にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2018年04月26日

Android6.0内蔵プロジェクタ GP100UP 購入&勉強会などで使ってみて その1

プロジェクタ1.jpeg

今回はAndroid6.0内蔵のプロジェクタ、
GP100UPを買って東海道らぐで使ってみた感想をブログにします。
結論を言うと、あんまり良くないです。
ぐぬぬ。
まあ、必要最低限の目的だけは満たしているので、
興味のある人がいれば是非。

●Android内蔵プロジェクタ GP100UP
今回はGearbestで選んでコレにしました。
実は似たようなスペックのプロジェクタは沢山あって
選定がよく分からなかったのでカンです。
20000円くらいです。
Androidを内蔵していないタイプはもう少し安いです。


https://www.gearbest.com/projectors/pp_775870.html?wid=21


プロジェクタ2.jpeg

買った目的は勉強会で使いたいのと、
自宅でモニタ代わりにしたいからです。
プロジェクタのレンタル料金を毎回払うと高いんです。
固定費にしてしまえw
Android内蔵型にしたのは、勉強会で
PCが無くても発表出来る様にするため。
WebブラウザやUSBメモリを使えば他には不要です。
Linuxだと画面が映らない。Androidならそんな事がない環境にしたかった。
無線LANも繋げばテレビ会議もそのまんま。
リモートデスクトップもなんでもござれ。
室内でも読める3200 Lumensと1280 x 800が目標。

スペックはこちら。

○General
Brand: VIVIBRIGHT
Model: GP100
Display type: LCD
Native Resolution: 1280 x 800
Resolution Support: 1080P
Brightness: 3200 Lumens
Throw Ration: 1.38:1
Projection Distance: 1.2 - 7.5M
Image Size: 60 - 100 inch
Image Scale: 16:9,4:3
Interface: AV,HDMI,RJ45,USB,VGA
Aspect Ratio: 16:9 / 4:3
Features: HD
Function: Speaker

Product Detail
Lamp: LED
Lamp Power: 200W
WIFI: 802.11b/g
Bluetooth: Bluetooth 4.0
Picture Formats: JPG, JPEG, BMP, GIF, PNG, GIF
Video Formats: MPG, AV, TS, MOV, MKV, DAT, MP4, VOB, 1080P
Audio Formats: MP3, WMA, AAC, AC3, M4A
Power Supply: 90-240V
Built-in Speaker: Yes
Noise (dB): 32dB
Lamp Life: 30000 Hours
DVB-T Supported: No
External Subtitle Supported: Yes
3D: No
Tripod Height: Without

Dimension and Weight
Product weight: 2.2000 kg
Package weight: 3.4290 kg
Product size (L x W x H): 28.00 x 22.00 x 10.00 cm / 11.02 x 8.66 x 3.94 inches
Package size (L x W x H): 37.00 x 32.00 x 16.00 cm / 14.57 x 12.6 x 6.3 inches

Package Contents
Package Contents: 1 x Projector, 1 x VGA Cable, 1 x AV Cable, 1 x Remote Control

○Android
Android version:
OS: Android 6.01
Chipset: Amlogic S905X + MSTAR V69
CPU: quad core ARM Cortex-A53 CPU and Penta-core ARM Mali-450 GPU
Maximum frequency speed: 2.0GHz
1GB DDR RAM + 8GB ROM
Maximum resolution: 4K x 2K
WiFi: 802.11 b/g
Bluetooth: 4.0
Ethernet: RJ45 port


Androidが中華タブレット最低限スペックで
ちょっと高解像度動画再生は苦しいです。
カメラ、マイクが無いのでテレビ会議には追加必要。
Linuxで画面が映るかは不明。
あと、購入先のコメントでFANがうるさいってある。
でも実機がないので比較しようがない。
サイズ的には通常のプロジェクタより幅厚で大きい。
かばんが無いので持ち運び注意。

プロジェクタ4.jpeg

●購入&ファーストインプレッション
まず発注すると意外と直ぐに届きます。
アース付きの3又プラグなのでコンセントにさせるかどうか注意。
場合によっては変換コネクタ必要。

モニターモードとAndroidモードをボタンで切り替え。
Androidでネットに繋ぐとアプリが入れられます。
ここは同じ。

まずはFANの爆音。爆熱で発熱大。
これすごーーいうるさい。超うるさい。
個室で映像を見ていると物凄くやかましい。
想定内ですが、かなり驚くレベル。
映画とか見る人は絶対に止めましょう。購入対象外。

プロジェクタの解像度は100インチでも綺麗に見れます。
ただしランプの3200 Lumensと思えないほど暗い。
これあかん。多分スペック詐欺。流石中国製。
でも室内を暗くすれば普通に見れます。
明るい部屋では無理。
暗くしましょう。

プロジェクタ5.jpeg

プロジェクタとしての拡張性は優れていて
VGA、HDMIは完備。
音声入力出力も。
ネット対応。
まずまず。
ただしピント合わせと傾き補正が適当。
これは仕様ですが、もうちょっと調整幅をもたせるべき。
PCと繋ぐと1280x800解像度ですが出ない事が多い。
特にLinuxとプロジェクタを繋ぐと。
仕様。
全く映らない機種は無かったので通常範囲の中。
USB-HDMIは危険で表示されない。VGA,HDMI直接が良い。

Androidの動画再生はスペックが低く
AbameTVがギリギリ。時折処理落ちします。
アプリやゲームはそれなりに。
Youtube、AbameTVマシンとしては個人的にお気に入り。
うるさいけど。

●勉強会としては?
東海道らぐ岐阜駅で使ってみました。
まずLEDが暗い。想定以上に。
勉強会の仕様として部屋を真っ暗にすることは難しい。
あまりやらないですよね。
ただしこれは3200lmのはずがかなり暗くて
照明を落としてカーテンをかけないと画面が見えません。
真っ暗勉強会。スマン。
想定外。

爆音はスピーチと質疑応答の関係であまり気になりませんでした。
人数が多いせいですね。ノイズが打ち消してます。

USB-HDMIの人で映らない問題も。
解像度が小さくなったりした。見づらい。
Linux側の問題点。
しかし誰もAndroidを使おうとしませんでした。
PCはもちろん持参が当たり前なので必要とされていません。
まあね。

持ち運びは専用カバンがないので持参。
注意です。
HDMIやVGAケーブルは別途長いのが必要。
電源も注意。

総括すると一応使えたけど、全てにおいて物足りない。
ケチるよりもう1ランク上が必要だったと反省。
想定されたテレビ会議や遠隔操作も当面は需要が無い。
ぐぬぬ。
不要だ。

●まとめ
家庭用にも勉強会用にもどちらにも満足するスペックが足りてません。
一応使えますが・・・
爆音が家庭用にはNG、他の長所の全てを犠牲にしている。
明るさが勉強会ではNG。PCとの汎用性も仕様上物足りません。
つまりダメじゃん。アウト。
最低限の実用レベルは到達していますので使いますが、
満足度は圧倒的に物足りません。
ただしAndroidは自宅では凄く便利です。

カタログスペックをネットだけで判断するのは困難。
スペック詐欺があっても見抜けません。
これは運用上は物足りません。
しかし3200lmもあり、それ以上の機種が十分に明るいかは疑わしく
実機を確認しないとダメでした。
ネット購入ではどうにもなりませんね。限界。

逆から言うと、何かを犠牲にすれば問題なく使えます。
最低要求スペックは満たしています。
AbameTVやYoutubeをダラダラ見るには最適。
安いんですよ、これ。
そこに釣られてしまったな、という反省。
posted by kapper at 02:43 | Comment(0) | GP100UP

2018年04月25日

Ubuntu改造日記 HORIファイティングスティックV3+Antimicro ゲームプレイ その71

Hori.jpeg

今回はUbuntuをゲームマシンとしても遊ぶために
PS3用のUSBコントローラー、
HORIファイティングスティックV3をUbuntuで遊びました。
キーアサインはAntimicroで再設定します。
問題なく認識して稼働しました。
凄く快適です。
Linux使いはあまりゲームをやらないかもしれませんが
息抜きにでも遊んでみましょう。

●HORIファイティングスティックV3
HORIファイティングスティックV3はPS3用にでた
スティックコントローラーで
中古ショップで1980円で売られています。
入手が比較的容易なのと、耐久性が高いので
問題なく遊べるかと。

PS3用なのでPCではサポートされていませんが、
USBなのでUbuntuでは普通に認識して動きました。
ただ、GOG.comのネオジオゲームはキーボードのみなので
Antimicroでキーアサインを再設定します。
こちらより

Ubuntu改造日記 GOG.com DRMフリー $5.99 SNKアーケードゲームプレイ & antimicro その66


●インストール方法は割愛
前回のブログに書きましたので割愛します。
USBを刺して、Antimicroで設定するだけです。
簡単です。
格闘ゲームはエミュレータなどに最適。
素晴らしいです〜。

難しいコマンドも簡単に出せました。
快適です。

●まとめ
刺すだけで動いたので特別なにかはありませんw
これタブレットでも使えますね。
多分RaspberryPiとかでも。
安くてしっかりしていて良いっすよ。
キーの割当次第では色々遊べます。
ゲームはLinux対応でキーボード対応していればなんでも。
GOG.comでもSteamでもエミュでもOSSでも。
まずはゲームから・・・
posted by kapper at 21:34 | Comment(0) | Ubuntu

2018年04月20日

最近の事 2018年4月 AIの時代をななめ上から考えてみる


今月の愚痴をブログに書きます。
最近AIに着手して、現代のAI社会をななめ上から観察してみます。
分かっていない事も沢山ありますが、
これから勉強していく中で発見していけばと思います。

