にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年09月18日

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS 基本プレイ無料化 UltimaOnline Endless Journey その12

Screenshot from 2018-09-17 14-10-25.png

そう言えば18年4月に基本料金無料化した
UltimaOnlineをWineでプレイしてみました。
いや〜、最後にUO遊んだ日を思い出せない位昔です。
当時は基本料金が高かったし遊ぶ時間が無かったので辞めましたが。
基本料金無料化したら遊んでみるのも悪くないかも。
スペック的に軽いし、オールドPCにも最適です。

●UltimaOnline Endless Journey無料化
UOも最古のMMOとして現在も健在ですが、
流石にユーザーも少なく運営が大変なんでしょうか?
基本プレイが無料化に転換しました。
最終プレイから120日停止しているユーザーが対象です。
オールドゲーマーで昔遊んだ人は結構いるのではないでしょうか?

UOは昔からWineで安定していてLinuxで動きます。
現在に至っても変わりません。多分。
せっかくなのでWineで動かしてみました。
環境はUbuntu18.04とWine3.16 32bit版です。


●UltimaOnlineのインストール
公式ホームページでEAアカウントを登録してから
UO本体をダウンロードしてWineで実行するだけです。
特別難しくはありません。
操作はWindowsと代わりありません。

・EAのアカウントを作成
・UO本体のダウンロード
・Wineで実行。UOデータをダウンロード(結構長い)
・キャラクターを登録してプレイ

が流れでしょうか。
まずUOの公式HPからEndless Journeyのページへアクセスします。
まずEAアカウントを作成。過去に作った人はパスワード再設定します。

https://uo.com/endless-journey/

EAアカウントでログインし直すとEndless Journeyの本体がダウンロード。
2D版か拡張版のどちらか。
で端末から

wine Downloads/UOEnhancedSetup_4_0_10_1.exe

みたいな感じでWineから起動します。
ログインするとダウンロードが開始されますので数時間放置。
結構長いのでご注意を。
ダウンロードが終わるとプレイです。
デスクトップにアイコンを作ったらダブルクリックすると起動します。
Pathの指定が必要なのか、コマンドラインから動かそうとしても起動しません。
ご注意を。


●まとめ
Linuxでも問題なく起動します。
当時UOを遊んだ方や、維持費が高くて遊ばなかった人にもお勧め。
2D版はPentium2 400MHz以降で動くほど省スペックなので、
旧式PCで遊ぶにも良いかもしれません。
まあ今更かもしれませんが。昔を懐かしむ意味でも。
基本プレイは無料だし。家や建設出来ませんが。
posted by kapper at 20:33 | Comment(0) | WINE

Ubuntu改造日記 980円 USBビデオキャプチャ EasyCap DC60(FS-V200) その80

Screenshot from 2018-09-18 07-06-01.png

今回は公式にはサポートアウトしているはずの
USBビデオキャプチャのEasyCap DC60をLinuxで
リサイクルしようというネタです。
タブレットをモニタ代わりにしたいな、と。
ビデオ出力とS端子のみですが、ダウンスキャンコンバータで応用。
VGAやHDMIキャプチャは高くて1万円以上します。
特にLinuxで使えるUVC互換は高いですのでご注意。
リモート出来るマシンはVNC、IchigoJamやゲーム機はEasyCapで。
使い分けしましょう。



●EasyCap DC60とLinux
EasyCap DC60は過去にリリースされたUSBビデオキャプチャです。
エンコードにSyntek STK1160というチップが使われています。
ややこしい事にEasyCapは海賊版が多すぎて、
それぞれに使われているチップが違うので
Linuxでちゃんと動くかは分かりません。純正DC60を入手しましょう。
ちなみに僕が使っている純正品は青色でDC60でFS-VC200という型番です。

FS-VC2001.png

偽物がほとんど、本家の品番もややこしいEasyCAPというUSB接続ビデオキャプチャー

STK1160のチップはLinuxKernel3.7よりMainlineKernelに
登録されて現在様々な機種で使えます。
USBに刺すだけでLinuxで認識します。
スペックは、

・USB ID 05e1:0408
・USB 2.0 interface (USB 1.1 will not work, it's too slow).
・Video capturing up to 720x576px @ 25fps (PAL) and 720x480px @ 30fps (NTSC)
・Inputs: (Model 001) CVBS, S-VIDEO, AUDIO(L), AUDIO(R)
・Inputs: (Model 002) 4 yellow input cables (CVBS) labelled 1, 2, 3, 4
 and one white unlabelled audio cable

詳細はこちらのページより

Stk1160 based USB 2.0 video and audio capture devices

UVC規格なのでWebカメラ形式で表示されます。何でも使えます。
正直、画質と音質は悪いです。まあビデオ端子だし。
リサイクル目的とタブレットをモニタ代わりに。
ちなみにAndroidタブレットでも使えます。
キャプチャアプリをダウンロードしましょう。


https://play.google.com/store/apps/details?id=labsp.android.viewer


●EasyCap DC60とMplayer
大抵の動画アプリで動くはずですが、
何故か定番のVLCで動かすと、画面が下半分表示されなくて
音声出力も出てきません。アプリ側の問題でしょうか?
Mplayerを使いましょう。こちらはOKです。

詳細は上のサイトにありますが、

・USBでPCと接続する
・ランプが付いたら端末からMplayerをコマンドで動かす
・ビデオ端子から映像を表示する(機器を繋げる)

位だけです。
コマンドは下記のコマンドをコピペしましょう。

mplayer tv:// -tv driver=v4l2:norm=NTSC:width=720:height=480:outfmt=uyvy:device=/dev/video0 :input=0:\
alsa:adevice=hw.1:audiorate=48000:forceaudio:immediatemode=0 -ao sdl

後は画面が表示されて再生されるはずです。
動作的には問題ないはず。
キャプチャ方法は、良く分かりませんw
スミマセン。
こちらをご一読を。


https://chienomi.reasonset.net/archives/livewithlinux/444



●まとめ
Linuxでもちゃんと映ってよかったです。
一応モニタ代わりにはなります。
偽物注意w
もし買うならFS-VC200で検索したほうが良いですw
画質補間機能とかよく分かっていませんので、
画質は悪いです。仕方がないです。
Ichigo-Jamやゲーム機のモニタ代わりには使えます。
画質を犠牲にするならダウンスキャンコンバータと併用できますが、
RaspberryPiとかはVNCなどリモートデスクトップを使いましょう。

日頃使っていないタブレット端末をEasyCapでリサイクルしませんか?
UVC規格なので実はAndroidのスマホやタブレットでも動きます。
実は非公式ドライバでWindows8や10にもEasyCapは対応しています。
モニタ代わりに是非どうぞ。
posted by kapper at 19:51 | Comment(0) | Ubuntu

2018年09月17日

愛しきモバイル敗北者 FirefoxOS Fx0 艦これHtml5対応 その2

Fx0.jpg

久し振りにFx0のネタを。
実はセカンドマシンとして電池切れした時に
Fx0は時々使っています。
ブラウザだけですけど。
艦これがHtml5に対応しましたので、
Fx0でも動くようになりました。
なおプレイにはブラウザのUserAgentを
Androidに変更すると動かないのでご注意を。

●艦これ Html5化
艦これがHtml5になってiOSとか*BSDとかFlash面倒な
機種でもプレイ出来る様になって好評です。
Fx0でも動きます。
ブラウザでそのままログインして普通に表示。
ただしブラウザの画面拡大縮小機能の調整幅が小さいので、
横画面にすると縮小出来ずに画面は大きいままです。残念。
縦画面だと全部表示できますが、凄く小さいです。
縦横画面を切り替える事でリサイズ出来ます。
表示まではこれといって難しいですけど。音は出ます。

重さ的には砲撃時と画面読み込みで僅かにカクつきます。
後、画面を小さくするとタップをよく間違えますw
まあそんな程度です。

ただしAndroid版の艦これ意外と重いので、Html5悪くないかも。
変なアプリと面倒な更新作業いらないし。
PC版と表示も動作もほぼ同じです。まあそりゃそうか。
ブラウザのUAがAndroidだとアプリインストール画面に飛ばされますが、
Android以外だと普通にブラウザでプレイできそうです。
なのでUAは元に戻しておきましょう。

●まとめ
Fx0は一応Html5完備なので、余生をブラウザ端末として。
Fx0はもうスペック的にジャンク扱いで、Mineo店舗の中古で4420円で買えますw
艦これが動くと一応なんか遊べる端末の気がしますw
気がするだけですw
Fx0をもっと活用してみませんか?
アプリないけど・・・
posted by kapper at 16:21 | Comment(0) | fx0

