、OSイメージ、Mini-vMAC本体ファイルを展開します。
設定(Vmac.cfg)を編集します。

 QDHack = 0
 RAMSize = 4
 ROMPath1 = vMac.ROM
 ROMPath2 =
 ROMPath3 =
 CurrentROMPath = 1
 DrivePath1 = boot.dsk
 DrivePath2 =
 DrivePath3 =

あたりでしょうか?
でDOSBOXを起動

 #dosbox


DOSBOXが起動しましたら、
ドライブをマウント。

 mount c /home/(フォルダ名)/
 c:
 vmac

とvmac.exeを実行します。
結構ブートに時間がかかります。
するとイメージファイルからMACが起動します。
「?」マークが出る際はブートディスクが指定されていないので
「F2」キーを押してイメージファイルを選択します。
終了は「F10」キーです。

●まとめ
今回はDOSBOXを使ってMACをエミュレータしてみました。
DOSBOXを使うと2段階エミュレータですが、最近のPCなら問題ないかと。
DOSBOXを使うメリットは、たいていのどんな端末でもMACを起動出来る事です。
UbuntuやDebianを使っている人はBasillisk2を使ってみましょう。
posted by kapper at 16:06 | Comment(0) | Chromebook

2016年01月11日

Netwalker Labo OSC2016浜名湖 講演資料 正式版 「x86 Emulation on ARM devices, and Wine on ARMhf ExaGear-Desktop」#osc16hm

1/23にOSC浜名湖2016にARM Linux関連でx86 EmulationとWindows
などをモチーフとして出展、講演致します。
1/23(土)14:30〜 浜松市市民協働センター 2F ギャラリー (浜松駅から徒歩8分)です。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Hx86 Emulation on ARM devices, and Wine on ARMhf ExaGear-Desktop」
to Janualy 23 in Hamamatu,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

OSC浜名湖2016の公式HPはこちらです。

 [浜松] オープンソースカンファレンス浜名湖2016

  Netwalker osc hamanako201601.pdf



1、OSC浜名湖向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  ARM LinuxでWindows、x86アプリを動かす方法を纏めました。
  短い時間15分なので、ざっくりな内容です。
  海外の発表資料と共有化するために一部英語で作りました。
  期待されていた方々、誠にごめんなさい

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2016年01月04日

最近の事 2016年1月 あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。
昨年は日本と海外のオープンソース活動の表舞台に参加させて頂き
色々とご指導頂き誠にありがとうございました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

書きたい事は東海道らぐLTで沢山話してしまったので
追加コメントという程度で。
読み返してみると去年と殆ど変わりませんし悪化しています。(汗
本質を見極める事が出来ず、決断できなかったのは自分の落ち度です。
恥ずかしながらも、過去の記録が残っているのはブログの良い所。

〇昨年の反省
1.やりたい事を並べすぎて全然進まなかったな
と言うのが反省1です。
去年と全く同じ内容といいますか、悪化していますw
まだ選択と集中を厳密に出来ないなと。
時間を確保するのが最優先です。現状維持は無理です。
OSCの発表周期を見直します。

スケジューリングが曖昧なのが弱点です。
で、ネタ切れ。宿命ですね(涙)
ネタを作る旅からやりなおさないと。


2.海外OSC、東海道らぐ参戦
去年は海外OSCに参加させて頂きました。
海外に沢山知り合い出来ました。皆様に感謝申し上げます。
仕事と並行するのは大変でしたけど楽しかったです。人生感が変わりました。
また今年もよろしくお願い申し上げます。

OSCと東海道らぐLTのネタを並列する事を両立させるのが大きな課題です。
45分のメインテーマのセッションは出来るだけ犠牲にして
サブテーマの位置づけを15分前後にて作成しネタを蓄積させる
活動を最優先に行います。
とにかく小さいネタを積み上げる活動に転換します。
残念ながら。


〇今年の進め方
1,海外オープンソースイベント参戦
今年も近隣諸国を優先して英語勉強がてらに参戦します。
もちろん、ブログでレビューする予定です。
日本みたいに毎回新ネタを用意するのは危険なので当面止めときます。
キャパ次第ですが日本の活動は縮小します。
仕事もとてつもなく忙しいので、体を壊しかけています。
パワハラ暴言上司のお陰で、部署内が全員精神的に病んでいます。
残業時間とストレスと、言葉の暴力に耐えかねて、離職者も出るかも。
というか僕を一番最初に早く外せw
そろそろ限界点かなぁ。早く他の部署に異動したいです。