●AI社会の利点
将棋や迷惑メールボックスなどから派生して、
音声画像認識や様々な形でAIが活用される様になってきました。
面白い時代です。
それほど難しくないので作ってみましょう。
作ってみて、色々発見があるはずでそれも面白いです。
でも本格的に業務に展開しようとすると、これまた大変といいますか・・・

AIの利点は
1.省人化
2.多くのインプット情報を機械的に処理出来る
3.カンコツ経験などをPCにやらせる。属人化の回避手段の一つ
4.プログラムを組めば自動化も可能
5.予測精度を高める事でリスクを回避しやすくなる

欠点は
1.精度を出す為にN=数万以上のNGデータが必要?
2.省人化させる為には実は費用対効果がそこまで良くない
3.本来NG品がOKとAIが判断してゲートをすり抜けた場合のリスク
4.データを検証して学習させるために知識のある専任の人が必要
5.データ化されていない加工点、サブシステムには無力
6.多品種少量生産タイプには弱い
7.解析の内容が視覚的に検証できない。根拠が不透明。
8.社会人になると本業とは別でプログラムを勉強しようという人が少ない

長所に対してまだ欠点が多い・・・
問題は省人化出来なければコスト評価が出来ない事。
省人化したいというのは、人件費だけでなく人を探す苦労と
教育するコストも重要で育てるまでに発生する不良も結構辛い理由あり。
また、不良のN数が数万個単位で必要なのも多品種少量生産では
難しい所で悩みどころ。
何らかの工夫が欲しい所。

●じわじわ社会に浸透しているAI
一番使われているのが迷惑メールボックスと言われています。
最近では音声認識も。
もちろん将棋や囲碁などのゲームも昔から。


●統計解析 VS AI
やっていることは大きく変わりませんが、
統計解析は数値と根拠を統計的に解析するのが目的で
AIは学習させるプロセスから統計的に優位を見つけるのがポイント。

しかし人力でやるなら統計解析の方が圧倒的にN数少なく精度が高い
のも事実で、有意差検定の強みが発揮出来ます。
プレゼンする時にも説得力ありますし。
ただ、省人化を目指すとまた違うというか。
自動化はプログラム技術の力。


●Wekaを使ってみる
プログラムしなくても機械学習を体験できる
データマイニングソフトです。
学習用に。
大学関係で結構使われていますので
ググると沢山の資料が出てきます。


●さあプログラムを組もう
言語にはこだわりませんが、勉強しましょう。
ライブラリを転用すればAIそのものは難しくはありません。
自動化や組み込みまで考えると苦労しますが。

1.パクって真似て
2.少し修正して改造して
3.自分で再構成する
4.アルゴリズムも書いちゃう(まだ無理)
5.よーし、素人でも使えるUIにしちゃおう
6.お前ら使え
7.あとはやっとけ

みたいに僕もなりたいです(ぉぃ
無理すけどw
まだまだ勉強中です。
プログラム初心者の方は、50〜100くらいを
自分で書いてみるとなんとなく分かるようになります。
ええ、多分。
最初の苦痛はそこまで。がんばりましょう。

●プログラムは本当に必要なの?
今はあると便利。
将来数年後はいらなくなるでしょう。
どうする?待つ?作る?
じゃあ、時間はいつやる?
勤務時間にこっそり?
それとも自宅で?
セミナーで教えてもらう?

人それぞれです。
でも最初の一歩は親切な「先生」に教えてもらうと良いです。
無料の勉強会はボランティアで親切じゃないので注意。

●RaspberryPiとか
ラズパイでも。
色々なPCでも動くし。
ひっそりと組み込んだり、クラウド遠隔したり。
データをサーバに転送すれば・・・
結構やっている人いますよね。

●Googleは凄いが、全ての需要を満たせる訳ではない
ユーザーの用途に応じたAIが必要で
万能を求めるのは今は難しい。
ここに商売チャンスがありそう。
画像、音声認識も同じ。


●センサーやWebブラウザと結びつけて・・・
データソースを広げる事で視点を変える事も可能。
どんなデータを取るのかというのも課題ですが。


●当たりにくい株価や
情報ソースに法則性が無いと難しいですね。
あまり儲かったという人を聞いていません。



posted by kapper at 07:23 | Comment(0) | 近況

2018年04月17日

WINE動作テスト Wine32bit版を強制的に使用する方法 その3


今日はWINEを64bitOSでも32bit版を強制的に使う方法をメモします。
LinuxもOSが64bit化しましてインストールされる
WINEも64bitが優先されます。
所がWindowsアプリを見た場合、32bitOSしか動かないのも多いです。
特に古いアプリは。
ここを切り替えます。

●Wine64bitとWine32bit
UbuntuとかだとMulti-lib対応していると
Wine64bitとWine32bitが両方インストール出来ます。
所が、優先的に使われるのがWine64bitになるので
こちらから指定しないとWine32bitになりません。
何故か?
.wineのフォルダを64bit仕様で作ってしまうためです。
つまりWindowsのCドライブ本体です。
本当かよ、と思いますが・・・エラーが出ます。

で、古いゲームとかを遊ぶ場合はWine32bit
じゃないと起動しないアプリが多いです。
なので強制的にWine32bit環境にします。
こちらを参考にしました。感謝。

Wineのインストール・設定方法の記録


やり方は簡単です。
Wineを実行する前に

export WINEARCH=win32 winecfg

を実行するだけです。
所が、問題が一つあって
.Wineが64bitで生成されているとWINEが起動できません。
やむなく削除するしかなさそう。

rm -r -f ~/.wine

あとはWinetricks allfontsなどで日本語環境を入れます。
いつもどおりです。
毎回exportするのは面倒なので、
.profileあたりに追記しておきましょう。

gedit .profile

でexport WINEARCH=win32 winecfgを貼り付けて保存。
特に問題はないかと。
これでエラーの出ない32bitアプリが起動できます。

●まとめ
Wine64bitでは古いゲームはエラーが頻発します。
仕方がありません。
64bit環境はここ数年なので、まあ諦めて使い分けしましょう。
むむむ。
でもソフト資産が動かないと止むを得ないかもしれません。
将来是正される事を祈って、現在はWine32bitを使いますかな。
posted by kapper at 05:21 | Comment(0) | WINE

2018年04月15日

本日のWine動作テスト 2018年4月15日

Screenshot from 2018-04-15 20-01-04.png

久しぶりにwineネタを更新します。
本日のWineの動作テストをメモします。
細かい所は下記のリンク先参照。

WINEでWindowsアプリ動作確認


●Wineでの動作アプリ
実に数面ぶりの更新ですね。

OS環境はUbuntu17.10.1 Amd64の
Stable wine-2.0.2 (Ubuntu 2.0.2-2ubuntu1)と
Develpoment wine-2.18 (Ubuntu 2.18-1)


○Xanadu アンバランス版
Wine Develpoment版のみ動作。
Stable版は固まって動かず
フルスクリーンモードで動かすと良いかも。

◎RAINE Win版
問題なく動作。
初期設定が必要

○DALK外伝
フォントエンコードエラーの影響で
インストール中にファイルが読めず
DVD生ファイルをHDDに一旦コピーして、
〜/gamedata/DALK外伝〜のaidファイル名とWaiファイル名の
エンコードエラー「DALK外伝」部分をファイル名変更して
表示出来る様にするとインストール、起動出来る。

×電車でGO!プロフェッショナル
インストーラーが起動せず

△世界でいちばんNGな恋
Wine Develpoment版のみ動作。
Stable版は固まって動かず
オープニング動画部分で落ちてプレイ出来ず

△断罪のエミリア
動画部分がMpeg1で再生できず。
つまりプレイ途中で画面が表示されなくなります。

◎美少女万華鏡 罪と罰の少女
問題なく動作確認

◎DALK Windows95版
動作確認。

◎闘神都市2 Windows95版
動作確認。

◎DOSBox-X
問題なく動作確認


注)
この結果はWine64bit環境でした。
なのでエラーが頻発しています。
wine32bit環境ではエラーが出ないと思われます。
コメント追記まで。
posted by kapper at 20:18 | Comment(0) | WINE

2018年04月14日

#東海道らぐ 岐阜駅 2018年4月 LT大会 初開催

今日は東海道らぐ岐阜駅初開催です。
末代サーバ勢の新しい方が参加されました。
Mastodonの繋がりは大きいですね。
今回のネタをメモします。

岐阜駅から徒歩、隣というハートフルスクエアーGで行いました。
環境インフラが容易なので、岐阜駅は便利です。


●東海道らぐのご紹介 しまださん
いつものご紹介

●近況など もりやさん
・手持ちのデータを全文検索:Groonga
 もとは「Senna」という名前
 検索エンジンにヒットしないので「groonga」へ
・関連プロジェクトとして各言語から利用できるライブラリ
・職場で使う文献CDROMに収録されているPDFをフリーワードで検索
・「Fess」もあるけどJava実装
・rubyの「honyomi」というソフトがちょうど良いのでこれをベース改造
・現在はPDF以外(.ppt、.doc、.xls、.html)にも対応出来る様に拡張


●芸術の秋に向けて こんどうさん
・松屋バス。不審者は来訪しなかった
・Linux界隈に人を集めるには
・アプリケーションを主体でやっている人材の努力
・先入観なく、正しく評価が出来る人材の探索
・フォントまわり(=見た目)はほぼ解決に向かう
・アプリも色々と
・初心者セミナーがあれば単独で
・OSC京都で話したネタ。
・特許とか意匠とか
 400dpiで15cmx11.3cmの白黒PNG/GIF
 200dpi
・活動の軸として有用なのはSVG
・代理人に渡すのはDXF
 編集作業をLibO DrawでやればOK
・Inkscape0.92をインストールしよう
 PPAか
・inkscapenoのパッケージは古い
・「曲線」、最適化で微細な部分を修正
・NCルーターで作られる構造物の図面など
・とっつきにくいが慣れて使おう