本日のWine動作確認テスト 2018年9月18日

今日のというより最近のWineです。
今回はWine公式のレポジトリを使って、
最新のWine3.16を使っています。32bit版です。
Ubuntuは18.04 x86_64bitのままです。
SteamをWineで動かしたい時はいつものコマンドで。

wine 〜/Steam.EXE -no-cef-sandbox -no-dwrite

○Raiden4 GOG.com版
英語設定にしてGOG.Galaxy経由で起動させると動きました。
プレイ自体は問題無さそう。

◎KOF XIII GOG.com版
動きました。
結構重いのでPCご注意を。

×KOF2012 UM GOG.com版
動きません。ご注意を。

×KOF98 UM GOG.com版
動きません。ご注意を。

◎真・三國無双5
起動DVDチェックが必須ですが問題なく遊べます。

◎SummerPockets
日本人プロテクトがあり、地域名を東京にする必要があります。
プレイは問題ありません。

◎Rance10 パッケージ版
問題なく動作。完璧です。

×ソフト電池
常駐できないので起動できず。
この手関係のゲームは動きません。

◎マブラヴオルタネイティヴ
問題なく動作。

◎俺たちに翼はない
問題なくプレイ可能

◎巨乳ファンタジー3 IF
こちらもプレイ可能。
巨乳ファンタジー初代と外伝は動きませんが。

×巨乳ファンタジー外伝2 after
動作しません。
何故でしょうか・・・

posted by kapper at 10:35 | Comment(0) | WINE

2018年09月16日

最近の事 2018年9月 適当に色々と


今月の愚痴をブログに色々と
まあそれほどありませんけど。


●東海道らぐ伊勢市 初開催
遠い所、誠にありがとうございました。
残念ながら地元伊勢市の方は不参加でしたが。
伊勢神宮や赤福、伊勢うどんなどセットで楽しんで頂けたかと。
まあ僕の興味はここで終わりということで。
次はNT名古屋2018とOSC東京2018Fall、KOF2018でお会いしましょう。

●NT名古屋2018展示について
展示をどうしましょうね?
今回は旧式UMPCを持っていく事にします・・・
タブレットは不人気だったので。
ArduinoでLチカするかな・・・
Linuxで。

●そろそろVPSを借りようかな?
VPSを借りると沼にハマりそうで遠慮していたのですが、
機械学習をやりはじめて、システム面を考慮すると
どうしてもSQLサーバ他が欲しくなって。
会社で借りたいですけどw
テストはお一人Mastodonでも立てるかな(ぉぃ

●UbuntuとWineでランス10 1周目クリア、2周目
久し振りに再インストールしてガシガシ遊んでます。
いやあUbuntuで動かすゲームは2倍楽しいんですよw
もうハマるハマるw
topでデータを読みながら、Wineのバグを探りながらw
もちろんゲームも面白いですよ。
最初の1周目は果てしなく難易度が高いですが、
2周目が本番でしょうか?CPによる補完機能で楽です。
時間がもりもり消費されるw
これヤバイ。

●Ubuntu18.10 Daily-buildとGnome3.20
テストを開始しています。
まだブラックスクリーンの問題にヒットして
レポート出来ていませんがw
色々なディストリを試したいですね。

●Freeciv遊ぼうぜ!
ちょっとUIが見にくいですが、面白いです。
初心者はAIを弱くして初心者モードにして無双した方が楽しいですw
いやAI結構強いのよ。
Freecivは無双した方が最初は面白いw

●艦これHTML5化
OSを選ばなくなったのはありがたいです。
しかし僕の艦これは既に100隻ギリギリで、
課金しないのでプレイを止めていますw
もう十分遊んだし・・・
次のWebゲームを探しつつ、ネタを掘り返すしかないかなぁ。
Linuxでゲーム道は追求しないとね。

●Android-x86のビルド
色々な人がレポートあるので真似するだけなので簡単ですが、
どうもWimaxだとパケット規制に引っかかってダウンロード出来ない。
回線理由です。困り毎です。
数十GBもダウンロードするんですよ。
後、一つ問題があって、
repoコマンドをダウンロードする様に各ブログにかいてありますが
NGです。Ubuntu18.04だと、
Pythonのバージョンと引っかかってエラーが出ます。

/usr/bin/repo sync -j8 --no-tags --no-clone-bundle

みたいにUbuntu標準のrepoを入れてそのまま使いましょう。
そうすれば普通にダウンロード開始します。
コレご注意を。

●ジャンクWindowsタブレットにLinuxを
最近色々な人がテストする様になって、
色々な苦情が僕の所に届いていますw
いや、だいたい既知なんですけどね・・・
UI関係はLinux全般の課題なので仕方がないですけど
Blackscreenの問題とかタッチスクリーンの問題は機種固有があって
まだまだ解決に届いていない部分も。特に中華パッド。
どしどしtwitterに書き込んで下さい。
ツィートを見つけたらファボして、質問があれば返信します。
ガンガンタブレットを改造しましょうよ。

●NetBSD8.0
まだテスト出来ていません。
いやLegacyの環境なら入れていますけど、
見た目は変わりません。
テストしていないのはUEFIマシンですね。
そのうちやりたいですけど・・・

●機械学習とIoT
実は仕事でAIとIoT担当になってしまい焦っています。
実務では適当でしたもん。
やりたいこととやれることに差がありすぎて
勉強しないとなんともなりません。
面倒だな・・・

●ARMガジェットとRaspberryPI
今の所、ARMはRaspberryPiだけです。
そろそろ他の端末に広げないと。
勉強不足な自分に喝をいれないとね。

●ARMタブ改造の話
あまり進んでいません。
我が家がタブレットで溢れています。
MainLineKernelにARMタブが採用されていないので、
当時のKernelのまんまです。
つまりLinuxディストリには古すぎて動かない訳です。
困ったな、という所がスタートポイントなので・・・
CentOSか?ドライバ無いよw

ドライバ調査がまず最優先で、
SoCみたいに動きゃOKからスタートになりそう。
様はドライバが無い、と。
当然タッチスクリーンは絶望的です。
ここが課題というか、世界中のハッカーに投げかけないといけません。
誰かがパッチを書いて、Mainlineに登録しないといつまでも動かない。
つまり壮大なテーマw
誰がやるんかい?
U-bootも追跡しないと。
えー。

SoCのデータとドライバを追跡する仕事と
タブレットのドライバを調べて、追跡する仕事。
この2つが必要になります。
そんな上級者どこにいるねんw
Android独自ビルド勢はKernelには関与していないので
彼らはLinuxの移植には何もできません。
SoCのチップ勢というか1ボードPCは供給されるディストリのみを
使っているのでMainlineに触ろうとしません。
つまり誰もあてに出来ないとw
難しいんです。だから皆が断念している。
まあそこをアプローチするのがマニアの仕事なんですけどね。
誰か一緒にやりませんか?無限地獄にようこそ(ぉぃ
posted by kapper at 19:54 | Comment(0) | 近況

Ubuntu改造日記 Kernel4.18系列メモリリークとFix Kernel4.18-8 その79



なんかKernel4.18系列でメモリリークがあるらしいです。
Arch Linux Forumやその他で話題になっています。
Kernel4.18-8で一応Fixされたらしいので、
Kernel4.18を使っている人はアップデートをお勧めします。
UbuntuでKernel4.18を使っている人はPPAだろうからアップデートを。

ソースはこちらです。

Memory leak in kernel 4.18

4.18.8-stable review


メモリリークなんてよくある事ですが、
重くなってSwapを食い尽くすのでイライラします。
今回はKernel4.18です。
まあ色々ありますもんね・・・
posted by kapper at 17:59 | Comment(0) | Ubuntu

2018年09月09日

Ubuntu改造日記 ISOファイルをUSBメモリに焼くWrite-protect対策 Rufus VS ddコマンドとxorriso  その78


今回はLinuxでISOファイルをddコマンドでUSBメモリに焼く際に
何故Write−protectになるのかをまとめます。
東海道らぐ伊勢市でこんどうさんからUnetbootinを使う方法を
ご紹介頂いたのでその説明を考察ブログにします。
こんどうさん誠にありがとうございました。

●ISOファイルとUSBメモリに焼き込み
LinuxディストリはISO形式で配布されている事が多いです。
これはNetBSDがimg形式とISO形式で両配布されいてる
事と比較しますと対象的です。
何故でしょうか?
実は色々な背景があります。

UbuntuなどLinux環境のddコマンドで
ISOファイルをUSBメモリに焼くと
Write−protectがかかって書き込み不可になります。
これUEFI32bit環境で使うには結構面倒です。
bootia32.efiやgrub-efi-i386などのパッケージを追加出来ません。
WindowsからRufusなどで書き込む必要があります。

実はISOファイルはCDROM形式でRead-onlyになっています。
ddコマンドはベタでそのまま焼き込むので、
USBメモリもCDROM形式になってRead-onlyになります。
つまりWrite-protectがかかって書き込み出来ません。
そこが問題です。


●Rufus VS ddコマンド
じゃあRufusのISOモードは?というと、
まずWindowsでFAT32に強制フォーマットして、
ISOイメージから直接ファイルとフォルダをUSBメモリにコピーします。
その為、Read-onlyになりません。
EXT4などがWindowsで読めない為の処置です。
これでも多数のLinuxディストリをサポートしているので
openSUSEの様にISO9660対象外を除くと十分使えてしまうんです。
openSUSEは4GBオーバーのISO9660規格から外れているので
ddコマンドじゃないと焼けませんのでご注意を。

UEFIの場合はブートローダーを認識するにはEFIパーティション
つまりFAT32上に/EFI/bootフォルダがある必要があります。
逆から考えるとRufusみたいにFAT32でベタフォーマットしてしまえば、
コピペしても/EFI/bootフォルダがあるのでUEFIから見える訳です。

