にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ

2022年01月06日

最近の事 2022年1月 大人のウマ娘ランド 名古屋競馬場 移転前参戦してみた


こんばんは。
今回はウマ娘がきっかけで競馬していますが、
弥富に移転前に最後に行ってみたいという思いがありまして
大人のディズニーランドこと名古屋競馬場の楽しい暇つぶしをネタにします。
お金を賭けなければ格安で楽しい場所ですw
笠松競馬と違い人口は多くて、歩く歩数も多いので健康に良さそうですw


●名古屋競馬とは?
名古屋駅からあおなみ線15分+徒歩5分の愛知県の名古屋競馬です。
地方自治体の競馬場としてはオーソドックスな作りです。
名古屋駅から近い位置にありますので、祝日は非常に沢山の人が来場します。
席が埋まって立ち見もかなりいました。
移転前の3月10日までですが現在入場料は無料です。
実際の競馬はすごく迫力があり人気です。TVでは味わえない雰囲気があります。
パドックが構内で眼の前にあり、馬をしっかり観察出来ます。
昭和の雰囲気があり臨場感あふれる地方競馬が名古屋競馬の特徴です。

名古屋競馬開催日の祝日は入場料が無料もあって動物園代わりに子供連れ家族客が多いです。
カップルや女性も少数ですが意外といます。
昼は競馬、夕方は名古屋でお買い物や水族館やレゴランドなど自由に時間を使えます。
今はネットの影響かわざわざ競馬場まで来る必要は無いのかもしれませんが。
巨大モニタと各所のTVでグリーンチャンネルを生放映しており飲食しながらリアルタイム観戦出来ます。
リアルタイムで生放送を観戦したい人は名古屋競馬場に来ると良いです。

22年4月にに弥富に移転します。
名古屋駅から近鉄弥富駅まで15分、弥富トレセンまで車で18分(GoogleMapより)
らしいので、待ち時間を考慮すると2倍近く遠くなります。
まあ行く人は行くでしょうし、名古屋駅から直行バスを出すかもしれません。
名古屋駅から笠松と同じくらいの距離になりますかも。
三重県から近くなりますが、尾張三河岐阜地区からは遠くなります。
移転する前に一度くらいは名古屋競馬場に行ってみるのも良いかもしれません。


●名古屋競馬 VS 笠松競馬 VS ウィンズ
名古屋駅から近いので交通の便が凄く良いです。基本鉄道かバスで。
名古屋競馬は笠松競馬と比べると2倍弱の売上があり来場者も多いです。
笠松とは違い賞金の高いJRA交流重賞や全国交流レースもあり遠征馬が多く見どころがあります。
まあJRA相手にはとても勝てそうにはありませんが。
JRAや笠松競馬と被らない様に日程が組まれており平日主体です。
当然、他の会場のレース馬券も購入可能です。

時間はそれぞれ開催時間から最終レースの16:00過ぎ頃までで閉鎖です。
あと当然飲食自由。飲食店もありお酒も飲めます。ビール飲んでる人も結構います。
飲食店は当然名古屋名物で遠征してきた人も楽しめます。
コンビニが目の前にありますので調達可能です。

特に大人気なのが特別観覧席で机と専用モニタがありこちらは直ぐに満席になります。
実はコースがスタンドを挟んでパドックと逆側にあり、かなり歩きます。
健康にとても良い競馬場ですw
コース→パドック立ち見→馬券を買う券売機に並ぶ→トイレ、飲食物購入→コース
必然的にそういう流れになり歩きっぱなしになります。
結構疲れます。良い運動ですw
笠松競馬場の場合、コースとパドックとモニタが同一方向で
ずっと座ってヲチして気が向いたら馬券を買いに行く流れので
券売機の列もそれほど長くなく時間にゆとりがあります。
なので、他の地方の馬券を買いながらヲチして時間をずらしながら行動出来ますが、
しかし名古屋競馬場の場合はひっきりなしに移動して並んで時間がいっぱいいっぱいです。
多分、他の競馬場の馬券を買って同時平行で勝負するのは大変でしょう。
名古屋競馬の馬券は出来るだけ並ばなくても良いネットで買いたいです。


欠点は設備が古くて汚いです。まあ実際古いから仕方がない。
冬は寒くて夏は暑いです。特に風が強いので寒さ対策は重要。
競馬場内グルメや飲み物は美味しいですががメニューが偏ってます。
競馬雑誌も600円します。
現代的なウィンズとは逆転の昭和な環境です。
あとは電源がありませんのでスマホ充電出来ません。
モバイルバッテリーを持ってきたほうが良いです。

ウィンズは非常に清潔ですが狭くて場所がなくて、立ちんぼになります。
あまりのんびりとモニタで観戦出来ません。飲食にも大きな制限があります。
コロナ対策規制が厳しいので、しっかりしていますが観戦向きじゃないです。
当然、お馬さんはいませんし巨大スクリーンもダートもありません(ぉぃ
金山のウィンズは駅から近いですが歩くと意外と遠く感じます。
名古屋競馬は全体的にその全くの真逆の環境です。
どちらが良いかはご判断にお任せします。


●名古屋競馬 攻略法?

実際のレースで名古屋競馬場は特に最後の直線が短く、
良馬場の場合は圧倒的に逃げ先行が有利で比較的荒れにくいです。
特に1,400mで一番人気馬の勝率の信頼性が高く後ろから逆転が難しい傾向があります。
しかし笠松競馬より売上があるので馬券が分散しやすく
オッズが少し高めな傾向があり、やや利益を出しやすい特徴があります。
なので本命単勝1点買いという暴挙が成立しますw
一番人気が圧倒的に信頼性が高い為、2番3番人気を予想するレースになりがちです。
そのため馬連も3連複も安定したオッズになり安い傾向があります。
仮に笠松競馬でそんな買い方をすれば1番人気単勝オッズ1.1〜1.2倍でリターンが殆どなく
しかも時々差されて負けるという悪夢が待っていますが
名古屋競馬はそこまでオッズが悪くありませんw

地方交流重賞では名古屋馬とジョッキーが地の利で強い傾向が
ありそうですが、重賞だと名古屋馬は結構苦戦しています。
過去の馬の成績とレースの成績をしっかり見ないと痛い目にあいます。
特にJRA相手だと実力差でまず勝てないのでとんでもないオッズになります。買う???
笠松競馬の場合、お金がなくて呼べないのでローカル限定戦になります。
ウィンズはあくまで馬券を買う場所、競馬場は飲食しながらヲチする場所。

名古屋競馬もよく荒れます。
JRAと同じ発想では勝負できません。
パワーがものを言う競馬場なのでトモの筋肉をしっかりみましょう。
後は本命を出来るだけ外さないように。
2番人気、3番人気を軸にする時は名古屋ジョッキーの腕や
馬の筋肉それから馬場をしっかり予想しましょう。
それでも何故か1番人気がよく来ます。
皆しっかり馬を見ている証拠でしょう。強力な遠征馬に注意。

●競馬新聞?ネット?→タブレットが凄い便利。
競馬新聞として「競馬エース」がもっとも情報量が多いですが600円。
「競馬エース」の予想は当たらないので、データだけなら
ネットや安いスポーツ新聞でも十分代用できます。
しかし脚質データが見つけにくいのでスポーツ新聞なら「中日スポーツ」推奨。
あとはネットで十分。
しかし忙しくてしっかり分析する余裕がない競馬場で困りごと。

名古屋競馬場は移動が多いのでタブレットが便利です。
競馬情報はネットで、予想はニコニコ実況で情報共有、
オッズをリアルタイムチェック。そしてとにかく移動、並んで、移動。
ひたすら歩き回る際に出し入れが面倒なので肩から下げると良いです。
ネット新聞は無料ですがPDFなので画面が大きいと見やすいです。

ゴミ箱に「競馬エース」を捨てて途中で帰る人がかなり多いので
拾って読む人も多いです。もちろんおすすめしませんw
「競馬エース」が高いからという理由で名古屋競馬らしいですw


●冬場と夏場は辛い?
名古屋競馬場は風が強いので冬場は寒いです。
寒さ対策は非常に重要です。外なので暖房はありません。
お湯が欲しくなります。
コーヒーを買いたくなります。自販機は110円カップコーヒーくらいですかね。
お湯とカイロは持っていくと良いです。
コンビニで調達しても良いですが、持参した方が安上がりですな。
風が強いので風を通さない服装が良いです。