●初めてのデータマイニング Weka kapper
・初心者向けのWekaのハンズオン




http://kapper1224.sakura.ne.jp/Netwalker%20osc%20tokaidoLT201804.pdf


●雲の上のAndroidビルド  きーすとさん
・末代鯖1周年記念 スイパラ会 in 名古屋
・最近やった事
 ジャンクPCにLinux
・Cloud at Cost
気がついたら8Core/4GBの分のVPSが
¥5000円勿論1回だけ(メンテナンス$9)
Ubuntuのイメージは使えない。Kernelパニックで起動不可
・cPanelというホスティングサービスも
・NextCloudを置いてみた
・Mastodonインスタントを立ててみた
 Ubuntuは動かないのでDebian
・AndroidカスタムROMビルド
 AICP公式でサポートされていればビルドに使うリポジトリを
 ほたさんカスタムの方に仕向けるだけ
・慣れれば簡単
・現在のAndroidビルド環境
 MY32B/B-A 近所のハードオフで¥5000
 HDDは起動不可に
・AICP-n(Android7.1)ビルドに4時間半弱
 ccacheを効かせても1時間ちょっと
・新しいPCを組もう
 現メイン機をビルド機にして新しくメイン機を組む
 13万円
・最終手段:雲
・Vultr
・結果、初回2時間。ccacheを40分。
・測定条件
 3時間強;リポジトリ1時間強、ビルドに2時間強
 日本円38円
 注意点:毎回立て直した方が安い?
・スナップショットを使うと
 環境のセットアップ
 リポジトリはダウンロードのみ
 ccacheを使う
・1時間55分。戻すまで33分、ビルド34分。スナップショット34分。
 25円
・基本的に同じリージョン
 リージョン間の移動は長い。4〜5時間。課金あり。
 IPアドレス等が変更
 rootユーザーのパスワードは新規鯖には表示されない
・回線速度は速い。
・もっと強い鯖が欲しい。問い合わせしリミットを増やす必要。
 連続45日間
・Androidのビルドをしたいけど、強いPCが欲しい人はクラウド
 特に複数の機種を回す場合に高い費用対効果


●Yoctoで学ぶここん開発 しまださん
・自己紹介
・おーぷんここん開発
・ここんの紹介
・Cocon v10
グラフィックドライバが動かなくなった機種依存が出てきた
・コードリファクタリング
 過去の異物を清掃
・OpenEmbedded/Yoctoのビルドスクリプト
・Linuxkernelのビルドコンフィグ
・ここん秘伝のタレ defconfig
 多すぎ
・Yocto:SCCファイル
defconfigをレイヤ枚にappend出来る仕組み
・パッチを当てる
・Recipeでsccを見えるようにする
・CCファイルを指定する
・ビルド環境を構築する


●ARM LinuxのMMUは分かりにくい わたつきさん
・WayLandでChromiuumテスト
・ドレスデン
・おまけ
・テキサス
・lINUXのどこのお話?
 PSコマンドを使うとプロセスがいっぱい表示
 自分用の空間
・mmuとは?
・mmuの仕組み
 Cortex-A9におけるMMUの仕組み
・ARMのMMUは何が出来るのか
 アドレス変換
 メモリアクセス許可
 メモリ属性の指定
・ARMのMMUは何が出来るのか?
 アドレス変換、メモリアクセス許可、メモリ属性の指定
 これらはページテーブルに記憶される
・ARM Linuxのキャッシュ設定を調べていてぶつかった謎
 キャッシュ設定はページテーブルでコントロールをしている
 所が、ページテーブルの設定と挙動が違う
 カーネルのARM依存部分を調査した結果、ページテーブル設定をさらに
 レジスタ設定で変更できる事が判明


●OSC名古屋でお会いしましょう  Zgockさん
・去年の反省点
 KVMによるGPUパススルーの実演
 XenによるGPUパススルー環境は枯れまくっている
 と思っていたらそうでもないらしい
・XenでVDI機構のデモします。
・サーバではまった事
・始まりはハードオフで900円で見つけたCube
 じゃんぱらでH77 MicroATX
・ノートPCでハマったこと
 Wifiを共有しbridgeでサーバに流したい
 openSUSEのwickedではwlanをブリッジに登録出来ない
 mmcliであれこれ試したがブリッジからdhcpがうまく取れない
 mineoでモバイルルータを買った
 このノートでvt-d使える
・Linux/Windowsタブレットでスカイリム動かすには解像度が・・・
・じゃんけん大会の案

●コンテナの話 岡田さん
・Libreofficeをコンテナでビルドしてみた
・BTRFSつかってますか?
・Bashのソースをビルドするスクリプト




posted by kapper at 16:45 | Comment(0) | 東海道らぐ

2018年04月13日

Ubuntu改造日記 KernelやドライバがアップデートされるとGDMとGPUでエラーが出て起動できなくなるバグ対策 その70

GDM.jpg

最近Kernelを4.13.0−38にアップグレードしたら
また急にGDMから起動しなくなり困りました。
よくよくググって見てみると、他にもあるらしく
大変助かりました。
感謝致します。

●GDMのバグで起動しなくなる問題。
表記の通りKernelやドライバをアップデートすると
GDMから起動しなくなります。
困りました。
ぐぐってみると解決した方のブログが。
大変ありがとうございます。
感謝して参考させて頂きます。

Ubuntu16.04でGDMが起動途中に死んでしまうのを直した話

確かに思い当たる節があります。
エラーにもGDMなんちゃらって出てきますし。

●バグ対応
まず起動しないことにはどうしようもないので、
起動させます。

1.Kernelを元の古いバージョンで起動する
  ブート時にGrub2から選択
2.grubのブートオプションに「i915.modeset=0」を付けて 
  GPUを一旦無効にして起動する

これで多分どちらかで起動するはずです。
起動したら端末から

sudo dpkg-reconfigure gdm3

これで再起動しても起動する様になりました。
大変感謝です。

●それでも起動しない場合は
GDMのスプラッシュ・スクリーンが問題なので、OFFにします。
端末から

sudo gedit /etc/default/grub

でエディタからquiet splashを削除して保存。
また端末から

sudo update-grub

起動時のブート画面表示をコンソールに変えるだけです。


●まとめ
分かってしまえば簡単ですが、
発見するまでが遠いです。
Kernelのバージョンが変わるとまた起こりそうですよね。
覚えておきましょう。
2.
posted by kapper at 23:40 | Comment(0) | Ubuntu

2018年04月11日

WINE動作テスト NeoGeoCDエミュレータ Raine Ubuntu17.10.1 その2

Screenshot from 2018-04-11 06-50-53.png

家に沢山あるNeoGeoCDのゲームをUbuntuで動かしてみたくて
RaineをWineで動かしてみました。
Ubuntuでソースコードからビルドしましたが、
ライブラリリンクエラーが多発して様子見です。

●WINE動作テスト記録
本家HPとKapperのHPをご参考までに。

 http//kapper1224.sakura.ne.jp/UNIX4.html
 https://appdb.winehq.org/objectManager.php?sClass=version&iId=9594
 http://qiita.com/amasaku/items/765b669fc51e6bc9ec04

まあ過去には色々やっていました。

●WINEと東方紅魔郷
今回の環境はこちら、

・Ubuntu17.10.1 amd64
・wine-2.18
・公式HP Rating:なし

公式HPには登録されていません。
問題としては、

・Raine標準のopenGL設定では画面が表示されない。
 Video設定をWindibにする
・読み込み出来るのはISOファイルかCUEファイルのみ
 イメージ化する時にサウンドファイルをISOに入れるか
 同じフォルダに置いてCUEファイルを置かないと音が出ない
・BIOSは各自入手してRaineのフォルダに置くかオプションで指定

が現時点のWINEでの問題。

インストールとしては、
公式HPからWindows版をダウンロード

 wine raine32.exe

でCDイメージファイルを指定して読み込むだけ。
Keyコンフィグは特殊なので、一度オプションから確認しましょう。
CDROMの読み込み速度はデフォルト8倍ですが好きに変更できます。
一応プレイ出来るはずです。

●まとめ
一応動作できました。
まあLinux版を動かしたいですが・・・ビルドエラーが。
CDの焼き方とかBIOSとかは質問しないで下さい。答えません。
とりあえず動いたので遊んでいますけど。
コントローラー必須かも。
またネットでブログなどを検索してみると良いかもしれません。
決して諦めないように遊んでみて下さい。
posted by kapper at 07:08 | Comment(0) | WINE

2018年04月10日

15,000円 CoreMタブレット Elite x2 1011 Ubuntu17.10.1& ubuntu18.04beta2テスト その1

UbuntuM.jpeg
今回は旧機種ながらもCoreM世代のタブレットを
B級品中古を15,000円で京都で買いましたので
Ubuntuをテストしました。
外周側の角に小さな傷があります。
速度は良好で同一世代のAtomの2倍程度の体感速度があり
低クロックながらもバッテリ性能が良くサクサクです。

●HP Elite x2 1011 G1
今回がこれです。2015年製でしょうか。
多分Apollo-Lakeより速いです。間違いなく。
普通に買うと中古で38000〜130000円程度でしょうか?
まだまだ高い世代かも。