NetBSDの場合はimgファイルでイメージファイルを提供しています。
そちらでWrite-protectから回避している様子です。
だからddコマンドで焼いてもその手の問題は見えていません。
多分。

詳しくはこちらをご参考までに。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&tl=ja&u=https://github.com/pbatard/rufus/issues/843&xid=17259,1500000,15700002,15700021,15700124,15700149,15700186,15700190,15700201&usg=ALkJrhgaZ3QjpiKNIQyUlCAj1jvbp4spkg


●じゃあLinux環境だとどうするの?
手間ですが同じ様にUSBメモリをFAT32でフォーマットしてISOファイルを
マウントしてベタコピーすれば一応同じ事は出来ます。
面倒ですが、


・ISOファイルから直接ファイルをUSBメモリにコピーする
・xorrisoを用いてISOファイルにファイルを追加してからUSBメモリに焼く
・RufusのISOモードを使用してWindowsから焼く


という手順になります。


●xorrisoでファイルをISOファイルに書き込む
詳しくはこちらをご参考に。ありがとうございます。

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/ganshiki-soushi/0091


まずxorrisoをインストールします。

sudo apt install xorriso

コマンドの一例としてはこちらです。
cosmic-desktop-amd64.isoのISOイメージファイルに
HDDにあるbootia32.efiのファイルを
ISOファイルの/EFI/BOOT/bootia32.efiに書き込むコマンドです。

xorriso -dev cosmic-desktop-amd64.iso --pathspecs on -add /EFI/BOOT/bootia32.efi=bootia32.efi

ファイルがコピーされたか見るには、

xorriso -dev cosmic-desktop-amd64.iso -find

で一覧として表示されます。ISOファイルをマウントしなくても良いです。
ISOファイルをloopbackでマウントする際は

sudo mount -o loop -t iso9660 cosmic-desktop-amd64.iso (フォルダ名)/

でマウント出来ますが、例によってRead-onlyです。
読み込みは可能ですが書き込みはNG。

変更したISOファイルはddコマンド、
Unetbootin、mkusbなどのコマンドでUSBメモリに焼きます。


●WineでRufusは使えるの? NGです。
WineでRufusは動きません。
RufusからUSBメモリを認識出来ないからです。
仕方がありません。


●まとめ
東海道らぐ伊勢市のこんどうさんの情報を元にまとめてみました。
こんどうさん誠にありがとうございます。
一応xorrisoを使えば、ISOファイルに直接書き込みが出来ますので、
Linuxでも普通にUEFI32bit対応出来ます。
ただISOイメージのパーティションの容量規制があるので、
アレもコレも追加出来ないのが悩みどころですが。
自分でISOファイルをカスタマイズしてみましょう。
posted by kapper at 10:46 | Comment(0) | Ubuntu

最近の事 2018年9月 勉強会を開催する際に準備すること


今月のブログをざくざく書きます。
今回は最近勉強会を開催してアレコレ課題があって、
タイムスケジュール的に予約が面倒だったり、
会場を抑えるのが面倒だったり先に取られたりが多いので
いったんブログにまとめてみます。

●勉強会をやるにあたって準備するもの
まあ色々と思いつきますが、簡単なのから。
動画やネット配信などはひとまず保留で。

・会場:最重要。安い会場は本当に取り合い。頑張った人が勝ち。
・懇親会会場:結構予約いっぱいで取るのが大変。予算の高い所は取れない。
・合宿用ホテル:まあ合宿をやる時は。予算と人数合わせが大変。
・交通手段:集合場所に何時で何人という所。
・Connpassページ作成:一応手間と言えば手間という程度。
・予算推定:総費用がいくらになるか。お金の問題が一番つらい。
・当日スケジュール:タイムキーパーや順番などなど。
・機材:最小限はプロジェクタとVGA、HDMIケーブル。
    Chromecastやネット配信、Wifiルーター他はもし必要であれば。
・発表資料:発表する場合はネタが必要だよね。
    
●会場
会場費≒参加費になるので、どこの会場を借りるかが重要。
一番安い所は地方自治体の運営している施設。
しかし遠かったり、取るのが難しかったり。とても高かったり。
結構ローカルなおばちゃんコミュニティが多くて、
安くて便利な所は熾烈な取り合いになります。
地の利と時間の優位(僕らは休日の限られた日時しか予約しにいけない)
があってどうしてもおばちゃんに負けてしまう。
ネットでは予約取れそうでも、みんなネットで見ているからヤバイ。
3〜6ヶ月前の予約解禁になったら直ぐに現地にいかないとNG。
このスピードの速さがキモ。
また他のイベントとの兼ね合いもありバッティングは避けたいです。
この事前情報の入手力が鍵を握ります。

会場の広さも重要で、
推定どの位の方々が参加されるかで選ばないといけない。
狭い部屋は会場費が安いので人気。
見積もりを誤ると予算が大きくオーバーして色々と問題になる。
初開催の場合は参加者数が全く想像出来ないので苦しい。
分からんもん。

次に冷暖房代と電気代が徴収される。夏と冬で予算が変わる(涙
会場によっては冷暖房や電気代、プロジェクタ他のレンタル費用が
プラスされて乗っかかるので、追加されると意外と高くなります。

場所の方は駅もしくは交通機関が近いか遠いか。
車を使わないと行けない場所は難しい。
駐車場を確保出来るかどうかも実は課題。意外と難しい。

●懇親会会場
普通に居酒屋とか?場合によってはファミレスとか。
予算と人数を確定させるのが大きな課題。
忘年会の幹事をやった事がある人なら分かるかと。
参加人数は直前にならないと分かりませんが、
土日の会場は予約がすぐいっぱいになります。
早いうちに会場を抑えないと取れません。
ここに大きな矛盾が出てきます。
そう人数が合わせられないんですw
しかし安いお店は先に予約がいっぱいになります。
どうしましょう。

年末年始を除けば基本的に1週間を切ると店が予約でいっぱいになります。
今回は月曜日に予約しましたがギリギリでした。
目標として2週間前にはある程度予想して予約が必要です。
という事で早めにConnpassに登録をお願いしますかも。

●交通手段
電車やバスで移動が容易な場所は良いですが、
案外遠い所が多いです。
移動手段を考える必要があります。
特に雨が降ると辛いです。

・バスの時間
・待ち合わせ場所の時間
・徒歩の移動時間
・遅刻してきた人の移動時間
・昼飯を食べれる場所のリサーチ

の計画を組む必要があります。
地方だとバスが1時間に1本も珍しくはありません。
伊勢市の観光地でもそんな感じでした。
当然、交通便利な場所はおばちゃんとの熾烈な取り合いです。
遠い場所は安くて取りやすいです。
後は、昼飯を食べる場所。飲食店や喫茶店。
他は自販機やコンビニ。意外と見つからなくて大変です。

●Connpassページ作成
これは基本コピペ改変なのでそれほど時間はかかりません。
1時間弱でしょうか。
地図や交通ルートなどを調べる必要がありますので、
細かく情報があると見た人がありがたいかも。
都市圏なら問題ないはずですけど、
初めてくる場所だと意外と苦労します。

問題は、いつ公開するか。
この日程で他の計画とバッティングするか回避できるかが決まります。
当然早めの方が良いです。
例えば、飛行機で来る場合は2ヶ月くらい前から日程を確定したい。
チケットとホテルが高くなって取れなくなるからです。
1〜2週間前の直前に公開したとしたら大きな迷惑です。
日程が決まりません。
移動する人の予約状況を十分に考慮する必要があります。
後は他のイベント関係とバッティングしない日程。
OSCとかKOFとかNT関係とかは特に注意が必要です。
後は会場の予約が可能になる日時。地域によって変わります。

この全てが確定したもっとも早いタイミングで
Connpassを作って公開する必要があります。
早ければ早いほど良いです。
これは仕事の段取りと同じで、この公開タイミングが早いか遅いかで
その人の実務能力が良くわかります。
公開が遅い人は実務能力が特別低いので要注意。


●実質的なスケジュール
ざっくりと

・他のイベントとの日程調整
⇒3〜6ヶ月以内。
 OSCなどは日程公開が遅いので個人的に聞き込みしましょう。
 重要です。
・会場の予約
⇒3〜6ヶ月以内。
 三重県の四日市は6ヶ月以内から予約解禁。
 伊勢市や岐阜は3ヶ月以内から予約解禁。  
 安くて良い場所を確保するなら必ず3ヶ月前。
 おばちゃんとの戦いはスピードが命です。
 場所が3ヶ月以内に確保出来ない幹事は実務能力が低いです。
・懇親会会場
⇒2週間前目安
 1週間前だと安いお店の予約が取れなくなります。
 だからそれより前に予約。
 人数は多少詰めて貰えば1〜2人は追加で入れます。
 関係者とうちうちに相談して決めてしまいます。
・Connpass登録
⇒3ヶ月前目標。
 会場さえ確保出来れば直ぐにでも。
 これは飛行機や高速バスなどで来る人の為に。
 遅いと計画が組めなくなります。
 見えない苦情が一番ここに集中しています。