2,今年のARMネタ
今年もまずChromebook。その次にタブレット。最後にRaspberryPi。
それから何やろう?というのが本音。
45分話せるネタが意外とありそうでネタがないのが事実。
今回、意図的にいくつかのテーマの優先順位を大きく下げました。

優先順位付け(A〜C)
A・海外OSC発表、資料作り
C・国内OSC発表、資料作り
C・国内勉強会とLT大会発表、資料作り
A・Netwalkerビルド(ディストリ作り)
C・N900 (需要あるかな?LT向け)
C・IS01 (いつか着手したい。LT向け)
A・Chromebook(継続)
A・Nexus7 Android(焼き直し。追跡)
A・Android中華パッド (継続)
B・Windows中華パッド (継続)
C・CygWin(継続)
C・Pkgsrc on Linux(継続)
B・x86 Emulation on ARM Linux
C・OpenPandora (最後発。Pyraのリリースに合わせて?)
B・RasPI系ARMボードPC (周回遅れ、本家コミュニティあり。LT向け)
B・スマートウォッチ (ネタ不足。とりあえずテーマを決める所から)
C・スティックPC全般(他のOS系テーマと平行)
C・NetBSD ARM (本家コミュニティあり。LT向け)
C・FirefoxOS (本家コミュニティあり。LT向け)
C・UbuntuPhone、Touch(本家コミュニティあり。LT向け)
C・その他OS(SailfishOS、Tizen他。LT向け)
C・PS2 Linux他(ゲーム機系)
C・エミュレータ系(BochsとかQemuとか。LT向け)
B・パッケージ独自ビルド
A・言語勉強
B・3Dプリンタ自作(実は3Dプリンタ無くても出来る事に気がついた(謎)
B・Blender勉強(UIが使いにくいです・・・)
A・3D CAD勉強(アプリ探さないと・・・)
B・NG-Spice、LTSpice勉強
A・英語、中国語勉強

また沢山w
絶対出来ないぞ、俺w
分かっているよな自分w
自分で思いつくものを全て書き出してみないと頭の中は本当に分からないものです・・・
進まないのはこれが一番の理由というか悪さです。
というかこれでは45分話せない・・・
是非、皆様も優先順位付けしてみて下さい。
意外と無駄というか無理沢山出てきますw
また皆さんもこれが聞きたいというネタがあったら是非教えてください。
皆様の声が一番のモチベーションです(本当に)

OS系で攻めるか機種別で攻めるか。
あまり良いネタが選別出来ません。
流行りに拘ってはいけません。
いつも最も良いネタを仕込める訳ではありません。
リソースないのに贅沢言いません。

○ここ最近の機種
・Netwalker
ちょくちょく使っています。
ディストリ系ビルドを進めていますが時間がかかります。
そこが勉強し所。
アプリもOSもハードもまだ死なすには惜しいですが、
流石に現役Chromebookとスペック差が3倍を超えると使いにくいw
RaspberryPiも同じです。

やっぱり旧式デバイスにはアプリ追加です。
OSなんて突き詰めるとアプリの有無です。
使いたいアプリを追加、学習、増やすか。
元々Netwalker実験所のコンセプトはOS入れた後使い方が分からない悩みに対し
何に使うか、こんな使い方あるんだぜ、
出来るんだぜをLinuxで証明する事が目的です。
ばんばんビルドしましょ。

・ARM Chromebook
去年と今年のメインです。
毎日の様にフルで使ってます。
早く次世代機お待ちしております。
x86とかC720とか欲しくないヤイw

・RaspberryPi
最近良く使っています。
ブログ書かないと、と思っていますが。
ありきたりの内容を気にせず書けるか、書かないか
後発であることを気にしてはいけないんですよね。
得るものは沢山あります、って。

・Tablet全般(Android、Windows)
他のデバイスに押されながらも使っています。
便利です。楽しいです。
いずれまた、色々と。
posted by kapper at 23:08 | Comment(0) | 近況

Wimax2+規制対策と高速化 有線LANクレードル+高速Wifiポータブルルーター 

今日はWimax2+の規制対策と高速化の為に
WX01に有線LANクレードルを使い、有線LANケーブルを介して
高速Wifiポータブルルーターを間に入れる事で高速化しました
のでブログのネタにします。
機器が沢山挟みますので自宅や勉強会にどうぞ。