●ここが不満?
まず平日しか名古屋競馬やっていません。
土日は開催なしです。
他にもナイターはやっていません。のでサラリーマンが帰宅途中に立ち寄って遊べません。
冬寒いです。寒さ対策はしっかりと。
温かいお湯かお茶が欲しくなりますので魔法瓶で持参しましょう。
スマホタブレットを多用しますが電源がありません。モバイルバッテリーを持参しましょう。
風が強いので馬券や投票用紙を撒き散らして汚いです。ポイ捨ては止めてほしいんですが。
差しや追い込みの展開も見たいので1,600m〜のレースを増やしてほしいです。
オッズが安いので、3連複で勝負する必要があります。
実は単勝1点買いの方が安全で儲かったりして・・・


●まとめ
名古屋競馬は笠松競馬と比べて色々遊び方に幅があります。
しかし川崎や大井には負けるとは思いますが。
ウマ娘からみで競馬を始めた人が観戦するにはもってこいです。
祝日は結構混みますし歩くと並んだり忙しいのでネット馬券購入など対策を。

どうしてもコースの特徴が強く出るので賭け方に注意が必要です。
他所から遠征に来る馬が笠松より多いので注意が必要です。
荒れます。
迷ったら名古屋の「岡部」ジョッキーを買いましょう。
地方競馬は慣れてきて勝てる様になると面白いですが、
そこまで時間がかかるので注意が必要です。

競馬といえどもギャンブルです。
リアルマネーを賭ける事には異論がもちろんあります。
しかしリアルマネーに拘らない色々な楽しみ方があります。
動物園代わりとかw
是非名古屋競馬へいらしてください。
posted by kapper at 20:55 | Comment(0) | 近況

2022年01月01日

Ubuntu改造日記 20.04〜 ランダムフリーズ対策 その116



新年あけましておめでとうございます。
今日はUbuntuおよび他のLinuxのランダムフリーズ対策。
実はKernel5.10でフリーズするバグが入ったらしく
Kernel5.10.16でFixされたそうですがまだ問題になっていて
あちこち世界中で騒動があります。
Intelグラフィックドライバ関係です。
一部のディストリでは現在進行系です。
ブログにまとめてみます。

●ランダムフリーズ
GUIが起動した後から原因が特定できないフリーズが発生しています。
最初はUSBメモリ起因だと思ったのですがSSDでも発生するので
実際は違った様子です。

Arch linux randomly freezes after updating to kernel 5.10
https://unix.stackexchange.com/questions/627513/arch-linux-randomly-freezes-after-updating-to-kernel-5-10

Ubuntu 20.04 freeze since kernel 5.11
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1939347

Xorg freeze / hang / process D-state with kernel 5.10.1+
https://gitlab.freedesktop.org/drm/intel/-/issues/2905


大きめのニュースサイトが報道しないので、知らない人は多い
のではないでしょうか?
Linuxコミュニティーが機能していません。


●修復法?
Kernel5.10.16で改善されたそうです。それ以降のKernelを。
Ubuntuの場合はMainline KernelからFixされていません。
まだ検証中ですが、動作確認を続けていきます。

sudo nano /etc/default/grub

下記のi915.enable_guc=2を " "内に追加。

GRUB_CMDLINE_LINUX="i915.enable_guc=2"

でupdate-grub

sudo update-grub

gucオプションを i915 moduleに追加。

sudo nano /etc/modprobe.d/i915.conf

下記を追記して保存

options i915 enable_guc=2

下記のi915を追加(不要?)

sudo nano /etc/mkinitcpio.conf

追記して保存(不要?)

MODULES=(i915)

で再起動。
ランダムフリーズが起きなければOK


●まとめ
1年前の話ですが、
ArchLinux他のMainlineKernelベースではFixされているはず。
Ubuntu 20.04はまだ治っていないはずです。
これほど大きな問題をメディアが報じていないのは
ちょっと大問題ですね。機能していません。
コミュニティー側も猛反省して下さい。
致命的なバグです。
もし直らなかったらMainlineKernelを使います。
ご注意を。
posted by kapper at 09:24 | Comment(0) | Ubuntu

2021年12月31日

Ubuntu改造日記 節電設定 TLPのもう少しキツめの設定変更 その115

スクリーンショット_2021-12-31_13-20-48.png

こんにちは。
今日はLinuxの節電ツールで有名なTLPで
もう少しキツめの設定にして節電率を上げようと言うネタです。
TLPの初期設定はかなり優秀なのですが、それでも不満のある方は
是非ご検討の程を。

●TLP
TLPとはLinuxの節電ツールでAC接続とBattery駆動時で
設定を自由に切り替えれます。
もちろん、初期設定もかなり優秀でそのまま使っても問題ないです。
しかしWindowsに節電で負けているのも実情で、
苦しい所ですが更に機能を止めて節電設定にしてみました。
効果検証は後日
設定方法はこちらを参考に

https://linrunner.de/tlp/settings/index.html

Operation
Audio
Battery Care
Drive Bay
Disks and Controllers
File System
Graphics
Kernel
Networking
Platform
Processor
Radio Device Switching
Radio Device Wizard
Runtime Power Management and ASPM
USB
Trace Mode


●設定方法
まずはTLPを入れて設定ファイルをテキストエディタで編集

sudo apt install tlp
sudo systemctl enable tlp.service
sudo systemctl start tlp.service

で設定

sudo nano /etc/tlp.conf

エディタが開いたら下記をコピペ貼り付け

DISK_APM_LEVEL_ON_BAT="1 1"
AHCI_RUNTIME_PM_TIMEOUT=5
BAY_POWEROFF_ON_BAT=1
DISK_SPINDOWN_TIMEOUT_ON_BAT="15 15"
MAX_LOST_WORK_SECS_ON_BAT=180
CPU_MAX_PERF_ON_BAT=15
DEVICES_TO_DISABLE_ON_BAT="bluetooth wwan"

説明は割愛しますが、
保存間隔やCPUクロック、BAT時のBluetoothやBayなどなど。
その後、再起動。
ついでにPowertopも入れましょう

sudo apt install powertop
sudo powertop --auto-tune

後はモニタの輝度をマニュアルで好みのレベルまで手動で暗くします。
他には使わなければBluetoothとWWANをOFFにしましょう。

バッテリーインジケーターを見ると
残り78%で13時間53分。
フル充電で17.8時間相当。もう少しいけるかな?

●まとめ
簡単ですが、TLPをキツめの設定にして節電を。
BAT設定のみです。AC時には反映されません。
色々とOFFにしているので、機能を使いたい人は微調整してみて下さい。

当然ですが動画再生やゲームなどは最大CPUクロック周波数を落としているので
パフォーマンスが大幅に落ちます。結構よく忘れますw
PSエミュレータなど遅いです。
設定をACモードにしてTLPを動作させましょう。
節電最高。
posted by kapper at 13:26 | Comment(0) | Ubuntu

2021年12月30日

最近の事 2021年12月 大人のウマ娘ランド 笠松競馬 5連勝実績の必勝法?


お疲れ様です。
前回の笠松競馬のブログの続きです。
今日、やっと慣れてきて後半戦5連勝しました。
法則性をブログに残します。
オッズが安すぎて儲かっていませんが・・・

●笠松競馬の特殊性?
前回ブログに書きましたが、最初はそちらをご一読を。

最近の事 2021年12月 大人のウマ娘ランド 笠松競馬場で楽しい暇つぶし
http://kapper1224.sblo.jp/article/189181291.html

なら勝つ方法があるのか?という話ですが、法則がありました。
今日はそちらをメモしてみました。

●笠松競馬必勝法?
笠松競馬にはパターンがあります。
それをデータからしっかり読み取る必要があります。
カンでは勝てません。

1.その日の馬場、勝者の脚質を見て勝ちそうなパターンを分析する
→笠松ダート1,400mの場合、良馬場は逃げ先行有利、重馬場は差し有利になります。
 これは決定的とも呼べるくらいかなり大きい変動要因です。
 良馬場の場合は砂がサラサラで足がはまりやすく砂が後ろの馬の顔に当たりやすい。
 最後の直線でラストスパートが効かない傾向にあります。
 なのでパワーのありかつ先行する馬が強いです。
 逆に重馬場の場合は砂が固まり踏みやすくなるのでスピードが出やすく
 瞬発力が出せるので差しが決まりやすくなります。 
 砂が飛びにくいので後方に不利が出ない点も影響します。
 つまり差しきれるかどうかは馬場で決まります。