●まとめ
意外と大変です。
スムーズに出来るかどうかは、スピードで。
事前情報をどれだけ集められるかが課題になります。
自分で決められない情報、つまりOSCなどの日程。
ここは各自で協力して情報を入手して共有しましょう。
そしておばちゃんとの熾烈な会場取り合い。
つまり原則3ヶ月以内でConnpassの公開。
これが大前提の目標です。
幹事さんの実務能力を見るにはここで決まります。
意外とうまくいかないんです・・・

そういう背景があるという事で、
Connpassの登録は早めにご協力をお願いしたいです・・・

posted by kapper at 07:56 | Comment(2) | 近況

2018年09月08日

東海道らぐ伊勢市 2018年9月 初開催

東海道らぐ伊勢市を初開催しました。
今回は幹事です。
沢山の方々に来て頂き、本当にありがとうございました。
今回の皆様の発表はとても面白くてレベルが高かったです。
東海道らぐも凄いな・・・と。

伊勢神宮観光に、伊勢うどんグルメに、東海道らぐ。
そういういつもと違うプラスアルファを提供したらなと思いました。
色々な楽しみ方を追求したいし、ご提案したいです。

●自己紹介
いつもの


●アレを排除した手法の検討 こんどうさん
T100TAへのLinuxインストール
「手順が急務」
LinuxMintでCinnamonを入れた
Kernelに追記。
「Rufus」を使うとWindowsを使用する必要。
FedoraはUEFI32bitを使える。
Windows無しで。
最近はxorrisoファイル追加機能。
Unetbootinを使うとWritableで書き込める。

●RaspberryPiインストール失敗談 いなばさん
sshでopen_CVを削除
でも再起動するとファイルが復活する。
強制シャットダウンしていた。
Tensorflowを起動したらフォルダが復活。
調べるとRaspberryPiのSDカードが壊れてた。


●MastodonでIPv6化でハマった話 うみかきさん
DockerのSidekiqがNGINXを通らずにパスする。
DockerがIPv4のみ対応。
IPv4接続を拒否するインスタンスの画像が取得不可能。
NATを使ってULAを各コンテナに配布。
MastodonのVerを一つ落とさないと、enable_ipv6が書けないので注意。
デュアルポートの場合、IPv4が優先される。

●Luaでゲームコンソール かぐらさん
名古屋以降の顛末
スタックマシンでデータと因数が混じった状態
Luaでゲームコンソールを作ったら面白いのではないか。
なんかオンラインゲーム風。
制御向けで使う。
レトロゲーム風でLua。
マルチスレッド非対応。
動作デモ。

●超音波を使ったファイル共有方法 おたかんさん
近くの人にファイルを渡したいけど、USBもない。
Airbox。
https://a.yvt.jp/
ファイル自体の送信は超音波でなくinsターネット経由。
OSSでは無いので自分でサーバを設置。


●PCケースを作ってみた rootyさん
自己紹介。
CNCとボーリングマシンで自作。
フレームを作って
ホコリの問題は洗浄。
GPUの固定は3Dプリンタで治具作成。
HDD固定は無理。
電源は
3Dレンダリングするソフト。標準。


●HTCのお話 ぴけぴけさん
HTC速報の記事を書いている。
今回のプレゼン資料は下記のサイトに公開。

https://novel.pikegadge.com/

HTCの各機種の説明。
ハックして遊ぶ。
HTCは昔からブートローダーのアンロックを公式提供。
「S-OFF」さえすればファームウェアの焼き直しや様々な部分を書き換え可能に。


●ビジュアルプログラミングはじめました 8mitsuさん
小学校でのプログラミング
プログラミングをブロックを組み立てて作る
Microbit。
プログラミングとは何だよ?とか。

・Webサイト上でプログラミング
・.hexファイルをUSB経由でMicroBitにコピー
・PCにクライアントインストール不要
・Linuxでも使えました。

Scratch

プログラム。

●KVM環境上にルーターを作る Zgockさん
openWRT x86 on KVM
IPoE環境で半年運用してみた。
万能ではないIPoE。
transixにRCPコネクション数に制限がある。
ネットワークの物理トポロジをいじらずに併用したい。
ルーター構造。
openWRTのx86版。
各種家庭用ルータのalternative firmのx86版。
前使った時はわりと不安定だった。
普通にVirt Manager経由でISOからインストール。
ルーターPCのNIC2つをブリッジで接続してVMとホストで共有


●SVGファイルをLATEXで開く もりやさん
KOFでのおさらい
XFig+PSTricksをやっていた。
流石にXFいgでは表現力に劣る。
日本語対応が出来ていない。
Inkscape+Tikzでいきます。
svg2tikzとかもあります。機能が不十分。
描画コマンドじゃないと出来ない事もある。
SVG-Path Library。
このコマンドを使うとパスデータをTikzにライブラリする。

●LinuxのSemaphoreとMutexを見る Wata2kiさん
アメリカの航空便で振替え
SemaphoreとMutexとは。
資源の同期・排他を行うための仕組み。
semaphoreの排他用途で使用。
mutexは所有的の概念がある。同期用途では使えない。
LinuxのSemaphoreとMutexはNPTLによって提供。
Linuxにはmutexは1種類しかないがsemaphoreは2種類ある
POSIX semaphoreの資源の獲得はsem_waitで行う。
作成時にカーネルの資源を作成していない。
途中で出てきたfutexとは。
LinuxのSemaphoreの実装とは?
アトミックインクリメント・ディクリメントによって殆どの操作が終わってしまう。
競合が発生した時のみfutexを使った待ち制御を行う。
RTOSの場合は?
RTOSは全てKernelが制御する。

RTOSの常識
SemaphoreやMutexは極力減らしてリソース削減や動作効率を良くする
Linuxの常識
ユーザー空間のSemaphoreやMutexは作りまくって競合をなくし
リソース削減や動作効率を良くする。


●真面目にLinuxタブレット環境を構築する  しまださん
このWinタブでLinux動くのか?
どう真面目に作業する。
・原稿書き
・SSH
・スライド作り
・出来ればスライド投影
・Mastodon
など。
秋葉原で6千円のWindowsタブレットを購入。
KBM85-B。UEFI64bit。
インストール方法概略説明。
ブート、インストール、無線LAN。
onboardの設定。
スクロールバーの設定。
タッチスクリーンが動いている!?SliedじゃなくてGoodix。
FireduckOSにも反映させたい。


●近況報告 はしもとさん
小説情報
近況@openSUSEインストール
近況ATekken7などWine
おーぷん万葉。
posted by kapper at 21:22 | Comment(0) | 東海道らぐ

2018年09月02日

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS ランス10 プレイ その11

RANCE10.jpg

今回はWineでランス10です。
動作確認は問題なく、不具合なく遊べます。
ネット上に記録が無かったので僕のブログで残しておこうかな、と。
パッケージ版を買った人は是非Linuxでも遊んでみましょう。
なおダウンロード版はソフト電池がLinuxで動作しないので
プレイ不可能です。ご注意を。

●ランス10
ご存知、RPGシリーズ最終作。
昔ながらのファンは買って遊んでいるのでは無いでしょうか。
LinuxとWineで問題なく動作します。
環境はUbuntu18.04とWine-development3.7です。
インストール方法はDVDを繋いで、

wine-development /media/(ユーザー名)/RANCE10/StartMenu.exe

で終わりです。
インストール先はZドライブ(ホームフォルダ)にしておきましょう。
コマンドラインで探したり、Wine入れ替えたり消す時にも便利です。
パッチは

wine-development (フォルダ)/Updater.exe

みたいな感じで1.01から段階的に入れていきます。
Wineでも特に問題ありません。
プレイは、

wine-development (フォルダ)/ランス10/Rance10.exe

みたいに直接叩きます。
ランス10とカタカナでフォルダ自動作成されるので、前に
オートコンプリート出来るフォルダを入れておくと便利です。

●CPU負荷率
CF-NX2でCPU負荷率105〜120%です。
シングルスレッドです。重いです。
恐らくCPU Turboモードでの動作になる可能性があるので、
電池の持ちが悪くなる可能性あり。
モバイルする際には電池にご注意を。

●まとめ
わざわざWineのためにパッケージを1つ買いましたw
いや誰かブログに動作報告してくれれば・・・結局買ったかなw
意外とゲームの動作報告ってググってもヒットしないんですよ。
皆、ネットに書こうよ・・・

ゲームはLinuxでも問題なく動きました。
UNIX汎用環境で動くととても楽しいです。
是非パッケージも買って遊んでみましょう。

posted by kapper at 14:09 | Comment(0) | WINE

2018年08月21日

Ubuntu改造日記 艦これ拡張ブラウザ POI HTML5対応 ver9.0.0-beta2 その77

Screenshot from 2018-08-21 20-45-02.png

艦これがHTML5に移管して画面表示などが変更されていた
艦これブラウザPOIがアップデートして
一部HTML5に対応しました。
バグフィックスです。
画面のリサイズやデータ表示、プラグインなどに対応しています。