日本HP「Elite x2 1011 G1」の仕様
プロセッサ Core M-5Y51
 (2コア4スレッド、クロック1.1GHz/2.6GHz、キャッシュ4MB、SDP 4.5W)
メモリ 4GB(LPDDR3)/オンボード
ストレージ M.2 SSD 128GB
OS Windows 10 Pro(64bit)
グラフィックス プロセッサ内蔵Intel HD Graphics 5300
ディスプレイ 11.6型1,920×1,080ドット(光沢あり)、
 10点タッチ対応、Wacomデジタイザ内蔵
ネットワーク IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2x2)+WiGig Combo、Bluetooth 4.0+LE
インターフェイス(本体) システムコネクタ、音声入出力、
 200万画素フロント/500万画素リアカメラ、microSDカードスロット×1、
 ステレオスピーカー、Wacomデジタイザ(ペン付属)
インターフェイス(パワーキーボード)
 システムコネクタ、DisplayPort 1.2×1(最大3,840×2,160ドット)、
 USB 3.0ポート×2(内1つはPowered USB)、スマートカードリーダ×1、
 音声入出力、キーボードバックライト、指紋認証センサー
サイズ/重量(本体) 298×192.7×10.7mm(幅×奥行き×高さ)/約780g
バッテリ駆動時間(本体) 約9時間/リチウムポリマーバッテリ(2セル、33WHr)
バッテリ駆動時間(パワーキーボード込み)
約14.3時間/+リチウムポリマーバッテリ(6セル、21WHr)

旧機種とは言えまあまあのスペックです。
面白い所は

・長所
 ノートPC同等スペックでパワーがある
 UEFI64bit
 セキュアブートをOFFにすればLinux起動可能
 LegacyBIOSモードとUEFIモードがあり選択可能
 Atom関係のバグがない。Kernel4.9でも多分普通に使える
 米軍仕様の高耐久性モデル
 ワコムのペンタッチ対応
 
・短所
 12V電源。USB充電不可
 キーボードドッグが無いと辛い
 周辺機種が独自USBケーブルのみ。拡張性が特別低い
 

Atom関係のKernelバグ弱点が無さそう。
LegacyBIOSが使えるのでNetBSDとかも使える
タブレット中古ゆえに安く買えましたが、
Atomより欲しい人は沢山いるのではないでしょうか?
SSDも128GBありますし、結構遊べそう。


●BIOS設定画面の入り方
Linuxを起動させるためにはセキュアブートをOFFにして
USBから起動する設定にする必要があります。
実はかなり苦労しました。
何故かというと高速ブート設定の為、
USBを認識して電流ランプが付く前にWindowsが起動するためですw
つまりUSBが認識するより先にOSが起動するw
BIOSに入れないじゃんw

まずWindows10から回復⇒UEFIの設定
で再起動してBIOSモードでセキュアブートをOFF
USBブートを許可して、ブート優先順位先頭に持ってきます。
で、高速起動をOFFにして起動待ち時間を5秒入れます。
これだけ設定すればLinuxでUSBブート可能になります。
面倒ですが、ここまでやれば後は同じです。

LinuxをUSBブートすればあとはLive、インストール通常通り。
Wubiで起動する際にもセキュアブートにひっかかりますので注意

●Ubuntu17.10.1 Live
USBメモリから普通に起動します。
何故かGPUが落ちるので不安定です。
Waylandの関係でしょうか?

●Ubuntu18.04beta2
Beta2で普通にUSB起動しました。
一応問題無さそうです。

●Android-x86
これもKernel4.9版でも問題なしです。
多分。

●まとめ
まずはUbuntuのLive起動のみ。
問題なく起動はしましたが別の小さいバグがありそう。
GPU関係がちょっと不安ですね。
勿論Wifiもワコムのタッチスクリーンも問題なく動きます。
電源関係が12Vなのが残念です。
というかHP Elite 1000も買っちゃったんですが・・・
スペックはほどほどにあるのでAtomよりかは速いです。
より*BSDでも遊びやすい機種です。
是非使ってみましょう。
posted by kapper at 02:07 | Comment(0) | HP Elite x2 1011 G1

2018年04月08日

Ubuntu改造日記 AC電源を繋ぐと一時的にキーボードが効かなくなるバグ対策 その69

今回はUbuntu17.10のバグ対策で、
ノートPCにAC電源を繋ぐと、バックライトが最低輝度になり
一時的にキーボードの入力が効かなくなります。
当方の環境はCF-NX2でUbuntu17.10.1 Amd64です。
他の人でもなるのではないでしょうか?

●AC電源を繋ぐと一時的にキーボードが効かなくなる
ACPI関係だろうけど、直っていません。
画面の輝度が最小になって真っ暗近くに鳴ります。
キーボードを叩いているとそのうち直りますが。

対策としてはマウスでテキストエディタをクリックして起動させます。
ランチャーにあるGeditが良いでしょうか?
でそのままテキストエディタで適当なキーを叩いていると
入力出来る様になって復旧します。
キー入力が復活したらFn+F2で輝度を調整します。
ブラウザ上でやっても何故かキー入力が認識しませんよね・・・
不思議です。

●まとめ
とりあえず復旧まで・・・
ACPIのバグはKernelのバージョンが上がるまで治んないので
当面は我慢するかPPAからMainlineKernelを入れて
アップデートしましょう。
今の所は仕方がないかも・・・


posted by kapper at 23:13 | Comment(0) | Ubuntu

2018年04月04日

最近の事 2018年4月 無呼吸睡眠障害? 克服しました

最近の愚痴を書きます。
実は3月までずっと、眠っても体力が回復しない
睡眠障害に陥っていまして、疲労困憊。
苦しかったです。
夜も昼も眠くて仕方がない、寝ても疲れは取れない。
無呼吸睡眠障害かもしれない?
と疑っていました。

切っ掛けは昨年の東海道らぐ四日市合宿で、
寝落ちした際にイビキがうるさいと言われました。
その時はあまり気にしていませんでした。
睡眠障害に陥って、1月〜3月でとても体力が落ちて
日常生活に支障が出ていました。
勿論、名言はしませんでしたが。
東海道らぐ名古屋3月の頃は本当にヤバかった。

これはヤバイと思ってググってみると、
寝相が悪い(寝落ちするから)。
そうしてみると、無呼吸睡眠障害かもしれない?
と疑う様になりました。
ネットに病状は睡眠中に気道が塞がってイビキが出るそうな。
で体力が回復しなくて眠くて仕方が無くなる。
毎晩睡眠不足で毎日夢を見ます。
Kapperは子供の頃から鼻炎で鼻呼吸が十分出来ません。
で、対策法は簡単で気道が塞がらない向きで寝ること。
つまり顔を横にして寝るだけ。
簡単です。

3月早急に枕を買い直しまして
寝る時は必ず横に顔を向けて寝る様にしました。
すると途端に正常に睡眠が取れるようになりまして
体力が回復しました。
今は全然元気です。良かった。

睡眠不足だと目が開けられなくて頭がぼーっとします。
寝不足の場合は若い頃でもあるかもしれませんが、
それがずっと続くと辛いですよね。
所が、横眠を始めてから頭がクリアになりました。
世界が明るく見えました。冗談じゃなくて本気で(ぉぃ
いやあ恐ろしいですね。
イビキは直っていないかもしれないので、
ひょっとしたらゴメンナサイ。




posted by kapper at 20:35 | Comment(0) | 近況

新世代UMPC Cherry-Trail #GPD-WIN Ubuntu+Kernel4.16LTSテスト その13

GPD-WIN416.jpg

久しぶりにGPD-WINのネタを書きます。
GPD-WINでLinuxを使う際にGPUのバグで画面が表示されない
Blackscreenのバグがあって、
新しいKernelを使うとGPUが動作しないため遅いという課題が有りました。
そのため、ずっとKernel4.9LTSを使っていました。
今回、Kernel4.16LTSがリリースされまして
蓋の開閉という条件付きですが、GPU動作しました。

●MainlineKernelとBlackscreenの問題
GPD-WINは通常のMainlineKernelを使うとGPUの
Blackscreenのバグがあります。
これはGPD-Pocketと同じです。
ただし、Kernel4.9LTS以外では設定しても直りません。
そのため、それ以降に採用したパッチが使えない状態でした。
例えばバッテリセンサーとか。

で、長いこと一つづつMainlineKernelを試していましたが解決していません。
今回Kernel4.16LTSで様々なパッチが追加されて
条件付きですが、GPUが動作して画面が映るようになりました。



●MainlineKernel4.16LTS
Ubuntu環境は17.10.1です。
インストール方法と初期セットアップは以前書いたので割愛します。
今回はKernelをアップデートしただけです。
Kernelはこちらのリンク先にDebファイルがあります。

http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/v4.16/

Amd64のGenericを含む3つをダウンロードします。

Build for amd64 succeeded (see BUILD.LOG.amd64):
linux-headers-4.16.0-041600_4.16.0-041600.201804012230_all.deb
linux-headers-4.16.0-041600-generic_4.16.0-041600.201804012230_amd64.deb
linux-image-4.16.0-041600-generic_4.16.0-041600.201804012230_amd64.deb

で端末から、

sudo dpkg -i linux-*

みたいな感じでワイルドカードで一括して指定して入れます。
古いKernelは消してしまいましょう。
で再起動。

Grub2ブートローダーで多分最新のKernel4.16が上に来ているはず。
そのまま起動。
するとファンが回ったまま画面が真っ黒になって見えないので
一旦蓋をしめてレジュームをかけます。
数秒たった後、蓋を開けるといつものポロン、という音がして
適当にキーを触っていると5〜10秒後にログイン画面が表示されますので
パスワードを入れるとデスクトップが起動します。
一応念の為に、Waylandは外してXorg環境にしています。
これで新機能パッチ+GPUが普通に使えています。

