にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2016年08月24日

名古屋、大阪〜鹿児島間を格安で移動する方法 反省その1

この前鹿児島らぐに参加しました。
名古屋〜鹿児島間は旅費が掛かり過ぎるのが悩みどころで
格安で移動する方法をネットで調べながら試しています。
ネットで拾った情報と反省をメモします。
復興割りは使えないものを前提として考えています。

○名古屋、大阪〜鹿児島間移動
名古屋から直接鹿児島に飛ぶ方法と大阪経由で鹿児島に移動する方法です。
後から書きますが、結構高いので安くする手段を考えます。
通常は飛行機ですが、LCCのJetstarも時間に融通が利きません。
大阪を経由する方法も含めて考えてみました。
実際に重要なのは、空港までの移動費用と鹿児島での宿泊費込みです。
色々と大変というか課題がありまして、ネタにします。

一般的な経路は、

・飛行機(通常)
 中部国際空港ではANAとJetstarの2択です。
 Jetstarは最も安いですが、午前便がありません。
 12:40〜14:10の便と18:15〜19:40の便です。
 つまり当日は殆ど現地で活動出来ません。前泊必須。
 13:00〜の鹿児島らぐに入れません。
 ホテル代が+されます。鹿児島のホテルは少ないので高いです。
 安いホテルはカプセルになりそうです。
 11000円+ホテル(通常7000円、カプセル2800円)+中部国際空港まで870円
 +鹿児島空港〜鹿児島中央駅1250円

 ANAは午前中の便があり便利ですが高いです。そこが悩み処。
 50%割引の株主優待券を使いましょう。
 18000円+その他です。
 株主優待券を得るには1000株以上のANA株を持っている必要があります。
 往復なら最低2000株です。
 ANAの株は275円/株程度なので27万円程度で済みます。
 また持っていない人はセット販売の大黒屋トラベルを利用しましょう。
 23800円+その他です。

 http://air.e-daikoku.com/

・飛行機(大阪経由)
 関空か神戸空港経由であればピーチかスカイマークが
 午前便で飛べます。朝便であれば8:45、9:30〜
 12000円前後です。
 ただ、関空や神戸空港まで移動費と時間が必要です。
 おそらく夜行か前泊になります。
 高速バス3000円+大阪〜関空、神戸空港+1000円+鹿児島空港〜中央駅1250円
 近鉄2360円+大阪〜関空、神戸空港+1000円+前泊ホテル3000〜7000円
 +鹿児島空港〜中央駅1250円
 結構馬鹿になりません。
 これならANAの株式優待券を入手して中部国際空港から移動した方が
 総合的に良いと思います。行きだけで帰りはJetstarで。

・JRツアープラン
 ホテルとJRチケットセットです。
 近畿日本ツーリストでたぶん予約できます。
 ただし2名申し込み限定です。
 調査中です。

・新幹線
 西日本の早割14日前プランで格安入手できます。ネットで買えます。
 ただ、JR東海のエリアは入らないし、大阪まで向かう費用と時間が課題。
 新大阪〜鹿児島中央間が片道14,400円です。約4時間。
 昼までに鹿児島中央駅に入ろうとすると、8時までには新大阪駅に
 入っていないといけない厳しさがあります。
 新幹線14400円+高速バス3000円
 新幹線14400円+近鉄2360円+前泊ホテル3000〜7000円
 
・高速バス(夜行)
 名古屋から鹿児島まで直通で向かえる高速バスはありません。
 名古屋〜熊本間を乗り継ぐか、大阪〜鹿児島間を使うかです。
 比較的安いので使いたいですが、非常に長距離なので疲れます。
 当然ですが、夜行バスより早い時間で移動する名古屋〜大阪間は融通が利きません。
 名古屋〜熊本間10000円+熊本〜鹿児島中央新幹線6420円、バス3700円
 名古屋〜大阪間近鉄2360円+大阪〜鹿児島中央12,400円

・宮崎フェリー経由(夜行)
 夜行で神戸港〜宮崎港までフェリーが出ています。
 計算してみました。
 移動時間は相当かかかります。
 二人以上なら自家用車かレンタカーの方が安いかもしれません。
 名古屋〜大阪間近鉄2360円+大阪〜神戸港410円+210円
 +神戸港〜宮崎港9,000円+宮崎港〜鹿児島中央3980円

○鹿児島の宿泊をどうする?
事前に予約しないと韓国人、中国人観光のおかげでホテルは高い所しか取れません。
事前準備が必要ですがちょっとあんまりです。
宿泊するポイントとしては、衛生面で銭湯の場所をネットで抑えましょう。
後はスマホやPCを充電できるか否か。
電源のある喫茶店はネットで検索できますが、意外と無視出来ないので
宿泊コストに加えておきましょう。

・ホテル、カプセルホテル
 一番良いのがホテル、カプセルホテル
 朝時間いっぱいゆっくり出来ます。ちゃんと休めます。
 電源やお風呂もありますし。

・ネットカフェ
 格安で時間を潰せます。長所は横になれます。
 電源使えます。充電できます。
 Kapperはどうしようもないケースを除いて利用しません。
 セキュリティーと衛生面がちょっと・・・

・サウナ宿泊
 サウナ6時間プランで雑魚寝。
 お風呂入れます。その分節約出来ます。
 タオルと歯ブラシと着替えを持って行きましょう。
 電源がないので、スマホやPCの電池切れは覚悟の上で。
 雑魚寝は私物の管理にリスクがあります。
 コインロッカーを使いましょう。
 寝るスペースが無かったりは基本ですw
 6時間1720円〜。

・24時間ファミレス
 十分に寝れません。
 Kapperはファミレス泊はやりません。
 二人以上で雑談するには良いかもしれませんが。

・カラオケボックス
 あまり横になれません。疲れます。
 衛生面とセキュリティー面に難あり。
 雑魚寝と変わりませんね。
 一晩中歌い続けるのは体力があればアリ。
posted by kapper at 04:41| Comment(0) | 旅行