2.パドックで調子が良さそうな馬を優先的に選ぶ
→どのレースにも1〜2頭いますが暴れだす馬。と首元を抑えてなだめられている馬。
 これは入れ込み過ぎなのか、嫌がってやる気がないかどちらか。
 大抵スタート出遅れたり、最後の粘りがなくなって負けます。
 消去法で削除。
 次に気分良く軽くステップしていたりやや首を上下にふっている馬。
 これは調子と機嫌が良いか気合が入っている証拠。○
 他にあまりにも反応が無いのは要注意。
 特に前半戦で未熟で弱い馬が多いレースに有効です。

3.新聞「競馬エース」の過去の戦績で最近勝ち星があり有力馬を選ぶ
 中央出身馬を優先的に選ぶ
→2月までは「競馬エース」オンラインで無料で読めます。
 新聞の予想はかなり大きく外れますが、過去のデータは確実です。
 勝ち星があり最近調子が上昇傾向の馬を優先的に選びます
 新聞の◎▲×評価で馬券を買う人も多いのでオッズに惑わされない様にしましょう。

4.馬のトモ(太もも)の筋肉の大きい馬を優先して買う
→ダートでは砂を蹴り飛ばして推進力にするパワーが必要なので、
 よりマッチョタイプが有利
 下半身の筋肉がどれだけ鍛えられているかでダッシュの推進力を判断する

5.馬単や3連単で買うのはリスクが高いので出来るだけ避ける
→馬連や3連複と比べるとリスクが高いので外れやすい
 JRAと違って必ず軸馬が強いとは限らないしよく負ける
 仮に自信があれば3連単を狙っても良い

6.前半戦は未熟な馬が多く荒れるのでパドックをしっかり見て
 消去法で対応する。オッズや新聞を信頼しない。
 9R〜11Rはそれなりに歴戦の強い馬が多いので正攻法でも勝てる
 変な荒れ方はしなくなる。

7.1枠は逃げの絶対強者で無い限り本命から避ける
→前を塞がれやすいので不利を被る機会が多いので2着3着指定に留める
 笠松競馬は基本的に外枠有利
 ただし重馬場の場合を除く

8.それでも800mは逃げ有利、1,600と1,900mは差し有利
→瞬発力とスタミナの関係。
 笠松競馬は殆どが1,400mレースだからあまり気にしないが
 中距離ダートはスタミナの関係で逃げ切れない。
 
9.ニコニコ動画の実況でコメントしながらリアルタイムで情報交換をする
→他の人の賭け方を見てオッズの傾向を読む
 欲しい情報があれば知らない人相手に直接聞ける


●課題

1.本命馬のオッズが安すぎる
→馬が8〜9頭しか1レースにいないので普通に単勝1.1倍とか1.2倍とか集中する
 それでいて本命馬が3割くらいしか勝てないので、良く荒れる
 つまりオッズが勝率と全く比例していなくて当てにならない。
 だけなら良いんですが、本命馬を軸で買うとオッズが極端に安くなる
 つまり馬連や馬単も三連複も非常に安くなる。穴馬を組み込んでも美味しくない
 言い方を変えるとリスクが非常に高い割にバックが少なすぎる
 JRAと同等のバックを期待するならば、より大きなリスクを持って賭けるしかない



●新聞「競馬エース」の予想が外れた理由を分析してその日の傾向を探る
「競馬エース」の予想は当たりません。
しかしそれが悪い訳ではありません。何日か前に新聞を作成するので
馬の調子や馬場の様子のファクターが入っていないからです。
JRAなら事前情報だけでも実力差が明白なので十分勝てますが笠松では勝てません。
馬の実力が低くドングリの背比べだからです。
新聞は過去の戦績だけを見て判断しているからでしょう。
逆に考えれば、「競馬エース」の予想が外れた理由を分析すると
そこにファクターXの要素を発見する事が出来るので貴重な情報です。
例えば馬場の砂が重いとか馬のやる気が無かったりとか発見できると最高です。


●まとめ
結論ですが、笠松競馬は馬数が少ないので消去法に徹しましょう。
それで5連勝しました。笠松でも十分勝てますがバックが少ないので、
馬連か3連複でも勝負する必要があります。
当然穴馬まで読みきれないと勝てません。それだけ賭ける方はリスクを背負います。
あまりにオッズが安すぎる時は賭けないという名誉ある撤退が必要です。

しかしバックを期待するなら1着、2着だけでなく3着も読む必要があります。
笠松競馬の荒れ方を考えると果たしてそれがどこまで出来るのか?
もうちょっとオッズがばらけてくれないと競馬は面白くないな、なんて。

posted by kapper at 08:27 | Comment(0) | 近況

2021年12月24日

Ubuntu改造日記 省メモリ Firefoxのメモリキャッシュを制限する その114



こんばんは。今日はFirefoxのメモリ。
初期設定ではメモリキャッシュの制限がなく、
どんどん貯め続けて食いつぶす設定になっています。
簡単ですが、これに上限を付けてメモリを食わないようにするだけです。
Swapの発生を抑制させます事で高速化します。

●Firefoxの省メモリ
基本ですがabout::configを使います。
こちらを参考にしました。

https://www.reddit.com/r/firefox/comments/ostou3/how_to_limit_size_of_firefox_cache_and_to_what/

もう高速化はいらないから今度は省メモリで安定性重視の時代です。
PCが進化したらブラウザに速度を求める時代じゃないんですよ。
だからメモリを食いまくるFirefoxに制限をかけます。

・browser.cache.disk.enable to enable/disable disk cache,
・browser.cache.disk.smart_size.first_run to control
 whether the maximum disk cache size is automatically set
 (I disabled this just to be safe, may no longer be relevant?),
・browser.cache.memory.enable to enable/disable memory cache,
・browser.cache.memory.capacity to set the maximum memory cache size.


●about:config
まずURLバーにabout:configを入力してエンター

Browser.cache.memory.capacity

を入力して容量を決めます。メモリ量に合わせて設定を入力します。

Physical RAM Memory Cache (in KB)
32 MB      2048
64 MB      4096
128 MB      6144
256 MB      10240
512 MB      14336
1 GB      18432
2 GB      24576
4 GB      30720
8 GB and up  32768

http://kb.mozillazine.org/Browser.cache.memory.capacity

こんな設定になっていますので2GB〜4GBの設定にして使用を止めておきましょう。
俺は遅くても良いからメモリキャッシュいらないぜ、という強者は

browser.cache.memory.enable false

にするとガッチリディスクにキャッシュを書き込むのでめっさり重くなります。
良いじゃん。
他の用途にメモリを回しても。
同じようにディスクキャッシュを規定出来ます。

browser.cache.disk.enable
browser.cache.disk.smart_size.first_run

ここを設定します。


●まとめ
メモリを使えば確かに速いし、ディスクに書き込むと遅いです。
しかし最近はSSDの時代ですしPCの速度も速くなりました。
メモリキャッシュに頼る必要はそんなに無いのかもしれません。
ので2GB前後で上限値を決めましょう。
その方がSwapやDiskキャッシュより速くて適当です。
Firefoxがストレージにキャッシュを読み書きすると重くなるのはFirefoxだけですが、
メモリを食い尽くすとLinux OS全体がSwapを使って重くなりフリーズします。
初期設定だとメモリを上限なしに食いまくって
Swapを食い尽くして固まります。本当にご注意を。
posted by kapper at 21:44 | Comment(0) | Ubuntu

2021年12月23日

Ubuntu改造日記 22.04〜 Grub画面を表示して他のOSを表示するOS-prober その113


こんばんは。
Ubuntuも22.04からついにGrubでOSの選択がデフォルトで出来なくなりました。
とはいえ設定変更でいつでも元のgrubに戻せます。
Windowsや他のOSとデュアルブートしている人はご注意を。

●OS-prober設定
grubの設定一つだけですがOSのブートが変わりました。
気が付かないと大変ですねw
他のディストリも同じなのでご注意を。
ここを参考にしました。ありがとうございます。

https://www.fixes.pub/linux/357802.html

まずはgrub設定変更

sudo nano /etc/default/grub

テキストエディタで編集

GRUB_TIMEOUT_STYLE=hidden

この行を下記に編集して追加

GRUB_TIMEOUT_STYLE=menu
GRUB_DISABLE_OS_PROBER=false

で保存したらupdate-grub

sudo update-grub

これだけです。後は再起動したら普通のMenu画面になって
他のOSを選択出来るようになります。
Kernelも自動認識します。
簡単です。


●まとめ
簡単ですが、ご注意を。
Grubのブート画面はテキストファイルで変更できますが、
結構マイナーな知識なので困る人が多発するかも。
Windowsが起動できない、ってw
22年4月リリース時に大騒ぎしそうな予感。
記憶の片隅にでも覚えておいていただければ、と。
posted by kapper at 21:21 | Comment(0) | Ubuntu