●まとめ
まずはインストールして動作確認だけ。
蓋の開閉という制限はありますがGPD-Pocketと同じです。
過去は長いことMainlineKernelが動かなかったのでホッとしています。
ATOMではKernel4.16LTSで見えない所が凄い進化しています。
デベロッパーの皆様に大変感謝です。
KernelのバージョンがGrubで選択できるので
好きなバージョンを入れればOKかと。
これで他のディストリでも使えますかも。
是非最新パッチのKernelを使ってみましょう。




posted by kapper at 19:35 | Comment(0) | GPD-WIN

2018年04月03日

Impression I have participated in the Singapore FOSSASIA2018 from Japan 日本からシンガポールFOSSASIA2018に発表してみた感想 #FOSSASIA

fossasia.jpg

2016年に続いてまた行ってきました。
シンガポールFossasia2018お疲れ様でした。
盛り上がりました。2回目でしたが沢山の人に来訪頂き大変楽しかったです。
僕も他のセミナーの色々な聞いて頂けて、大変嬉しいです。
ありがとうございました。
プレゼン資料で書けない細かい内容をブログにも記録します。

●シンガポール Fossasia2018とは
常夏の国、シンガポールで行われている
Free and OpenSoftwareのConferencesで今年で8年目になります。
Kapper独断の推定参加者人数5〜700人/日(木金土日開催)で
合計述べ2,500人程度のイベントです。
公式発表を待って数字は後日直します。
その中でSpeakerは欧米、アジアを中心に世界中から沢山いて
関係者を含めると多分1/3以上は発表者が聞いているイベントです。
オープンソースとしながらも様々にカテゴライズされており、
めちゃくちゃ多いですが実質何でもありです。
場所はMRTでチャンギ国際空港駅から40分、徒歩数分の
Lifelong Learning Instituteです。
アジアでは最大級のイベントとも一応、認識されています。
(アジアのイベントは多すぎて実は誰も全体像を把握していない)

 Fossasia 2018

今回はGoogleやダイムラー社、RedHat社など法人のトップエンジニアが多く
そうでない人もコミュニティの代表者であることから、
非常にレベルが高い、高すぎるのが特徴です。
参加者はFOSDEMの絡みでヨーロッパ圏の人たち多数と、
インド系の人たちがかなり多数でシンガポール人、インドネシア人、マレー人、
タイ人、中国人、台湾人、日本人他多数。
逆にこれだけのメンバーが参加するのは凄い事だと思います。
また時代の流れでオープンデータやIoT、Python、
ビッグデータ、Blockchine、工作発表が多くどんどんエリアが拡大中。
LinuxやUnix関係者の発表は非常に少なく限られています。

今回の発表資料です。





シンガポールは東アジア屈指の1人あたりGDPを持つ先進国です。
多分、1人あたりなら日本よりかなり上です。貧富の差もありますが。
物価もほぼ日本より結構高かったです。
イベントの推定ですが、OSC名古屋〜京都くらいの規模でしょうか?

 http://www.eventnook.com/event/register/56463


ブース出展はOSC企業スポンサー並の値段で宣伝されていたので、
多数の企業+スポンサーコミュニティが出していました。
良かったです。どんどんOSC化してますw
DebianとかFreeBSDとか・・・
グッズも増えたね。
まだ日本のレベルには到達しませんが。


●Fossasiaの長所と短所
長所

1.アジアでは世界最高峰のエンジニアがあつまるイベントの一つ
  過去には招待公演としてリーナス氏やリチャードストールマン氏も
  来たとのブログがあります。

2.シンガポールは華僑系74%、マレー系13%、インド系9%と
  多民族国家で共通言語としては英語が公用語。
  中国語が主となる香港と違い完全に英語が全体を占める数少ないアジア国家。
  そのため言語的障害が少なく、欧米人の来訪が多い。
  勿論日本人から見ても極めて楽です。
  ただ、インド英語やシンガポール英語は訛りがあるので
  ネイティブの聞き取り非常に大変ですけど

3.インド系が多数で東南アジアの周辺諸国のエンジニアが一同に集まります。
  この地域のマーケティングには非常に良好であります。
  東南アジアでの大規模イベントは少なく、地域的な
  人間関係やコミュニケーションを測るには一つのきっかけになります。

3.セッションの幅が広く、他のイベントでは聞けない内容が多数。
  今回は流行りモノが強かったです。
  AI/IoT、Python、セキュリティ、DevOpt、Linux他・・・
  企業よりの人が多かったです。  

4.子供向けのワークショップが多数あり。
  Pythonや機械学習のハンズオンもあり、
  自作セッションもあり、イベント盛りだくさん。
  とにかくハンズオンのセッションが多数充実していました。
  そういう方向に向かうのでしょうか?
  
5.発表内容が動画で録画して記録、複数のカメラやPC記録を
  併用しており、事細かく対応。
  一つのルームに1〜2人のスタッフが常時対応。
  これ色々と大変だろうな・・・
  逆にLinux関係の人にはプロジェクター地獄であって(以下略

6.多数のブースセッションとLT大会
  昼の13:00から1FブースルームでLT大会がありました。
  飛び入り参加のアレです。

7.Youtubeで動画配信

欠点
1.参加者と内容がマニアックに偏りすぎている
  参加者の割合で発表者とその関係者が多数を占める。
  発表もマニアック過ぎて一般の人が入り込む余地がない。
  だいたいシンガポールの人が少ないので国境を超えてきた人が殆ど。
  エンジニアも一般の人も沢山巻き込もうという日本人の発想の逆です。

2.旅費が高すぎる。
  旅費滞在費を加えると相当な出費が必要で、
  参加する敷居が高すぎる。
  特に日本など遠方からの参加はとても無理。
  初心者お断りな空気が漂っています。
  
3.会場とセミナールームがわかりづらい。

○シンガポールFOSSASIAの参加前
Webで申請して通れば発表です。
まだ発表枠は空き部屋がありそう。
大体金〜日がピークなので平日割当は覚悟しましょう。
先方にフライト時間を連絡した方が良さそうです。
というか飛行機をできるだけ早く取らないといけませんが、
そもそもスケジュール発表が2週間前なので
諦めてえいやっとフライトを取るしかなさそう。
怖いですがどうしようもありません。


○日本〜チャンギ国際空港〜Fossasia会場まで移動
シンガポールへはチャンギ国際空港がありまして、直行便があります。
日本からシンガポールへは直行便で大体7時間のフライトでかなり遠いです。
安く行こうと思ったら東京から格安便で行くか、
格安LCCを台湾、香港、フィリピン経由で乗り継ぐか。
非常に移動に時間がかかりますが。
社会人には厳しい選択です。
日中を移動で使うのは残念なので可能であれば夜行便を使いたいですよね。
体力があれば早朝にシンガポールについて観光出来ます。
ただし3ヶ月前から予約しないと売り切れます。
計画が全てです。

チャンギ国際空港からシンガポール中心部まではMRTで1時間で移動出来ます。
交通カードとして従量制か3日間使い放題のどちらかがあります。
市内の交通機関には限界があり、バスが入り組んでいます。
バス乗る人は必ず交通カードを買いましょう。
お釣りが出ません。
現金で払う人など誰一人もいませんでした。
GoogleMapナビで方角とバスNoを確認して確実に選びます。

チャンギ国際空港の通関ゲートは各搭乗ゲートにありまして、
飛行機に乗る1時間前だけ荷物検査する仕組みです。
出国ゲートはパスポートチェックだけです。
お酒は中まで持ち込めますのでご注意を。
多分乗り換え対策かと、便利ですが人と設備が多数必要。
24時間運用なので、ショップも一部運転しています。
空港で寝て時間を待つ人も意外と多いです。
安全上極めて危険ですが。

空港ではWifiが使えるのですが登録制です。
Web認証画面で電話番号を登録するか、案内所で発行してもらいます。
パスポート読み取りでパスワードを発行する機械がありました。
まずWifiで現地情報を確認しましょう。
現金は両替するか、クレジットカードで引き出すかです。
小銭が貯まると面倒なのでクレジットで出来るだけ買い物します。
またSIMカードも複数の会社が出しており選択に悩みます。
国際電話付きで1GB、3GBの会社と
電話ありで15ドル、100GBの会社などあります。値段が全然違います。
Kapperは今回も100GBのSIMを買いました。
API設定はSIMFree端末で。
店員さんは日本語表示が読めないので事前に英語にしておくと直ぐ終わります。
この際、SIMをスマホから取り出すピンをここで借りる事を忘れない様に。
代替クリップをコンビニなどで入手するのは至難の技です。
また飲食物はセブン-イレブンなどで購入出来ますが、
公共交通機関はエスカレータを出るまで飲食禁止なので注意しましょう。
空港か外で食べるしかないです。
勿論ゴミ捨て、飲食、タバコ、火気類、ドリアン所持は罰金です。
法律はかなり厳しい国です。
ドリアン罰金には注意しましょう(笑

グリーンのMRTでもよりの駅まで移動します。
結構遠いです。
今回は駅建屋近くなので徒歩数分。
ショッピングセンターとなりなので便利です。


○シンガポールFossasiaタイムスケジュールとセミナー
9:30〜開始のスケジュールで25分〜1時間+休憩時間の流れです。
基本ではコミュニティ枠は25分、ハンズオン1時間。
こういう差別化もありなのかな?と。
人が興味を持つかはまずタイトル次第ですが。