●POI 9.0.0beta2
艦これがHTML5移管してPOIも色々と不具合が出ています。
そのFixだと思います。
艦これは中国でも人気で日本のプロクシを使って遊んでいます。
プロクシの使える独自ブラウザとして人気です。
Weiboを読むとかなり書き込みが合って、
8/19に9.0.0beta2がリリースされました。早いな。
Chomeが問題らしいです・・・

O网页链接 硬件加速问题,声音割裂,白条问题,删除
%appdata%/poi 下的 config.cson / plugins / cache
仍然崩溃的可以试试看这个版本,无论有没有修复麻烦汇报一下 ​​​​

まあPOIはビュアーであってデータの表示に主眼がおかれて
ゲーム性に介入するものではありませんかも。
怪しいプラグインを使わなければ?
是非使ってみましょう。

●POIのアップグレード
公式HPからDEBファイルをダウンロードして入れるだけです。
公式サイトはこちら


https://poi.io/#/


あとは読み込んでログインするだけ。
キャッシュに沢山データを貯めるので初回は起動が遅いです。
仕方がないかな。
ゆっくり待ちましょう。
画面表示はブラウザの倍率表示を手動で設定して変える形です。
自動では変更されないのでご注意を。
当方のブラウザはFirefoxなので今の所問題は確認されていません。
ちょっと挙動が重いです。メモリかな・・・?
Chromeだと、どうかな・・・

●まとめ
更新と対応が早いです。早すぎですw
日本だけでなく海外でも艦これ人気は健在です。
CPUパワーとメモリを結構食っている感じがありますので
低スペックのPCでPOIを使う場合はご注意を。
データの見える化とログとしても便利なので
是非使ってみましょう。
マルチOS対応です。
posted by kapper at 21:34 | Comment(0) | Ubuntu

2018年08月19日

4320円 ジャンクUMPC Loox U50X/V 「Debian with Raspberry Pi Desktop 」インストール 学習用+リサイクル その1

Raspbian-x86.jpg
今回ハードオフでジャンクのLoox U50X/Vを
4320円で購入しまして、なんとか使えないかな
と思って「Debian with Raspberry Pi Desktop 」を入れてみました。
RaspberryPiそのままのUIとアプリは
初心者の学習用に良いかもしれません。
元々RaspberryPi初代とZero用のメモリでも
動く程度に作ってあるので古いマシンにも良好です。

●Debian with Raspberry Pi Desktop (32bit LegacyBIOSのみ)とU50X/V
当時のUMPCを入手したのですが、スペックとメモリが足りません。
時代背景からみても厳しいです。
軽量Linuxを入れてみようと思って調べていたら
HDDに以前ダウンロードしたDebian with Raspberry Pi Desktop
のISOがあったのでUSBメモリに焼いて入れてみました。
RaspbianのUIとオールドPCは相性が良くいいですね。
メモリ消費量も少ないですし。
Wifi使えませんが・・・
試してみました。

Loox U50X/Vのスペックはこちら。

基本OS 画面サイズ CPU メモリ
OS:Windows Vistaレジスタードマーク Home Premium
画面サイズ:5.6型ワイド スーパーファイン液晶
CPU:インテルレジスタードマーク プロセッサー A110(800MHz)
メモリ:1GB
HDD:約40GB
テレビ:ワンセグ放送
無線LAN:IEEE802.11a/b/g準拠

ジャンクなのでWindowsVistaはありません。
まあLinux使うから良いのですw
CPUが800MHzのメモリ1GBは流石に苦しいかな。
Debian with Raspberry Pi Desktop はかなり前からあります。
今回はDebian Stretch版を入れてみました。

●Debian with Raspberry Pi Desktop のインストール
ここからISOファイルをダウンロードします。
32版(LegacyBIOS)のみ対応なので最近のPCでは使えません。ご注意。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-desktop/

ISOファイルを公式からダウンロードしてddコマンドか
RufusでUSBメモリに焼きます。
でBIOS設定でUSBブートを追加してから、
USBメモリを本体に刺して起動するとブートローダーが出てきます。
ここで、Installを選択します
Graphical Installは読み込みが長すぎるので止めましょう。
使ってみるとわかりますが、当時のPCはUSBとHDDが果てしなく遅いです。
インストールだけでもかなりの時間がかかります。
仕方がないね・・・

後は選択肢を入れていけばインストールはそのまま進みます。
USBメモリからのコピーが長いですが放置してゆっくり待ちましょう。
2時間くらいしたらインストールが終わって再起動するはずです。
詳しくはこちらをご参考に

http://my-web-site.iobb.net/~yuki/2017-10/raspberry-pi/pi-desktop-x86/


●Debian with Raspberry Pi Desktop 使ってみて
UI、設定他はRaspbianそのままです。
ただ最初の起動時に出てくる設定画面は出てこないので
自分でオプションでロケールなどを変更する必要があります。
あと、何故かWifiが動いていません。
ここはちょっとまだ分かっていませんが調査必要ですね。
他のPCはどうなんでしょう。

構成とUIがRaspbianそのままなので使いやすいはずです。
学習用に良いかもしれませんね。
リサイクル用に色々と使ってみましょう。

●まとめ
軽量Linuxとしてはまだまだ他にもありますが、
RaspberryPi代わりとして。キーボードも液晶もありますし。
HDDににインストールさえしてしまえばそれなりに動きます。
メモリ問題はどうなんでしょうね?
Chromium-browserが標準ですが苦しいかも。
残念なのが32bit専用で最近のPCでは動きません。
まあ、使い分けということで・・・
posted by kapper at 13:42 | Comment(0) | Loox U50X/V

鹿児島らぐ 2018年8月 LT大会 他

久しぶりに鹿児島らぐに参加しました。
皆様が元気で良かったです。
今回もらぐ開催です。

●DNSサーバなアドブロッカーのPi−holeを試す まとはらさん
Pi-hole
https://pi-hole.net/
DNSキャッシュサーバとして動作して広告をDNSベースでブロック
Webベースの管理画面が利用可能

対応OS
・Raspbian
・Debian 8/9
・Ubuntu 16.04/16.10
・Fedora 26
・CentOS 7

インストール
DNSの選択
ad listの選択 7種類使える
DNSを通してアドブロック
crontabに登録

メリット
・軽量で動作要件も低い
・設定が簡単
・転送量が減る
デメリット
・uBlock Originと比べると広告のブロック率が低い?
・今見えている広告をブロックしたい時にはブラウザの方が便利

listを/etc/hostsに追加
色々なリストがあってそれを入れれる


●HDDデータの消去 おだはらさん
USB接続のIDE、SATAケーブルを調達
USBブートのUbuntuから実行。
#dd if=/dev/zero of=/dev/hda
書き込み速度が遅い
bs=256Mなどを付けると速くなった。
HDDのイレース機能がある機器を購入
パスワードロックされたHDDをどうするか?消せない。

●Debconf18とWindowsタブレット他 Kapper 
Debconf18とWindowsタブレットの内容。
資料を直したらまたアップデートします。



●ddコマンドとHD まとはらさん
ddコマンドと概要についてこちらのリンク先を参照
https://matoken.org/blog/2015/12/08/raspberry-pi-for-os-writing-tips-on-linux-environment/

pv:パイプビュワー
GNU ddrescue:プログレスの表示
ionice:ddコマンドの優先度を下げる
cgroup:書き込み速度帯域制限
ブロックサイズ変更:書き込み速度調整
wipefs:パーティション情報を消す。SDカード、USBに使うと良い
posted by kapper at 13:02 | Comment(0) | 鹿児島らぐ

2018年08月15日

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS MPEG動画再生エラー対策設定 その10

Wineでゲームをやっていると、
Mpeg動画が再生されるシーンでエラーが出ます。
なかなか原因が分からなくて対策出来ていませんでしたが、
ググったら色々と出てきたので、動画再生出来たので
ブログに記録します。
まあ難しくはなかったんですけど、情報が少なくて。

●Wine上でのゲームでMpeg動作再生エラー
Wineでエロゲなど動画再生が入るシーンでエラーが出ます。
結構イライラします。
ゲームによってはプレイ不可能になりますし。
調べたらありましたので試しました。
情報源はこちらです。

RPG Maker games crash on Wine due to gstreamer

良く読むと、

1.Mpeg動画再生には純正のquartz.dllが必要
2.quartz.dllをインストールすると動画をWineGSTreamerで
  再生しようとするがエラーで固まる
3.WineGSTreamerをOFFにしてamstreamを入れる
4.Wineboot -uでアップデート

という流れです。
分かるかいこんなのw
というか公式HPに入れないと駄目でしょう。
こんなに重要なの。
やってみましょう。

●設定
まずwinecfgを起動しライブラリで
"winegstreamer"を無効にし、"quartz"をネイティブにします。
で端末からWinetricksでquartz amstreamをインストール。

winetricks quartz amstream

最後に端末から

wineboot -u

これでMpeg動画が再生できるようになるはずです。
もし再生しなければffmpegとか必要かもしれません。

●まとめ
無事動画が再生されるようになりました。
これでフリーズしたり飛ばされたりすることも無さそうです。
エラーメッセージをグーグルにコピペして一つづつ検索しました。
流石にわからないよね・・・
まあ結論OKだけどLinuxってそんなものかも・・・
posted by kapper at 22:06 | Comment(0) | WINE