2016年08月20日

鹿児島らぐ2016年8月 鹿児島中央 LT大会  #kagolug

鹿児島らぐとは元小江戸らぐメンバーのまとはらさんが主催者の
地域Linuxユーザーグループです。
OSC京都のシールをしまださんとOSC京都の皆様から頂きましてご提供
Linux関係以外でも是非ご参加をお願いしますね。

 鹿児島らぐ(Kagoshima Linux User's Group)

細かい内容はこちらのツィートもご参考まで
Togetterでまとめがあります。

 鹿児島Linux勉強会 2016.08の記録

 鹿児島Linux勉強会 2016.08

●鹿児島らぐのご紹介 まとはらさん
自己紹介など

●Arudinoの実演  seoponさん
arduinoネタを少々
wifi経由でLチカ発表、200円HID紹介、3軸加速度センサーの利用法についての相談。

- Arduino UNO+3軸角度センサ+ちっこいモニタ
- ESP-WROOM-02 ( ESP8266 ) でWi-Fi経由Lチカ
- DigiSpark( HIDになれる )でキーボードとして認識させて自動的に文字入力
 要ドライバ
 ⇒ファームウェアを書き換えるとWifiが技研から外れて違法になる

●Windows10タブレットにUbuntuを入れてみた Netwalker実験所
前回からさらに内容を追加更新。
タブレット台数を増やしました。
Wikiでデータベースを作ります。

●Raspberry Pi でお手軽に使える温度センサーアプリを作ってみた masakuraさん
- Raspberry Pi でお手軽に使える温度センサーアプリを作ってみた
Webapp7を起動してiOS、Androidで起動
・構成
 RaspberryPi3 ModelB
AE-BME280 温度、湿度、大気圧センサー
 SORACOM AIR(3G SIM)
AK-020(USB 3Gドングル)
 Mikcocoa(センサーデータ記録用)
 さくらのVPS(グラフ化HTML表示)

-脆弱性学習アプリビギクラ! の紹介 ( https://begicra.arukascloud.io/ )
ビギクラは初心者向け脆弱性学習アプリ
普通の掲示板形式に投稿、モニタリング
SQLで入れたものをログ表示出来るので問題がわかる
すぐに始められる。
迷惑しない環境をすぐに作れる

"Physical Web - Google Play の Android アプリ" https://play.google.com/store/apps/details?id=physical_web.org.physicalweb
https://goo.gl/klemb6.qr (Play StoreへのQR Code)

9/3(sat) 13:00-17:00 ソフトウェアテスト(TDD)勉強会をやるよ
https://kagoben.doorkeeper.jp/events/50991

●LibreOffice Onlineの実装について 小笠原さん
UbuntuMagazineのご紹介
Ubuntuまがじんざっぱーんのご紹介。DLSite.com
LibreOfficeのご紹介
LibreOffice Onlineのご紹介
ブラウザの上でOfficeドキュメントを操作する
サーバがオープンソースなのでビルドして動かせる
スペック
 Ubuntuが起動するPCであれば起動
 LibreOfficeビルドはPCで2時間以上
 オンライン版は#C++,Javaで15,000行で小さいアプリ
 何かのアクションをすると後ろで書き換えて前に戻す仕組み
 Slideshareでビルド方法を公開しています
OwnCloudでLibreOfficeOnlineを編集する

はじめてのMongoDBを出版しました。

●最近の事 まとはらさん
最近
 外部ディスプレイが利用できてバッテリとACアダプタが
 使えるNotePCがない。
 X200のジャンクを入手1,234円
 移植したいがBIOS⇒UEFIなので起動できなくなると困る
鹿児島市のオープンデータで航空写真を入手
 USBで配布
  宅地内降灰指定場所データ
  桜島フェリー時刻表データ
  退避港、退避舎および退避場所データ
OpenStreetMap
 みんなが編集しないと空っぽ
 航空写真を後ろに貼り付け。鹿児島市内作成途中
 ライセンスを守れば自由に使える
 オープンデータの航空写真をタイル化してそれを元に編集
 航空写真のデータ容量が大きい。100GBほど
 レンタルサーバ、コミュニティのサーバを活用したい
 RaspberryPiでローカルサーバ化?
 64GBほどのMicroSDがほしい
 
●Frontendのビルドツール Shiogaiさん
Frontendのビルドツール
各ビルドツールに付随するpluginがメンテされなくなる
pluginの機能が重複するなど
解決方法
 npm script
 shell script
 Makefile
  今回はこれを勧めたい
Makefile
 Linux、UNIXなら入っている
 簡単に編集できる

●Wikisourceの編集 Sakoppiさん
フリーな日本語の原文を編集
主にパブリックドメインのデータ
鹿児島県史の編集、ラムサール条約の記事
手本を見ながら打ち込む
基本的には作成はフリーであるが、旧字体やフォントなど・・・
著作権からみがアメリカ基準?

●Solus おだはらさん
Budgieと呼ばれるデスクトップ
日本語環境がある
日本語入力はついていないので自分で対応
デスクトップ環境はGtk3を利用した独自
Best of Linux Distributions2016の記事でNewCommer

さくら LTE3GモジュールとAruduino
ネットワークを繋いで通信出来るモジュール
ソラコムモジュール。1kbいくらの通信

Pepper勉強会のご紹介

●OSSにコミットした話 ながやまさん
ZFSOnLinux
Python-control
にコミット

ZFSOnLinuxとは超軽量のFSのZFSのLinux版
ZFS Event Daemon(ZED)
 ⇒ZFSのデーモン。ディスクの異常検知や情報の外部への通知など
  ある日GentooLinuxで異常
  調べたら−signal⇒--signalでTypo
  Gentooでは発見できなかった?
  無事マージされました

python-controlとは
 制御工学用のPythonライブラリ
 数値計算ソフトMATLABと同等の機能の実装を目指す
 未実装部分が多い
 今回未実装部分を作った
可観測正準系が未実装だった
A'=TAT'を実装した。返事
 テスト書いて確かめたい
 俺が書いたやつをたたき台にすればすぐに出来る
テストも書いて様子見中