各テーマで部屋をカテゴライズされていまして、
ある程度均等に部屋、時間を割り振られています。
部屋が今回はあちこちに貼ってあり探せば見つかります。
が、Webに無いので探すのは仕方がない。分かんない。
細かい内容はスケジュールのHPを見てください。
開発者ばかりなのですがジャンル的に何でもありです。

セミナー発表は基本Speaker任せです。
アンケート、配布物、実演などは時間の許す限り自由です。
今回は撮影係2名と司会1名の合計3名と沢山のスタッフが。
順調に進みます。


発表時間は3/23(土)の14:30で全然精神的に余裕がありませんでした・・・
英語の練習も十分に出来ません。残念。
最初休憩時間終了時には20人くらいで少ないな・・・と思っていましたが、
セミナー中に人が帰ってきて40人ほど部屋一杯。
沢山の人に集まっていただけました。ありがとうございます。
RaspberryPiより安いは受けましたw


○他の人の発表
FreeBSDの人が、サーバの公演していて、
性能評価していくのかな?と思いきやARM64の話になって
Intelをディスり始めて止まらないw
笑わさせて頂きました。
やはり負けている方につく方が面白いのですね・・・
僕にもそんな季節が有りました・・・

他はdebianの人、Redhatの人、VMwareの人などがレベルの高い発表。
動画はYoutubeで見れます。
面白いです。

今回、英語を聞いていて質問と回答と発表内容が何故かよくわかりました。
専門用語が入ると文章の内容がある程度読めるので
英語がするする入ってきます。始めての心理です。
ラジオほど英語は速くありませんし。
やっぱり語彙力は重要ですねぇ。


○機械学習関係
Linux関係は時間が限られるので次は機械学習のセッションへ。
Googleの人の発表がすごかったです。
これもyoutubeで。
大変勉強になりました。


○そして観光?
今回は朝と夜だけ。
シムリムスクエアとマーライオン公園、オーチャードと屋台あたり。
シムリムスクエアは自作系が壊滅的でUSB周辺機ショップになってたりw
シンガポールではPC関係は諦めたほうが良いかと。
USB関係の240V電源を8ドルで購入しましたw
変圧器と変換アダプタとUSB充電器(240V)は多めに用意した方が良いです。
ホテルで可能な限りチャージ。
充電スポットが市内にあまりないのでご注意を。
マーライオン公園は観光客で一杯。
オーチャードは百貨店街ですが、
コーヒーショップやバーもあるので休憩しながら。
高島屋にある紀伊国屋書店がお気に入りのスポット。
日本の漫画もありましたが約2倍以上。
徒歩で歩いてサマーセット駅には
沢山の飲食店、バー、カフェがあり憩いのスポット
地下にはハンズやドンキなどもあり大人気スポットへと。
日系なのでほっとしますが、激高。まあ運送費と関税でしょうか・・・


○ビール
シンガポールと言えばビールとワイン。
何故かと言うとアルコール濃度に比例して酒税が上がるので
蒸留酒は高くて普通には売っていない訳ですよ。
つまんない。
しかも輸入品なので高い。
仕方がなくビールw
日本と同じでハイネケンなど、アサヒやキリン、サッポロもどこでも買えます。
500ml缶で6.5ドル=500円前後。高いね。
焼酎やウィスキーは日本側の免税店で買ってひっそりと持ち込みましょう。


○屋台
B級グルメ!
人口規模から見ても中華が殆どです。安定しています。
意外とウマいです。
他がタイ料理。インド料理
僅かに日本料理とベトナム料理。
他はチェーン店。
中華は主にチキンとダック。麺、ライスにおかずの組み合わせ。
せっかく来たのでチリクラブ1匹。
日本食もありますが、出来ればチェーン店へ。
ええと、日系じゃないと味付けが???な日本食も楽しめます(ぉぃ
見た目に騙されないように。

○ラーメン
中華をメインに、日系や韓国もの
フォーやトムヤムスープまで。
んまいです。
意外となんでもありますが、
ヘンテコ日本料理もありますので、
メニューから違和感を察知して避けましょうw
カップ麺は中華と明星、韓国辛ラーメンなど。
出前一丁も買えます。夜食にも困りません。

○物価、ダイソー
物価は日本の1.5〜2倍くらい?
ダイソーが2ドルショップ=160円均一なので。
ポッカの緑茶とかありますがはちみつ入りなのでご注意をw
もちろん無糖も探せばありますw
ダイソーなら日本と同じなので安心です(ぉぃ
ペットボトルも水で2〜2.5ドル。

○コンビニ
セブンイレブンがあちらこちらに。便利ですが高いですけど。
スーパーで買うと良いんですけどね。

○お土産その他
スーパーで買いましょう、と言いたいですが
チョコレートとクッキーしか・・・
あんまり種類がありません。
その他は殆ど中国などからの輸入物。


○スタバやドトール
勿論、各地にあります。安心です。
posted by kapper at 07:21 | Comment(0) | Fossasia

2018年03月21日

Netwalker Labo FOSSASIA2018 2018/3/23 15:00〜 Hacking x86 Windows Tablet Linux presentation Materials  #FOSSASIA

I will speak about the hacking of x86 Windows Tablet to March 23 in Singapole.
The it is possible to have material now and then published.

Official HP of FOSSAISA2018 is here.


https://2018.fossasia.org/


Netwalker osc FOSSASIA2018.pdf




Hacking with x86 Windows Tablet on Linux from Kapper1224

1、We will publish of the presentation materials for FOSSASIA2018.
  Download PDF, data browsing is using, such as Slideshare.
and I will erase Japanese in Fossasia2018.
  Please opinions by all means.

2、Since Correct if there is an error and the public on
  the problems in the documentation
  Very helpful to you if you can please contact us to blog or Twitter.

3、Contents are contents of Mobile, Tablet, UMPC are mixed.
  The contents of the overall picture is also what does not work. Please pardon.
  (Mainly boot loader other.)

4,The next of the story is a big Wanted.
  Kapper of seminars in the form reflect the opinions of everyone,
  We plan with the intention to implement.
  Please opinion by all means.
posted by kapper at 20:01 | Comment(0) | Fossasia

2018年03月20日

WindowsタブレットでカタログスペックからUEFI32bit,64bitを調べる方法


今回はタイトル通りの内容で
Windowsタブレットでカタログスペックから
UEFI32bit,64bitを調べる方法です。
簡単です。
Linux使いの中ではよくある質問です。
実は昔から知っていましたが確信がありませんでした。

●UEFI32bit、64bit
Linuxディストリは通常UEFI64bit向けに開発されていて
標準ではDebian-MultiarchとFedora、Gentoo、Android-x86を
除くと殆どUEFI32bitでは起動しない仕組みです。
UEFI32bitは基本サポートしていないと言っても過言ではありません。
じゃあWindowsタブレットにLinuxを入れる際に
どちらに対応しているかは後々重要になってきます。

一例としてLAVIE Tab Wのページを見ます。


LAVIE Tab Wの仕様について


Windows 10 Home 64ビット
Windows 10 Home 32ビット

とちゃんと書いてあります。
64ビット=UEFI64bitで32ビット=UEFI32bitです。
ここで識別が可能です。
大体の日本語HPのあるタブレットに記載してあります。
ノートPCや2in1なんかも注意です。

●傾向として
ドスパラの8インチタブレットでCherry−Trail世代を除くと
殆どの8インチタブレットがUEFI32bitです。
逆に10インチ以上のタブレットは殆どがUEFI64bitです。
勿論例外もありますので必ずチェックしてほしいです。

後はBay-Trail世代はUEFI32bitが多いです。
Cherry-Trail世代はUEFI64bitが多いです。
Apollo-LakeやノートPC仕様はほぼUEFI64bit。
そういう機種は大抵12V電源仕様なので、5Vの
USB電源では充電できませんので買う前にご注意を。

●カタログを隅までしっかり読む。
カタログにUEFIの仕様は殆ど書かれているはずです。
勿論、店頭には書かれていないので、
買う前には必ず公式HPのスペック詳細を読んで下さい。

●Linuxをインストール?
UEFI64bitの機種ならUSBメモリに焼いて刺すだけ。
UEFI32bitの機種なら対応ディストリのみUSBメモリに焼いて刺すだけ。
それ以外はbootia32.efiを/EFI/bootにコピーしてgrubを手入力。
面倒ですし、確実ではありませんのでご注意。

最初ならUEFI64bitの機種を選んでみましょう。
逆に格安OS無し系は殆どUEFi32bitであろうなので
Debian Multi-Arch、Ubuntu17.10、Android-x86、
Fedora27でまずテスト。

●まとめ
識別は簡単に出来ます。
ドライバも最近のOS、Kernelならとりあえず起動するはず。
最悪、Android-x86をUSBメモリに焼いて
Live起動して試してみればOKです。
Kernel4.16RC以降がオススメです。
是非Linuxを試してみましょう。
posted by kapper at 00:26 | Comment(0) | Linux

2018年03月17日

Android Wear スマートウォッチ Smartwatch3 Bluetooth接続が繋がらないときに その7


最近色々と設定が変わってスマホとBluetoothで
リンクできなくなったり。
困っていると公式HPに解説が。
まあ、なんとかなるので良かったですが・・・

●Bluetooth接続が繋がらない
スマートウォッチとスマホがBluetoothで
繋がらなくなる事があります。
ソフトウェア的な要因です。
よく分かっていませんが。

原因として2つ
1.Bluetoothでスマホ本体との設定
2.AndroidWearアプリとの接続

何故こうなるのかが分かりませんが、
2つの要因があります。

初期化⇒
スマートフォンとのペア設定を解除

1.のBluetoothで相手が見えない場合は、
リカバリするしかなさそうです。
リカバリ時には何故かBluetoothで繋がります。

2.アプリとSync出来ない、
2回めから繋がらない
これはリカバリした祭に、
スマホの通信設定でBluetoothを繋いだ際に
起きるようです。


どうするか?
リカバリした祭にスマホ側でAndroidwearアプリを
起動させておいて、そちらのBluetooth設定で
接続します。
Android本体の通信設定じゃなくて
良く分かりません。
初期化という言葉がスマートフォンとのペア設定を解除
に変わっています。
注意です。

●まとめ
用語と方法が勝手に変わっていますが、
要注意です。
ググればどこかに書いてあるので
落ち着いて検索しましょう。
今後も設定名が変わる可能性があります。
スマートウォッチ側のデータはスマホ内にありますので
消えるデータは基本的にはありません。
落ち着いて対処すれば大丈夫です。
うっとおしい
posted by kapper at 12:11 | Comment(0) | Smartwatch

2018年03月11日

中国版SNS Weibo アカウントを作ってみました その1

Screenshot from 2018-03-11 22-30-03.png

中国の大手SNSであるWeiboにもアカウントを作ってみました。
これを通じてLinuxの情報を発信してみようかと。
ガジェヲタは世界共通なので、
このモバイル魂に気づいてくれるかな?