WINE動作テスト Ubuntu18.04LTS PlayonLinux文字化け対策 その9

Screenshot from 2018-08-15 17-42-46.png

Wineで動かないWindowsアプリが動作するPlayonLinuxは
必須とも言えるアプリの一つになりつつありますが、
フォントが文字化けして中国フォント(tahoma)に
初期設定されています。
これ文字が読めなくて困り毎なので、
フォントをレジストリで変更して文字化け対策してみました。
この手のネタがネットにあまり無かったので苦労しました。
PlayonLinuxを使う人は文字化け対策してみましょう。

●PlayonLinuxと文字化け
PlayonLinuxはあまり2バイト圏で使うことを考慮していないのか
フォントの設定とエンコードの指定が設定にありませんw
文字化けした際に何を変更したら良いのか
情報が足りていません。
そこで調べた所、レジストリで変更する事が書いてありました。
やってみました。
こちらを参考です。
ありがとうございます。

Tips:Wine: PlayOnLinux上 iTunes 10 文字化け(Tahomaのいわゆる豆腐化)への対処


長文を読むのを大変なのでレジストリ変更部分を
使用します。
PlayonLinuxはWinetricksが使えないので不便ですね。


●PlayonLinuxのレジストリ変更
PlayonLinuxのフォルダ構成としてWineと異なり、

.Playonlinux/wine/linux-x86/(Wineのバージョン)/share/wine/fonts/

のフォルダにフォントが置いてあります。
Wineのバージョン毎に分かれています。
たとえば2.12-staging、3.7などに。
所がここには殆ど日本語関係はありません。
コピーかシンボリックリンクを付ける必要があります。

sudo cp /usr/share/fonts/truetype/msttcorefonts/*.ttf /home/(ユーザー名)/.PlayOnLinux/wine/linux-x86/2.12-staging/share/wine/fonts/

こんな感じでしょうか。
使うWineのバージョンとフォントをコピーかシンボリックリンクしましょう。
フォントをコピーしたらレジストリを変更。
PlayonLinuxを普通に起動して、

アプリケーションランチャーを右クリック⇒レジストリエディタ
設定⇒Wine⇒レジストリエディタ

などでレジストリエディタを起動します。


[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutes]
;(修正前) "MS Shell Dlg"="MS UI Gothic"
"MS Shell Dlg"="TakaoExGothic"
"MS Shell Dlg 2"="TakaoExGothic"
"MS UI Gothic"="TakaoExGothic"

一例ですがTakaoExGothicに変更すると文字化けが無くなります。
TakaoExGothicフォントはあまり見やすいとは言えないので
自分で好きな設定に変更しましょう。

●まとめ
PlayonLinuxで文字化け対策しました。
フォントが無いのとレジストリの指定を変更します。
分かれば簡単なんですけど、情報ソースが少なすぎて困りました。
LinuxでWindowsゲームを遊ぶ方は
是非PlayonLinuxとフォント変更して見て下さい。
英語圏には分からない問題だろうな・・・多分。
posted by kapper at 17:45 | Comment(0) | WINE

2018年08月12日

新世代7インチUMPC Cherry-Trail #GPD-Pocket openSUSE Tumbleweed 20180807 KDE & GNOME インストールテスト その6

openSUSE.jpg

今回はGPD-PocketでopenSUSEのTumbleweedです。
Ubuntu、Fedoraでも問題があって苦戦しています。
openSUSEは一応起動しましたので記録に残しておきます。
ローリング・リリースなのでご注意を。
2018/8/7バージョンになります。


●GPD-PocketとopenSUSE Tumbleweed
GPD-Pocketには現在Blackscreenのバグがあって、
Live版はともかくインストールすると画面が映らない状態です。
Ubuntu18.04なんかは特に困りで表示が全く出来ません。
多分、Kernelの問題もあるかと思いますが、
最初の起動も出来ないので手が打てないかも。

で、他のディストリを動かしています。
今はopenSUSEです。

・Kernel4.17-13
・Gnome3.28.3
・Grub2.0.2

でしょうか。
実はKernel4.17-13とGnome3.28.3をチェックしています。
バグが減っていれば・・・
KDEは問題無さそうです。
ただ、画面を回転させるとタッチスクリーンが一緒に回転しませんが。

●openSUSE Tumbleweedインストール
公式HPから最新ISOファイルをダウンロードして
ddコマンドでUSBメモリに焼きます。
GPD-PocketはUEFI64bitなのでそのままインストール可能です。
USBを刺してUEFIから起動すればインストーラーは起動します。
注意点として、

・HDD、SSDを消去するので無ければパーティションは自分で分割
パーティションツールは使いにくいので、
前もってGpartedかWinで分けておいたほうが良いです。
・インストールするフォルダをフォーマットし/ ルートに指定。
・EFIパーティションを新規に作成して/boot/EFIに指定
「〜ブートしないかもしれません」ってエラーが出ますが無視で。
この際に既存のEFIパーティションを消したりフォーマットしないこと
他のOSが起動しなくなります。
ここ注意。


ではインストールを開始します。
内蔵Wifiは動きませんのでご注意を。
パーティションの設定が間違っていなければそのまま起動します。

●起動してみて、GnomeのWayLand⇒Xorgに切り替え
まずKDEは問題ありません。
GnomeはBlackscreenのまま起動しません。
色々原因がありますが、Waylandを止めてXorgに変えます。

まずCUIでログインします。
ブート時のgrubで「E」キーを押してquietの前に
「systemd.unit=multi-user.target」 を追加してF10で起動。
ブートしたら画面が黒くなるので、 「Ctrl+Alt+F2」でCUIモードに切り替えます。
でコマンド

$su
$nano /etc/gdm/custom.conf

「#WaylandEnable=false」を 「waylandEnable=false」
#を取り除いて保存します。
で再起動すると無事Gnomeが立ち上がるようになります。


●まとめ
Ubuntuでは不安定でしたが、openSUSEなら普通に使えます。
何が変わったんでしょうね?
個人的にはまだ分かっていませんけど・・・
問題だらけのGnomeが動いているんでありがたいです。
OSとEFIパーティションを消さないように注意です。
openSUSEのインストーラーはUbuntuに比べると危険です。
ここの変化点はWindowsタブレットでも同じなはずなので、
調査を続けたいと思います。
posted by kapper at 13:02 | Comment(0) | GPD-Pocket

2018年08月11日

#debconf18 初参加と英語発表 発表者側の感想と反省

debconf1.jpg

今年はDebconf18に初参加しました。ブログに残します。
Debianデベロッパーさん凄いですね。
スーパーギークの集まりです。レベルが違いました。
つたない英語で発表して恥ずかしかったですけど楽しかったです。
主催者様ありがとうございました。


●Debconf18とは
Debian開発者のカンファレンスで、
The Debian Developer Conferenceの略です。
年に1回世界中のどこかで開催されてます。
今回は初アジアという事で台湾で開催されました。
感想として

・場所:台湾 新竹 国立交通大学
・規模:3〜4ルームの会場でセミナーとワークショップ?
・推定参加者:推定200〜300人/日前後で9日間開催。水曜日が予備日。
・来訪者:大半がDebianデベロッパーで欧米人6割、アジア人4割前後
  現地人を除く平均年齢が高め。
・内容:Debian関係なら一応なんでもOK。

年配のデベロッパーが多いなという意見。
勿論、中国人の方々は若い方も多いです。
BoFも物凄く沢山の分野にカテゴライズされていて、
それぞれの専門家が集まるすごい場所です。
驚きました。

Fossasia2018でDebianデベロッパーの人から発表して欲しいと相談があったので、
喜んで参加させて頂きました。
そういう対話がなければ、怖くて発表するのは躊躇ったかもしれません。
ありがとうございます。


●発表まで
公式HPのCall for Proposalに記入して申請するだけです。
申請が通れば先方からメールで連絡が来ます。
フライト時間、食事や旅費の申請も出来て記入します。
動画撮影と公開、ライセンスの質問に記入します。
後日Youtubeで公開されます。
後は公式から1週間前にスケジュールの連絡が届いて変更依頼します。
日程が長いので発表枠と部屋はかなり空いていまして
お願いすればまだ確保出来るみたいなメールが来ていました。
現地の人はこれ大変だなぁと思いました。


●当日の移動
国立交通大学まではバスで移動しないと行けない場所です。
非常に分かりにくくて苦しかったですw
本来なら空港からMRTに乗って、新幹線。
新竹新幹線駅から、182系統のバスにのる形になるんですけど
桃園市のハードオフに寄ってから行けば良いやと思っていて
新竹駅経由で行ったのでバスがわからなくなって大変でしたw
異国のバスってとても恐ろしいです。
GoogleMapで検索して移動しましたw

Debconf18 Wikiに完璧に近い移動手段がかいてあるのですが、
Wikiをよほど隅から隅まで読まないと気が付きません。
真剣に読んでいませんでしたw
他の方々も移動がかなり苦しかったそうでしたw
問題なのは、会場が校舎敷地内にあったので良かったのですが
日本の〜キャンパスみたいに敷地が分かれていたらコレ迷って死ねるな、と思っていました。