2021年12月10日

Ubuntu改造日記 メモリ+スワップ満杯フリーズ対策 EarlyOOM その112


こんにちは。
今日はメモリとスワップが一杯になった時に固まって動かなくなる対策
としてEarlyOOMを使用します。
メモリが一杯になるとスワップをガリガリし始めて
そのうち固まって動かなくなる最近のLinux。
そうなる前に内部プロセスを落としてフリーズしないようにします。
Fedoraでは標準でWorkstationに採用されています。
もちろんサーバでは使用しないように・・・w

●EarlyOOM
EarlyOOMとはメモリが足りなくなると、内部プロセスを
優先順位に基づき落としてメモリを開放し、フリーズを防ぐアプリです。
OOM Killerがその機能をしていましたが、コントロール性が悪いです。
それを先に制御しようというアプリです。

https://github.com/rfjakob/earlyoom

翻訳エンジンで訳すとこんな感じ

 Earlyoomは使用可能なメモリの量と空きスワップを1秒間に最大10回チェックします
 (空きメモリが多い場合はそれほど頻繁ではありません)。
 デフォルトでは両方が10%未満の場合、最大のプロセス(最大oom_score)
 を強制終了します。パーセンテージ値はコマンドライン引数を使用して構成できます。

という事で指定したもしくは大きいプロセスを
あるメモリ量の所で強制的に落としてフリーズを助けます。
主にサーバやエミュレータ、VMそしてブラウザです。
設定ファイルで自由に追加したり出来ます。

このアプリの良い所はフリーズ回避です。
Swapを使い尽くすとメモリが足りなくなりHDDの読み書き多発でフリーズ
する現象を回避します。SSDの延命にも良いかもしれません。
しかしOS内部でプロセスが死ぬので、再起動をおすすめします。
もちろんサーバには使えません。


●EarlyOOMのインストール
Ubuntuの場合は簡単です。

sudo apt install earlyoom
sudo systemctl enable earlyoom
sudo systemctl start earlyoom

手動で実行する際には

earlyoom

を端末で実行してください。
systemdに一応登録しておきます。
設定ファイルに落としたい

sudo nano /etc/default/earlyoom

編集します。
例えばこちらを読んで。

https://github.com/rfjakob/earlyoom/issues/57

設定ファイルに記載します。
Firefoxとかなら下記を、--preferオプションで落とす設定
--avoidオプションで落とさない設定に出来ます。
ーmが最小メモリ、ーsが最小スワップ、

EARLYOOM_ARGS="-m 15 -s 100 -r 0 --prefer '(firefox|Web\sContent)'

などを付けて保存します。
で再起動。
設定がちゃんと生きていて、systemdで起動できればOKです。

●まとめ
少ないメモリPC用です。
これを入れてからフリーズしにくくなりました。
が応急処置です。
OOM killerが起動する前に落としてメモリを確保する、設定出来る
そんな使い方が出来ます。
まあ問題はブラウザの使用メモリ量が多すぎる事でメモリリークしてませんかね?
異常を察知して落としてメモリを開ける、
そんなアプリです。
posted by kapper at 22:57 | Comment(0) | Ubuntu

2021年12月08日

SikuliX 先月頭、先月末など月を指定して変数を作る方法 datatime関数 RPA その2



今回はSikuliXのPythonで先月の頭、先月末などの日付を
変数で取得して先月1ヶ月分のデータを確保しようという方法。
Pythonではdateutilを使えと書いてありますがJythonには無いです。
意外と解説がなくて苦労しました。


●SikuliXで日付を変数で取得
こちらのページを参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

Pythonで先月を取得する
https://qiita.com/motchi0214/items/2451c1352bbcc0487492

標準でdatetimeをimportすれば時間の設定が出来るのですが、
どうやら月をまたいだ表現の解説がなさそうなので
ちょっと自作してみる事に

●Pythonプログラム
まず上のリンクサイト様を参考に下記をずっと読んで考える。

import datetime

# 今日を取得
today = datetime.datetime.today()
print today.strftime("%Y-%m-%d")

# 当月1日の値を出す
thismonth = datetime.datetime(today.year, today.month, 1)
print thismonth.strftime("%Y-%m-%d")

# 前月末日の値を出す
lastmonth = thismonth + datetime.timedelta(days=-1)
print lastmonth

# フォーマットを指定して、年月だけ拾う
print lastmonth.strftime("%Y%m")


これを改変して取り出したい日時を設定。
今回は先月の日なので難しそう・・・?
おや?
当たり前の事に気づきました。
そうですカッコ内の+や−の計算式を入れて調整できます。
これで好きな日時を調整出来ますね。
改造してみることに。

# 前月1日目の値を出す
lastmonth2 = datetime.datetime(today.year, today.month -1, 1)
print lastmonth2

# 前々月末日の値を出す

lastmonth3 = lastmonth2 + datetime.timedelta(days=-1)

print lastmonth3

こんな感じでlastmonth2を一行追加して
前月1日目〜前月末日を指定出来ました。
これでSikuliXで開始日と最終日を自由に設定できます。
簡単でした。

後はSikuliXで

paste( 画像 ,lastmonth2)
paste(lastmonth2.strftime("@Y@m@d"))

みたいに貼り付け作業pasteが関数を用いる事で簡単に操作出来ます。


●まとめ
簡単な事ですが、datetime関数だけで好きな日時を指定出来ました。
先月でも先々月でも昨年でも簡単です。
SikuliXで定義する変数を使い、文字列として入力すれば
自由に時間軸を操作して活用出来ます。
是非SikuliXで自由に時間軸の設定を操作してみてください。
posted by kapper at 06:59 | Comment(0) | Python

2021年12月05日

最近の事 2021年12月 大人のウマ娘ランド 笠松競馬場で楽しい暇つぶし


こんばんは。
今日はウマ娘がきっかけで競馬していますが
大人のディズニーランドこと笠松競馬場の楽しい暇つぶしをネタにします。
お金を賭けなければ格安で楽しい場所ですw
喫茶店代わりにのんびり競馬を見ながら作業出来ますし、
競馬なんてしょせん1〜2分のレースなので待ち時間が長いですし。
まあ各地の競馬をそれぞれ賭けていたら大変でしょうけど・・・

●笠松競馬とは?
例の馬券不正で有名になった岐阜県の笠松競馬です。
地方自治体の競馬場としてはオーソドックスな作りでしょうか?
笠松は岐阜県の最南端で名古屋からも近い場所にあります。
実際の競馬はすごく迫力があり人気です。TVでは味わえない雰囲気があります。

笠松競馬開催日の入場料100円ですが、土日のJRA開催日は無料で比較的ガラガラです。
最近は例の不正事件で人気が失墜しており、入場料無料の時もあります。
我々サラリーマンにとって平日競馬場に来ることはほぼ不可能なので気にしません。
笠松競馬に参加出来る開催日は祝日年末だけですね。

笠松競馬開催日の祝日は入場料が安いので動物園代わりに子供連れ家族客が多いです。
カップルや女性も少数ですが意外といます。
しかし土日のJRA開催日はベテランの男性ギャンブラーが多くて祝日の1/4くらいのお客しか来ません。
今はネットの影響かわざわざ競馬場まで来る必要は無いのかもしれませんが。
巨大モニタと各所のTVでグリーンチャンネルを生放映しており飲食しながらリアルタイム観戦出来ます。
基本ガラガラなのでコロナ規制も無いです。そもそも密室でない寒い野外だし・・・
リアルタイムで生放送を観戦したい人は笠松競馬場に来ると良いです。


●笠松競馬 VS ウィンズ
名鉄笠松駅そばなので交通の便が凄く良いです。渋滞しそうなので基本鉄道で。
岐阜、一宮、名古屋から直ぐです。
時間はそれぞれ開催時間から最終レースの16:00過ぎ頃までで閉鎖です。
あと当然飲食自由。飲食店もありお酒も飲めます。ビール飲んでる人も結構います。
喫煙所も巨大スクリーンの目の前にあります。
席が比較的ガラガラでのんびり座って観戦出来ます。
特に大人気なのが特別観覧席で机と専用モニタがありこちらは直ぐに満席になります。
無料無線LANもありますし。実は特別観覧席の近くの席では
漏れ電波を無料で無線LAN出来ますので、特に後方の席がオススメです(ぉぃ
ま、まあ特別観覧席があいていても直ぐに売り切れてしまいますし・・・