OSSのコミットは簡単。簡単なバグとかあったりする
ニッチな所でも誰かがやってて機能が不十分な事が多い
十分に入り込める余地がある。あなたもOSSライフを。
 
●PocketCHIP まとはらさん
CHIPとPocketCHIPを入手しました。
概要説明
$14.99のPICO-8内蔵
デスクトップでアプリのアイコンを追加出来るが
2ページ目が表示出来ないので7個以上追加出来ない
他のOS CHIP Flasherで書き換え出来る

PICO-8紹介
Luaでゲーム作成
スペック制限 128x128 16coloer
Voxatronを買うとお得
あひるを眺めるゲームもあり。あひる焼きの人にもオススメ

posted by kapper at 13:41| Comment(0) | 鹿児島らぐ

2016年08月18日

最近の事 2016年8月 最近のガジェット関係

どーも、こんにちあ
まだまだ暑いですね。
今月の愚痴をブログに書きます。
最近色々と書かなかったですね・・・


●WindowsタブレットにLinux
最近注力しているガジェット。
インテル関係のガジェットって非常に情報が多くて
ARMと比べて楽でよいです。
インテルってオープンソースに協力的な素晴らしい会社ですw
ただ、Linuxディストリビューターもタブレットには
あまり力を入れていなくて、聞いてもあまり答えは帰ってきません。
Grub2関係で詳しい人がいないんです。単に。
UEFIでブートするだけならGrub2は難しくないです。
決して怖がってはいけません。
せっかくこんなに性能よくて安いのに・・・
実はARMタブレットに比べるとまだまだ普及していません。

ならばNetwalker実験所が発表しようかな、と。
チャレンジします。
ただ、世界中にある情報がバラバラで集まっていない
良くわかっていない所がありWikiでまず集約する事にしました。
閲覧性と編集が良いんです。

 スマートフォン、タブレットでLinux、*BSDを使おう @ Wiki

まだネタは書く前なのでこれからです。
ライター協力者募集中。
プレゼン資料でも発表していますし、今後のネタになるかと。

Wubi for Ubuntu16.04.1 Rev311がタブレット対応しましたので
誰でもWindows上からUbuntuを入れれる様になりました。
こういうのが欲しかったんですよね!
まだドライバ周りが動かないんですけど、テストも容易になりました。
是非試してみてください。

 https://github.com/hakuna-m/wubiuefi/releases

で目標としては、Kernelとドライバの動作確認。
また他のLinuxディストリのGrub2の設定を記録しておけば
USBから誰でも入れられる。
後はKernelとドライバの問題。
そこはチップを調べて記録する、と。
PowerVRが悩みどころですかね・・・

posted by kapper at 22:16| Comment(0) | 近況

2016年08月14日

LILO&東海道らぐオフラインミーティング 2016年8月関西 LT大会 #東海道らぐ #lilo_jp

今回のLILO & 東海道らぐ合同LT大会 2016年8月関西です。
関西ではLILOと東海道らぐが合同でLT大会を開催しています。
Linux関係に関わらず是非ご参加下さいな。

 東海道らぐ | Tokaido Linux User Group
 LILO ( りろ : Linux Install Learning Osaka )

●自己紹介
各自。初参加の人もいます。

●LILOのサーバ更新 にしやまさん
2要素認証導入
Let'sEncrypt導入
CertBoot
Let'sEncrypt自動更新
ufw設定

●OpenStreetMapで地図を作ろう さかのしたさん
Google MapsやYaoo地図は商売には使えない。
国土地理院の地図は一般的には使えない。
OpenStreetMapは自由に使える。
地図を書いて思ったこと
・色々描く事が出来る
・記憶力が上がった気がする
・意外と「適当」に描いて良い
・誰かの役に立つかもしれない
OpenStreetMapはGoogleMapより細かく記載したり
逆に地図を描かないと何もない・・・
街に出て地図を書きませんか。
・街歩きの地図(Field Peper)
・Webブラウザ
・スマホ向けアプリ Vespucci、Pushin
・JOSM Javaで作られたアプリ
 主に「ノード」「ウェイ」「エリア」で地図が作られる
・OSMのデータフォーマットは? -> 基本的にはXML

●IoTハウス やまうちさん
RaspberryPiで電源ON、OFFなどを実用化する
・IRKit、赤外線リモコン
・Modulesカメラ、
・RaspberryPi+PiFace+FAN、
・TCOS無線、
・TemperUSB温度計
・インテリジェント電源BOX
自動化
温度センサーをグラフ化
Gmail経由でコマンド
イベント処理

●お前が持っているLPICってどんなもんよ? なかのさん
LPICってどんな試験?
有意性の期限
難易度はどうよ?
 102も勉強しないと落ちる。202が難しいらしい。
なんでLPICを受けたの?
メリットは?
 「Linux使えます」に客観的証拠が出来る
デメリットは
 高い。重箱の隅試験
受験のコツ
 2科目受験は避ける。コマンドは指で覚える。仮想環境必須
ではLPI304は
 仮想環境、教材が少ない、結局限りなく紙の本を暗記

●WindowsタブレットにUbuntuLinux16.04の続き Kapper
先月の東海道らぐからの続き追加



●Yoctoを使ったLinux Distroの作り方 wata2kiさん
Yovto Project
Linuxのディストリビューションを作るのに必要なツール・データを提供
最終的にはPokyという名前のリファレンスディストリ
Yoctoの提供物と出来る事
・bitbake
・oe-core
・リファレンスBSP
Yoctoのアーキテクチャ
・layerはレシピの集合体
・Layerは優先度を持っている
・一つのレシピで一つのソフトコンポーネント
・既存のレシピに追記する事も可能(.bbappend)
・クロスビルド用でないレシピ
 imageレシピ
 バイナリインストール用レシピ
・YoctoでMyディストリを作ってみた
 Linaoの特定のハッシュまで戻さないとビルドが通らない
 レシピは問題ない
 Layerは通常git管理されているため、組み合わせの正解がない
 ⇒別々の込みミュニティが開発。共有されていない
・夜のかなどうなっているか調べてみた
 ⇒repoーAndroidをビルドする人には見慣れたツール
  連携取れる様になった
・Yoctoは便利で強力な仕組みだが抜けている