〇Wimax2+モバイルルーターと規制
Wimax2+モバイルルーターには3日規制と1ヶ月規制があり
パケットを使いすぎると通信に制限が入る事が分かっています。
しかも子機は最大8台までで、同時2アプリまでしか
通信できない事があり、平行して通信させると止まる現象があります。
転送量を制限するための規制です。

勉強会とかで使うには規制がやっかいなので、
間にルーターをかましてDHCPで台数を増やしたいなと思っていました。
そこで有線LANクレードルを購入し、有線LAN経由でルーターに
繋ぎましてDHCPで台数を増やしました。
便利です。

〇Wimax2+の通信規制の謎?
パケットを使いすぎるとアクセス出来なくなる仕様がありますが、
よくよく試してみるとPCが止められていても、
スマホの場合は繋がります。

 おや?

PCの場合はOSがWinやMac、Chromebook、Linuxなど同一止まります。
でもスマホでは繋がります。
つまりOSかMACアドレスか機器か何かでWimaxルーター側の
識別情報で制御している感じです。
という事はルーターを挟めばWimax2+からは見えなくなります。
またWimax2+の遅い無線LANによる共有速度も
ルーターとPC間で繋げば速くなります。リモートデスクトップとか。

●測定結果(PC規制中)
PCのパケット通信規制中でもルーターを間に入れれば速度は出てます。
Wimax2+に直接繋ぐと止まりますので今は測っていませんが。

------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.6001
測定日時: 2016/01/04 20:37:23
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 6.36Mbps (794.81KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 4.23Mbps (527.69KB/sec)
推定転送速度: 6.36Mbps (794.81KB/sec)

〇まとめ
PC規制食らって回線が止まったらまずスマホを繋いで
繋がるかどうかを試してみましょう。
繋がる場合はパケットが死んでいないので、
有線LAN経由でルーターを間に挟めば通信できます。
Wimax2+を使う人はクレードルと有線LANルーターを間に使うと便利です。
困っている人は是非試してみてくださいな。
posted by kapper at 20:49 | Comment(0) | モバイル

2016年01月03日

Cortex-A72 Amazon FireTV 購入& Debian Noroot & ARMv8 BOINCベンチ その1 #Cortex-A72

今回はAArch64のARMv8 Cortex-A72の
ベンチマークを取る事を目的にして
Amazon FireTV 2015を購入しました。
Debian Norootを入れてBOINCベンチ取りました。
格安端末ですが、使い勝手が悪いのでお勧めしません。
まあ一応Debian動いたので良かったですが・・・

〇Amazon FireTV 2015
Amazonが10月に発売した最新CPUのセットボックスです。
なんとARMv8のCortex-A72を世界初で商用に採用しています。
遅まきながらベンチマークを取ることを目的として購入しました。
もっと早く買っておけばよかったな・・・

通常のAndroidと違い規制が多いのでお勧めしません。
一応野良APKが動作するので使えないことは無いですが・・・

〇Amazon FireTV 2015に野良アプリインストール
電源を入れてログインしアップデートするとfireOSが立ち上がります。
野良APKはES FileExplorerとブラウザ経由でインストール出来ます。
まずこちらをご参考に。感謝です。

 Amazon Fire TV StickにAdobe Flash Playerとドルフィンブラウザ入れて非対応アプリのフラッシュ動画再生するよ -ES File Explorer等のアプリ・APKファイル・Bluetoothマウスは必須-

先人の知恵は大変助かります。
FireOSそのままでは殆ど何も出来ませんのでAPKを入れないと不便です。
まずBluetoothのマウスとキーボードを用意してペアリングします。
USBは繋いでも動かないので基本使えません。なんという仕様。
次に「システム」-「開発者オプション」-「不明ソースからのアプリ」
をオンに設定します。
これで野良APKを使えます。

でAPKのダウンロード方法。
標準ではブラウザやファイラーすらないのでありませんw
なんという設計だこれw
FireTVには規制あり通常のKindleアプリはインストールできませんw
神アプリ、ES File Explorerをアプリストアからダウンロードします。
これはブラウザ、FTP、ファイラーなど様々な機能のある超高性能ソフトです。
ただダウンロードできないのでドルフィンブラウザを入れる必要あります。
別マシンからAPKファイルをFTPかWWWにアップロードします。
重要です。
でES File ExplorerのFTPクライアントか何かでダウンロード、
実行してインストールします。
これが無いと何も出来ませんね。