欠点は設備が古くて汚いです。まあ実際古いから仕方がない。
冬は寒くて夏は暑いです。特に寒さ対策は重要。
競馬場内グルメや飲み物は美味しいですががメニューが偏っていて高い。競馬雑誌も500円ほどします。
B級グルメは名古屋競馬場と似たようなメニューかと。
串カツや味噌土手煮などなど。主に名古屋料理。
現代的なウィンズとは逆転の昭和な環境です。
あとは電源がありませんのでスマホ充電出来ません。
モバイルバッテリーを持ってきたほうが良いです。
他に店舗は駅前コンビニしか無いので調達出来ないと思った方が良いでしょう。
色々と持参しますか・・・

ウィンズは非常に清潔ですが狭くて場所がなくて、立ちんぼになります。
あまりのんびりとモニタで観戦出来ません。飲食にも大きな制限があります。
コロナ対策規制が厳しいので、しっかりしていますが観戦向きじゃないです。
当然、お馬さんはいませんし巨大スクリーンもダートもありません(ぉぃ
金山のウィンズは駅から近いですが歩くと意外と遠く感じます。
笠松競馬は全体的にその全くの真逆の環境です。
どちらが良いかはご判断にお任せします。


●笠松競馬 攻略法?
笠松競馬はダート短距離1,400mが基本で外回りと先行、逃げ馬が圧倒的に有利なコースです。
1,400mで比較的体力が持つ馬だけが勝負に生き残れるので、
先行がそのまま逃げて決まるケースが殆どです。直線が長いのでまれに差しも決まります。
特に外枠でスタート成功すると、そのまま一気に内側に斜行して
後方の馬の視界を塞ぎ、砂をぶつける戦法がすごく有利です。皆やってます。

しかし、よく荒れます。
JRAと同じ発想では勝負できません。
スタートが勝負を決める事が多いので、データだけでは通用しません。
馬の力の差が、JRAの様に戦う前から分かる状況はそんなには無いです。
その時の体調の良し悪しがレースを分けることもありますが長距離輸送がありません。
馬体重の変化点があまりデータとして寄与しません。レースは2週間間隔ですし。
追い切り情報とか陣営のコメントとかある訳がありません。
なのでパドックで体調が良さそうか、入れ込んでいないかを見るしかありません。
現地勢がかなり有利になります。
みんなパドックを見てから馬券を買いに行くので、オッズの変動が激しく
ネットの更新情報が追いつかないくらいです。ネット上のオッズもあてになりません。
また、遠征馬やJRAや首都圏の移籍馬が強いので戦績があまりあてになりません。
笠松や名古屋で連戦している馬はまだわかりやすいですが。
過去の実績を過信すると不味いです。


●冬場と夏場は辛い?
笠松も温暖とは言え岐阜県。
冬場は寒いです。
寒さ対策は非常に重要です。外なので暖房はありません。
お湯が欲しくなります。
コーヒーを買いたくなります。自販機は150円カップコーヒーくらいですかね。
周囲には駅前コンビニくらいしかお店が無いので注意。

●笠松競馬 無料Web競馬エース雑誌
笠松競馬だけですがWebで無料で読めます。
開催日の前日12時〜公開予定になっています。
太っ腹ですよね。

http://www.keiba-ace.jp/ace/html/category/23/1001-5549.html


●ここが不満?
まず平日しか笠松競馬やっていません。
土日は開催なしです。
他にもナイターはやっていません。のでサラリーマンが帰宅途中に立ち寄って遊べません。
外食店が少ないです。チェーン店なら近隣の岐阜か一宮まで移動しましょう。
冬寒いです。寒さ対策はしっかりと。
温かいお湯かお茶が欲しくなりますので魔法瓶で持参しましょう。
スマホタブレットを多用しますが電源がありません。モバイルバッテリーを持参しましょう。
巨大スクリーンの前に喫煙所がありますが、モラルが低く守っていない人もいます。
馬券や投票用紙を撒き散らして汚いです。ポイ捨ては止めてほしいんですが。
差しや追い込みの展開も見たいので1,600m〜のレースを増やしてほしいです。
毎回似たような展開の安易なレースになりすぎ。
アンカツが中央に移籍した理由はコースにもありますかも。馬が少ないからでしょうか。




●まとめ
ウマ娘からみで競馬を始めた人が観戦するにはもってこいです。
親馬がウマ娘からみの笠松馬も結構多いのですが、それが意外と強かったりもします。ダートなのに。
交通の便も良いですし、適度にガラガラなので予約不要でのんびり出来ます。
動物園がわりに子供連れも結構来ます。
しかし子供の教育に競馬場とはいかがなものでしょうか???
B級グルメも美味しいですし、開催日のレースはすごく迫力があります。
もちろん、例の事件は再発させてはいけませんが、
のんびり競馬を観戦するにはもってこいです。
馬くさい。

競馬に飽いたり終わったら一宮に移動してチェーン店B級グルメを食べて
尾西と一宮ハードオフの2店舗に買いに行く時間は十分あります。
名古屋で買い物もまだ十分出来る時間です。
岐阜駅で飛騨牛(値段は色々)を食べても良いですし飲み屋街で夜遊びも出来ます。
岐阜羽島から新幹線に乗るという貴重な体験も出来ます(ぉぃ
あ、岐阜羽島にはコストコもありましたな。
笠松競馬+α立ち寄りという名鉄の交通沿線の楽しみ方が沢山あります。
東海道沿線の寄り道というのが個人的な楽しみといいますか。

競馬といえどもギャンブルです。
リアルマネーを賭ける事には異論がもちろんあります。
しかしリアルマネーに拘らない色々な楽しみ方があります。
動物園代わりとかw
是非笠松競馬へいらしてください。
posted by kapper at 14:33 | Comment(0) | 近況

2021年11月29日

Ubuntu改造日記 Swap圧縮 zwap 初期設定 その111



こんばんは。
今日はUbuntuでSwapを圧縮するZswapの設定。
メモリが足りないマシンではSwap領域が必要になりますが、
圧縮して容量を節約するZswapです。
おすすめ機種はSSDの容量が特に少ないPCです。
重くなるのでSwapを拡張する余裕のあるストレージには不要かもしれません。
標準のKernelでそのまま対応出来ます。

●Zswap
Swapを圧縮して節約するZswapです。
Zramと違うのは、RAMを圧縮するZramとストレージを圧縮するZswapの違いです。
つまりSwapファイルか領域が必ず必要になります。
長所としてはメモリ領域を圧縮しない事ですが、速度的にはZramに負けます。
しかしストレージ領域に大量にSwapを確保出来ますので固まらない、落ちない
圧縮RAM環境を作りたい時にZswapは役にたちます。

Ubuntuの場合、Kernelが標準で対応しているので
ブートパラメータに追加するだけで使えます。

sudo nano /etc/default/grub

10行目あたりを下記に修正します。
quit splashの後に追記。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash zswap.enabled=1 zswap.compressor=lzo"

保存したらgrubをアップデート。
圧縮方式を変えたい時はlz4を変更してみてください。

sudo update-grub

grubファイルをアップデートしたら再起動。
それだけでOKです。
動作確認は下記のコマンドを実行

sudo dmesg | grep "zswap: "

●まとめ
設定は簡単ですが、重くなります。ガリガリです。
しかしメモリが少なくてもアプリが落ちにくくなります。
使っていないキャッシュなどもZswapに送って圧縮しますので
ややメモリを空けられます。
WindowsタブレットやChromebookの様なSSD容量の小さいPCにオススメ。

ZramとZswapを併用すると安定化しますが重くなります。
それでも良い人にはとても役に立ちます。
逆に重くしたくない人には要注意かも。
posted by kapper at 19:21 | Comment(0) | Ubuntu

2021年11月23日

Ubuntu改造日記 wubi for UbuntuのSwapfile容量変更 その110



今日は笠松競馬場でブログを書いています。
平日は仕事なので祝日しか行けないのです。
それはさておき、LinuxネタとしてWubiのSwap
標準容量が小さくて困っている人向け。