●TUI作業で便利なツール しまださん
Build server、クラウド開発
遠征途中でリリース出来る様になった
SSH越し(X11なし)
昔はGNU Screen、今はtmux+byobu
開発効率が悪い
解決法:TUIファイラー。
まずはmc。Ctrlキーを多様。F1-F12を使うがtmuxとキーバインドが干渉
で、FDclone
 ⇒文字化け発生
  .fd2rcにutf8とja_JP.UTF-8を追加

Git開発
TIG:GitのCUIツール
コミット毎の変更点を閲覧
Mainビュー⇒Statusビューへ


●Docker さがわさん
Docker勉強のため、Virtual boxで弄ってみる
Vagrantを使って自動化してVirtual boxに入れてみた。
・Vagrant
仮想化の凄いラッパーツール
・Docker
 コンテナ型ツール
 同じKernelで動くホストOS
・Vagrant環境の準備
 インストール。Vagrantfileの作成と設置。
・DockerとDockerfileの設定
・Vagrant UP
・何が嬉しいか
 VirtualboxとVagrantが動けばいつでも出来る
・今後の展開
 KernelとDockerのバージョンUP時にどう対応するか
 ansibleをインストールし、コンテナのdeployを容易にする

●sedを布教しよう さがわさん
sedを布教しよう
sedが言語である事は疑いがない
sedでfizz bug
sedに-d オプションがありデバッガが付いている
デバッガはTCP/IPで他のターミナルへ。awkで接続
コマンドラインでは使いにくいのでvimから起動

●プレゼン資料をgitで管理してSlideを公開しよう なかのさん
今日の資料をどうするか。捨てないで
将来にメンテしたいですよね。
DVCSを使用。Gitが便利
Gitを勉強するならPro Git
odf⇒ZIPファイル⇒XMLで保存
GitでOSS hostingも使えるよね
Bitbucketが良くね?
SlideをUPしよう
posted by kapper at 16:58| Comment(0) | 東海道らぐ

2016年08月05日

Ubuntu改造日記 Windows10用Bai-Trail世代タブレットPC-TW708/CAS Wubi for Ubuntu16.04 1604r311修正インストールテスト編 その37

以前テストしたWubi for Ubuntu16.04ですが、
GithubでBay-Trailタブレット修正版が1604r311で
リリースされてみましたのでテストしました。
インストールは問題なさそうです。
Windowsタブレットユーザーは是非使ってみましょう。
感謝。

●Wubi for Ubuntu16.04 Bay-Trailタブレット修正版1604r311
以前テストした際にマウントエラーで起動しなかった
Wubi for Ubuntu16.04ですが修正版が出て無事起動する様に
なりましたのでテストしました。
報告してくれた@haniokasai氏と作者様に感謝。
詳細はこちら。

 Wubi for Ubuntu 16.04.1 (rev 311) 

やりとりの背景はこちらをご参照。

 wubi crashed on bay trail tablet...

見ると
 For the first MMC device it is /dev/mmcblk0p (wrong) instead of /dev/mmcblk0 (right).
とあって、マウントポイントの指定を直しました、
とあります。
ループバックディスクの指定でマウントできなかったのでしょうか。
やはり・・・
後、Nomodeset対策としてブート時の解像度を調整しています。

  video= (e.g.: video=1280x800@60)

これで問題なくインストールが出来る様になりました。

●Wubi for Ubuntu16.04インストール
やり方は一緒です。
まずUSBにつないで

・MicroUSB-USB変換コネクタ
・USBハブ
・USBキーボード
・USBマウス

を繋ぎます。出来れば無線LANもあると便利。
でブート。
電源ボタンをONにしたら速やかに「DEL」キーを押して
UEFI設定画面を出します。BIOSと同じですね。
機種によってボタンは変わりますのでググるしか。
実はOSがWindows10であろうと無かろうと同じだったりします。

まずセキュアブートをOFFにします。
次にUEFIの起動順番をUSB Ubuntuと書いてあるメモリを先頭にします。
で一旦Save &リセット。
これでUSBから起動出来るはずですが、こいつの場合はNGです。
参考サイト様に書いてありますが、

 EFIメニューのboot overrideからubuntuインストーラを起動

させる必要があります。
つまりUbuntuを起動させる為に毎回UEFIの画面を出してBoot overrideから起動w
面倒。
でもそれだけだったり・・・
これに気づくか気づかないかと言われると間違いなく気づかない。
先達様に大変感謝です。

Grub2が起動するはずなので、そのまま放置するとインストーラーが起動。
楽です。
ネットに繋いでいない環境ですと、同じ様に
Grub-efi-ia32がインストール出来ません、ってエラーが出ますが再起動。
後でネットを繋いで入れなおします。
再起動する場合は、またUEFIから起動OSを選択。
問題なさそうです。

●まとめ
色々の問題が解決しています。
Bay-trailタブレットでUbuntuを動かしたい人は
是非試してみてください。
デュアルブートでも消すのも入れるのも簡単です。
これはLinux使いにとって大きいです。
ドライバの確認やOS動作確認が簡単に出来るようになりました。
もうタブレットも怖くありませんね。
posted by kapper at 07:03| Comment(0) | Ubuntu

オープンソースカンファレンス京都2016 出展者側の感想と反省 #osckyoto

OSC京都2016お疲れ様でした。
今年も京都は盛り上がりました。今回も大変楽しかったです。
来訪者のみなさま、出展者、事務方全ての人に大変感謝致します。
今回OSC京都2016に出展した感想をコメントします。
反省と今後どうするかを一旦整理したいと思います。

●OSC京都2016全体像
OSC京都はいつも通り、と言いたかったですが、
参加団体は増えつつも、来訪者は大幅減少傾向。
昨年750人以上が今回650人。
今回は大学生が試験期間中だったこともありますが。
PC関係が急速に衰退している空気を感じます。
スマホ文化はOSSに辿り着かないのでしょう。
時代の変わり目を大きく体感しています。


●Kapperのセミナー内容と配布資料の見直し
ここら辺はいつも通りです。
モバイルOSとしてのAndroidは壁を感じ始めていまして、
新しい流れが必要だと実感しています。
IoTや電子工作、ロボットなどジャンルが広がる嬉しさと共に、
Android OSやLinux Kernelの弱さは全世界から遅れており悩ましいです。
興味を持ってくれる人が一人でも増えたらな、と。