●Weiboとは
Weiboとは中国の大手SNSの一つで6億人いると言われています。
日本と2桁ほど人口密度が違いますw
文字は中国語なんで読めませんけど・・・
金盾の影響でTwitterなどのSNSが中国国内で読めないので
事実上最大のサービスの一つになっています。
まあ、海外からアクセスは可能なんですけどね。
中国国内から情報を取るには便利です。
マーケティングですマーケティング。


https://weibo.com/u/6504780807/home?topnav=1&wvr=6


まあ、アカウントを作っても知り会いはいないですが
それは初期のTwitterやFacebookでも同じ。
言葉読めませんがどうしましょうかね?

仕組みとしてはTwitter+Facebookでしょうか?
Twitterみたいな短文のつぶやきが主体ですが、
MixiやFacebookの様なコミュニティ機能もあります。


●Weiboにアカウントを作る
こちらが詳しいので。

2017年版微博(WEIBO)の使い方1_PCでのアカウント登録手順

厄介なのはSSLが無いのでダダ漏れという所と
電話番号を登録してショートメールで登録する必要がある所。
殆ど偽装も可能ですが、
完全には個人情報を断てません。
現地の犯罪行為にならないよう注意して発言しましょう。

・アカウント作成ボタンを押す。Englishにしておくと良いです。
・メール、電話番号、パスワードを登録
・SMSからPINパスワードが届くので入力するとアカウント作成
・興味のあるテーマをいくつか選択
・ログオンするとFacebookみたいな画面が出て登録
・後は個人設定を変更。

ハッシュタグは# #で囲った間です。
ログインすると知らない人を勝手に60人ばかりフォローしています。
後はBotの様なアカウントが登録されていまして、
説明メッセージをもらえます。親切ですね。読めませんがw
色々と書き込んでみましょう。

●注意事項!
このニュースを見てどきっとしました。

Pawooで急増する中国からのユーザー、その原因は?

要約すると、
Weiboに投稿した画像データの著作権がWeiboのモノになる
ので、転用できなくなるとの事。
画像を貼り付ける時はあえて写真の角度などを変えた
ダミー画像を使いましょう。
要注意。
後は政治的に解釈される書き込みは止めておきましょう。
ついでにこちらもご一読を。

中国ネットで逮捕されないための9つの事


●まとめ
ログインまで。
中国語をどうするかが課題でしょうね。
色々と書き込んでみて勉強するしか・・・
何をしてよいのか分かりませんが使ってフォロアーさんを作りましょう。
posted by kapper at 22:36 | Comment(0) | 近況

2018年03月10日

世界の全ての機器を制覇するOS NetBSD Nexus9 Bochsエミュレーション ておくれLiveイメージ その25 #NetBSD

Teokure.jpeg

今回はておくれNexusの起動法ですw
NetBSD6.1.5のておくれLiveイメージを用いて
AndroidのNexus9上でエミュレーション動作してみました。
CPU速度を除けば快適です(ぉぃ
目的はiPhoneやAndroidなどで動かすためです。
エミュレーション側がタッチスクリーンマウスエミュや
NE2000、VGAその他を対応してくれるので
ドライバ関係はノータッチで楽です。
実はQemuベースのLINBOエミュもあるんですが、
イメージファイルの2GB制限があって起動出来ていません。
まあこちらは通常インストールで対応しましょう。

●NetBSD6.1.5とBochsエミュレーション
NetBSDはi386で各種エミュレータが使えます。
Kernelのバグが無く起動できるのが6.1.5までです。
ここはNetBSDのバグフィックスに期待。
実機で動かすのが面倒なモバイル機器の場合、
エミュレータを使うのが楽です。主に展示用。

しかしPCを除くとまともに動くのが、
QemuとBochsの2択しかありません。
特にiPhoneの場合はBochs一択です。
ぐぬぬ。
試してみました。

●Bochs
Bochsの動作条件は下記です。

・Bochs本体
・NetBSD i386 6.1.5以前(何故か7.0以降NG)
・ておくれLiveイメージQemu用
 ⇒QemuとBochsはイメージ互換です。
・VGA設定はPCIVGA(VBE)
・LINBO(Qemu)はイメージファイルが2GB以下
・入力時はキーボード

この条件が重なればいかなる機器でも動作します。
まあ容量の制限には注意です。
Mikutterを動かしましょ。
もちろんWindowsやFreeBSD、Linux他も動きます。

●ておくれLiveイメージ
最新版は7.1.1なのでBochs上では起動しません。
なので、6.1.5版をダウンロードしましょう。
PCでダウンロードすると展開する時、楽かも


http://teokurebsd.org/netbsd/liveimage/20150705-6.1.5/liveimage-i386-emu-20150705-6.1.5.img.gz


作者のつついさんに感謝して使います。
PC上で展開してimgファイルにします。
3.6GB前後でしょうか?容量注意。
で、USBメモリか何かでAndroidのDownloadへコピー。
ひょっとしたら外部メモリ上でも動くと思いますが、
Nexusなので試してません。
ひとまずここまで。

次はAndroidでBochsをインストール。
こちらのを。


https://play.google.com/store/apps/details?id=net.sourceforge.bochs&hl=ja


インストールしたらそのまま起動。
設定します。

Storage
・ata0-master(disk)
 にNetBSDのイメージファイル

Hardware
・メモリは適当
・VGA Cardにpcivga
・Ethernet Cardにne2K
・Soundにsb16

あとは触らない。
CPU設定とかClockは基本でrealtimeで良いでしょう。
で右上のStart
でSDLと共にBochsとNetBSDが起動します。
あとはログイン画面まで放置。

ログイン画面で
ユーザー:mikutter
パスワード:Teokure-

●課題?
まずソフトウェアキーボードが表示されないので、
常時表示アプリを入れるかハードウェアキーボードを繋ぎましょう。
ログインして入力するためです。

CPU速度はRealtimeなので母材のAndroidに比例しますが、
Pentium2の200〜400MHz相当かなぁ。
あんまり速くはありませんが、もたつく程度では無いです。
浮動少数演算を使わないのでQemuよりかは速いはず。
Nexus9は2014年製なので、最新のCPUならもっと速いでしょう。
バックグラウンドのアプリは落としておきましょう。
流石にFirefoxは起動するのはキツイかもw

●まとめ
仕組みさえ分かっていればNetBSDは簡単です。
あとは時間と根性w
でもFirefoxは速度的に無理だな、と思った。やっぱり?
遅え、と思った方は高速CPUを持つAndroidで試しましょう(ぉぃ
AndroidでもiPhoneでも何でも。
AndroidでQemuを使いたい人は自分でOSイメージを作成しましょう。
是非色々なOSを試してみましょう。
posted by kapper at 18:29 | Comment(0) | NetBSD

2018年03月09日

最近の事 2018年3月 どうしても効率の悪い間接部門から 「トヨタの自工程完結」を学んで


今日は久し振りにトヨタの自工程完結をネタにします。
自分で色々と試行錯誤してみて、
この考え方の優位性にやっとたどり着きました(ぇ
しかし、トヨタ以上にもっと昇華させたいですね。
せっかくAIの時代ですもん。
ドイツがインダストリー4なら、
僕ら日本人はインダストリー5を狙いましょうか(ぉぃ

●トヨタの自工程完結
自工程完結って何ですか?
全然分からん。
本を読んでもピンとこない。
何が言いたいんや、トヨタ。

まあ、そんな感じですよね。普通。
当然です。トヨタがただで教える訳ないじゃないですかw
まあやってみないと分からない。

日本人の間接部門は非常に効率が悪いです。
それこそ徹底的に。
無駄な打ち合わせ、無駄な資料作り、
目的やアウトプットの無い作業、
それこそ上から下まで。
そんなのの繰り返し。
普通ですよね。

しかしメスをいれないと戦っていけません。
人員と工数も無限にあるわけではありません。
無駄は誰だってなくしたいんです。
そんな日本のよくある社会。
そして無駄な仕事を積み重ねて、真面目にやっているフリ。
変えましょう。