●WubiのSwap容量
WubiのSwapは確か2GBでしたっけ?小さいです。
元々本体容量がコンパクト目に作られているので
Swapもそれに合わせているのでしょうか?
Windowsタブレットとか。
しかしやはり使いにくい。Swapが埋まると固まります。
ので容量を変更します。参考はこちら。感謝。

https://www.webdevqa.jp.net/ja/wubi/wubi%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%92%E5%A2%97%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%82%88%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/957241030/amp/

じゃあやってみます。
まずSwapが空の状態、つまり再起動して直後で

sudo su
swapoff -a
cd /Host/ubuntu/disks/
mv swap.disk swap.disk.bak
dd if=/dev/zero of=swap.disk bs=1024 count=((1024 * 1024 * 4))
mkswap swap.disk
swapon -a
free -m

ここで注意なのはfallocateコマンドではエラーが出ますのでddコマンドを。
Swapを未使用の状態じゃないと固まる。
zramやzswapを使っている人は一旦再起動した方が良いです。
/etc/fstabではswapの場所が固定されているので、
名前と場所を変更しなければOK。
無事Swapサイズが変更されていればOK。
簡単ですよね。

●まとめ
目的はハイバネーションしたかったからですがエラーが出てます。
あまりSSDでSwapを使いたくはないですが。
メモリが少ない機種はどうしてもSwapを使わざるを得ないので
古い機種では多めに確保しましょうか。



posted by kapper at 21:07 | Comment(0) | Ubuntu

2021年11月22日

Ubuntu改造日記 コマンドラインでSuspend Hibernate 自動化 その109



今日はUbuntuを含めたLinuxディストリでコマンドライン。
特別な内容ではありませんが、あると便利な感じ。
主に電車の中でコマンドで落としてそのまま待機という感じが。
シェルスクリプトの最後に入れても良いかも。

●コマンドラインSuspend Hibernate
特に特別な内容ではありませんが、WMのメニューを開いてちょっと待たされて
シャットダウン画面をポチするよりそちらの方が待ち時間は短いな、とw
意外と面倒で不便なのよ、コレ・・・

サスペンドスリープ
sudo systemctl suspend

ハイバネーション
sudo systemctl hibernate


Ubuntuの場合、標準で装備されています。
ハイバネーションを使うときはメモリ容量以上のSwap容量が必要なので注意。

これをシェルスクリプトの最後に入れておくと、移動中にも作業しながら最後に勝手に落ちるので便利です。
もちろんノートパソコンの蓋を閉じる時の自動サスペンドはOFFにする必要がありますが。

・一例:サーバにファイルをアップデートしてからサスペンド
・一例:RPA(SikuliX)が終わったら落とす
・一例:wgetでダウンロードが終わったら落とす

使い方一つですね。
もちろんシャットダウンする時は何時もどおりshutdown -h nowで・・・
節電節電
posted by kapper at 12:18 | Comment(0) | Ubuntu

2021年11月21日

シンプル・ミニマムOS #archLinux Lets noteのサウンドが鳴らない対策 Realtek ALC269VC その18


昔書いたLet's Noteの音が鳴らないRealtek ALC269VC対策ですが
もう一度やってみたのでブログにする。
最近のUbuntuでは解消されている?
Archだし・・・

●ealtek ALC269VC問題
Let'S Noteによく採用されていたealtek ALC269VCですが
alsamixerで何故か主音源がヘッドフォン側になっていて、
初期ではOFFにしてあるので音が出ないというバグ。

let's noteで音量調整ができない Ubuntu18.04編
https://kinacon.hatenablog.com/entry/2018/07/29/083302

仕方がないのでalsamixerでヘッドフォンの音声を上げると音がでます。
まあここはいつもどおり。
毎回それは面倒なので設定を保存します。
音声出力をalsamixerで設定してから

alsactl --file ~/.config/asound.state store

で設定内容を保存。それを起動時に実行。
自動実行の方法は何でも良いですが、

nano .bashrc

で最後に保存

alsactl --file ~/.config/asound.state restore

でターミナル実行時に動きます。
手抜きw

●まとめ
いつまで残るLet' Noteのサウンド問題。
自動実行はなんでも良いです。好きな方法で。
systemctl使っても.bashrcでも.profileでもcrontabでも。
どうしてこのバグ治らないんでしょうね・・・
もう長年のバグ。不思議です。
posted by kapper at 21:00 | Comment(0) | Arch Linux

シンプル・ミニマムOS #archLinux libnsl.so.2 が見つからないエラーのバグ対策 その17


再びArchLinux。
サブマシンのLet's Note NX4を起動したらAURでエラー。
ググると21年10月時点のエラーです。
シンボリックリンクが繋がっていないそうです。
初心者泣かせのバグがたまに出るのがArchの良い所w

●libnsl.so.2のバグ
yayでAURをアップデートしようとすると、
libnsl.so.2が見つかりません、というエラーが出た。
なんじゃそりゃ、と思ってググるとバグ報告あり

https://www.reddit.com/r/neovim/comments/pljvqu/libnslso2_cannot_open_shared_object_file/hgexgsy/

https://bugs.archlinux.org/task/72069

https://github.com/hercules-390/hyperion/issues/289

ああ、つい最近の話ね。
という事で読んでみると、
/usr/lib/libnsl-2.xx.soをlibnsl.so.2にシンボリックリンクを
繋いで更新作業をやってるぽいけど、繋がっていないとの事。
まあ急に出たのならバグですな。
対策として

ln -s /usr/lib/libnsl-2.33.so /usr/lib/libnsl.so.2

みたいにln -sしてみると繋がりました。
簡単ですが見つけるまでに苦労しましたが、良しとします。
そのうち治るでしょうか。

●まとめ
ググったら既に報告があって良かったです。
Archは突発的なバグが出るので毎日更新は当たる確率が上がるので止めましょうw
バグをググるスキルが必要なのがローリングリリースの弱点かな。
バグがリリースされてしまう。

これバージョンアップするたびにパッケージにスプリクトで
作業しているはずなんだろうな、と思いつつ。
エラーメッセージに注意してご注意を。
posted by kapper at 16:32 | Comment(0) | Arch Linux

2021年11月20日

Ubuntu改造日記 省メモリ キャッシュ開放 drop_caches書き戻し その108



今回は少ないメモリのPCを有効活用させようと
省メモリ化を考えてみます。
ただしdrop_cachesの書き戻しは本来なら、有効活用しなくても
良いものであり常用する必要がない事を前もってご一報しておきます。
ブラウザ限定などで。


●メモリ4GBの苦悩と省メモリ
メモリ4GB以下のPCではブラウザを使うとメモリが足りなくなって
Swap多発して固まります。非常にイライラします。
ブラウザのメモリを少なく使うのは当然ですが、

Linuxはバッファとキャッシュを高速化させるためにどんどんメモリに
溜めていき、メモリが足りなくなると開放する仕組みです。
所が最近のブラウザ関係は完全には開放されず
僅かづつメモリに残っている気がしています(要計測
なので気がついたらSwapガリガリしていることが多く感じます。
なのでバッファとキャッシュを開放させます。
本質的には不要な作業です。
参考はこちら。

https://www.tecmint.com/clear-ram-memory-cache-buffer-and-swap-space-on-linux/

本来そんな作業はいらないだろう、と思っていたのでやっていませんでした。
まあブラシーボならいいんですけどね。


●バッファ、キャッシュの開放
やり方は簡単で、echo "echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches"を
crontabに登録して定期的に実行するだけです。
ただしこのコマンドはスーパーユーザー権限で無いと動かないのでご注意を。
まず適当にclearcache.shファイルを作成します。

sudo su
nano /opt/clearcache.sh

で下記をコピペ

#!/bin/bash
sync; sh -c "echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches"


保存したら、権限を変更します。

chmod 755 /opt/clearcache.sh

で動かしてみます。

/opt/clearchace.sh

で画面にエラーがでなければOK
エラーが出た場合権限をスーパーユーザー権限にしましょう。

(base) [root@kapper opt]# free -m
total used free shared buff/cache available
Mem: 7867 2095 1474 335 4297 5135
Swap: 5005 0 5005
(base) [root@kapper opt]# sync; sh -c "echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches"
(base) [root@kapper opt]# free -m
total used free shared buff/cache available
Mem: 7867 2212 4526 339 1127 5070
Swap: 5005 0 5005