殆どが前回と同様の内容で、リピートしている人はゼロ人でした。
つまり、Kapperのセミナーを2回続けて聞きに来てくれる人は
いないという事になります。
毎回違うモチーフで45分頑張ってネタを作る必要が
本来あるんですね。やっぱり。
セミナーHP事前登録者は17人だけでしたが
実際には沢山の来訪者ありがとうございます。
東海道らぐや小江戸らぐの発表と比べても全然比例しませんね。
オープンスペース発表の醍醐味でしょうな。



●セミナー中のアンケート
今回のアンケート。京都勢の世論調査のご参考までに。
参加者推定60〜70人程度。50人入りのフリースペースで立ち見の人がかなりいました。
誠にありがとうございました。

1.Ubuntu、Debianや*BSD、Linuxを使った事がありますか?
 ⇒ほぼ全員。9割以上。やっぱりUNIX系ユーザーのみです。
  Windowsユーザーに来てもらうにはどうしたら良いかなぁ。
2.RaspberryPi、1ボードPCを使った事がありますか?
 ⇒8割くらい。やはりレベルが高いです。
3.電子工作やっていますか?興味ありますか?
 ⇒6割くらい。京都勢も結構強者ぞろいです。
  実はガチの人たちが集まった予感。
4.Windowsタブレット改造のテーマに興味がありますか?
 ⇒2割くらい。非常に低い認識。持ってない、余っていないんですね。
5.IoT関係に興味がありますか?
 ⇒6〜7割くらい。電子工作の先にあるものという感じですかね。
6.インフラ関係に興味がありますか?
 ⇒6〜7割くらい。人気です。
6.IT関係やIoT関係の勉強会に興味がありますか?
 ⇒8割くらい。参加するには敷居があっても興味はあるとの事。
  テーマが合えば是非来て下さいな。

次にLinux初心者向け勉強方法関連。
最近の悩み事。

1.Linux雑誌、ムックを読む。
 ⇒5割くらい。王道です。
  僕もメディアへの信頼感は高いです。
  結局、本を書いて世に出たものが一番皆様の参考になるんだと。
  実感しました。
2.Web、ブログなど?
 ⇒4割強くらい。やはり第2のメディアです。
  雑誌の情報力に限界がありますのでネットですよね。
  やはりブログ最強伝説健在です。
  Googleの検索エンジンでTwitterやFacebookがヒットしにくいせいですかも
3.知人に聞く?
 ⇒3割弱くらい。Linux関係で聞ける知人がいるって羨ましい。
  僕はオフラインでは周りにはいませんな・・・
4.勉強会などに参加して聞いてみる?
 ⇒3割弱くらい。ニーズとシーズが合えば良いんですが。
  セミナーの参加者なんで当然その目的でご参加いただいております。
  僕も頑張ります
5.コミュニティ、掲示板、ML、2chなど?
 ⇒2人くらい。掲示板は全く参考になりません。驚き。
  公式フォーラムには沢山人がいそうな感じですが敬遠されている様子。
  専門家に聞くのは全然駄目なんでしょうね。
6.TwitterやFacebookなどSNS関係?
 ⇒1人。SNSは全く勉強に使えません。
  SNSは仲間内コミュニケーションだけなんでしょうね。
  皆様SNSはニュース目的だけなんでしょう。
  僕も流石にディストリビューターさんに質問を投げるのは怖くてやりません。
  驚愕。いや想定外すぎる・・・
  不特定多数へのSNSへ発信は全く意味がないという結末。
  そんなことはないはず?と心の中で思いますが

結局、紙面とブログ無双でした・・・
頑張ってブログ作成しましょう・・・
それが皆の為になると願いつつも。

●配布資料
流石に重かったです。
一つ一つに魂を込めています。
Android関係は非常に人気がありますが他の資料は程々程度。

今回発表 80部 ⇒ 0部
海外発表資料(英語)10部⇒4部
Chromebook 30部⇒10部
DynabookAZ 20部⇒5部
x86エミュ on ARM 30部⇒15部
Netwalker 30部⇒10部
Windowsタブレット 30部⇒0部

合計186部でした。
まいどありがとうございます(注:無償)
意外とまとめて複数刷持っていかれる人が多いです。
アンケート結果と実際の行動系は違っていて、
Windowsタブレット改造の資料は完売で無くなるの早かったです。

今回印刷量が多すぎた予感。
DOSBoxの資料を持ってくるのを忘れました。
ああせっかく作ったのに。
Windowsタブレット上Ubuntu資料が以外に人気。
OSCワンチャンで発表資料をMAX 80部手渡しが限界ですね。
来訪者650人/日なので約12.5%の人と会話しました。
そんなOSC京都2016ですかね。

●展示の際の貴重なご意見(後で修正します)
・パナのタフブックCF-U1カッコいいです・・・
 ⇒何故か今回の古き良き時代の機種が1番人気でしたw
  実物を見た事がある人はいないんでしょうね・・・
  このゴツさ、重さ、変態キーボードにタッチパネル
  1家に一台どうですか?買うなら安いE-bay輸入お勧め。

・Android-x86 Σ(゚Д゚)スゲェ!!
 ⇒無償のOSのわりにかなり使えるレベルです。
  CF-U1に刺して持ってきました。
  正直かなりタブレットで使えます。
  ドライバ非対応とかもっさりとか挙動おかしいとか
  そういうイメージがありましたが今は進化しています。

・Nexus7のブートローダーについて教えてください。

・PocketCHIPってマニアックですけど良いですね・・・
  
・AndroidのOSの乗せ換えって何をやっているのですか?
 ROMを焼いたりBootloaderを書き換えですか?難しいですよね。
 ⇒機種次第ですが今はアプリでOS入れたり、Chroot出来る時代です。
  昔の様なハッキングはたぶん不要です。
  興味があれば是非ご参考までに。
  まずNexusシリーズでどうぞ。