●Kapperの発表と当日会場
実際の発表資料と内容はSlideshareと動画で公開されています。
英語が分かっていないので辛かったですw
本当に恥ずかしいw

・Slideshare




・youtube




実際に英語で発表していると、
スマホに作ったカンペを読んでいたら、
画面が省電源機能でOFFになって、手が震えてONに出来なかったので
カンペは諦めてカンで発表していましたw
実は発表練習を何回もしていたのですが、
45分の内容を全て暗記することは不可能なので諦めました。
長過ぎるわw
膨大な量のカンペ作成と1回分の練習だけで45分っすよ?死ねますw
発表資料を50枚にしたので、40分発表と質疑応答5分を想定していたのですが
英語が分からなくて資料をいつのまにか飛ばしていたので
30分ちょっとで終わってしまいましたw
自分では、ん?なんか終わるの速すぎるぞ?って感じです(爆

で、時間が大幅に余ってしまいましたw
ここで質疑応答。
Debianの皆様は物凄い勢いでガンガン質問してきますw
英語でw
墓穴。マジ勘弁して下さいw
何故か進行役さんがいないので、目線を降ってもアイコンタクトしてもらえませんw
マジで?
フォローなしw
英語サンドバックになりました(ぉぃ
日本語なら全然困らないんですが・・・
ちくしょー


●Debconf18の長所、短所

1.全世界からDebianデベロッパーが参加
 参加者は限られますが、みんな強者揃い。
 1人1人を侮ってはいけません。学歴エリートばかりですw
 東京大学に留学している●●です、さんとか・・・
 スゲーな、Debianデベロッパーって。
 と強く思いました。
 もちろんDebianデベロッパー以外の人も参加されています。
 Canonicalの方もいらっしゃいました。

2.場所が台湾
 日本から近いです。
 もちろん日本人デベロッパーの皆さんも沢山いました。
 直接の面識がない人ばかりですけどw
 ネットでは有名な方々ばかりです。

3.日程がなんと9日間も
 テーマと参加者が大いに分散。
 会場も部屋が空いているので好きなだけ発表可能ですw
 現地スタッフは大変でしょうね。お疲れ様でした。

4.とにかくジャンルの幅が広い!
 スケジュールを見て頂くとわかりますが、
 とにかくジャンルが広い。
 広範囲の開発者がいて、BoFも活況です。
 凄いなーと思いました。
 他のコミュニティなら間違いなくこんなに細かいテーマに
 沢山の開発者が集まって議論するなんてありえない。
 SUSEやUbuntuでも無理だろう。
 懐の大きさはLinux最強だろうと思った。
 
5.ビデオ撮影とストリーミング配信
 CfPを申請する際に動画ライセンスと配信の許可を出します。
 現地ではカメラ数台とPCからビデオ取り込み、専用マイクなど機材ギッシリ。
 凄いですね。スタッフさんお疲れ様でした。
 スケジュールを見ると大抵の人が動画公開を拒否されていますが・・・
 

6.現地移動が原則バス!
 初見殺しですw
 一応現地スタッフからほぼ完璧な説明文(英語)ありましたが、
 しっかり読んでないっす(馬鹿
 台湾は複数のバス会社が広範囲の路線があって、
 しかも表示が分かりにくいという大問題。
 基本的な道路の方角が分からないと向きが正しいのか分かりませんw
 日本のバスは目的地しか書いていないですが・・・
 台湾のバスは出発地と目的地が両方かいてあるので・・・
 油断しました・・・
 GoogleMapさまさまです。

 そして会場から帰るバスに乗る時(初見)が一番地獄という。
 そりゃホテルの方角までWikiには乗ってません(まあね
 これ乗ったらどこに向かうんや?とか。
 場所と方向と路線はあってるん?ホテルはどっちや?(ぉぃ
 そもそもホテルの位置なんて正確にはわかんないよ(爆

 台湾や海外に慣れている僕でもこんなに苦労したという事は
 初参加の皆様は相当苦労しただろうな・・・

7.質問がとにかく多い(英語)
 発表がつい早く終わってしまったので、苦労しました・・・
 発表が終わったらステージに皆集まって
 さらに囲まれて質問攻めに会いましたw


Debianのデベロッパーというと、GNUに拘る硬派なガチ勢という
世間のイメージがありますが(マテ
そんな事は無かったです。
みんな普通に良い人たちばかりで和気あいあいとやっています。
まあ、フリーライセンスへのこだわりは特に大きいので
ライセンスの話とかは振らない方が良いかもしれませんかもw



●台湾ハードオフ 行ってきました。
今年台湾にハードオフがニトリと合同でオープンしました。
正直日本と全く同じですw
ただ、立地が桃園の僻地にあって移動が辛いです。

・ニトリと合同店舗で日本の1/2以下の面積
・更にオフハウフ的な衣類や雑貨なども1/2以上の面積
・家電や電子機器は面積的に非常に小さい
・ゲーム関係は9割くらいが日本のゲーム。しかもかなり高いw
日本から持ち込んだか?
・映画のDVDやBLは中国語と英語。
・現地語のガジェットとJUNKは非常に面白い
日本と違って珍しく見ているだけで時を忘れる位楽しい。
・人の入りは日本と同等程度でそんなには多くありません。
 ただ、
・EEEPCとかありました。
メガドライブがPS2,3より高かったですw

場所はMRT桃園線の終点からバスを2回乗り継いで行くか
縦貫線の内壢駅からバス2区間分を徒歩10分弱。
空港から706系統バスで桃園駅まで行って縦貫線で移動ですかね?
新幹線の駅から行けませんので注意。
どちらにしても桃園国際空港から遠まわりなのでタクシーを使っても良いかな。

実は11:00〜22:00までで夜遅くまでやっているので
Debconfの時間が終わってから行けばよかったな・・・と。
台湾に行ったら是非寄り道してみましょう。


●台湾観光


●台湾まとめ
3年ぶりの台湾です。
久し振りですが、余り変わっていないなと。

・MRTが桃園国際空港まで直結。便利になりました。
しかし利便性と値段ではまだ高速バスも有利。
・台湾の物価が円安と物価高の影響でだいぶ高く感じました。




●来訪者さんのご意見
ここは思い出しながら別途更新します。
がっつり質問されました。

posted by kapper at 19:06 | Comment(0) | Debconf

2018年07月29日

鹿さんのAI小説をご紹介

東海道らぐの案内人の鹿さんがラノベ小説を書いています。
AIなどITエンジニアのツボを付く小説の内容になっています。
面白そうなのでみんなで是非読んでみましょう。


鹿野月美
https://kakuyomu.jp/users/shikanotsukimi/works

posted by kapper at 22:55 | Comment(0) | 近況

岐阜県に住むという事 地方都市として


今日はブログとして岐阜県生活をネタにします。
住めば都・・・と言いたいですがまあそう簡単にも行かないわけで。


●岐阜県とは?
鉄道沿いで解釈します。

・岐阜市:県庁所在地、交通の要所
・大垣市:関西寄りの都市。関西系と名古屋系の文化が入り乱れ
・各務原市:名鉄が強い都市圏
・多治見市:中央線の東濃圏。ドーナツ都市。暑い
・高山市:観光地。以下略
・下呂市:温泉街
・羽島市:新幹線の駅がある田園地帯w

まあ沢山ありますが、この程度で。
岐阜市が名古屋から新快速で20分。
名鉄で各務原や可児など直結。
多治見や中津川の東濃はJR中央線
全ては名古屋駅からはじまり岐阜市などを仲介する仕組み。

●岐阜県の良い所、悪い所
良い所は

・温泉が至る所にあり美肌効果抜群
・土地、住宅が安いので名古屋からのドーナツ効果
・高山は観光地で東京と高速バス直結。岐阜駅も。
・関西、北陸、名古屋、三重、長野と直結しており交通網がある
 気が向けばどこへでも遊びに行ける
・車さえあればなんとか生活可能

欠点は

・とにかく車社会。買い物一つ不便
・冬は寒い。雪が降る。夏は盆地なので暑い
・どこに行くにも遠い。移動の時間が勿体無い
・名鉄が不十分。もう少し北側まで・・・(廃線)
・ローカル鉄道が破産寸前。車社会。
・新幹線 岐阜羽島駅が激しく不便。誰だこんな所に作ったやつ。
 もう少し岐阜か大垣よりに駅を作れ。
・距離の感覚が激しく遠い。100km?ふーんって感じ。
・メシマズ県
・お酒の飲める店が居酒屋しかない。車社会だから。