基本的にあまり変わりませんが、メモリがちょこっと増えました。
これをcrontabで定期的に実行します。
もちろんスーパーユーザー権限で

crontab -e

でviの画面が出てきたら下記を書き込み保存。

0 * * * * /opt/clearcache.sh

まあ1時間に1回実行するコマンドです。
これで定期的にバッファやキャッシュを書き出します。

●まとめ
本来は不要なんですが、メモリが少ないPCでのみ使えます。
4GB以上のPCなら不要でしょう。
もともと高速読み出しのためのキャッシュです。

最近のブラウザのメモリの使い方が荒いんでしょうか。
Swapをいちいち使われるとうっとおしいです。
他にswapoff -a && swapon -aコマンドもありましたが、
メモリが無い状態で実行すると固まりますので止めましょう。
では快適なLinux生活を・・・
posted by kapper at 10:55 | Comment(0) | Ubuntu

2021年11月12日

SikuliXで他のブログラムをサブルーチンとして呼び出して使う方法 RPA その1


今回はSikuliXで他のブログラムをサブルーチンとして呼び出す方法。
それらしい事は色々なサイトに書いてありますが、どうも理解出来ないw
やってみると意外と便利で使いまわしが簡単になるので良いです。
SikuliXは細かい使い方がいまいち日本語情報が少なくてやりにくいですけど

●SikuliXのサブルーチン
プログラムは長いとウザいですが、RPAの場合はどうしても長くなりがち。
なのでサブルーチン的な使い方をしたいのですが、
意外と検索エンジンにヒットしてこない。本にも書いてない。

しかもこのプログラムを延々と伸ばすのも、
小さい単位にして組み合わせた方が便利。
ここなどを参考に書いてみましょう。感謝。

https://inkoblog.com/how-to-reuse-sikulixscript/

●サブルーチン化
メインとなるコードとサブルーチンとするコードを書きます。割愛
(サブルーチン名)には作ったファイル、フォルダ名をそのまま。
文頭の3行と呼び出すサブルーチンのPathをsys.path.append()を
前もってフルパスで指定しておかないと認識しませんので注意

・メインルーチン側

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
from sikuli import *

sys.path.append(r:"C:\Users\(ユーザー名)\(サブルーチン名).sikuli")

import (サブルーチン名)


ざっくりですが、ここまで。
最後のimport (サブルーチン名)の行でサブルーチンのプログラムを実行しますw
Pythonってそういう文法だったっけ?

・サブルーチン側

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
from sikuli import *

{プログラム本体}


という形にして最初の3行は必要です。
間違っているとエラーが出るはずです。
むしろエラーが出まくるので原因がわからなかったり。

●まとめ
これでプログラムをぶった切って、つないでリサイクル出来ます。
なんかPythonのややこしい所とSikuliXのややこしい所が合体して
よくわかりませんよね。プログラムの書き方がw

でサブルーチンを実行する部分がimport サブルーチン名
ってなんじゃそりゃー。
Pathも書かないとどこにサブルーチンがあるか分からないエラーが出る。
サブルーチンが1つ、2つ、3つと増えればPath行もそれだけ必要です。
なぜならプログラムが*.pyだけじゃなくてフォルダー単位なのがSikuliXの特徴だからです。
余計わかりにくい・・・
まあ作ってみて慣れましょうか。
動きゃOKです・・・
posted by kapper at 21:23 | Comment(0) | Python

2021年11月02日

Pythonトラブル対策集 Windows環境のCondaを職場でアップデートしたらProxyが繋がらなくなった対策 その1



今回は職場の先輩から「CondaでProxyが繋がらなくなった」という対策。
知っている人は知っているかもしれないが、ヤバイ。


●CondaのProxy設定
Proxy設定方法は.condarcファイルをc:\Users\(ユーザー名)\に置いて
Proxy設定を書き込むだけですが、
Condaをアップデートしたら繋がらなくなりました。
これはアカンという事でエラーメッセージをググるとgithubに報告がありました。

conda 4.7.12 ProxyError - proxy server settings that work with conda 4.3 fail with conda 4.7.12
#9497
https://github.com/conda/conda/issues/9497

かなり前の話ですが一応今年です。

従来は

ssl_verify: True
proxy_servers:
http: http://id:password@xxx.xxx.xxx.xxx:8080
https: https://id:password@xxx.xxx.xxx.xxx:8080

みたいな感じで書いて保存するんですが、これだとエラーが出ます。
正しくは、

ssl_verify: True
proxy_servers:
http: http://id:password@xxx.xxx.xxx.xxx:8080
https: http://id:password@xxx.xxx.xxx.xxx:8080

という感じでhttps: の後をhttp://〜に修正します。
ここの.condarcしか読まないので、再起動とかは不要です。
ちゃんとProxyに接続してCondaがネットに繋がりました。

●まとめ
簡単ですが、ヤバイです。
特に職場でCondaを使っている人は注意しましょう。
結構有名な話ですが、日本語文献にはまだあまり出てきませんので
エラーメッセージを1年以内条件でググらないとなかなか出てこないと思います。
もしProxyに繋がらなくなったら是非試してみて下さい。
posted by kapper at 20:00 | Comment(0) | Python

2021年09月30日

Ubuntu改造日記 3,000円ジャンクiPad2+xrandr+x11vnc サブディスプレイ化 XFCE4編 その107

FAdLgbSUYAkEF2u.jpeg

今日は皆さんのご家庭で眠ってるジャンクiPad2を使って
定番のジャンクタブレットをサブディスプレイにするお遊びです。
前回はDeskreenを使いましたが今回はシンプルにX11vncです。
GnomeのVinoでやる方法はよく書かれていますが、
XFCE4でやる方法はあまり書かれていません。調べたらありましたが。

●ジャンクiPad2とサブディスプレイ化リサイクル
ジャンクiPad2は2011年発売でサポート切れ。iOS9.3.5で
ほとんどのアプリがAppleストアから更新されて入りません。
Androidと違ってJailbreakしないと古いバージョンのアプリは入りません。
のでほとんど使いみちが無い状態です。
かろうじてVNCとかブラウザでYoutubeが見られる程度です。
しかも超もっさりで遅いです。解像度も1024x768で狭いし。

初代iPadはOSが更に古いので論外にしても普通に考えて買ってはいけません。
しかしジャンクなので使わないと損です。
RealVNC ViewerがたまたまiOS9.0対応なので使えました。
これはやらねば、と

所がブログがGnomeのVinoをVNCサーバにした記事ばかりで
XFCE4環境でどうやろうか、とググっていた所それっぽい記事がありました。
ありがとうございます。
この3つの記事を合体させました。

・[Ubuntu 18.04] Android(やiPad)をサブモニターにする備忘録
https://qiita.com/hir-osechi/items/5a106f75ff1b9b8cd469

・VNC をセカンドディスプレイとして使う on Ubuntu 18.04
https://qiita.com/nanbuwks/items/d12a98c8d41630c31a55

・XMonadでiPhoneをディスプレイとして使う
https://mjhd.hatenablog.com/entry/2015/09/01/145537

●サブディスプレイ化
まずはx11vncを入れます

 sudo apt install x11vnc

次に拡張モニタ追加

 sudo nano /usr/share/X11/xorg.conf.d/30-virtscreen.conf

で下記をコピペして保存

Section "Device"
Identifier "intelgpu0"
Driver "intel"
EndSection

次にxrandrの設定
iPad2の解像度を入力

cvt 1024 768 60

するとこんな感じに出てくるのでコピー

# 1024x768 59.92 Hz (CVT 0.79M3) hsync: 47.82 kHz; pclk: 63.50 MHz
Modeline "1024x768_60.00" 63.50 1024 1072 1176 1328 768 771 775 798 -hsync +vsync

でこのModeline以降の文をコピーして後につけて貼り付け

xrandr --newmode "1024x768_60.00" 63.50 1024 1072 1176 1328 768 771 775 798 -hsync +vsync
xrandr --addmode VIRTUAL1 1024x768_60.00

その後データ確認

xrandr -q

で*がついていたらOK。
もしついていなかったら、一度再起動してからもう一度コマンドを実行

VIRTUAL1 connected 1024x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
1024x768_60.00 59.92*
VIRTUAL2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