・前回から増えた端末はどれですか?
 ⇒毎回OSCに来て頂いて誠にありがとうございます。
  違う意味でOSCのネタ的シンボルになっていますな(汗
  今回で一番ドキッとした言葉でした。
  いや、予算が・・・展示のためについ・・・
  ガジェットもういらない(ぉぃ
  もしOSCで展示しないなら多分買いません。節約の為に辞めようかな(ぉぃ
  実はNexus7 2013以降のタブレット、スマホ買っていません。
  時計やリングデバイス、スティックPCにシフトしています。
  Teamviewerのお陰で板ものや箱ものはいらなくなったり・・・

・WindowsタブレットのLinux移殖状況はどうですか?(多数の問い合わせあり)
 ⇒日本のタブレット使いはかなりWindowsにシフトしています。
  そちらの問い合わせが増えました。
  情報はネット十分にあるんですけど、OSC発表者はいないですよね。
  参考サイト
  http://www.techradar.com/how-to/computing/how-to-install-ubuntu-onto-a-windows-tablet-1319489/1

・荷物多すぎw
 ⇒重たいですね・・・
  年々ガジェットと資料が増えて悩ましいです・・・限界
  選別しないと。

・Netwalkerみたいな機種で今のOSが欲しいです
 ⇒OpenPandoraやDragonBoxPyraがあります。
  https://pyra-handheld.com/boards/pages/pyra/
  GPD WINの例のWindowsとか。
  https://www.indiegogo.com/projects/gpd-win-intel-z8550-win-10-os-game-console
  Androidでも良ければ無敵電子辞書。
  http://www.besta.com.tw/zh-tw/Product/digital_learn/ProductContent/CD-928
  CHIPやRaspberryPiのキットとかも。
 https://getchip.com/pages/pocketchip
  個人的には業務用小型PCも面白いな、と。高いけど。

・OLPCですよね。懐かしい。当時欲しかったですが入手出来ませんでした(多数)
 ⇒E-bayで$130位でたまに出ています。
  Fedoraベースです。
  このスペックでもちゃんと動くのが驚き。
  次世代機出ていまして、The XO-4 Touchが2013年。
  ARMADA PXA2128。欲しいぜ。入手困難。
  http://wiki.laptop.org/go/XO-4

2016年08月03日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD pkgsrc-WIP+debootstrap Debianアプリ動作 その12 #NetBSD

Co-JBDOVUAQOjL2.jpg

今回はNetBSDでdebootstrapを用いてDebianパッケージを動作させます。
疑似Linuxのchroot環境でDebianを動作します。
NetBSDには基本的なアプリがpkginとpkgsrcで動きますが、
chromium-browserとかどうしてもビルドが大変なパッケージは
Debian方が多くて特殊なアプリも動きます。
debootstrapはpkgsrc-WIPにあるパッケージで動作しますし
アーキテクチャ非依存なので謎デバイスでも多分動きます。
是非試してみましょう。

●pkgsrc-WIP+debootstrap
pkgsrc-WIPは進行中パッケージで非公認ですが動作します。
前回のブログを参照してみてください。

 世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD 進行中アプリ登録 pkgsrc-WIP その11

debootstrapは非Debianの環境でdebianをChrootなどで動かす仕組みで
Debianの環境を新規に作る際によく使われます。
NetBSDの場合はpkgsrc-WIPのパッチでLinuxエミュレーションを
使ってchroot環境をNetBSD上で再現します。
つまりDebian公式のdebootstrapそのままでは動きません。
パッチが必要です。

またpkgsrc-WIPの指定ではちょっとファイル設定が古いので
makeした際にそのままではリンク先にFileがありません、と落ちます。
少し設定を変更する必要がありそうです。

●Debootstrapのインストール
pkgsrc−WIPのインストール方法は上リンク先にて割愛します。
既に入っているものとしてお願いします。
まずフォルダに移動
root権限を想定しています。

 cd pkgsrc/wip/deboostrap/

ここでいつも通りmakeしてもエラーがでます。
Makefileファイルを編集します。

 vi Makefile

ここの9行目のubuntu-archive-keyring_2012.05.19-5_all.debで
リンク先にファイルが無いって言われますのでdebianのサーバを見てみます。
リンク先はこちらです。

 http://ftp.se.debian.org/debian/pool/main/u/ubuntu-keyring/

ubuntu-archive-keyring_2012.05.19-1_all.deb
ubuntu-archive-keyring_2012.05.19-2〜bpo70+1_all.deb
ubuntu-archive-keyring_2016.05.13-1_all.deb

古いファイルと新しいファイルにdebファイルが分かれています。
確かにMakefileに書かれているファイル名はサーバにありません。
どれかにファイル名を指定しなおしましょう。
今回はせっかくなので最新版を使います。
ファイル名は直ぐにバージョンUPしてサーバの上で変わるので毎回要確認。

Makefileを修正して保存してからmake

 make
 make install

これでdebootstrapのバイナリがインストールされます。
さてここからDebianパッケージを入れます。
その前にまずOSのアーキテクチャを確認して指定しましょう。
NetBSDのアーキテクチャとDebianのアーキテクチャを
何故か同じにしないとバイナリエラーが出て動きません。
 
 debootstrap --arch=i386 wheezy /emul/wheezy
 cp /usr/pkg/share/debootstrap/libfakesyscall-i386.so /emul/wheezy
 cp /etc/hosts /emul/wheezy/etc/hosts
 cp /proc/mounts /emul/wheezy/etc/mtab
 cp /etc/resolv.conf /emul/wheezy/etc/resolve.conf
 mount -t procfs -o linux proc /emul/wheezy/proc
 chroot /emul/wheezy /bin/bash
 export LD_PRELOAD=/libfakesyscall-i386.so

ついでにdbusを/etc/fstabに追記

vi /etc/fstab

一行追加。

 /var/run/dbus/ /emul/wheezy/var/run/dbus/ none rbind 0 0

保存します。

chrootコマンド入力まで入れればDebian環境です。
kapperのNetBSDはi386なのでそれを指定していますが、
amd64やarmhfの場合は上コマンドを修正してください。
同じインテルやARMだからといって適当に指定しないでください。
今回は教科書通りWheezyを指定しますが一応Jessieも動きます。
もしHDDランプが止まったまま途中でインストールが止まっていたら、
Enterキーを押して動かしてください。
しかし何故かJessieではapt系が入っていませんので謎?使えません。

 apt-get update
 apt-get upgrade
 apt-get install (パッケージ名)