●メシマズ文化
困るのがメシ文化。冷凍が多くマズい。
え?農村はウマいはず?そんなことはありませんでしたw

・焼肉文化。
 最高位贅沢の象徴が焼肉。飛騨牛。これが困った。
 好きな人は好きだろうが、Kapperはあんまり好まない。
 飽きるんでたまにで十分。そして他に食べられるものがない。
・寿司が超高級品
 普通だって?そんなレベルではありませんw
 だって山国だもん。全ての魚介類は取れませんので完全冷凍。マズい高い。
 普通のレベルの寿司を食べようと思ったら、
 生け簀で飼うレベルの店じゃないととても食べられない
 この冷凍の不味さは想像していませんでした。
・粉モノ文化。ラーメン
 ここ10年で急速に増えすぎた岐阜ラーメン屋。
 メシマズの岐阜県でもちゃんと食べられるのは粉モノ加工品。
 人口規模を遥かに超えたラーメン屋の競争w
 まあ他のメシがマズいから分からなくはない
 後は寿がきや文化。岐阜県でも最強 
 しかしお好み焼き屋は特別人気はなし。頑張れ。
・衰退する名古屋メシと関西メシ
 近隣の名古屋メシと関西メシがどんどん出店来ますが、
 何故か客入りが悪くどんどん潰れて撤退しています。
 不思議です。
 パスタデココや金沢カレーショップも一時期ありましたが今はありません。
 恐らく、岐阜県は濃い味付けじゃないと駄目なんですよ。
 魚介料理が少なく塩が少ない地域だから。
 だからタレは濃い目が良いかと。他県と比べ。
 ああ、ココイチと回転寿司は岐阜でも大人気です。
・何故かそばが流行らない土地柄。
 プチ健康志向が伝わっていないのかもね。
 ラーメンに完全に食われてる


●実際に住んでみて
良かった点

・関西(特に京都)が近いこと
 JRでも車でもすぐに行けます。特に高速で1時間ちょっと。
 京都好きには良い環境です。JR新快速で片道1980円。
 その気になればいつでも遊びに行けます。
・名古屋のドーナツ都市圏。
 名古屋から岐阜駅までがJRで20分と近いので、直ぐに遊びに行けます。
 この距離感が三重県や静岡県と大きな違いです。全然ちゃいますよ。
 既に植民地と化していますかも・・・
 名鉄とJRの競争のたまものでしょうか。
・ホタルとか自然が美しい。すぐそばにいる。空気と星が綺麗。

悪かった点

・とにかく買い物が不便。遠い。
・東京が遠い。新幹線を使えば良いけど贅沢。
・天候が良くない。冬が寒い。そして夏も暑い。雪かき面倒。
 せめて夏は涼しくして・・・
・交通費が高い。鉄道やバスが過疎地価格。
・もうちょっとJR東海とJR西日本は仲良くしろ
・メシマズ。とにかくメシマズ。これは耐えられん。
・虫が多すぎる。ど田舎だもん。夏は苦痛。
・空港が激しく遠い。
 セントレアまで普通に2時間。関空まで3時間。
 LCCを使うのが非常に苦しく前泊必須。
 岐阜駅からの名鉄遅いし・・・
・岐阜羽島駅がマジ不便。
・市内に家電量販店がしょぼい。パソコン専門店が殆ど無い。
 せめてじゃんぱら来て下さい
・高山や下呂市が意外と不便。
 レンタカー必須?

●大阪、京都を遊ぼう
大阪まで片道2980円、京都まで片道1980円なので近いです。
シャトル切符を使えば新幹線も往復6980円で快適です。
大阪までJR新快速で行って買い物、メシを満喫して
阪急の特急で京都河原町新京極まで向かい京都を堪能し、
JR新快速で岐阜まで帰ってくる日帰りツアーが最近の好み。
朝早めに出れば大阪と京都を調整して堪能できます。イイね。
米原で一旦降りてフリーきっぷを買っても良いです。

●偉大なる飲み屋街 岐阜駅
ここで岐阜駅。
人口41万人都市と小さいながらも県庁所在地。
長年の自民党政権の影響で人口密度を遥かに超えたインフラ投資ありw
自動車化と名古屋へのアクセスが便利なせいで、
商店街はゴーストタウンと化してしまいましたが、
飲食店はまだ健在。
色々なチェーンや飲み屋が楽しめます。
買い物は不便です。カラフルタウンへ行ってしまいます。
カフェバーのプロントも行きつけですw


●岐阜駅周辺再開発
実際のJR岐阜駅周辺はゴーストタウンです。
繊維問屋街は完璧にシャッター街。
南は風俗店のみで住宅街。
JRと名鉄の駅周辺を除くと繁華街は望めなく飲み屋街だけになります。
柳ケ瀬もシャッター街だし。
これだけの駅前一等地を遊ばせておくには勿体無いので再開発の話が。
まずは高層マンションで、テナントを入れる形になるでしょうか?
また似非名古屋人が増えるなぁ。
今、一生懸命交通量のデータを取っていて開発計画を組んでいる最中。

●名鉄岐阜駅再開発計画
ご存知の通り名鉄岐阜駅はJRの高架問題に阻まれて
単線で苦しい思いをしているかと。
これを解決する問題はJRの高架の手前にもう一つ新岐阜駅を
名鉄が作るというプランが昔からあって、
JR岐阜駅南側再開発計画と合体して進んでいます。
まちおこしですね。


●子供の公立高校問題
実は学区の関係で岐阜県民は愛知県の公立高校に入れません。
これ非常に重要で、近隣のレベルの高い名門学校に入れないんですよ。
子供が理由で仕方がなく愛知県に住む岐阜会社員は沢山います。
公立高校のクロスライセンス契約を愛知県と結びませんか?
まあ得するのは岐阜県民だけですがw

●FMラジオが入らんw
岐阜県に来ておやっと思った事はFMラジオの電波が弱い。
場所によってはノイズだらけになる。
コレ車社会では不便。
なんとかFM岐阜の80.0MHzだけが・・・
名古屋で有名なFM愛知やZIPFMはノイズが入りますw
地方であるがゆえに電波が特に弱いのです。
スマホでRadiko.jpを掛けるしか。ネットより電波が弱いラジオw
最近はAMローカルラジオもよく聞きますw

●まとめ
車社会必須ですが、
大都市に挟まれた要所です。
どこにも行けて、どこへも遠い。
そして山と雪ばっかり。
買い物が特に不便。
駅前にマンション欲しい(ぉぃ
実は駅周辺に住めさえすれば、大きな問題は解決しますかも。
メシマズは・・・ともかく。
posted by kapper at 18:20 | Comment(0) | 近況

2018年07月25日

6000円 OS無し 格安安定機種 YOGA Tablet2 Debian9.5 Stretch Multi-Arch インストール その1

Yoga2.jpg

今回はYOGA Tablet2にDebian9.5をインストールしました。
YOGA Tablet2は最近やっと値下がりしてきています。
Linux上ではKernel4.9でも非常に安定しているので、バグ少ない。
古いディストリを使う上で初心者お勧めな機種です。
安く入手出来れば使ってみましょう。



●YOGA Tablet2とDebian9.5 Multi−Arch
YOGA Tablet2はWindows版のタブレットの方で、
比較的高値安定していたのでジャンク入手が難しかったのですが
最近出てくるようになってきました。
この機種はKernel4.9でも安定しているので、
古いディストリでも非常に安定動作するので
僕のお気に入りの一つです。

で、Debconf18に合わせてDebian9.5をMulti-ArchのISOで
インストールしてみました。
Debian9.5のKernelは4.9.0-7(Kernel4.9.110)です。
とりあえず安定していますが、
ドライバの為にExperimentalのKernelも入れています。
現時点ではKernel4.18.RC4です。
ブート時にマルチブートで選択出来ます。

スペックは



オーソドックスなスペックですが高解像度対応です。

●Debian9.5 Multi-Archのインストール
まずDebian9.5 Multi-ArchのISOファイルをダウンロードします。
ネットインストール版しか無いはずです。
UEFI32bitとUEFI64bitに両対応です。
UEFI64bitの機種なら普通にAMD64のISOを使ったほうが良いかも。

RufusかddコマンドでUSBメモリに焼きます。
microUSBにUSB-HUBとUSBメモリ、USB有線か無線LAN、
USBキーボードと必要ならUSBマウスを
そのまま本体にUSB-HUB経由で繋いで、
電源ボタンをON、「ESC」か電源ボタン+音声上キーで
ブートメニュー画面を表示させます。
Secure BootはOFFにします。
ブートはUSBメモリから起動します。

USBメモリからDebianが起動しますと、
GUIかCUIのインストーラーを選択できますがどちらでもOK。
あとはそのまま選択するだけですが、
HDDのパーティション割りには注意。消えます。
ダウンロードは2時間位。電池をフル充電しておきましょう。
ダウンロードが終わるとインストール完了。

●Kernelのアップグレード
とりあえず起動すれば問題ないですが、
ドライバやバグ対策でKernelをアップグレード。
こちらを参考に。

How To Upgrade Kernel

●Wifiの設定
T100TAと同じ。

su
cp /sys/firmware/efi/efivars/nvram-74b00bd9-805a-4d61-b51f-43268123d113 /lib/firmware/brcm/brcmfmac43241b4-sdio.txt
modprobe -r brcmfmac && modprobe brcmfmac


●まとめ
Debian9.5でも一応動きました。
でもKernelから考えると、Debian10.0Betaを使ったほうが良いかと。
YOGA Tablet2はKernel4.9でも動作確認が取れているので
使用上は多分問題ありません。
他のWindowsタブレットは多分こんなにスムーズには動きません。
あとはGnomeか、WMとか。
onScreen Keyboardがほしいですね。
posted by kapper at 07:15 | Comment(0) | YOGA Tablet2
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