ドルフィンブラウザはAPKでググれば落ちています。
HD用と通常用の2種類ありますがHD用は使えないので通常用を。
ドルフィンブラウザが使える用になればブラウザ経由で直接APKを落とせます。
これで普通のAndroidに少し近づきました。
今回はDebian Norootを入れてベンチを測ります。

〇Debian Noroot
本家SourceforgeにAPKファイルがありますので、
そちらからググってダウンロードします。
実行すれば普通にDebianがインストールして起動出来ます。
これで普通にDebian化できました。
勿論、Bluetoothマウスとキーボード必須です。

〇BOINCベンチマーク
Kapperは各OS間共通ベンチとしてBOINCベンチを使っています。
root端末から
 
 apt-get update
 apt-get install boinc

でベンチマークを取ります。

 boinc &
 boinccmd --run_benchmarks

測定しましたら値をメモしておきます。

03-Jan-2016 10:45:13 [---] Benchmark results:
03-Jan-2016 10:45:13 [---] Number of CPUs: 2
03-Jan-2016 10:45:13 [---] 1482 floating point MIPS (Whetstone) per CPU
03-Feb-2015 10:45:13 [---] 7919 integer MIPS (Dhrystone) per CPU

劇的ではありませんが、ちょっとづつ速くなっています。
Chromebok Tegra K-1の約1.3倍
RaspberryPi2の約4.7倍の速度です。
うちのCF-S10のCorei5とほぼ同等程度の速度です。
もうちょっと速くなるかと思ったのですが、実用には問題ないかと。

〇長所と短所

●長所
・12800円と格安ながらもARM最速CPU搭載、Cortex-A72世代
・動画再生速度が速い
・一応Debian Norootが動いた。Debian端末として

●短所
・とにかくUIが使いにくい、Amazonばっかり
・USB周辺機種が基本使えない。Bluetoothのみ。何故?
・解像度が狭い。とにかく使いにくい
・Amazon動画がプライムばっかり。半強制に見え見えで嫌気が差す
・当然換金ばかり。
・通常のAmazon APPストアに制限ありすぎ。まともなアプリなし

〇まとめ
面倒ですが、一応はAndoidのアプリが動きます。
また目的のCortex-A72のベンチマークデータも取れました。
使い道はあまりありませんが、とりあえずはDebianとして。
実際の用途はChromeOSやWindowsのスティックみたいには使えません。
個人的には全くお勧めしません。
スティック型がどうしても安かったから、というのはありますが・・・
汎用性が無さ過ぎる・・・
まあ、一応それなりに一通り使えます、という所まで。
posted by kapper at 21:31 | Comment(0) | Amazon fireTV

ARM Tegra K-1 Chromebook13 Ubuntu mGBA-0.3.2 最新版ビルド その57 #mgba

次はmGBAの最新版をUbuntuでビルドしてみました。
動作は完動でARMでも無事動きます。
ビルドは問題なく出来ました。
興味のある方は是非。

○mGBA
mGBAのエミュレータのmGBAです。
幾つかあるGBAエミュの一つですが、
オープンソースでUNIX汎用です。完成度が高いです。
ARMでもちゃんと動作します。

最新版はgithubで更新されています。
今回は本家HPから拾ってきました。
そこでソースコードからビルドします。

○mGBAのビルド
本家HPよりソースコードをダウンロードします。
まず関連パッケージからインストール。
色々入れた後なので実はよく分かっていないです。

 sudo apt-get install build-essentials cmake libsdl imagemagic ffmpeg libzip ?

cmake関係が必要ですので注意。
でソースコードを展開。

 https://mgba.io/downloads.html
 https://github.com/mgba-emu/mgba/archive/0.3.2.tar.gz

 cd mgba-0.3.2
 mkdir build
 cd build
 cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX:PATH=/usr ..
 make
 sudo make install

○動作オプション
mGBAを動かすにはROMイメージが必要です。
各自入手して下さい。入手は聞かないで下さい。答えません。

 mgba -b (BIOSファイル).gba (ROMファイル).gba

で実行すると動いたはず。
BIOSは無くても起動する様です。
いくつかのゲームを動かしてみて相性以外の設定が問題ないか確認しましょう。

・Generic options:
-b, --bios FILE GBA BIOS file to use
-c, --cheats FILE Apply cheat codes from a file
-g, --gdb Start GDB session (default port 2345)
-v, --movie FILE Play back a movie of recorded input
-p, --patch FILE Apply a specified patch file when running
-s, --frameskip N Skip every N frames
--version Print version and exit