こんな感じでaptを使ってアプリを入れましょう。
chrootから出る時はexitコマンドで。
慣れれば簡単かと。

●まとめ
NetBSD環境でもDebianパッケージがchrootで使えます。
何故か挙動的にjessieは変なのでwheezyを推奨します。
慣れた身としてはDebianのバイナリパッケージが非常に便利です。
NetBSDではビルドできない、動かないアプリが沢山ありますし。
debootstrapの解説は世の中に沢山ありますのでググってみて。
こんな簡単にDebianがNetBSD上で動いてしまうとは・・・
pkgsrc-WIPの作者さんに感謝です。
慣れればソースコードを見て自分でNetBSDに移植するのもありかと。
実際はLinuxが対応していない謎デバイスでは特に重宝しますかも。
タグ:NetBSD
posted by kapper at 22:10| Comment(0) | NetBSD

2016年07月29日

Netwalker Labo OSC京都2016 講演資料 正式版 「AndroidタブレットでLinuxを色々と遊んでみよう 続編 その2」#osckyoto

7/30にOSC京都2016にARM Linux関連でAndroidのハッキング
などをモチーフとして出展、講演致します。
7/30(土)15:15〜 京都リサーチパーク(KRP)東地区
アトリウムオープンスペースです。
現時点で出来た部分までで正式版として公開致します。

I will speak about 「Hacking with Android on Linux, secound presentations」
to July 30 in Kyoto,Japan.
The it is possible to have material now and then published.

OSC京都2016の公式HPはこちらです。

 [京都] オープンソースカンファレンス京都2016

  Netwalker osc Kyoto2016.pdf




1、OSC京都2016向けの改正版として公開します。
  ダウンロードはPDF、データ閲覧はSlideshareなどを使っています。
  Windowsタブレットにハマり過ぎてしまいました・・・
  Androidネタが弱くなり、謎ガジェット資料となっていまいました

2、資料に誤りや公開上問題がありましたら修正しますので
  ブログまで是非ご連絡頂けましたら大変助かります。

3、内容はx86に関係する内容とARM全般の内容が混在しています。
  ARM AndroidでLinuxを動かす方法を纏めました。
  45分ですが、かなり詰め込みました内容です。
  発表は全部できないと思いますので、ここでは資料優先にしておきます。

4,次回のネタ大募集中です。
  Kapperのセミナーは皆様のご意見を反映する形で、
  実施するつもりで計画を立てています。
  是非ご意見下さい。

2016年07月24日

$49 格安1チップモバイルPC PocketChip 購入と初期設定 その1 #PocketCHIP

CoHmJO-UAAAj4Dx.jpg

いやぁ〜、2016年1月に発注したPocketChipが届きました。
香港から日本のルートなので深圳でしょうな。
DebianベースなARMモバイルPCです。
少し物足りないスペックに見えますが、$49です。格安。
RaspberryPi Zeroと殆ど同じスペック。
是非使ってみましょう。

●PocketChipとは
$9 PCとして開発されたCHIPを内蔵したモバイルPCです。
キーボード、モニタ、電池を内蔵しており、
USBやWifi、Bluetoothが使えます。
低コスト狙いながら優秀です。
Debian Jessieを標準搭載しているのが売りで

スペック
・SoC:Allwinner R8 CortexA8 processor @1GHz、1 Core
・Mali-400 GPU (Compatible with Allwinner A13)
・System Memory:512 MB RAM
・Storage:4GB NAND flash
・Monitor:420 x 272 pixel display 
・Connectivity:802.11 b/g/n Wi-Fi + Bluetooth 4.0
・Video Output:3.5mm jack for composite video and audio
  (HDMI and VGA available via adapters)
・USB:1x USB host port, 1x micro USB OTG port
・Two expansion headers
・Power:5V via micro USB OTG or battery、5 Hour
・GPIO Access
・Dimensions:60 x 40 mm

・Linux:Debian Jessie+Patch
・Bootloader:U-Boot+Patch
 https://github.com/CHIP-u-boot
・Kernel:Linux4.3+Patch
 https://github.com/CHIP-Linux
・WM:Pocket-WM(Awesome)

●購入
購入は公式HPから買えます。

 https://getchip.com/pages/pocketchip

で、時を待つ事はや7か月。やっと届きました。
今なら在庫があれば早いはずかと。

箱を開けると、本体は結構な大きさです。
恐らく7インチタブレットを一回り小さくした感じです。
GBやDSサイズをイメージしていた人にはおや?っとする大きさです。
MicroUSB電源を繋いで、HOMEボタンで電源をONにすると
解説ページと共にOSが起動します。

・Terminal
・Filer
・PICO-8
・MUSIC
・Write
・HELP

みたいなシンプルすぎるランチャーが起動します。
タッチパネル対応していますが
低機能。Wifi繋いでネット接続。
Terminalでapt-getすれば色々とアプリを起動できます。
ただ、ブラウザを使うのは解像度が狭いので注意。
悩ましい問題。

Free
Total 507916 Used 133280 Free 374636 Shared 7368

ちょっとメモリ食いすぎだなぁ。
Swapは無しです。


●初期ユーザー
初期ユーザー設定に注意

・ユーザー名:chip、パスワード:chip
・スーパーユーザー:root、パスワード:chip


●PocketCHIPの日本語化
普通のDebianと同じです。
こちらをご参考に

 http://kapper1224.sblo.jp/category/3710620-6.html

端末から、

 sudo apt-get install task-japanese locales locales-all
 sudo apt-get install fonts-motoya-l-maruberi
 sudo apt-get install fonts-ipafont ttf-vlgothic fonts-takao fonts-wqy-microhei
 sudo apt-get install ibus-anthy ibus-mozc ibus-kkc libqt5gui5
 im-config -n ibus