●トヨタの自工程完結を学ぼう。
詳しいことはこの本に買いてあるので書きません。
僕は人に教えられるレベルでは無いです。



まずは目的・目標・アウトプットを書き出します。
そして、作業のフローと時系列、お客様を書き出します。
そしてここでレビューします。他人の批判に晒される訳。
がっつりと、とんでもない位に批判されます(ぉ
でも本人には何が悪くて何が良いのかサッパリ分からないんです。
本人は超真剣なので。物凄く腹が立ちます。
この時点では。
それで、今度はチェックする側にまわります。
ああなる程と思うわけですよ。
本人が書き出した真意が手に取る様に分かる。
そして批判される理由も。
面白い。
すると、翻って自分の書き出した内容に誤りがあることに
気付かされます。
そうです。無駄なんです。ロス。

ここまでざっくり書きましたが理解出来ないかとw
目的・目標・アウトプットと言いますが、
実際に書き出すには難しいんです。
仕事の目標というのは定義が難しいんです。
売上、時間、残業、納期、満足度、
何がアウトプットですか?その仕事のお客様は誰ですか?
問題なのは自分の為、って書いちゃダメなんです?
え、自分の仕事だから自分の為じゃないの?
そこが面白い所。

●昔ながらのダメな上司
昔ながらの「阿吽の呼吸」
「1を聞いて10を知る上司と優秀な部下」
というのを望まれている社会だと思います。
でもそれは物凄い非効率な考え方です。
当時は何をやっても品質が良ければ売れた時代。
4割失敗しても6割成功すれば大成功の時代。
でも今はそんなのではやっていけません。負け犬になります。
そんな考え方が生産性を落としているんです。

やり直しの無いアウトプットのイメージとは?
仕事の中身と手順を書き出します。
そしてそのフローをレビューしてもらいます。
どうも違うね、という話になります。
普通に仕事をやった方が速いって?当たり前じゃんw
それを明確に否定するのが自工程完結。
数十倍の時間がかかります。それが段取り。
細かなアクションまで全部書きだせ。
すると本来やらなくても良いアクションや
過剰なアクションが見えてきます。
業務改廃です。
お客様のニーズにあっていないアクションが沢山あります。
つまり最善手を定義するんです。そして記録に残す事で標準化します。
そういう考え方です。

本来、短時間で出来る仕事を数カ月かかって書き出して
ダメ出しされてやり直しになりましたw
でもそれこそが自工程完結。
何があかんかったのかが残ります。
僕の場合は、上司と打ち合わせしたメモを毎回全て
パワーポイントで時系列に残してますw
こいつ超問題児で言う度に思いつきでコロコロ意見を変えるんですw
超ムカつきます。
なので、メモを残します。
自工程完結で同僚にもレビューしてもらいます。
「本当に上司がそんなことを言ったのか?もう一度聞き直せ」
うん、言います。
間違っていますw
でやり直し。
「このままだとまずいから、関係者を集めて打ち合わせしよう」
そうなる訳ですよ。まあそれが正しいコミュニケーションw

何が言いたいのかというと、問題児の幹部は大抵アホなので
部下の意見を聞きません。で思いつきで大失敗します。
だいたい失敗が多い奴ほどそんな傾向あります。アホです。

で、仕事の目的・目標・アウトプットを書き出すわけです。
元に戻ってしまいましたが・・・
そこまでやって初めてお互いに学習するんです。
学ぶのは本人だけではないんです。
この地獄こそが自工程完結。
普通にやったらすぐ終わりますw
トヨタは学習させるために、担当者を地獄に突き落とします。
そうしないと権力のある上司に学ばさせる事は出来ないんですよね。
これを繰り返す。
まさに狂気。

ここまでやって一つの業務の目的・目標・アウトプットが明確になりました。
そして業務フローを書き出します。
業務改廃です。
もちろん地獄です。

●業務フローをレビューしてもらって記録を残す意味
実は間接部門の仕事が明確に手順・要領に落ちている事は少ないです。
結果さえ良ければ全て良し、という考え方ありませんか?
実は書き出してレビューしてもらう事で問題点が出てきます。
恐ろしいです。
人間わがままなもんで、口頭で指示している内容も
実際に書き出されると違うことを言い出しますw
ここまでいらないんじゃないか?
これは相手が違うんじゃないか?
このタイミングでこれを報告しろよ?

お前そんな事いつも考えていなかっただろ?
お前そんな指示一度も出さなかったろ?
そんな事一度でも思ったら口頭でも良いから説明しろよ。


普通です。
つまり日常的に言葉に出ない心理深の要求事項が
文面、フローにすると思いがけなく口からぽっと出てくるんです。
そこまでいらないや、なんて。
え?ふざけるな?そんなの常識ですよw
これが間接部門の効率の悪さなんです。
業務改廃です。
つまりいつもの業務命令はいらなかったんです(爆
ここまでやって上司はやっと気が付きました。
いやあ自工程完結は地獄ですよねw



●まとめ
本には絶対こんな事を書いていませんが、
自工程完結は担当者を地獄まで落とす考え方です。
勿論落とすのは上司ですw
そしてそれにお互いに気づかせるのが自工程完結です。
そしてボコボコにレビューされますw
担当者は大抵憤慨します。
健康に悪いね(マテ

結果が正しいという記録はこうした長い戦いの中で残っていきます。
莫大な打ち合わせとやり直しの時間、
そうして記録となる莫大な資料作りの時間を超えて
やっと自分と上司は無駄に気づきますw
こんなチンタラとした仕事を毎回やっとれません。
本に書いてある美しいストーリーは自工程完結ベテランによる
美しいサクセスストーリーです。
本質は違いますw
こんなのやってられるか(ぇ
つまり、経営層が決断して命令することで
初めて自工程完結がテーマとして認定されます。
テーマとして認識される事で中間管理職が認識して
初めて業務改廃に着手出来るんです。
それが日本の企業です。
非効率だねぇ。

無駄を学習させる為にやるんです。
そうして、無駄に気づきます。
膨大な時間と精神的苦痛を超えて。
担当者を地獄に叩き込む自工程完結。
やってみませんか?
最初は地獄ですが、慣れてきたら楽しいですよ(ぉぃ
posted by kapper at 22:19 | Comment(0) | 近況

2018年03月08日

新世代7インチUMPC Cherry-Trail #GPD-Pocket Ubuntu Kernel4.16RC3 インストールテスト その5


GPD-PocketでのUbuntuでKernel4.16RC3をテストしました。
というのも各種パッチがMainlineKernelに
ポーティングされていまして、
Kernel4.16RC3ではそれが機能し始めたからです。
Kernel4.16リリース以降で各種ディストリにも
実装され始めるはずです。
まずはMainlineKernelから。

●GPD-Pocketの関連パッチ
GPD-Pocket関係のパッチは検索するだけでも
13個くらいでしょうか?
タイトル検索で出てくるのは殆どハンス先生の
パッチですけど、多分それ以外にも共通パッチが見えない所で。


https://git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/torvalds/linux.git/log/?qt=grep&q=GPD+pocket

Age Commit message (Expand) Author Files Lines
2018-01-29 platform/x86: GPD pocket fan: Stop work on suspend Hans de Goede
2018-01-29 platform/x86: GPD pocket fan: Use a min-speed of 2 while charging Hans de Goede
2018-01-29 platform/x86: GPD pocket fan: Set speed to max on get_temp failure Hans de Goede
2018-01-03 ASoC: rt5645: set in2_diff flag for GPD win and pocket devices Hans de Goede
2017-12-21 platform/x86: Add driver for GPD pocket custom fan controller Hans de Goede
2017-12-04 drm: Add panel orientation quirks, v6. Hans de Goede
2017-11-20 ACPI / bus: Leave modalias empty for devices which are not present Hans de Goede
2017-10-21 ACPI / x86: Extend KIOX000A quirk to cover all affected BIOS versions Hans de Goede
2017-10-14 Revert "Bluetooth: btusb: Add workaround for Broadcom devices without product... Hans de Goede
2017-09-14 Merge tag 'fbdev-v4.14' of git://github.com/bzolnier/linux Linus Torvalds
2017-09-04 video/console: Add new BIOS date for GPD pocket to dmi quirk table Hans de Goede
2017-08-18 video/console: Add dmi quirk table for x86 systems which need fbcon rotation Hans de Goede
2017-08-15 Bluetooth: btusb: Add workaround for Broadcom devices without product id Marcel Holtmann

で、Kernelパッチが投げられるのと、
実際にパッチがMainlineKernelに入ってリリースされるまでに
結構時差があるもんでして、
いつ効いているのか効いていないのか良くわからない(ぉぃ
今回はCPU Fanのコントロールパッチが入っているので
音ですぐわかりました。
まあそんなもんですw

●残存バグ?
画面が起動時にブラックスクリーンになるのは相変わらず
一回蓋を締めてレジュームしてから起動すると映ります。
内蔵Wifiの接続も悪いです。
USB-無線LANも併用して下さい。

カスタムパッチKernelがいらなくなると楽なもんです。
入れるだけ。
どんなディストリでも。
まあ、まだBlackscreenのバグがあるので、
完全には導入されていませんけどね・・・・
でも以前と比べるとだいぶ快適に鳴りました。
あとはAndroid-x86にポーティングされるのを待つばかり。

ちなみにGPD-WINの方はBlackscreenのバグが
4.16RC4でも残っているので画面表示出来ません。
面倒ですよね・・・
4.9LTS系列を未だに使っています。
バッテリセンサーが・・・

Kernelのパッチは公開されているので
是非チェックしてみましょう。
そして導入はPPAから。楽です。
定期的に読む癖を付けると勉強になります。
その教材としてGPD-PocketとGPD-WINが(ぉぃ
改造するにはバックボーンの知識があると
なお面白いです。
自己責任で入れてみましょう。




posted by kapper at 02:49 | Comment(0) | GPD-Pocket
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