で仮想ディスプレイを追加出来たら次はx11vncの設定

mkdir ~/.x11vnc
x11vnc -storepasswd (パスワード) ~/.x11vnc/passwd

で自分の好きなパスワードを登録して下さい。
でテキストエディタでチェック。文字化けしていたら自分で直して下さいw

nano ~/.x11vnc/passwd

でチェックして問題なければOK。
先にifconfigでIPアドレスを確認しておいて下さい

 sudo apt install net-tools
 ifconfig

。x11vncサーバを起動

x11vnc -clip 1024x768+1920+0

ここで後ろの+1920+0はサブディスプレイを配置する位置です。
+0+0だと重なります。
僕のCF-LX6だと解像度が1920X1080なので
+1920+0だと右隣の場所にしていする方法です。
後で修正出来ます。

で実行して端末内でヴァーって文字が出てきたらOK。
後はiPad2のRealVNCから接続します。

●RealVNC接続
App StoreからRealVNCをインストール
起動したら画面右上の+を押してIPアドレスと名前を入力
名前はログインするUbuntu側のユーザー名
IPアドレスは::を2つつけてポート番号。標準は5900

192.168.177.16::5900

みたいな感じで設定します。
すると画面左よりテレビマークのアイコンが追加されていくので
タップしてVNCを起動します。
ユーザー名とパスワードとIPアドレスが間違っていなかったら、
Encryption画面が出てConnectをクリックすると
サブディスプレイがVNCで表示されるはずです。

スクリーンショット_2021-09-30_19-51-06.png

最初は画面が重なっているかもしれません。
で、画面の位置を動かしたい時は
Ubnutu側のXFCE4のディスプレイ設定を変更します。
「メニュー」→「設定」→「ディスプレイ」
でディスプレイの設定画面を出してから
右側のモニタ指定を2.VIRTUAL_1に変更し
画面を好きな所にぐるぐると移動させます。
場所を決めたら「適用」を押してからRealVNCを接続すると
その位置にサブディスプレイの画面が移動します。


●まとめ
比較的簡単にxrandrとx11vncでジャンクiPad2をサブモニタにしました。
多分タブレット側はVNC viewerさえ起動できれば何でも良いはずですw
しかし解像度が合わないとどうも使いにくい。
そして不具合としてiPad2のVNC画面でUbuntuのマウスポインタが表示されていません。
iPad側のポインタだけです。何故かな。
後は不具合ではないですが遅延します。圧縮転送出来ません。
操作が不便です・・・

旧式のタブレットを使ってサブディスプレイにしてみました。
表示関係は便利です。
完璧とまでは言えませんがXFCE4上でも出来ました。
多分xrandrとx11vncが動けばNetBSDとか他のOSでも出来るはずです。
他に-clip出来るVNCサーバがあれば良いのですが。
特に特殊な設定はありませんので、
皆さんのジャンクタブレットをリサイクルしてみましょう。
posted by kapper at 20:03 | Comment(0) | Ubuntu

2021年09月20日

Ubuntu改造日記 簡易ファイルサーバ OepnSSH+SCP、SFTP+GFTPファイル転送 その106



今回はTermuxやUserLAndなどを入れて、OpenSSHで遠隔操作した際に、
ふと何に使おうコレ。と思った方は沢山いるのではないでしょうか?
普通です、普通。
とりあえずサーバにするか?FTPサーバ、SAMBA?面倒くさいな
そう思う人にはOpenSSHでファイル転送出来るSCPやSFTPをおすすめします。
ジャンクスマホが簡単にファイルサーバになります。

●OpenSSHとファイル転送
OpenSSHサーバにはファイル転送機能が付いていて、ファイルサーバになります。
有名な話ですが実はあまり使われていないのでは?と思ってしまいます。
OpenSSH公式HPよより


Remote operations are done using ssh, scp, and sftp.
Key management with ssh-add, ssh-keysign, ssh-keyscan, and ssh-keygen.
The service side consists of sshd, sftp-server, and ssh-agent.

もちろん、FTPクライアントのGFTPなどもsftp対応しているので
普通にFTPと同じ様にファイル転送が可能です。
ありとあらゆる端末がファイルサーバになってしまいます。
RaspberryPiやジャンクスマホ、ジャンクPCなど幅広い機種でも使えるので
初心者でも簡単に使えるサーバ機能は便利かと思います。
過去のブログはこちら

http://kapper1224.sblo.jp/article/174709223.html
http://kapper1224.sblo.jp/article/162020039.html

●scp、sftpファイルサーバ機能
まずOpenSSHサーバを建てます。

sudo apt install openssh-server

で接続する時は、

ssh (username)@(ip_address)

で接続します。
サーバ側でユーザー名とIPアドレスは前もって決めておきましょう。
まずはscpでファイル転送します。
scp 転送元 転送先
ユーザー名をたとえばpi,IPアドレスを適当に置くと
ローカルのtest.txtをサーバの/home/piに飛ばします。

scp test.txt pi@192.168.255.1:/home/pi/

逆にリモートからファイルを持ってくる場合は

scp pi@192.168.255.1:/home/pi/test.txt ./

みたいな形で逆になります。
簡単ですよね。
フォルダ毎コピーしたい時は -r オプションを前につけましょう。
圧縮して転送する時は -C オプションをつけます。
sftpですが、

sftp pi@192.168.255.1

で接続したらFTPコマンドで

get (ファイル名)

でダウンロード。アップロードは

put (ファイル名)

です。細かい所は専門のWebサイトをご確認を。
で面倒なのでGFTPを使います。
まず一回コマンドラインでログインしてsftp認証する必要があります。
sftpコマンドで同じ様にユーザー名、サーバアドレスを入力。
ログインしたら一度exitで出てから次にGFTPでログイン。

・HOST:IPアドレス
・ポート番号:初期設定は22
・ユーザー名
・パスワード
・接続設定:SSH2

でGFTPでもログイン出来ます。
一度ログイン認証しないとGFTPで操作出来ません。
あとは同じ様にFTP操作でファイルをやり取りできます。
非常に便利です。

●Windowsから接続したい。FFFTP+tunnelier、Winscp
テストしていませんがWindowsからは上2つなどなど
どうしてもFFFTPを使いたい人向け。

https://wadap.hatenablog.com/entry/20080202/1201921424


●まとめ
OpenSSHからGFTPでファイルサーバ操作まで。
簡単ですよね。
コマンドラインが苦手な人もGFTP使えば楽でしょう。
CRONに入れて定期的にバックアップを取るのも良いです。
OpenSSHは簡単にファイルサーバになります。
ぜひ、使っていないPCやVPSをファイルサーバにしましょう。
posted by kapper at 16:38 | Comment(0) | Ubuntu

2021年09月08日

Ubuntu改造日記 16bit x86 Linux like OS 「ELKS」qemuプレイ その105

スクリーンショット_2021-08-31_19-52-08.png

今回はいにしえのPCでよく使われた16bit CPU向けの
ELKSをQemuで動かしてみました。
Linux like OSです。
今までLinuxや*BSDは32bit OSなのでそれ以下の環境では動きませんが、
その隙間を埋めるOSになりそうです。期待

●ELKSとは
かなり昔から開発されております16bit対応のLinux like OSです。
8086, 8088, 80188, 80186, 80286, NEC V20, V30に対応。
本来16bitはMinix2.0.4まで対応していましたが既に古いバージョンです。
PC-98用にも移植されております。

https://github.com/jbruchon/elks
https://github.com/tyama501/elks?fbclid=IwAR1pSkG_g4r2_a-m4O_uO4V1b0bjBm4tGASwGNRFN2PNFgXU59iA6K-0hfY

実機用にFDDイメージとQemu用にエミュレータスクリプトがあります。
公式Gitにqemu.shというスクリプトファイルがありエミュレータ用に使えます。

https://github.com/jbruchon/elks/blob/master/qemu.sh


●ELKSをQemuで起動してみる
公式リリースからイメージファイルをダウンロードします。

https://github.com/jbruchon/elks/releases

物理デバイスならddコマンドで焼いて起動、
Qemuなら

qemu-system-i386 -hda hd32mbr-fat.bin

こんな感じでディスクイメージを-hdaで指定すれば起動できます。
ユーザーをrootでログイン。
するとELKSを起動できます。

スクリーンショット_2021-08-31_19-53-09.png

●ネットワーク
ネットワークはktcpでtelenetが使えるそうです。
細かい事はこちらの動画をご参考まで



●まとめ
Qemuですが普通に起動しました。
アプリが少ないので実用性が課題ですが、低スペックでもちゃんと動きます。
贅沢を言えばOpenSSHだけでも・・・無理かなぁ。
telnet PCや、いや厳しいかな。
OSは完璧なんですが・・・

posted by kapper at 20:01 | Comment(0) | Ubuntu
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Linux ブログランキングへ