まだ日本語化までは行きません。
まずlocalesを設定します。

 sudo dpkg-reconfigure locales

CUIで設定画面が出てきますので選択

[*] ja_JP.EUC-JP EUC-JP
[*] ja_JP.UTF-8 UTF-8

デフォルトのLocalesをUTF-8に設定。

Default locale for the system environment:
ja_JP.UTF-8

終わったらexportしておきます。

 export LANG="ja_JP.UTF-8"

ここで一回ログアウトして再びDebianを起動し直します。
多分表示関係が日本語化されているはずです。
さて次はibus-anthy日本語入力。
パッケージはさっき入れたので後は設定。
.xinitrcに一行追加

 ibus-daemon -rdx

を一行追加します。
でibus-setupで設定します。
これはibus-daemonが起動していないと動作しないので注意。
メニュー→実行→ibus-daemon -rdxで実行しておきましょう。

一般タブの入力メソッド切替方法を追加。
次に入力メソッドタブで追加→日本語→Anthyで追加しておきます。

まだここだと表示されますが動きません。

 sudo leafpad /etc/profile

下記の行を追加して保存。

export GDM_LANG=ja
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
export LC_CTYPE='ja_JP.UTF-8'
export LC_MESSAGES='ja_JP.UTF-8'
export LC_ALL='ja_JP.UTF-8'

で再びログオフしてまたsudo startlxde
起動したらやっとibus-anthyが動くはずです。勿論ibus-mozcも動きました。
勿論、入力モードを「ひらがな」に設定しておきましょう。
これにしないとローマ字かな入力出来ません。
実は少し悩みましたw
後は各自好きなフォントを入れましょう。

●Awesomeの設定
初期のGUIのAwesomeの設定は
まず.config/awesome/rc.luaに書いてあります。
キーマップは/usr/sbin/pocketchip-load
onboardは.config/onboard
変更する際はまずこれを読みます。

.config/awesome/rc.luaを読むと重要なMod4キーは

local modkey= "Mod1"

とMod1=altキーに設定してあります。

詳しくはこちら

 https://osdn.jp/projects/tilingwm/wiki/awesome
 https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/Awesome

ウィンドウ画面切り替え
Alt + Tab
アプリを終了
CTRL + q


マニュアルの初期設定では

 xtermを起動する
 Mod4 + Enter
 ウィンドウフォーカスを移動する
 Mod4 + j、Mod4 + k
 ウィンドウを移動する(入れ替える)
 Mod4 + Shift + j、Mod4 + Shift + k
 ウィンドウ幅を変更する
 Mod4 + h、Mod4 + l
 awesome を再起動する
 Mod4 + Control + r
 awesomeを終了する
 Mod4 + Shift + q

より詳しい操作方法はmanで確認してください。

●LXDEをインストール
標準のGUI(Awesome)が使いにくくて不便なのでXサーバを入れ替えます。

 sudo apt-get install lxde

で設定ファイルを追加します。

 nano .xsession

一行書いて保存

 exec startlxde

再起動すればLXDEが起動します。
他のWMでも大丈夫なはずです。多分。
もとに戻したい場合は.xsessionを削除しましょう。 

●タッチスクリーンの座標調整
上下のタッチスクリーンがギリギリすぎて厳しいと意見。
修正されています。
こちらを参考に端末から書き直してみます。

 https://bbs.nextthing.co/t/pocketchip-running-chip-4-4-gui/5319

端末から

 sudo nano /usr/share/X11/xorg.conf.d/99.calibration.conf

 
 Option "Calibration" "3965 112 3776 227"
⇒Option "Calibration" "4055 41 3705 194"

書き直して保存。再起動。
微妙に上下が触りやすくなったはずです。

●推奨Debianアプリ?
・ブラウザ w3m,netsurf,iceweasel
・日本語入力 anthy、mozc
・メール Thunderbird、sylpheed
・twitter mikutter
・ゲーム 色々と
・リモートデスクトップ FreeRDP、Tightvncserver、Tightvncviewer

●まとめ
現代版Netwalkerの再来かと。解像度狭すぎるけど。安いし。
RaspberryPiなどのターミナル機種としても良いですし、
FreeRDP入れてリモートデスクトップしても良いです。狭いけど。
UIをどうするかは悩ましいですね。画面狭いので。
Awesomeの設定は慣れていないので分かりにくいです。
XFCE4やLXDEは便利ですが狭い。う〜ん。
一応ゲームにエミュレータにも。
初代〜2代目raspberryPiの間のスペックでしょうか?
Linux、*BSD系の移植も容易。
というかAllwinnerA13互換だから直ぐにでも。
posted by kapper at 18:45| Comment(0) | PocketChip

webアプリ「めけぽんビンゴ」でUbuntu、Debianのスキルテストしてみた

最近流行りのwebアプリ「めけぽんビンゴ」で
Ubuntu、Debianのスキルテストしてみました。
「めけぽんビンゴ」は意外とコミュニケーションツールとして
優秀で質問内容にもよりますが、瞬時にデータとして
スキルや知識をゲーム方式で見える化出来ます。
面白いです。
アンケートツールとして使っていきたいです。

●めけぽんビンゴ
めけぽんビンゴはTwitter連携型のWebアプリです。
シンプルさが大変よく出来ていまして、
ゲーム感覚で遊べます。
また、自分で簡単に作れましてネットで公開できます。

ビンゴ自体は昔からありますが、項目次第で知識とスキルが一目。
アンケートなどに良さそうです。

●自作
・使ったことがあるPDA、モバイルOS
 難しいと一部評判。新旧機種OSが入り乱れています故。
 http://www.fau-varda.net/bingo/?cid=vfn4kauehqdj6ygx

CoBkV5YUEAAxVek.jpg

・Ubuntu、Debian知ってるコマンド&スキルさん達
 案外簡単なUbuntu、Debianコマンド
 分からない機能があれば是非使ってみましょう。
 http://www.fau-varda.net/bingo/?cid=yvieg2zspw9k4d7m

CoDnO6qUEAACnEJ.jpg

・食べたことのある岐阜めし
 岐阜めしをネタにする人は少なそうなので、というネタ
 http://www.fau-varda.net/bingo/?cid=8yilf6m21c0r4kpw

CoDv-vkVMAErSN0.jpg
posted by kapper at 13:08| Comment(0) | Linux
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