・Graphics options:
-1 1x viewport
-2 2x viewport
-3 3x viewport
-4 4x viewport
-5 5x viewport
-6 6x viewport
-f Start full-screen


・Controls
- **A**: X
- **B**: Z
- **L**: A
- **R**: S
- **Start**: Enter
- **Select**: Backspace

○CPU負荷
Acer Chromebook13 Tegra-K1で45%です。
このマシンならフレームスキップなしで問題なくゲームできます。
RaspberryPi2レベルの低速マシンでは無理そうです。
解像度とフレームスキップを落として試すしかなさそう。

○まとめ
一応ARMでも動作します。
バイナリのビルドはx86しかありませんが、
UNIX汎用コードなのでビルドすればARMでも動きました。
VBA-MとかMednafenとか他にもエミュはあるんですけど、
興味があれば試してみて下さい。
posted by kapper at 02:10 | Comment(0) | Chromebook

ARM Tegra K-1 Chromebook13 Ubuntu Yabause-git 最新版ビルド その56 #yabause

今日はYabauseのgit最新版をUbuntuでビルドしてみました。
現時点のソースで挙動が変なのが気になりますが、
ビルドは問題なく出来ました。
挙動はエラーが出ないので分かりませんが、
継続して追跡するしかなさそうです。

○Yabause
セガサターンのエミュレータのYabauseです。
動作完成度ではSSαに大きく劣りますが
オープンソースでは完成度が高いです。
ARMでもちゃんと動作します。

最新版はgithubで更新されていますがリリースはされていません。
アップデートしたかったらgithubのバージョンをビルドするしかない
のが現状です。
そこでソースコードからビルドします。

○Yabauseのビルド
本家githubよりソースコードをダウンロードします。
まず関連パッケージからインストール。

 sudo apt-get build-dep yabause

cmake関係が必要ですので注意。
でソースコードを展開。

 cd yabause-master/yabause
 cmake .
 make
 sudo make install

コマンドは簡単なのですが内部が分かりにくい。
ARM最適ビルドがあると良いのですが分かっていません。

○動作オプション
Yabauseを動かすには特定のオプションにしないと動作しません。
「yabause」→「preferences」で設定変更します。

・General
 BIOS:無くてもひとまず問題なし
 Cdrom:ISOファイルをまず指定
・Video
 Video Code:Software Video Interface
 Resolition:好きな解像度を設定
 Video Format:NTSC(日本向け)
 Frame Skip/Limiter:CPU負荷に合わせて
・Sound
 Sound Core:SDL Sound Interface
・Input
 GTK Input Interface:各自好きなキーを設定
・Advanced
 Region:Japan(NTSC)
 SH2 Interpreter:SH2 Interpreter
 M68k Interpreter:C68k Interface
 Threds:動作できたらON、出来なかったらOFF

で実行すると動いたはず。
起動するISOゲームと起動しないゲームがあるので注意。
いくつかのゲームを動かしてみて相性以外の設定が問題ないか確認しましょう。

○CPU負荷
Acer Chromebook13 Tegra-K1で98%です。
このマシンならフレームスキップで問題なくゲームできます。
マルチスレッドも対応していますが効果は見た感じ分かりません。
VirtualFighter2とワールドアドバンスド大戦略が無事動いています。
RaspberryPi2レベルの低速マシンでは無理そうです。
まあAndroid版も最低スペックがNexus7 2013とあるので
たぶんARMでは最高スペックが要求されます。
重いですがゲームは支障ありません。
アクション反応性の低いものを遊んでみましょう。

○まとめ
一応ARMでも動作します。
最近のソースコードだと固まるので、
その場合はUbuntu本家のバイナリを使ってみて下さい。
原因は分かっていませんが、ビルドまでは問題ありません。
是非ARMでもサターンを、と。
posted by kapper at 00:05 | Comment(0) | Chromebook

2016年01月01日

あけましておめでとうございます 2016年1月1日 A Happy New Year!

あけましておめでとうございます。
昨年は沢山の方にお話頂き誠にありがとうございました。
今年もよろしくご指導お願い申し上げます。
コメントご指導、Twitter Facebook ブログ オープンソースカンファレンス
東海道らぐ 姫路IT系勉強会 kernel/VMなどなど
ガンガンお待ちしてます。
posted by kapper at 10:45 | Comment(0) | 近況
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